灰色の花の最近のブログ記事

バンクシア・セルラタ

バンクシア・セラータ080720b-l.jpg

バンクシア・セルラタはヤマモガシ科バンクシア属の常緑低木ないし高木である。
原産地はオーストラリアの東部である。
樹高は3メートルから10メートルである。
生育場所によっては樹高は15メートルに達する。
樹皮は暗い灰茶色である。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には、上部に鋸のような規則正しいぎざぎざ(鋸歯)がある。
つけ根のほうにはぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は春から夏である。
長さ4センチくらいの筒形の穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、クリーム色ないし灰色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は木質の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Banksia はイギリスの植物学者「バンクス(Joseph Banks, 1743-1820)さん」の名からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Banksia serrata

★面白い花の形のバンクシア
 地味な色だがそれまた魅力

バンクシア・セラータ080720a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち灰色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは緑色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7