赤い実の最近のブログ記事

庭梅(ニワウメ)

ニワウメ090328c-l.jpg

庭梅のワイルドなさままた可笑し

庭梅(ニワウメ)はバラ科サクラ属(ニワウメ亜属)の落葉低木である。
原産地は中国の北部と朝鮮半島である。
日本へは古い時代に渡来し、庭木として植栽されてきた。
万葉集にも唐棣花(はねず)の名で詠まれている。
樹高は1メートルから2メートルである。
株立ち状になる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の表面は緑色で毛がなく、裏面には毛がある。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って淡い紅色の花をつける。
花弁数は5枚で、花の中央にたくさんの雄しべがあり、真ん中に緑色の子房(果実や種子ができるところ)が見え、そこから雌しべの花柱が伸びている。
花の後にできる実は直径1センチくらいの丸い核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
生で食べることができ、果実酒ともされる。
種子は生薬名を郁李仁(いくりにん)といい、便秘薬とされる。
根は郁李根(いくりこん)といい、歯ぐきが腫れたときに効く。
俳句では「庭梅の花」が春の季語である。
花言葉は「願望」である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は6月に向島百花園で撮った。
学名:Prunus japonica(syn. Microcerasus japonica)

★庭梅を愛でて安らぎ覚えつつ
 そっと噛み締む春の歓び

ニワウメ090328a-l.jpgニワウメ実060624a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




房酸塊(フサスグリ)

フサスグリ100617a-l.jpg

房酸塊(フサスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(クロンキスト・APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種の原産地は西ヨーロッパである。
樹高は50センチから150センチくらいである。
葉は円形で手のひら状に裂け、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
花の後にできる実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
酸味のある甘い実は食用になり、ジャムやゼリー、果実酒などに加工される。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の rubrum は「赤色の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes rubrum

★どこがどう違っているかわからない
 並んで植えたいろんなスグリ

フサスグリ100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


赤酸塊(アカスグリ)

アカスグリ140629a-l.jpg

赤酸塊(アカスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(クロンキスト・APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種の原産地は西ヨーロッパである。
樹高は100センチから150センチくらいである。
葉は円形で手のひら状に裂け、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月である。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
花の後にできる実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
甘い実は食用になり、ジャムやゼリー、果実酒などに加工される。
なお、YListでは Ribes rubrum の学名で本種は房酸塊(フサスグリ)の別名としているが、撮影地では区別して表示している。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の sativum は「栽培された」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes sativum

★このスグリ酸っぱい味がするのかな
 試してみたいねいつかどこかで

アカスグリ140629b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

苗代苺(ナワシロイチゴ)

ナワシロイチゴ090719a-l.jpg

苗代苺(ナワシロイチゴ)はバラ科キイチゴ属の落葉低木である。
キイチゴ属は北半球を中心に数百種が分布する。
本種は北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、道端や草地、河原の土手などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。
草丈は20センチから30センチである。
茎は木質化し、他の草に覆い被さるように這って伸びる。
その長さは1メートルから2メートルにもなる。
茎には棘がある。
葉は3枚ないし5枚の小葉からなる複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で先は丸く、縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には細い毛がたくさん生える。
開花時期は5月から6月である。
枝先や葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径1センチから2センチの桃色の花を上向きにつける。
5枚の花弁は雄しべを包んだまま開かない。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)からなる球形の集合果(キイチゴ状果)で、橙色から暗い紅色に熟し、食べられる。
和名の由来は、苗代を作る頃に熟すことからきている。
花言葉は「恩恵」である。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の parvifolius は「小さな葉の」という意味である。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
実の写真は8月に旭山動物園で撮った。
学名:Rubus parvifolius

★咲いている状態だとは気づかずに
 撮ってよかった苗代苺

ナワシロイチゴ090719b-l.jpgナワシロイチゴ110802a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アメリカニワトコ080622a-l.jpg

アメリカ接骨木(アメリカニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木である。
ニワトコ属は世界に25種くらい分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種の原産地は北アメリカである。
英名はアメリカンエルダー(American elder)である。
エルダーはニワトコの仲間のことである。
樹高は3メートルから5メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)
小葉の形は卵形である。
開花時期は5月から6月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花冠は5つに裂ける。
雄しべは5本である。
花にはよい香りがある。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、紫色から黒色に熟する。
実は加熱調理してパイ、パンケーキ、ゼリー、ジュースなどに加工される。
また、ワインの原料とされる。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の canadensis は「カナダの」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
実の写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Sambucus canadensis

★この樹からワインも採れるなるほどね
 強い香りは酔うがごとくに

アメリカニワトコ080622d-l.jpgアメリカニワトコ080727a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

羊蹄(ギシギシ)

ギシギシ050625a-l.jpg

羊蹄の花に背筋がもぞもぞと

羊蹄(ギシギシ)はタデ科ギシギシ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、野原、空き地、湿地などに生える。
海外では朝鮮半島、中国、サハリン、カムチャツカなどにも分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形である。
開花時期は6月から7月である。
蕎麦(ソバ)に似た緑色の花を鈴なりにつける。
花被片は6枚である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
実は緑色から褐色になる。
根は生薬で羊蹄根(ようていこん)といい、皮膚病などに効く。
帰化種に長葉洋蹄(ナガバギシギシ)や荒地洋蹄(アレチギシギシ)がなどがあり、見分けるのはむずかしいという。
俳句では「羊蹄の花」が夏の季語である。
属名の Rumex はラテン語の「rumex(槍の1種)」からきている。スイバの葉の形をたとえたものである。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Rumex japonicus

★羊蹄の花に背筋がもぞもぞと
 酸っぱいのやらほろ苦いやら

ギシギシ050625b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



能郷苺(ノウゴウイチゴ)

ノウゴイチゴ130626a-l.jpg

能郷苺(ノウゴウイチゴ)はバラ科オランダイチゴ属の多年草である。
北海道と本州の日本海側に分布し、亜高山や高山の草地に生える。
海外では、サハリンにも分布する。
草丈は10センチから15センチくらいである。
茎は地を這って伸びる。
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉の形は倒卵形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から7月くらいである。
花径2センチくらいの白い花をつける。
花弁数は7枚から8枚である。
花の後にできる実はイチゴ状果(食べられる部分は花托の発達したもので、表面につく粒々がそれぞれ果実)で、7月から8月に赤く熟して食べられる。
和名の由来は、発見地である岐阜県本巣市の能郷白山の名からきている。
属名の Fragaria はラテン語の「fargare(薫る)」からきている。果実がよい香りがすることから名づけられた。
種小名の iinumae は江戸時代の本草学者(博物学者)「飯沼慾斎(いいぬま・よくさい, 1783-1865)の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Fragaria iinumae

★葉っぱだけ見たことがあるその姿
 ついにとらえる北の大地で

ノウゴイチゴ130626b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



御種人参(オタネニンジン)

オタネニンジン060715a-l.jpg

御種人参(オタネニンジン)はウコギ科トチバニンジン属の多年草である。
原産地は朝鮮半島と中国である。
朝鮮人参(チョウセンニンジン)、高麗人参(コウライニンジン)などの名で知られている。
日本へ渡来したのは奈良時代であるが、栽培が始まったのは江戸時代の享保年間である。
享保年間には幕府直営の薬草園で栽培されたが、その後、各大名に種苗が分け与えられた。
現在では、長野県、島根県、福島県などで栽培されている。
草丈は60センチから70センチくらいである。
茎は直立する。
茎先に3枚の小葉からなる手のひら状の複葉を数個輪になってつける(輪生)。
成長すると5小葉になる。
開花時期は5月から6月である。
茎先に散形花序(茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序)を出し、淡い黄緑色の小さな花をたくさんつける。
7月から8月には、やや扁平な丸くて赤い実をつける。
中には白い種子がある。
根を強壮、健胃などの薬用にする。
属名の Panax はギリシャ語の「pan(すべて)+akos(治癒)」からきている。万能薬の意味で、チョウセンニンジンの薬効から名づけられた。
種小名の ginseng は中国語で「ニンジン」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Panax ginseng

★薬効の世に知られたる人参は
 赤い実つけて何食わぬ気に

オタネニンジン060715c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


グーズベリー

グーズベリー070701b-l.jpg

グーズベリー(gooseberry)はユキノシタ科スグリ属の落葉低木である。
分類体系によってはスグリ科とされる。
原産地はヨーロッパ、北アフリカ、西アジアである。
日本へは明治時代の初期にヨーロッパから渡来した。
北海道で野生化している。
和名は丸酸塊(マルスグリ)、別名を西洋酸塊(セイヨウスグリ)という。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをし、枝には棘がある。
葉は円形で3つから5つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の両面には短い毛が密生し、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月ころである。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
萼筒は幅の広い鐘形で、軟毛と腺毛が生える。
実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
甘酸っぱくて食用になる。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の grossularia はフランス語の「grosaille(グースベリー)」からきている。
写真は7月に仙台市農業園芸センターで撮った。
学名:Ribes grossularia

★懐かしい姿にほっと笑み漏れる
 幼き日々の記憶戻って

グーズベリー070701c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヒメモチ070707b-l.jpg姫黐(ヒメモチ)はモチノキ科モチノキ属の常緑小低木である。
日本固有種である。
北海道の南西部から本州の山陰地方にかけて日本海側に分布し、山地に生える。
樹高は20センチから50センチくらいである。
樹皮は灰白色をしている。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉は革質で薄く、表面には艶がある。
開花時期は5月から7月である。
雌雄異株である。
葉の脇に1個から数個の白い小さな花をつける。
花径は5ミリから10ミリくらいである。
花弁は4枚で、卵形である。
萼片は4枚で、緑色の半月形をしている。
雄花には雄しべが4本ある。
雌花には緑色の子房と退化して短い4本の雄しべがある。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、熟すと赤くなる。
属名の Ilex はholly(セイヨウヒイラギ)の古代ラテン名からきている。
種小名の leucoclada は「白い枝の」という意味である。
写真は7月に尾瀬で撮った。
学名:Ilex leucoclada

★草原にちょんと顔出す小さな樹
 花も咲いてる実もなっている

ヒメモチ070707e-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち赤い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤い花です。

次のカテゴリは茶色い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7