青い花の最近のブログ記事

ゲラニウム・ヒマライエンセ

ゲラニウム・ヒマライエンセ140630a-l.jpg

ゲラニウム・ヒマライエンセはフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地はヒマラヤである。
中国の南西部からネパール、インド、アフガニスタンにかけて分布し、標高2100メートルから4300メートルの草地や森の中に生える。
古くからイギリスなどで品種改良が行われ、いくつかの園芸品種がある。
別名をゲラニウム・グランディフロルムという。
英名はヒマラヤン・クレーンズビル(Himalayan cranesbill)である。
クレーンズビルはゲラニウムの仲間のことである。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は手のひら状に切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から8月くらいである。
茎先に数輪の5弁花を横向きないし下向きにつける。
花径は4、5センチで、花の色はライトブルーである。
園芸品種には花の色が白いものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の himalayense は「ヒマラヤ山脈の」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
特に表示はなかったが選抜種のグラベティ(Gravetye)と思われる。
学名:Geranium himalayense(syn. Geranium grandiflorum)

★ヒマラヤで生まれ育ったゲラニウム
 イングランドで選抜されて

ゲラニウム・ヒマライエンセ140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ガレガ草(ガレガソウ)

ガレガソウ080727a-l.jpg

ガレガ草(ガレガソウ)はマメ科ガレガ属の多年草である。
ヨーロッパから西アジアにかけて分布し、湿地や低地に生える。
牛の乳の出がよくなる薬草として知られ、飼料用に広く栽培されている。
ただし、特に果実にはアルカイドを含むので注意が必要である。
英名はゴーツルー(goat's rue:ヤギのヘンルーダ)である。
ヘンルーダは、儀式などで重要な役割を果たしてきた薬草である。
草丈は80センチくらいである。
茎は中空である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
開花時期は6月から7月くらいである。
淡い青紫色ないし白い蝶形の花をつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Galega はギリシャ語の「gala(乳)+agoag(促進する)」からきている。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
かつてはさまざまな疫病の治療に用いられ、現在も糖尿病治療薬とされている。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Galega officinalis

★乳の出がよくなるというガレガ草
 自然が生んだ不思議な力

ガレガソウ080727b-l.jpgCOPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


サルビア・アリゾニカ

サルビア・アリゾニカ060808a-l.jpg

サルビア・アリゾニカはシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草である。
原産地はアメリカ合衆国のアリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州である。
草丈は40センチから60センチくらいである。
葉は葉は三角状の卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には皺があり、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。。
開花時期は6月から11月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、濃い青紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の arizonica は「アリゾナ州の」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Salvia arizonica

★アリゾナを故郷とするサルビアは
 青紫の花涼やかで

サルビア・アリゾニカ060808b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ロベリア・バリダ

ロベリア・バリダ050702b-l.jpg

ロベリア・バリダはキキョウ科ミゾカクシ属(ロベリア属)の多年草である。
原産地は南アフリカである。
草丈は30センチから60センチくらいである。
海岸に近い石灰岩地に生える。
立ち性である。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の質はやや肉質で、縁には不規則で粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から9月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青い小さな花をたくさんつける。
花径は2センチくらいで、花冠の先は唇形に5つに裂ける。
上唇は2枚の裂片からなり、耳のように立ち上がる。
下唇は先の尖った3枚の裂片からなり、つけ根の部分は白く、黄緑色の斑点がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Lobelia はフランドル出身でイギリスの植物学者だった「ロベル(Mathias de Lobel, 1538-1616)さん」の名からきている。
種小名の valida は「頑丈な」という意味である。
写真は7月に野田市の清水公園で撮った。
学名:Lobelia valida

★夏空にスカイブルーの蝶の舞う
 爽やかな花ロベリア・バリダ

ロベリア・バリダ050702a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



サルビア・タキエイ

サルビア・タキエイ090726a-l.jpg

サルビア・タキエイはシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草であるる
原産地は東ヨーロッパから西アジアにかけてである。
異名をサルビア・フォルスカオリー(Salvia forsskaolii)という。
草丈は60センチから90センチくらいである。
根際に生える葉は卵円形で大きい。
開花時期は7月から8月である。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の tachiei は人名由来のようだがはっきりしない。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Salvia tachiei

★日本ではまだまだ知られぬサルビアが
 猛暑の中で天衝くように

サルビア・タキエイ090726b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エリゲロン・ピンナティセクツス100429a-l.jpg

エリゲロン・ピンナティセクツスはキク科ムカシヨモギ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
ワイオミング州からニューメキシコ州にかけてロッキー山脈の岩場に生える。
英名はフェザーリーフ・フリーベイン(featherleaf fleabane)である。
フリーベインはキク科植物の総称である。
草丈は15センチくらいである。
根際から生える葉は線状に細かく裂ける。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に花径3、4センチの花(頭花)をつける。
舌状花は青紫色、筒状花は黄色である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Erigeron はギリシャ語の「eri(早い)+geron(老人)」からきている。元々はノボロギクにつけられた名で、灰白色の軟毛におおわれ、早く花が咲くという意味である。
種小名の pinnatisectus は「羽状全裂の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Erigeron pinnatisectus

★ロッキーの高嶺の夏を彩るか
 青紫のフリーベインは

エリゲロン・ピンナティセクツス100429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アスター・ヒマライクス

アスター・ヒマライクス120509a-l.jpg

アスター・ヒマライクスはキク科シオン属の多年草である。
中国の雲南省、ヒマラヤ、ミャンマー、インドのシッキム地方などに分布し、標高3600メートルから4500メートルの山地の林の中や山の斜面に生える。
英名はヒマラヤ・アスター(Himalaya Aster)である。
草丈は10センチから30センチくらいである。
茎や葉には毛が生えている。
根際から生える葉はスプーン形で、葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎につく葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は半ば茎を抱く。
開花時期は7月から8月である。
茎先に花径2、3センチの青紫色の花(頭花)をつける。
舌状花は青紫色、真ん中の筒状花は黄色ないし茶色である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の himalaicus は「ヒマラヤ山脈の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Aster himalaicus

★ヒマラヤに咲くアスターは毛深いが
 花色冴えてなかなか美男

アスター・ヒマライクス120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



デルフィニウム・エラツム

デルフィニウム・エラツム110712a-l.jpg

デルフィニウム・エラツムはキンポウゲ科オオヒエンソウ属の多年草である。
ヨーロッパのピレネー山脈から西アジアにかけて分布し、山地の草地や岩礫地に生える。
英名はキャンドル・ラークスパー(candle larkspur)である。
園芸種のデルフィニウムの交配親の1つである。
草丈は120センチから180センチくらいである。
葉は手のひら状に切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、濃い青色の花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片で5枚ある。
花の後ろに飛び出た距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)が目立つ。
花弁は萼片の内側に4枚あるが、短くて目立たない。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
アルカロイドの1種であるデルフィニンを有し、有毒である。
属名の Delphinium はギリシャ語の「delphinos(イルカ)」からきている。蕾の形から名づけられた。
種小名の elatum は「背の高い」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Delphinium elatum

★鮮やかな青が朝日に照り映える
 燕のようにイルカのように

デルフィニウム・エラツム110712c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



宿根亜麻(シュッコンアマ)

シュッコンアマ080622b-l.jpg

宿根亜麻(シュッコンアマ)はアマ科アマ属の多年草である。
非耐寒性なので園芸上は一年草として扱われる。
原産地はヨーロッパである。
日本へは明治時代に渡来した。
主として観賞用とされる。
学名からきたリヌム・ペレンネの名でも流通している。
草丈は30センチから60センチくらいである。
茎は細くてひょろひょろする。
葉は幅の狭い披針形で、茎にらせん状にたくさんつく。
開花時期は5月から7月くらいである。
花径2センチくらいの小さな青い花をたくさんつける。
花は一日花である。
花弁数は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
近縁種の亜麻(アマ)は繊維原料とするほか、種子からは亜麻仁油が得られる。
属名の Linum はラテン語の「linon(糸)」からきている。この属の1種から糸を採ったことから名づけられた。
種小名の perenne は「多年生の」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Linum perenne

★青空と競うがごとく花咲かせ
 宿根亜麻は風にはためき

シュッコンアマ080622c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


エリンジウム・バリーフォリウム090627a-l.jpg

エリンギウム・バリーフォリウムはセリ科ヒゴタイサイコ属の多年草である。
属名の読み方は「エリンジウム」とするものもある。
原産地は北アフリカである。
草丈は40センチから50センチである。
全体に棘がある。
葉は幅の広い卵形で、白っぽい葉脈が目立つ。
葉は浅く切れ込むものや深く切れ込むものがある。
開花時期は6月から7月である。
茎先に、銀灰色の苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)をもった明るい青や灰青色の花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Eryngium はギリシャ語の「eyringion(同属の古名)」からきている。
種小名の variifolium は「種々の葉のある」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Eryngium variifolium

★セリ科でも薊のような花つけて
 エリンギウムの不思議な姿

エリンジウム・バリーフォリウム090627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち青い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫色の実です。

次のカテゴリは赤い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7