緑色の花の最近のブログ記事

葛藤(ツヅラフジ)

ツヅラフジ080803a-l.jpg

葛藤(ツヅラフジ)はツヅラフジ科ツヅラフジ属(シノメニウム属)の蔓性落葉低木である。
シノメニウム属は本種のみの1属1種である。
日本にも分布し、属名の和名をツヅラフジ属という。
日本では本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、山地の石灰岩の林の縁などに生える。
海外では、台湾、中国、タイ、ネパール、インドの北部などにも分布する。
和名の由来は藤(フジ)に似た蔓性の植物ということからきている。
別名を大葛藤(オオツヅラフジ)ともいう。
中国名は「風龍」である。
茎や根茎を干したものを生薬で防已(ぼうい)といい、利尿・鎮痛作用がある。
蔓の長さは10メートルに達する。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
切れ込みのないものもあれば、浅く5つから7つに裂けるものもあり、変化が多い。
葉の質は薄く、両面ともに毛は生えない。
葉の柄が5センチから10センチくらいあり長いのが特徴である。
雌雄異株である(同株のこともある)。
開花時期は6月から8月くらいである。
枝先や葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い緑色の小さな花をたくさんつける。
花弁数は6枚、萼片数も6枚である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、黒く熟する。
属名の Sinomenium はギリシャ語の「sino(中国の)+menis(半月)」からきている。中国産で果実の核が半月形であることから名づけられた。
種小名の acutum は「鋭い形の」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Sinomenium acutum

★面白味あるではないが葛藤
 姿地味でも人に役立ち

ツヅラフジ080803b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



タマザキツヅラフジ090922a-l.jpg

玉咲き葛藤(タマザキツヅラフジ)はツヅラフジ科ハスノハカズラ属(ステファニア属)の蔓性多年草である。
ステファニア属は東アジアやオーストラリアに45種くらいが分布する。
日本にも蓮の葉葛(ハスノハカズラ)などが分布し、属名の和名をハスノハカズラ属という。
本種は中国の中南部(陝西・浙江・江西・湖南・広東)と台湾に分布し、山地に生える。
中国名は「大還魂」という。
根にセファランチンというアルカロイド成分を含み、薬用とされる。
セファランチンは白血球減少症や円形脱毛症の治療薬とされる。
日本では、昭和時代に薬用として栽培されるようになった。
蔓の長さは数メートルになる。
葉は卵円形で、互い違いに生える(互生)。
雌雄異株である。
開花時期は4月から7月である。
葉の脇から玉のような集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花弁は3枚から5枚である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
結実時期は6月から9月である。
属名の Stephania はギリシャ語の「stephanos(冠)」からきている。雄花の雄しべが冠のように見えることから名づけられた。
種小名の cephalantha は「頭花の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Stephania cephalantha

★薬用の草木はどこか地味だけど
 面白いよねそれまたそれで

タマザキツヅラフジ090922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



鬼野老(オニドコロ)

オニドコロ060716b-l.jpg

鬼野老(オニドコロ)はヤマノイモ科ヤマノイモ属(ディオスコレア属)の蔓性多年草である。
ディオスコレア属は世界の温帯や熱帯に600種以上が分布する。
日本にも山芋(ヤマノイモ)などが分布し、属名の和名をヤマノイモ属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、山野の草地や川岸などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
地下の根茎は太く長く伸びてひげ根を出す。
地上に伸びる茎は右巻きの蔓を出し、木に絡みついて生長する。
蔓の長さは数メートルになる。
葉は円心形から三角状の心形で先は長く尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
長さは5センチから12センチあり大きい。
葉は互い違いに生える(互生)。
山芋(ヤマノイモ)とよく似ているが、こちらは向かい合って生える(対生)。
また、山芋(ヤマノイモ)にはムカゴがつく。
開花時期は7月から8月である。
雌雄異株である。
花径は2ミリくらいで、花の色は黄緑色である。
花被片は6枚、雄しべは6本である。
雄花は花穂が直立し、雌花は細長い花穂が垂れ下ってつく。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け種子が散布される果実)で、3個の翼があり、穂状に並んでつく。
「野老」の名は、ひげ根の多い根茎を老人になぞらえたものである。
「鬼」は近縁種よりも葉が大きいことからきている。
根茎には苦みがあり、有毒である。
生薬名を菟かい(ひかい)といい、魚毒として利用された。
花言葉は「子だくさん」である。
属名の Dioscorea はギリシャの医師で植物学者だった「ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides, 40-90AD)」の名からきている。
種小名の tokoro は日本名の「トコロ」からきている。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Dioscorea tokoro

★絡みつき野性の力見せつけて
 鬼野老咲く太陽の下

オニドコロ060716d-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ホップ

ホップ090922a-l.jpg

ホップはクワ科カラハナソウ属(フムルス属)の蔓性多年草である。
分類体系によっては(APGIII)アサ科とされる。
フムルス属は世界に2種と1変種が分布する小さな属である。
日本にも唐花草(カラハナソウ)などが分布し、属名の和名をカラハナソウ属という。
本種の原産地はカフカス地方や西アジアだと考えられている。
ビールの原料となる植物である。
別名を西洋唐花草(セイヨウカラハナソウ)という。
冷涼な気候を好むので、日本では北海道や東北地方、山梨県、長野県などで栽培されている。
蔓は右巻きで、10メートルくらいに伸びる。
葉は手のひら状に3つから5つに裂け、向かい合って生える(対生)。
雌雄異株である。
結実すると芳香が失われるため、ビール醸造用に栽培をされるのは雌株だけである。
開花時期は6月から7月である。
まず毛花と呼ばれる花がつき、毛花が枯れた後に毬花と呼ばれる未受精のまつかさに似た花がつく。
この毬花がホップである。
収穫期は8月から9月である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
古代から薬用植物としても利用されてきた。
利尿、鎮静などの薬効がある。
花言葉は「希望」である。
属名の Humulus はラテン語の「humus(土)」からきている。
種小名と変種名の lupulus は狼の縮小形で「小さな狼」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Humulus lupulus var. lupulus

★地味だけど何やら威厳ありそうに
 ホップの花は悠々自適

ホップ090922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ヒダカミネヤナギ140725a-l.jpg

日高峰柳(ヒダカミネヤナギ)はヤナギ科ヤナギ属の落葉小低木である。
ヤナギ属は北半球を中心に世界に350種くらい分布する。
本種は日本固有種である。
北海道の日高山系、夕張山系、大雪山系に分布し、高山の岩礫地や草地に生える。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
分類上は、本州の中部地方に分布する蓮華岩柳(レンゲイワヤナギ)の亜種とされている。
樹高は10センチから20センチくらいである。
枝は匍匐して広がる。
葉は円形や楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には波状の低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には毛はなく、表面は緑色、裏面は粉白色を帯びる。
開花時期は7月で、葉の展開後に花をつける。
雌雄異株で、緑色の尾状花序をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Salix はケルト語の「sal(近い)+lis(水)」からきている。水辺に多いことから名づけられた。
種小名の nakamurana は発見者の「中村(M. Nakamura?)さんの」という意味のようだが、名前を特定できていない。
亜種名の kurilensis は「クリル諸島(千島列島)の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Salix nakamurana subsp. kurilensis

★柳にはわからぬことが多いよう
 クリルの名前ついているけど

ヒダカミネヤナギ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


細野毛麦(ホソノゲムギ)

ホソノゲムギ110628a-l.jpg

細野毛麦(ホソノゲムギ)はイネ科オオムギ属の多年草である。
原産地は北アメリカ大陸やシベリアである。
日本へは戦後に芝生種子などに混入して侵入した。
現在では北海道と本州の一部などに点在して野生化し、道端や荒地、土手などに生える。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
草丈は30センチから50センチくらいである。
全体に無毛である。
葉は線形でややざらつき、互い違いに生える(互生)。
葉の質は柔らかく、茎を取り巻くような葉耳がある。
開花時期は5月から9月である。
直立した茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い緑色の花を咲かせる。
8センチくらいある長い芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)がある。
別名をリスの尻尾(リスノシッポ)という。
属名の Hordeum はラテン語の「hordeum(オオムギ)」が語源である。
種小名の jubatum は「元気を出させた」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Hordeum jubatum

★垂れ下がる長い尻尾が面白い
 味ある姿に頷きながら

ホソノゲムギ110628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

カナリークサヨシ110628a-l.jpg

カナリー草葦(カナリークサヨシ)はイネ科クサヨシ属(ファラリス属)の一年草である。
ファラリス属は数種が世界に分布する。
日本にも草葦(クサヨシ)が分布するので、属名の和名をクサヨシ属という。
本種の原産地はカナリア諸島や地中海沿岸地方、北アフリカである。
英名はカナリーグラス(Canary grass)という。
日本へは江戸時代の後期にカナリアの餌として渡来した。
現在では逸出したものが日本各地で野生化し、市街地の道端や草地に生える。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
別名は槍草葦(ヤリクサヨシ)という。
草丈は40センチから100センチくらいである。
葉は線形で柔らかく、両面ともの無毛である。
開花時期は7月から9月くらいである。
花序は扁平な小穂が密集して槍の穂先のような形になり、茎先に1つずつつく。
包頴が緑白色で、中脈が濃い緑色である。
艶のある茶色の種子がカナリアの餌となる。
属名の Phalaris は草を意味するギリシャ古名からきている。
種小名の canariensis は「カナリア諸島の」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Phalaris canariensis

★槍の名に成る程そうかと頷くね
 キャラが勝ってすぐに覚える

カナリークサヨシ110628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

麦草(ムギクサ)

ムギクサ110628a-l.jpg

麦草(ムギクサ)はイネ科オオムギ属の一年草ないし越年草である。
原産地はヨーロッパである。
日本へは1870年代に侵入が確認された。
現在では北海道から沖縄にかけて野生化し、道端や空き地に生える。
環境省の「我が国に定着している外来生物のリスト(暫定版)」(2006)に掲載されている。
また、北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
草丈は10センチから50センチくらいである。
ほぼ無毛である。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は柔らかく、茎を取り巻くような葉耳がある。
開花時期は5月から7月である。
直立した茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、緑色の花を咲かせる。
花穂は長く、5センチくらいの芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)がある。
属名の Hordeum はラテン語の「hordeum(オオムギ)」が語源である。
種小名の murinum は「城壁に生える」という意味である。
学名:Hordeum murinum

写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。

★雑草と思えぬほどに端正な
 姿はさすが麦の仲間だ

ムギクサ110628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

栃葉人参(トチバニンジン)

トチバニンジン080622b-l.jpg

栃葉人参(トチバニンジン)はウコギ科トチバニンジン属の多年草である。
日本固有種である。
沖縄を除く日本各地に分布し、山地の林の中に生える。
ただし、中国の南西部に分布するものと同一との説もある。
草丈は30センチから80センチくらいである。
根茎は肥厚し、竹のような節がある。
葉は栃の木(トチノキ)の葉に似た手のひら状の複葉を数枚輪になってつける(輪生)。
開花時期は6月から8月である。
茎先に球状の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、小さな黄緑色の花をたくさんつける。
花弁、萼片は5枚ずつ、雄しべも5本である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
根茎を生薬で竹節人参(ちくせつにんじん)と呼び、去痰、解熱、健胃薬とする。
属名の Panax はギリシャ語の「pan(すべて)+akos(治癒)」からきている。万能薬の意味で、チョウセンニンジンの薬効から名づけられた。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
3枚目は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Panax japonicus

★目立たない花だけれども役に立つ
 栃葉人参すくすく育ち

トチバニンジン080622a-l.jpgトチバニンジン080504b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アネモネ・キリンドリカ

アネモネ・キリンドリカ110710a-l.jpg

アネモネ・キリンドリカはキンポウゲ科イチリンソウ属(アネモネ属)の多年草である。
アネモネ属は北半球に150種くらいが分布する。
日本にも固有種である一輪草(イチリンソウ)などが分布するので、属名の和名はイチリンソウ属という。
本種の原産地は北アメリカである。
カナダやアメリカ合衆国東部に分布し、草原や林の縁、道端などに生える。
種小名の読み方はクリンドリカやシリンドリカとするものもある。
英名はキャンドルアネモネ(candle anemone)という。
長い円筒形をした果実の形からつけられた名である。
草丈は30センチから100センチくらいである。
葉は手のひら状に切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から7月である。
花径は1センチくらいで、仲間に比べると小さく地味である。
5枚の花びら(萼片)は白っぽく、緑色を帯びている。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
全草にアネモニンを含み有毒である。
属名の Anemone はギリシャ語の「anemos(風)」からきている。
種小名の cylindrica は「円筒形の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Anemone cylindrica

★花よりも果実のほうが目立つよね
 キャンドルの名に苦笑いして

アネモネ・キリンドリカ110710b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白い実です。

次のカテゴリは緑色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7