紫色の花の最近のブログ記事

ロスコエア・プルプレア

ロスコエア・プルプレア120709a-l.jpg

ロスコエア・プルプレアはショウガ科ロスコエア属の多年草である。
ロスコエア属は中国南西部からヒマラヤにかけて21種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
この属の植物はまるでランの仲間のように見えることで知られる。
本種は中国の雲南省やインド北西部、ネパール、ブータンなどのヒマラヤ地方に分布し、標高2700メートルから3000メートルの草地や林の中に生える。
中国名は象牙参という。
園芸的には地植え、鉢植えができる。
草丈は20センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は6月から7月である。
茎先に花径7センチくらいの紫色の花を数輪つける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Roscoea はリバプール植物園の創設者で収集家だった「ロスコー(William Roscoe, 1753-1831)さん」の名からきている。
種小名の purpurea は「紫色の」という意味である。
写真は7月に京都府立植物園で撮った。
学名:Roscoea purpurea

★美しい花の姿にはっとする
 ヒマラヤ背負えばさぞや見事と

ロスコエア・プルプレア120709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ホルミヌム・ピレナイクム

ホルミニウム・ピレナイクム080505c-l.jpg

ホルミヌム・ピレナイクムはシソ科ホルミヌム属の多年草である。
ホルミヌム属は1属1種である。
原産地はヨーロッパである。
ピレネー山脈やアルプス山脈に分布し、標高1400メートルから2500メートルの草地や山の斜面に生える高山植物である。
草丈は20センチから45センチくらいである。
茎の断面は四角形で腺毛(粘着物質を出す毛)が生える。
根際から生える葉は卵円形で皺があり、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
自生地での開花時期は7月から8月である。
平地では5月から9月くらいが開花時期である。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、暗い青紫色をした唇形の花をたくさんつける。
稀にピンクや白の花も咲く。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
英名はドラゴンマウス(dragonmouth)という。
「竜の口」という意味になる。
属名の Horminum の語源は不明だがセージを意味する言葉のようである。
種小名の pyrenaicum は「ピレネー山脈の」という意味である。
写真は5月に川口市立グリーンセンターの野草展で撮った。
学名:Horminum pyrenaicum

★はるばるとやって来たよね日本へ
 ピレネーに咲く花見せたくて

ホルミニウム・ピレナイクム080505b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ロスコエア・アルピナ

ロスコエア・アルピナ070430a-l.jpg

ロスコエア・アルピナはショウガ科ロスコエア属の多年草である。
ロスコエア属は中国南西部からヒマラヤにかけて15種くらいが分布する。
この属の植物はまるでランの仲間のように見えることで知られる。
本種は中国の南西部(雲南省、四川省、チベット自治区)からヒマラヤ(ネパール、カシミール地方)にかけて分布し、標高2000メートルから3000メートルの山の斜面や林の中に生える。
中国名は高山象牙参という。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は6月から8月である。
茎先に紅紫色の花を1輪つける。
花は完全には開かず、筒部が萼よりも長くなる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Roscoea はリバプール植物園の創設者で収集家だった「ロスコー(William Roscoe, 1753-1831)さん」の名からきている。
種小名の alpina は「高山に生える」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Roscoea alpina

★ヒマラヤの山の斜面咲くという
 花は地面を這うがごとくに

ロスコエア・アルピナ070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

シデラシス・フスカタ

シデラシス・フスカタ120226a-l.jpg

シデラシス・フスカタはツユクサ科シデラシス属の多年草である。
シデラシス属は1属1種である。
本種の原産地はブラジルの東部である。
現在はジャワ島に帰化している。
英名はベアーズイヤーズ(bear's ears)である。
茎や葉の両面には赤褐色の軟毛がたくさん生えていてふっくらしている。
草丈は10センチから40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)でロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)に生える。
開花時期は夏である。
葉の脇に花径1センチから2センチの紫色をした3弁花をつける。
雄しべは6本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
日本では開花期間も短いため、観葉植物として愛好される。
属名の Siderasis の由来は調査中だがまだ解明できていない。
種小名の fuscata は「褐色を帯びた」という意味である。
写真は2月に板橋区立熱帯環境植物館の温室で撮った。
学名:Siderasis fuscata

★日本ではほとんど知られぬ花だった
 出合いの喜びそっと噛み締め

シデラシス・フスカタ120226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



オカムラサキ110711a-l.jpg

ラバンデュラ・アングスティフォリアはシソ科ラバンデュラ属の常緑小低木である。
原産地は地中海沿岸地方である。
英名をイングリッシュ・ラベンダー(English lavender)ないしコモン・ラベンダー(common lavender)という。
また、YListでは本種の和名をラベンダーとしている。
園芸品種が多く、観賞用とされるほか、薬用、香料用に利用される。
草丈は30センチから80センチくらいである。
葉は線形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は灰白色ないし灰緑色である。
開花時期は6月から8月である。
枝先に淡い紫色をした唇形の花を穂状につける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Lavandula はラテン語の「lavare(洗う)」からきている。ローマ時代に入浴時の香水として使われていたことから名づけられた。
種小名の angustifolia は「細葉の」という意味である。
写真は7月に北海道中富良野町のファーム富田で撮った。
栽培品種の丘咲(オカムラサキ:Okamurasaki)である。
学名:Lavandula angustifolia

★香りよく花色も濃い選抜種
 北の大地の夏を彩り

オカムラサキ110711b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

長葉葉薊(ナガバハアザミ)

アカンツス・ハンガリクス110712a-l.jpg

長葉葉薊(ナガバハアザミ)はキツネノマゴ科ハアザミ属(アカンツス属)の多年草である。
アカンツス属は地中海沿岸地方やアジア、アフリカに50種くらいが分布する。
園芸的にはアカンサスの名で知られている。
同属のアカンツス・モリスの和名を葉薊(ハアザミ)といい、属名の和名もハアザミ属という。
本種の原産地はバルカン半島などである。
学名のアカンツス・ロンギフォリウスで表示するものもある。
また、アカンツス・バルカニクスやアカンツス・ハンガリクスの別名がある。
草丈は60センチから120センチくらいである。
根際に生える葉は細長い楕円形で羽状に深く切れ込み、棘がある。
開花時期は6月から8月である。
白ないし紫色を帯びた唇形の花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、和名の由来は葉が薊(アザミ)に似ており、細長い葉であることからつけられた。
属名の Acanthus はギリシャ語の「akanthos(棘の多い)」からきている。
種小名の longifolius は「長い葉の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Acanthus longifolius(syn. Acanthus hungaricus, Acanthus balcanicus)

★葉の違い比べてみれば成る程と
 目を皿にするこれも葉薊

アカンツス・ハンガリクス110712b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゲラニウム・アルバヌム

ゲラニウム・アルバヌム130628a-l.jpg

ゲラニウム・アルバヌムはフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地はコーカサス地方からイランにかけてである。
草丈は30センチから50センチくらいである。
茎はひょろ長く伸びる。
葉は心形で手のひら状に深く切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に数輪の5弁花をつける。
花径は2センチから3センチである。
花の色は紅紫色で、濃い色の筋が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の albanum は「アルバニア(Albania)の」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Geranium albanum

★この名前どうしてついたかわからぬが
 コーカサスには独自の花が

ゲラニウム・アルバヌム130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ピレネーフウロ130628a-l.jpg

ピレネー風露(ピレネーフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地はヨーロッパである。
地中海沿岸地方の山地に生える。
また、いくつかの園芸品種がある。
学名のゲラニウム・ピレナイクムで表示するものもある。
日本では園芸栽培をされるほか、逸出したものが北海道で野生化していることが確認されている。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
草丈は20センチから70センチくらいである。
葉は円心形で手のひら状に7つから9つに切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から9月くらいである。
花径1センチから2センチの紅紫色をした小さな5弁花をたくさんつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の pyrenaicum は「ピレネー山脈の」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
園芸品種のビルウォーリス(Bill Wallis)である。
学名:Geranium pyrenaicum

★野生化をしている風露があるんだね
 気候がきっと合っているんだ

ピレネーフウロ130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゲラニウム・シルバチクム

ゲラニウム・シルバチクム・メイフラワー130629a-l.jpg

ゲラニウム・シルバチクムはフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地はヨーロッパから西アジアである。
草丈は50センチから70センチくらいである。
葉は手のひら状に深く7つに切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から7月くらいである。
茎先に数輪の5弁花を横向きにつける。
花径は2センチから3センチで、花の色は紅紫色や青紫色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の sylvaticum は「森林に生える」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
園芸品種のメイフラワー(Mayflower)である。
学名:Geranium sylvaticum

★この花はトルコにルーツあるようだ
 背丈もあるから森が似合うね

ゲラニウム・シルバチクム・メイフラワー130629b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゲラニウム・オリエンタリチベチクム130628a-l.jpg

ゲラニウム・オリエンタリチベチクムはフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地は中国の四川省西部などである。
草丈は15センチから30センチくらいである。
這うようにカーペット状に広がる。
葉は手のひら状に5つから7つに深く切れ込み、向かい合って生える(対生)。
葉に黄斑が入るものもある。
開花時期は5月から7月くらいである。
茎先に数輪の5弁花を横向きにつける。
花径は3センチくらいで、花の色は紅紫色である。
花の後にできる実は長さ25ミリくらいのさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、短い圧毛(茎や葉に密着して寝た毛)が生える。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の orientalitibeticum は「東方のチベットの」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Geranium orientalitibeticum

★チベットで見られるらしいゲラニウム
 背丈は低く花は大きく

ゲラニウム・オリエンタリチベチクム130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは黒い実です。

次のカテゴリは紫色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7