ピンクの花の最近のブログ記事

花火韮(ハナビニラ)

ハナビニラ120709a-l.jpg

花火韮(ハナビニラ)はユリ科ネギ属(アリウム属)の多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)ヒガンバナ科とされる。
APG体系でも初期にはネギ科とされていたが、ネギ科は第3版でヒガンバナ科の亜科に移行した。
アリウム属は北半球を中心に800種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
代表種は葱(ネギ)で、属名の和名はネギ属とされる。
本種は中国(黒龍江省、吉林省、遼寧省、河北省)、モンゴル、シベリアに分布し、標高100メートルから2000メートルの湿った草地や山の斜面、沿岸砂丘などに生える。
中国名は長梗韭という。
ハナビニラ属(Caloscordum)に分類されたこともあるが、現在はネギ属に統合されている。
草丈は20センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は7月から9月である。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、小さな淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花被片の長さは7ミリから10ミリくらいで、花被片は6枚である。
雄しべは6本である。
韮(ニラ)のような臭いはしない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Allium はニンニクの古いラテン名で、「alere ないし halium(どちらも「臭う」)」からきている。
種小名の neriniflorum は「ネリネ属(Nerine)のような花の」という意味である。
写真は7月に京都府立植物園で撮った。
日本ではまだほとんど紹介されていない。
学名:Allium neriniflorum(異名:Caloscordum neriniflorum)

★せっかくの名前もらった花火韮
 夏の夜空に負けず花咲け

ハナビニラ120709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ハス100709c-l.jpg

人ごみを避けて歩めば古代蓮

中尊寺蓮(チュウソンジハス)はハス科ハス属(ネルンボ属)の多年草である。
ネルンボ属は蓮(ハス)と北アメリカ原産の黄花蓮(キバナハス)の2種が分布する。
日本へも蓮(ハス)が古い時代に渡来しており、属名の和名をハス属という。
蓮(ハス)の原産地はインドとその周辺地域である。
日本へは中国を通じて伝わり、池や水田で栽培されてきた。
また、仏教では西方浄土に神聖な蓮の池があると信じられているため、寺の境内にも蓮池が多い。
本種の再生は、大賀蓮(オオガハス)で知られる大賀一郎博士が1950年に藤原泰衡(奥州藤原氏四代)の首桶から蓮の種子を発見したことに端を発する。
その後、中尊寺から依頼を受けた大賀門下の長島時子教授が1993年に発芽に成功し、1998年に開花にも成功して中尊寺の池に植えられた。
以上の由来から別名を泰衡蓮(ヤスヒラハス)ともいう。
およそ800年の歴史を経てよみがえった古代蓮である。
草丈は1メートルくらいである。
葉の形は偏円形で水面から立ち上がり、水をはじく。
開花時期は6月から7月である。
花の色は淡い鮮やかな紅色で、花弁数18枚の一重咲きである。
花径は20センチくらいある。
朝には開花し、午後には閉じてしまう。
花の後にできる実は蜂の巣状の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
俳句では、「蓮の花」が夏の季語である。
東日本大震災の犠牲者への鎮魂と復興推進のシンボルとして東北各地への移植が進められている。
属名の Nelumbo はハスを指すスリランカでの現地語からきている。
種小名の nucifera は「堅果を持った」という意味である。
写真は7月に中尊寺で撮った。
学名:Nelumbo nucifera 'Chusonji-hasu'

★由緒ある蓮とはついぞ知らぬまま
 撮った画像に鎮魂籠めて

ハス100709a-l.jpgハス100709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アストランティア・マヨル

アストランティア・マヨル140630a-l.jpg

アストランティア・マヨルはセリ科アストランティア属の多年草である。
アストランティア属は10種くらいあるが、主に流通しているのは本種である。
本種は南ヨーロッパからコーカサス地方にかけて分布し、標高100センチから2300メートルの草地や山地に生える。
種小名の読み方は、マヨール、マイヨル、マジョールなどとするものもある。
日本では切り花として利用されるほか、北海道や東北地方などの寒冷地で栽培されている。
イングリッシュガーデンには欠かせない花である。
英名はグレートマスターワート(great masterwort)という。
草丈は40センチから90センチくらいである。
根際から生える葉はロゼット状で長い柄があり、手のひら状に3つから7つに裂ける。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、花径3センチくらいの淡い黄緑色やピンクの花をつける。
花弁のように見えるのは総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)である。
実際の花は小さくて真ん中にたくさん集まり、半球状に盛り上がる。
涼しい地域では10月ころまで咲き続ける。
花の後にできる実は扁平な分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Astrantia はギリシャ語の「astron(星)」からきている。
種小名の major は「巨大な」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
園芸品種のローマ('Rome')で、淡い紅色をした選抜大輪種である。
学名:Astrantia major

★艶やかな花ではないが渋く咲き
 こぼれるような大人の風情

アストランティア・マヨル140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ベゴニア・アルボピクタ・ロセア110712a-l.jpg

ベゴニア・アルボピクタはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草である。
ベゴニア属は世界に2000種くらいが分布する。
日本にも中国原産だが野生化した秋海棠(シュウカイドウ:Begonia grandis)が生育するので、属名の和名をシュウカイドウ属という。
ベゴニア・アルボピクタの原産地はブラジルである。
木立性ベゴニアといわれるものの1つである。
茎が木質化して立ち上がる性質がある。
和名を銀星ベゴニア(ギンボシベゴニア)という。
ロセア(rosea)はその変種である。
基本種との違いは花の色がピンクになることで、基本種の花の色は白い。
草丈は60センチから100センチくらいである。
葉は左右非対称の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉は艶のある緑色で、白い斑点が入る。
葉の先は尖り、縁は波状となる。
開花時期は6月から8月である。
葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径1センチから2センチの小さなピンクの花をつける。
花被片は4枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でフランス領アンティル諸島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。ベゴニアの仲間数種をヨーロッパに紹介した。
種小名の albo-picta は「白く彩色された」という意味である。
変種名の rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Begonia albo-picta var. rosea

★北の地でベゴニア見るもまた楽し
 いろんな原種集めているね

ベゴニア・アルボピクタ・ロセア110712b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アスペルラ・グッソネイ

アスペルラ・グッソネイ130628a-l.jpg

アスペルラ・グッソネイはアカネ科クルマバソウ属(アスペルラ属)の多年草である。
アスペルラ属はユーラシア大陸や北アフリカ、オーストラリアなどに200種近くが分布する。
日本にも車葉草(クルマバソウ)などが分布するので、属名の和名をクルマバソウ属という。
本種の原産地はイタリアのシチリア島である。
学名はアスペルラ・グッソニー(Asperula gussonii)とするものもある。
草丈は10センチくらいである。
葉は細い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は5月から7月である。
茎先から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、小さな花をつける。
花の色はピンクを帯びた白である。
花冠は漏斗形で、先が深く4つに裂ける。
花の後にできる実は球形の分果(複数の子房からできた果実)で、2つのブロックからなる。
属名の Asperula はラテン語の「asper(粗面)」の縮小形である。葉面がざらつくことから名づけられた。
種小名の gussonei はイタリア人の植物学者「グッソーネ(Giovanni Gussone, 1787-1866)さんの」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Asperula gussonei(syn. Asperula gussonii)

★シチリアに固有の花がここにある
 彼の地の歴史を思い起こして

アスペルラ・グッソネイ130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゲラニウム・エンドレッシー

ゲラニウム・エンドレッシー130628a-l.jpg

ゲラニウム・エンドレッシーはフウロソウ科フウロソウ属(ゲラニウム属)の多年草である。
フウロソウ属はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに450種くらいが分布する。
外国産のものや園芸品種などはゲラニウムの名称で呼ばれる。
ゼラニウムとする場合もあるが、この名称はテンジクアオイ属(Pelargonium)にも用いられるのでちょっと紛らわしいことになる。
本種の原産地はフランス、スペインで、ピレネー山脈の西部に分布する。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は手のひら状に深く切れ込み、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に数輪の5弁花をつける。
花径は35ミリくらいで、花の色はピンクである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」からきている。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の endressii はドイツ人の薬剤師で植物収集家の「エンドレス(Philipp Anton Christoph Endress, 1806-1831)さんの」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Geranium endressii

★この花はピレネーの地に生えるのか
 可愛いピンクが大きく見える

ゲラニウム・エンドレッシー130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

曙葎(アケボノムグラ)

アケボノムグラ110710a-l.jpg

曙葎(アケボノムグラ)はアカネ科フオプシス属の多年草である。
原産地はコーカサス地方からイランの北東部にかけてである。
別名を花車葉草(ハナクルマバソウ)という。
学名のフオプシス・スティロサで表示するものもある。
なお、フオプシス属はクルキアネラ属(クルシアネラ属)とシノニムである。
英名はクロスワート(crosswort)という。
草丈は15センチから30センチくらいである。
茎は細長く、よく枝分かれをして地面に広がる。
葉は幅の広い線形で、6枚から8枚の葉が輪のようになって生える(輪生)。
開花時期は5月から7月くらいである。
茎先に手鞠状の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、花径1センチから2センチの小さな花をたくさんつける。
花の色は淡い紅色で、花冠は5つに裂ける。
花から飛び出す花柱(雌しべの一部で柱頭と子房とをつなぐ部分)が目立つ。
花の後にできる実は小さな球形の分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Phuopsis はギリシャ語の「phu(薬用カノコソウ)+opsis(似た)」からきている。
種小名の stylosa は「花柱のある」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Phuopsis stylosa(syn. Crucianella stylosa)

★重そうにつけた花房少し垂れ
 思わず知らず支えたくなり

アケボノムグラ110710b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

蠅毒草(ハエドクソウ)

ハエドクソウ080713b-l.jpg

蠅毒草(ハエドクソウ)はクマツヅラ科ハエドクソウ属の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)ハエドクソウ科とされる。
ハエドクソウ属は北アメリカとアジアに1種ないし2種が分布する小さな属である。
本種は北海道から沖縄にかけて分布し、低地や山地の林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、ベトナム、インド、ヒマラヤ、東シベリアなどにも分布する。
和名の由来は、全草に有毒物質を含み、根を煮詰めたものを蠅取り紙を作るのに利用したことからきている。
生薬名を透骨草(とうこつそう)という。
草丈は30センチから70センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から8月である。
茎の上部に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、長さ4、5ミリくらいの小さな唇形の花を疎らにつける。
花の色は白ないし淡い紅色である。
花は下から上へ順に咲く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
先が鉤状に曲がり、これが動物や衣服などについて運ばれる。
属名の Phryma は語源がはっきりせず、ネイティブアメリカンの現地語という説がある。
種小名の leptostachya は「細い穂の」という意味である。
亜種名の asiatica は「アジアの」という意味である。
写真は7月に国立科学博物館附属目黒自然教育園で撮った。
学名:Phryma leptostachya subsp. asiatica

★怖ろしい名前もらってしまったが
 咲かせる花は変わることなく

ハエドクソウ080713a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アリウム・ケルヌウム

アリウム・ケルヌウム110710a-l.jpg

アリウム・ケルヌウムはユリ科ネギ属の多年草である。
ネギ属は北半球を中心に800種くらいが分布する。
分類体系によっては(APGIII)ヒガンバナ科とされる。
APG体系でも初期にはネギ科とされていたが、IIIでネギ科はヒガンバナ科の亜科に移行した。
園芸的呼び方としてはアリウム属とされることが多い。
本種の原産地は北アメリカである。
カナダからメキシコにかけて分布し、森林や草地に生える。
英名はノディング・オニオン(nodding onion)という。
ノディングは前屈したという意味である。
草丈は20センチから90センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は7月から8月くらいである。
茎先に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、紅紫色や白の花を下向きにつける。
1つ1つの花は花径5ミリくらいの鐘形で、花被片は6枚である。
黄色の葯(雄しべの花粉を入れる袋)が花冠から飛び出している。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Allium はニンニクの古いラテン名である。
種小名の cernuum は「前屈した」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Allium cernuum

★背も低く恥ずかしそうに俯いて
 咲いているから撮るのも大変

アリウム・ケルヌウム110710b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

睡蓮木(スイレンボク)

スイレンボク100617a-l.jpg

睡蓮木(スイレンボク)はシナノキ科ウオトリギ属(グレウイア属)の常緑低木である。
分類体系によってはアオイ科とされる。
原産地は南アフリカやジンバブエ、モザンビークである。
なお、表記の名は園芸名である。
花の形が睡蓮(スイレン)に似ているところから名づけられた。
学名のグレウイア・オクキデンタリスや、シノニムのグレウイア・カフラで表示するものもある。
英名はラベンダー・スターフラワー(lavender starflower)である。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は楕円形で、互生(互い違いに生える)。
葉の先は尖らず、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は濃い緑色で艶がある。
開花時期は6月から9月くらいである。
桃色または黄色の花を咲かせる。
花弁5枚だが、5枚の萼片もよく発達していて、10枚の花弁が放射状に開いているように見える。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Grewia はイギリスの植物学者「グルー(Nehemiah Grew, 1641-1712)さん」の名からきている。
種小名の occidentalis は「西方の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Grewia occidentalis(=Grewia caffra)

★睡蓮と見紛う花を樹の上に
 咲かせ神秘のムード豊かに

スイレンボク100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちピンクの花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオレンジ色の花です。

次のカテゴリは黄色い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7