黄色い花の最近のブログ記事

黄花海芋(キバナカイウ)

キバナカイウ050702b-l.jpg

派手やかな葉と競い合いカラー咲く

黄花海芋(キバナカイウ)はサトイモ科オランダカイウ属(ザンテデスキア属)の多年草である。
ザンテデスキア属はアフリカの南部に10種が分布する。(Catalogue of Life の数値)
オランダ海芋(オランダカイウ)が代表種で、属名の和名もオランダカイウ属という。
本種の原産地も南アフリカで、ムプマランガ州で発見された。
英名はゴールデンカラーリリー(golden calla lily)などである。
オランダ海芋(オランダカイウ)が湿地性なのに対し、本種は畑地性である。
日本へは大正時代の初期に渡来した。
和名の由来は黄花で「海外からきた芋」であることからきている。
庭植え、鉢植え、切り花などとして利用される。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は矢尻形である。
葉は肉厚で艶があり、白い斑点が入る。
開花時期は5月から7月である。
花のように見える黄色い部分は、サトイモ科特有の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)と呼ばれる部分で、漏斗状に巻いている。
真ん中にある直立した部分が、小花の密生する肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
花言葉は「素晴らしい美しさ」である。
俳句では「海芋」「カラー」が夏の季語である。
属名の Zantedeschia は17世紀イタリアの植物学者「ザンテデスキ(Giovanni Zantedeschi, 1773-1846)さん」の名からきている。
種小名の elliottiana はイギリス人でこの花を南アフリカから持ち込んで最初に植えた「エリオット(George Elliott, 1886)さんの」という意味である。
写真は7月に野田市の清水公園花ファンタジアで撮った。
学名:Zantedeschia elliottiana

★渦を巻く仏炎苞を耳にあて
 カラーの呟き聞いてみようか

キバナカイウ050702a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

メキシコヒャクニチソウ120709a-l.jpg

メキシコ百日草(メキシコヒャクニチソウ)はキク科ヒャクニチソウ属(ジニア属)の一年草である。
ジニア属はメキシコを中心に北アメリカの南西部から南アメリカにかけて23種が分布する。
基本種は百日草(ヒャクニチソウ)で、属名の和名もヒャクニチソウ属という。
本種の原産地はメキシコで、グアナフアト、ハリスコ、ミチョアカン、メキシコ州、オアハカに分布する。
近縁種の百日草(ヒャクニチソウ)に比べて葉が細く、草丈が低いのが特徴である。
英名はメキシカンジニア(Mexican zinnia)という。
ここで一例として取り上げたオールドメキシコ(Old Mexico)はその園芸品種である。
庭植え、鉢植えのほかアレンジメントなどにも利用される。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は線状の披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から9月くらいである。
茎先に花径5センチくらいの頭花を1輪つける。
花の色は、紅色と黄色の複色である。
花の真ん中が濃い紅色、先が濃い黄色の覆輪となる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Zinnia はドイツ人の植物学者「ツイン(Johann Gottfried Zinn, 1727-1759)さん」の名からきている。
種小名の haageana はドイツ人の植物学者「ハーゲ(Friedrich Adolph Haage, 1796-1866)さんの」という意味である。
写真は7月に京都府立植物園で撮った。
学名:Zinnia haageana 'Old Mexico'

★ふくよかに咲いた姿はアンティーク
 メキシコ生まれの貴婦人ここに

メキシコヒャクニチソウ120709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ロスコエア・カウトレオイデス070430a-l.jpg

ロスコエア・カウトレオイデスはショウガ科ロスコエア属の多年草である。
ロスコエア属は中国南西部からヒマラヤにかけて15種くらいが分布する。
この属の植物はまるでランの仲間のように見えることで知られる。
本種は中国の雲南省、四川省に分布し、標高2100メートルから3500メートルの草地や林の中に生える。
中国名は早花象牙参という。
草丈は15センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は6月から8月である。
茎先に淡い黄色の花を数輪つける。
花の色は紫色や白のものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Roscoea はリバプール植物園の創設者で収集家だった「ロスコー(William Roscoe, 1753-1831)さん」の名からきている。
種小名の cautleoides は「cautle(?)+oides(のような)」という組合せなので調査中である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Roscoea cautleoides

★雲南の夏の草地に咲くという
 きれいな姿に思わず見とれ

ロスコエア・カウトレオイデス070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

蒟醤(キンマ)

キンマ111214a-l.jpg

蒟醤(キンマ)はコショウ科コショウ属(ピペル属)の蔓性常緑多年草である。
ピペル属は世界の熱帯・亜熱帯地域に1000種以上が分布している。
代表種は胡椒(コショウ)で、属名の和名もコショウ属という。
原産地は、マレーシア、インドネシア、インド、スリランカなどである。
東南アジアや南アジアで広く商品栽培されている。
和名はタイでの現地語の転訛したものである。
草丈は1メートルくらいである。
葉は心臓形で、互い違いに生える(互生)。
葉は分厚く艶がある。
雌雄異株である。
開花時期は夏である。
黄色い穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を下垂させる。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
葉は精油を含んでいて辛味や芳香があり、石灰と檳榔子(ビンロウジ)の種子を包んで噛み、清涼剤とする。
また、鎮痛、健胃、去痰などさまざまな効能があり、薬用植物として利用される。
アユルベーダ(インドの伝統医学)では媚薬とされた。
属名の Piper は古いラテン語の「piper(コショウ)」からきている。
種小名の betle はマレーシアの現地語(vettila)からきている。
写真は12月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Piper betle

★名前すら知らない葉っぱに出合うのが
 温室だよね驚くばかり

キンマ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



シソバキスミレ090927a-l.jpg

紫蘇葉黄菫(シソバキスミレ)はスミレ科スミレ属(ビオラ属)の多年草である。
ビオラ属は世界には500種から600種が分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
日本にも菫(スミレ)などが生育するので、属名の和名はスミレ属という。
本種は日本固有種である。
北海道の夕張岳にのみ分布し、高山の蛇紋岩の砂礫地に生える。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
2007年版までは絶滅危惧IA類(CR)とされていた。
草丈は5センチくらいである。
有茎種である。
葉は円形で分厚く、深い緑色で艶がある。
葉の裏面は、暗い紅紫色をしている。
葉の先は短く尖り、縁には波状の鋸歯がある
開花時期は6月から7月である。
茎先につく花の色は黄色で、花径は15ミリくらいである。
側弁には疎らに毛が生える。
唇弁には紅紫色の筋が入る。
花弁の裏側は紅紫色を帯びるものが多い。
距は小さくて目立たない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の yubariana は「夕張岳の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名: Viola yubariana

★もう少し元気な姿撮りたいな
 愛らしいよね紫蘇葉黄菫

シソバキスミレ090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

オエノテラ・テトラゴナ

オエノテラ・テトラゴナ110710a-l.jpg

オエノテラ・テトラゴナはアカバナ科マツヨイグサ属(オエノテラ属)の多年草である。
オエノテラ属はアメリカ大陸に145種くらいが分布する。
属名の読み方は「エノテラ」や「オエノセラ」とするものもある。
日本でも待宵草(マツヨイグサ)などが野生化しているので、属名の和名をマツヨイグサ属という。
本種の原産地は北アメリカ大陸の東部である。
オエノテラ・フルティコサ(Oenothera fruticosa)の亜種グラウカ(glauca)とシノニムのようである。
英名はナローリーフ・イブニングプリムローズ(narrowleaf evening-primrose)という。
和名は霜降待宵草(シモフリマツヨイグサ)である。
草丈は30センチから45センチくらいである。
茎は直立する。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から8月くらいである。
花径3センチから5センチくらいの黄色い4弁花をつける。
雄しべは8本ある。
雌しべの柱頭は十字状に裂ける。

花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Oenothera はギリシャ語の「oinos(酒)+ther(野獣)」からきている。根にブドウ酒のような香気があり、野獣が好むということから名づけられた。
種小名の tetragona は「四角の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Oenothera tetragona(syn. Oenothera fruticosa subsp. glauca)

★この花はどんな位置づけされてるの
 調べてみるもまた楽しくて

オエノテラ・テトラゴナ110710b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アナファリス・ネパレンシス・モノケファラ130628a-l.jpg

アナファリス・ネパレンシス・モノケファラはキク科ヤマハハコ属(アナファリス属)の多年草である。
アナファリス属はアジアを中心に110種くらいが分布する。
日本にも山母子(ヤマハハコ)などが分布するので、属名の和名をヤマハハコ属という。
本種の原産地は、中国の南西部、チベット、ヒマラヤ、インドなどである。
標高4000メートルから4500メートルくらいの高山に生える。
草丈は5センチから30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉には灰白色の軟毛が生える。
開花時期は6月から9月である。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い総苞片に包まれた黄色い花(頭花)をつける。
総苞片はかさかさしていてドライフラワーのようである。
頭花には舌状花はなく、筒状花だけからなる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Anaphalis はギリシャ語の「Gnaphalium(ハハコグサ)」からきている。語中の文字を並べ替えて作った。
種小名の nepalensis は「ネパールの」という意味である。
変種名の monocephala は「一輪咲きの」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Anaphalis nepalensis var. monocephala

★ヒマラヤの岩場に生える山母子
 かさかさとした不思議な姿

アナファリス・ネパレンシス・モノケファラ130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アリッスム・ウルフェニアヌム130628a-l.jpg

アリッスム・ウルフェニアヌムはアブラナ科ミヤマナズナ属(アリッスム属)の多年草である。
アリッスム属はユーラシア大陸や北アフリカに100種以上が分布する。
日本にも深山薺(ミヤマナズナ)などが分布するので、属名の和名をミヤマナズナ属という。
なお、園芸的にアリッサムといわれているものは和名を庭薺(ニワナズナ)といい、古くは同じ仲間だったが今は仲間が異なる。
本種の原産地は南ヨーロッパである。
草丈は20センチくらいである。
茎は地を這い広がって立ち上がる。
根際から生える葉はへら形である。
開花時期は5月から7月くらいである。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、小さな黄色い4弁花をたくさんつける。
花の後にできる実は楕円形の角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
属名の Alyssum はギリシャ語の「a(否定)+lyssa(狂犬病)」からきている。この属の植物の1種が狂犬病を防ぐと思われたことから名づけられた。
種小名の wulfenianum はオーストラリアの神父で植物学者だった「ビュルフェン(Franz Xaver Freiherr von Wulfen, 1728-1805)さんの」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Alyssum wulfenianum

★花時をちょっぴり過ぎてしまったか
 今度は見たい満開の花

アリッスム・ウルフェニアヌム130628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

毛蕋花(モウズイカ)

モウズイカ110628c-l.jpg

毛蕋花(モウズイカ)はゴマノハグサ科モウズイカ属(ベルバスクム属)の越年草である。
ベルバスクム属は地中海沿岸地方を中心に250種くらい分布する。
園芸的にはバーバスカムという呼び名が使われる。
日本へは本種などが導入されていて、属名の和名はモウズイカ属という。
新しい分類体系(APGIII)でゴマノハグサ科は従来よりも狭い範囲となったが、モウズイカ属は引き続きこの科に含まれる。
本種の原産地も地中海沿岸地方である。
日本へは明治時代に観賞用として渡来した。
現在では逸出したものが北海道から兵庫県にかけて野生化している。
特に北海道から本州の東北地方にかけて多く分布している。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に登録されている。
和名の「毛蕋花」は雄しべに毛が生える花という意味である。
草丈は60センチから120センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形で、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎の上部につく葉は長い心臓形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には浅くて鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から8月である。
茎先に長さが50センチくらいある総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い花をつける。
花は1節に1輪ずつつく。
花径は2センチから3センチで、花冠は5つに裂ける。
1本の雌しべと5本の雄しべがある。
雄しべは2本が長く、3本が短い。
短い3本には白い毛が密生している。
花は早朝に開花し、数時間で閉じてしまう。
花の後にできる実は扁球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、毛に覆われ萼に包まれている。
白花のものもあり、白花毛蕋花(シロバナモウズイカ)という。
花言葉は「勇気を出しなさい」である。
属名の Verbascum はラテン語の「barba(ひげ)」からきている。
種小名の blattaria はラテン語の「blatta(ゴキブリ)」からきている。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Verbascum blattaria

★英国の庭園ならば似合うけど
 野生化すれば迫力満点

モウズイカ110628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

キバナノマツバニンジン110628a-l.jpg

黄花の松葉人参(キバナノマツバニンジン)はアマ科アマ属(リヌム属)の一年草である。
リヌム属は世界に200種くらいが分布する。
この仲間の代表種に亜麻(アマ)があり、属名の和名もアマ属という。
本種の原産地は北アメリカである。
カナダとアメリカ合衆国の東部に分布する。
日本では1943年に帰化が確認されている。
現在は、本州、四国、九州で野生化している。
環境省の「我が国に定着している外来生物のリスト(暫定版)」(2006)に掲載されている。
和名の由来は在来種の松葉人参(マツバニンジン)に似ていて花の色が黄色であることからきている。
別名を黄花松葉撫子(キバナマツバナデシコ)という。
この名も松葉人参(マツバニンジン)の別名である松葉撫子(マツバナデシコ)からきている。
草丈は20センチから70センチくらいである。
茎は細くて直立し、上部で枝分かれをする。
葉は長さ1センチから2センチの披針形(笹の葉のような形)で、茎に貼りつくように互い違いに生える(互生)。
茎の下部では向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に淡い黄色の5弁花をまばらにつける。
花径は5ミリから10ミリくらいである。
花は午後に開花し、数時間で散る。
萼片は5枚、雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は淡い褐色をした球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Linum はラテン語の「linon(糸)」からきている。この属の1種から糸を採ったことから名づけられた。
種小名の medium は「中間の」という意味である。
写真は7月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Linum medium

★花の咲く姿になかなか出合えない
 亜麻の仲間はデリケートだね

キバナノマツバニンジン110628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち黄色い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピンクの花です。

次のカテゴリは黒い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7