緑色の実の最近のブログ記事

ホルト草(ホルトソウ)

ホルトソウ080607a-l.jpg

ホルト草(ホルトソウ)はトウダイグサ科トウダイグサ属の越年草である。
ユーフォルビア属は世界に2000種くらいが分布する。
属名の読み方はエウフォルビアとするものもある。
日本にも灯台草(トウダイグサ)などが分布するので、属名の和名をトウダイグサ属という。
本種の原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア、中央アジア、ベトナム、中国などである。
ホルトというのはポルトガルの意味で、ポルトガルから渡来したことから名づけられた。
日本には室町時代に薬用植物として渡来した。
現在では、逸出して野生化しているものもある。
草丈は50センチから70センチくらいである。
茎は直立し、上部で2つに枝分かれをする。
茎は円柱形である。
茎の下部につく葉は線形、上部につく葉は卵長形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
包葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
花の色は緑色である。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
種子は生薬で続随子(ぞくずいし)といい、胃腸炎や皮膚炎に効く。
種子からとれるホルト油(オリーブ油)のにせものが石油の代替エネルギーとして注目されている。
全草に有毒物質を含む。
花言葉は「見せかけ」である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブス(Euphorbus)さん」の名からきている。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の lathyris はホルトソウの古いギリシャ名からきている。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Euphorbia lathyris

★名の由来聞けば何やら面白く
 されど姿は不気味さ見せて

ホルトソウ080607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

姫実栗(ヒメミクリ)

ヒメミクリ090929a-l.jpg

姫実栗(ヒメミクリ)はミクリ科ミクリ属の多年草である。
抽水植物で根は水底の土の中にあり、茎や葉が水面から上に伸びている。
北海道から九州にかけて分布し、湿地や河川などに生える。
海外では、北半球の各地やオーストラリアに広く分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は40センチから90センチくらいである。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から8月である。
茎の上部に雄花序、下部に雌花序をつける。
花の色は緑白色である。
花の後に、緑色の球形で栗のイガに似た集合果をつける。
和名の由来は、実が栗のいがに似ていることからきている。
属名の Sparganium はギリシャ語の「sparganon(帯)」からきている。
種小名の subglobosum は「やや球形の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Sparganium subglobosum

★面白い形に笑みが浮かび出る
 実栗の仲間個性たっぷり

ヒメミクリ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ジュウロクササゲ080727a-l.jpg

十六大角豆(ジュウロクササゲ)はマメ科ササゲ属の蔓性一年草である。
原産地は北アフリカだと考えられている。
現在は東南アジアなどで広く栽培されている。
日本へは平安時代に渡来していた。
本格的に栽培されるようになったのは戦後のことである。
愛知県と岐阜県が主な産地となっている。
和名の由来は、莢の中に16個の豆があるということからきている。
別名を三尺大角豆(サンジャクササゲ)ともいう。
莢果の長さは30センチから50センチくらいである。
若い莢や熟した豆が食用とされる。
草丈は2メートルから4メートルくらいである。
開花・収穫時期は7月から8月である。
葉の脇に黄白色ないし紅紫色をした蝶形の花をつける。
属名の Vigna はイタリアの医師で園芸家の「ビーニャ(Dominico Vigna, ?-1647)さん」の名からきている。
種小名の unguiculata は「爪状の」という意味である。
変種名の sesquipedalis は「距の長さが1.5フィートの」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
栽培品種の「黒種大長三尺ササゲ」である。
学名:Vigna unguiculata var. sesquipedalis

★あれあれと驚くようにひょろ長く
 笑いを誘う十六大角豆

ジュウロクササゲ080727b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



実栗(ミクリ)

ミクリ060729a-l.jpg

実栗(ミクリ)はミクリ科ミクリ属の多年草である。
抽水植物で根は水底の土の中にあり、茎や葉が水面から上に伸びている。
北海道から九州にかけて分布し、池沼や水路に生える抽水植物(根が水底の土中にあって、茎や葉が水面から上に伸びている水生植物のこと)である。
かつては水田の周辺などで普通に見られたが、除草剤の使用などで減っている。
海外では、北半球の各地やオーストラリアに広く分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
根際から生える葉は長い線形で、茎よりも高くなる。
葉のつけ根に近い部分は断面が三角形である。
つけ根は茎を抱き、先は丸い。
開花時期は6月から8月である。
雌雄同株である。
茎先が枝分かれをして、上部にもやもやとした雄花、下部に毛玉のような雌花をつける。
花の後に、緑色の球形で栗のイガに似た集合果をつける。
和名は、実を栗のいがに見立てたものである。
属名の Sparganium はギリシャ語の「sparganon(帯)」からきている。
種小名の erectum は「直立した」という意味である。
写真は7月に神代植物公園で撮った。
学名:Sparganium erectum

★この草は滅びの道を歩むのか
 実栗の姿じっと見つめて

ミクリ060729b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



鏡草(カガミグサ)

カガミグサ060729a-l.jpg

鏡草(カガミグサ)はブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉低木である。
原産地は中国である。
日本へは江戸時代に薬用として渡来した。
その割には種小名はヤポニカである。
根茎を生薬で白斂(びゃくれん)といい、腫れ物や打撲傷、火傷の止痛などに用いられる。
根が紡錘形に肥厚し、中が白いことからきた名である。
蔓は10メートルくらいまで伸びる。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
淡い緑色の地味な花をつける。
花の後には白、紫色、青など色とりどりの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)ができる。
そのため観賞用としても栽培される。
属名の Ampelopsis はギリシャ語の「amperos(ブドウ)+opsis(外観)」からきている。ブドウに外観が似たという意味で名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Ampelopsis japonica

★でこぼこで色とりどりの実を結び
 葡萄のようで葡萄でなくて

カガミグサ060729c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


グーズベリー

グーズベリー070701b-l.jpg

グーズベリー(gooseberry)はユキノシタ科スグリ属の落葉低木である。
分類体系によってはスグリ科とされる。
原産地はヨーロッパ、北アフリカ、西アジアである。
日本へは明治時代の初期にヨーロッパから渡来した。
北海道で野生化している。
和名は丸酸塊(マルスグリ)、別名を西洋酸塊(セイヨウスグリ)という。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをし、枝には棘がある。
葉は円形で3つから5つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の両面には短い毛が密生し、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月ころである。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
萼筒は幅の広い鐘形で、軟毛と腺毛が生える。
実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
甘酸っぱくて食用になる。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の grossularia はフランス語の「grosaille(グースベリー)」からきている。
写真は7月に仙台市農業園芸センターで撮った。
学名:Ribes grossularia

★懐かしい姿にほっと笑み漏れる
 幼き日々の記憶戻って

グーズベリー070701c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


浜大根(ハマダイコン)

ハマダイコン080420b-l.jpg

浜大根(ハマダイコン)はアブラナ科ダイコン属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地などに生える。
海外では、朝鮮半島の南部にも分布する。
栽培されていた大根が野生化したものと考えられる。
大根の名がついているが根はあまり太くならず、固くて食用にならない。
草丈は30センチから70センチくらいである。
葉は4対から6対の小葉がペアで向かい合わせにつく。
先端の葉が大きく、3つに深く切れ込んでいる。
葉は水分の蒸発を防ぐために肉厚になっている。
開花時期は4月から6月である。
茎から枝分かれして、薄い紅紫色をした十字形の花が4、5輪つく。
花の直径は20ミリから25ミリくらいである。
花の後にできる実は数珠状の長角果(アブラナなどの果実で細長いもの)で、赤褐色の種子が入っている。
属名の Raphanus はギリシャ語の「raphanos(早く割れる)」からきている。発芽の早いことから名づけられた。
種小名の sativus は「栽培された」という意味である。
変種名の raphanistroides は「raphanistrum(セイヨウダイコン)+oides(似た)」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
実の写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Raphanus sativus var. raphanistroides

★浜辺には住めば都と根下ろした
 浜大根が風に揺られて

ハマダイコン080420c-l.jpg

ハマダイコン080607a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ササゲ080727a-l.jpg大角豆(ササゲ)はマメ科ササゲ属の一年草である。
原産地はアフリカの中部である。
古くから各地で栽培されてきた。
日本にも平安時代には伝わったとされている。
蔓性のものと蔓なしのものがある。
蔓性のものは長さが2メートルから4メートルくらいになる。
蔓なしのものは草丈が30センチから40センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で先が尖り、艶がある。
開花時期は7月から8月くらいである。
葉の脇に淡い紅色を帯びた白い蝶形の花をつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
莢は長さが10センチから30センチくらいの円筒形で硬い。
属名の Vigna はイタリアの自然科学者「ビーニャ(Dominico Vigna)さん」の名からきている。
種小名の unguiculata は「爪のある」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Vigna unguiculata

★名前だけ知っているけどなるほどね
 これが大角豆とチェック入れて

ササゲ080727d-l.jpg

ササゲ080727b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ジャケツイバラ080510f-l.jpg蛇結茨(ジャケツイバラ)はマメ科ジャケツイバラ属の蔓性落葉低木である。
分類体系によってはジャケツイバラ科とされる。
本州の宮城県・山形県から沖縄にかけて分布し、山地の川岸や林の縁に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は1メートルから2メートルである。
枝は蔓状で、鋭い鉤状の棘がある。
葉は2回羽状複葉で、互い違いに生える(互生)。
枝分かれしたそれぞれの先に、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される。
小葉の形は長い楕円形である。
開花時期は5月から6月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い5弁花をたくさんつける。
花径は3センチくらいである。
マメ科だが完全な蝶形にはならず、花弁の重なりが上を向く。
1枚の花弁に赤い筋が入る。
萼片は黄緑色で5枚である。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
和名の由来は、蔓が絡み合う様子を蛇が絡み合う姿に見立てたものである。
属名の Caesalpinia はイタリアの植物学者「カエサルピノ(A. Caesalpino)さん」の名にちなむ。
種小名の decapetala は「十花弁の」という意味である。
変種名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は5月に市川市万葉植物園で撮った。
実の写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Caesalpinia decapetala var. japonica

★鮮やかな黄金の色に驚いて
 名を問うて知る蛇結茨と

ジャケツイバラ080510a-l.jpg

ジャケツイバラ080510i-l.jpg

ジャケツイバラ080720a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

キュウリ080824b-l.jpg

ひっそりと胡瓜の花は蔓につき

胡瓜(キュウリ)はウリ科キュウリ属の蔓性一年草である。
南アジアを原産地とする華南型とヒマラヤ山麓を原産地とする華北型とがあり、前者は春胡瓜、後者は夏胡瓜として発達してきた。
現在では交雑育種が進み、日本独自の品種を作り出している。
漢字では「木瓜」または「黄瓜」とも書く。
草丈は1?2メートルである。
蔓性で、全体に棘状の毛を密生する。
葉は手のひら状に浅く切れ込み、長い柄があって互い違いに生える(互生)
開花時期は6月から8月くらいである。
雌雄同株である。
花径3センチくらいの黄色い5弁花をつける。
結実期は7月から9月くらいである。
実はウリ状果と呼ばれるもので、野菜として普通に利用される。
俳句では「胡瓜」と「胡瓜の花」が夏の季語である。
属名の Cucumis はラテン語の「cucuma(壷形の容器)」からきている。実の形から連想したものと思われる。
種小名の sativus は「栽培された」という意味である。
写真は8月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Cucumis sativus

★皺々でだけどなんだか温かく
 胡瓜(きゅうり)の花が夏日を浴びて

キュウリ080824a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/09/16改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは緑色の花です。

次のカテゴリは灰色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7