紫色の実の最近のブログ記事

プラティア・アングラタ

プラティア・アングラータ061008a-l.jpg

プラティア・アングラタはキキョウ科プラティア属の多年草である。
プラティア属はオーストラリア、ニュージーランド、熱帯アジアに25種くらいが分布する匍匐性の多年草である。
ミゾカクシ属(Lobelia)に含まれるという見解もある。
本種の原産地はニュージーランドで、標高1300メートルまでの地域に生える。
ただし、これについても中国やマレーシアに分布する大実紫苔桃(オオミムラサキコケモモ:Pratia nummularia)とシノニムだとする見解もある。
草丈は5センチから10センチくらいである。
小さな葉をつけた茎が地を這うように広がる。
葉は円心形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から9月くらいである。
白い溝隠(ミゾカクシ)に似た花をつける。
花の後につく実は直径5ミリくらいの球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、赤紫色に熟する。
属名の Pratia はフランス人の海軍士官「プラベルノン(Charles Louis Prat-Bernon, 1800's)さん」の名からきている。
種小名の angulata は「角張った」という意味である。
写真は10月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Pratia angulata

★紫のお洒落な筋がチャーミング
 アングラタ咲く星を散りばめ

プラティア・アングラータ061008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ホソバイヌビワ090904a-l.jpg

細葉犬枇杷(ホソバイヌビワ)はクワ科イチジク属の落葉低木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
海外では、台湾にも分布する。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
犬枇杷(イヌビワ)の品種で、文字通り葉が細い。
葉の形は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は紙質で、ざらつく。
葉の幅は15ミリから30ミリくらいである。
開花時期は4月から6月である。
雌雄異株である。
葉のつけ根に花嚢というイチジク属植物特有の果実状のものをつけ、その中にたくさんの花を咲かせる。
これを隠頭花序(花軸の先が膨らんで壷型となり、その中に単性の花を密生する)と呼んでいる。
実は秋に濃い紫色に熟し、食べられる。
このような果実はイチジク状果と呼ばれる。
葉は黄葉をする。
属名の Ficus はイチジクを意味するラテン語である。
種小名と変種名の erecta は「直立した」という意味である。
品種名の sieboldii はドイツ人で日本植物の研究者だった「シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796-1866)さんの」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Ficus erecta var. erecta f. sieboldii

★細い葉をいっぱいつけてその中に
 実が見えている細葉犬枇杷

ホソバイヌビワ090904b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


蔓紫(ツルムラサキ)

ツルムラサキ090929c-l.jpg

蔓紫(ツルムラサキ)はツルムラサキ科ツルムラサキ属の蔓性多年草である。
園芸上は越年草として扱われる。
原産地は熱帯アジアである。
中国の南部や東南アジアで栽培され、中華料理の原料として利用されている。
日本でも観賞用や食用として栽培されている。
草丈は100センチから200センチくらいである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚く、紅紫色を帯びる。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は7月から10月くらいである。
葉の脇に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅色を帯びた白い花をつける。
花弁はなく、5枚の萼片もあまり開かない。
雄しべは5本である。
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、濃い紫色に熟する。
日本でも「インドのほうれん草」や中国名の落葵(ラオコエイ)の呼称で新野菜として注目されている。
果汁はかつて紫の染料やインクとして利用された。
属名の Basella はインドのマラバー地方での現地名からきている。
種小名の rubra は「赤色の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Basella rubra

★地味だけど何やら不思議な花つける
 蔓紫に興味深々

ツルムラサキ090929a-l.jpg

ツルムラサキ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



タチテンノウメ100206a-l.jpg立ち天の梅(タチテンノウメ)はバラ科テンノウメ属の常緑小低木である。
小笠原諸島の固有種である。
乾燥した岩石地に生える。
小笠原に生育する近縁種の白毛天の梅(シラゲテンノウメ)は地を這うように枝を張るが、本種は立ち上がって枝を伸ばす。
樹高は50センチから150センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は幅の狭い楕円形で艶があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
小葉は13対から14対くらいつく。
開花時期は3月から4月である。
散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、梅(ウメ)に似た白い5弁花をつける。
実は直径10ミリくらいの球形で、黒紫色ないし白色に熟する。
属名の Osteomeles はギリシャ語の「osteon(骨)+melon(リンゴ)」からきている。果実の様子を表したものである。
種小名の boninensis は「無人島の(小笠原の)」という意味である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
実の写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Osteomeles boninensis

★孤島には独自の進化見られると
 目の当たりに見る立ち天の梅

タチテンノウメ090808a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/03/01改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色の実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫色の花です。

次のカテゴリは青い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7