黄色い花の最近のブログ記事

エキナセア

エキナセア・プルプレア080622c-l.jpg

エキナセアはキク科ムラサキバレンギク属(エキナケア属)の多年草の総称である。
エキナケア属は暫定的な学名だが北アメリンに10種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
また、多くの園芸品種が作出されている。
代表種であるエキナケア・プルプレアに紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)の和名があり、和名の属名もムラサキバレンギク属という。
「馬簾」というのは、江戸時代の火消しが用いた纏(まとい)の飾りのことである。
園芸的には属名を英語風に読んだエキナセアの名で流通している。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
庭植え、鉢植えで観賞用に栽培されるほか、切り花やドライフラワーともされる。
また、根茎には免疫力を高める作用があり、ハーブとしても利用される。
草丈は60センチから150センチくらいである。
茎は直立をする。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から10月くらいである。
代表種は茎先に紅紫色の花をつけるが、黄色や白の花を咲かせるものもある。
花言葉は「深い愛」である。
10月13日の誕生花である。
属名の Echinacea はギリシャ語の「echino(はりねずみ)」からきている。硬い筒状花をはりねずみにたとえて名づけたものである。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
写真はエキナケア・プルプレアとエキナケア・パラドクサである。
学名:Echinacea spp.

★ネイティブの息吹き伝えてエキナセア
 棘が守りし薬効いかに

エキナセア・パラドクサ080622a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







苧(カラムシ)

カラムシ150922b-l.jpg

からむしもここなら似合う御薬園

苧(カラムシ)はイラクサ科カラムシ属(ボエメリア属)の多年草である。
ボエメリア属は世界に50種くらいが分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をカラムシ属という。
本種は本州から沖縄にかけて分布し、道ばたや荒れ地に生える。
また、国の重要無形文化財である「小千谷縮」や「越後上布」の原料として、福島県会津地方の昭和村で商品栽培されている。
海外では、台湾、中国にも分布する。
別名を草真麻(クサマオ)という。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎には圧毛(茎や葉に密着して寝た毛)が生える。
近縁種の南蛮苧(ナンバンカラムシ)の場合は長くて白い開出毛(立ち上がるようにつく毛)が生える。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には綿毛がある。
開花時期は8月から9月である。
雌雄同株である。
雌花は茎の上部の葉の脇に穂状となってつく。
雄花は黄白色で、茎の下部の葉の脇につく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
俳句の季語は夏である。
属名の Boehmeria はドイツの植物学者「ボーマー(Georg Rudolf Boehmer, 1723-1803)さん」の名からきている。
種小名の nivea は「雪のように白い」という意味である。
変種名の concolor は「同色の」という意味である。
品種名の nipononivea は「日本産で雪のように白い」という意味である。
写真は9月に会津若松市の御薬園で撮った。
学名:Boehmeria nivea var. concolor f. nipononivea

★本体にやっと出合えた会津の地
 ここで育つか越後縮緬

カラムシ150922a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



狸菖蒲(タヌキアヤメ)

タヌキアヤメ090929a-l.jpg

狸菖蒲(タヌキアヤメ)はタヌキアヤメ科タヌキアヤメ属の多年草である。
タヌキアヤメ科は東南アジア、太平洋諸島、オーストラリアなどに3属6種が分布する。
本種は九州の南部から沖縄にかけて分布し、湿地に生える。
海外では、台湾、中国、マレーシア、インド、オーストラリアなどにも分布する。
草丈は70センチから130センチくらいである。
根際から生える葉は剣状の線形で、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は7月から10月くらいである。
花の色は黄色で、花茎の上部に疎らにつく。
花被片は4枚である。
2枚の外片は卵形で上下につく。
2枚の内片は小さく、左右につく。
花のつけ根の部分には細長い苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)がある。
花は全体に白い綿毛で覆われている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、姿が菖蒲(アヤメ)に似ていて花茎に褐色の長い毛が生えていることからきている。
属名の Philydrum はギリシャ語の「philos(好)+hydor(水)」からきている。水湿地に生えることから名づけられた。
種小名の lanuginosum は「綿毛のある」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Philydrum lanuginosum

★たまらない気分になるねこの花は
 狸の名前がいかにも似合って

タヌキアヤメ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ビデンス・フェルリフォリア

ビデンス・フェルリフォリア090928a-l.jpg

ビデンス・フェルリフォリアはキク科センダングサ属(ビデンス属)の多年草である。
ビデンス属は世界の温帯や熱帯に200種くらいが分布する。
日本にも栴檀草(センダングサ)などが分布するので、属名の和名をセンダングサ属という。
本種の原産地は北アメリカの南部からグアテマラにかけてである。
英名はアパッチ・ベガーティックス(Apache beggarticks)である。
「アパッチ族の栴檀草」といった意味合いである。
多くの園芸品種が作出されている。
また、近縁種にウインターコスモスがあるが、本種も一部ではその名で流通している。
草丈は40センチから80センチくらいである。
葉は羽状に深く裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
茎先に鮮やかな黄色の花(頭花)をつける。
花径は3センチくらいで、筒状花は5枚である。
属名の Bidens はラテン語の「bi(2)+dens(歯)」からきている。実にある2本の棘を歯に見立てたものである。
種小名の ferulifolia は「杖のような葉の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
園芸品種のゴールデンゴッデス(Golden Goddess)である。
学名:Bidens ferulifolia

★びっしりと花が咲いたら見事かな
 ひとつひとつは小さいけれど

ビデンス・フェルリフォリア090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

タイワンモクゲンジ071222a-l.jpg

台湾木欒子(タイワンモクゲンジ)はムクロジ科モクゲンジ属の落葉高木である。
原産地は台湾で、山地の林の中に生える。
日本へは昭和50年代に沖縄に緑化植物として導入された。
和名の由来は、台湾に分布する「木欒子」ということで、「木欒子」の名は中国名からきている。
樹高は10メートルから25メートルくらいである。
ただし、沖縄では5メートルから7メートルくらいにしかならない。
樹皮は褐色である。
葉は2回奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9月から10月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、小さな黄色い5弁花をたくさんつける。
花の後にできる実は袋状のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと赤褐色になる。
属名の Koelreuteria はドイツの植物学者「ケルロイター(Joseph Gottlieb Kolreuter, 1733-1806)さん」の名からきている。
種小名の henryi はアイルランド人の植物収集家「ヘンリー(Augustine Henry, 1857-1930)さんの」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Koelreuteria henryi

★この次は秋に来ようか沖縄へ
 黄の絨毯を踏みしめ歩まん

タイワンモクゲンジ071222b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



浜菱(ハマビシ)

ハマビシ070714b-l.jpg

浜菱(ハマビシ)はハマビシ科ハマビシ属の一年草である。
千葉県・福井県以西の本州から九州にかけて分布し、海岸の砂地などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、チベット、インド、西アジア、南ヨーロッパ、アフリカなどにも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
茎は地を這って広がる。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7月から10月である。
葉の脇に黄色の小さい5弁花をつける。
花は午前中に開花し、夕方には閉じる。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で硬く、太い棘があり、菱(ヒシ)の実に似ている。
実を生薬で疾黎子(しつりし)といい、利尿、消炎、強壮の薬効がある。
しかし有効性に関する十分な情報はなく、特に妊婦が摂取することは危険とされている。
属名の Tribulus はラテン語の「caltrop(まきびし)」からきている。棘の多い果実の形をたとえたものである。
種小名の terrestris は「陸地生の」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Tribulus terrestris

★浜菱の花は静かに咲きいづる
 短き命惜しむがごとく

ハマビシ070714c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


針桐(ハリギリ)

ハリギリ090928a-l.jpg

針桐(ハリギリ)はウコギ科ハリギリ属の落葉高木である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアなどにも分布する。
わが国では特に北海道と東北地方に多い。
幹は直立し、樹高は20メートルから25メートルになる。
幹の直径は1メートルになり、樹皮は黒褐色で不規則に裂ける。
枝には太く鋭い刺がある。
葉は手のひら状に5つから9つに裂け、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は長く、枝先に集まってつく。
開花時期は7月から8月である。
枝先に球形の散形花序(茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序)を出し、淡い黄色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、10月ころに黒紫色に熟する。
新芽は、春の山菜として食用にされる。
材は加工しやすく、建具、家具、器具、楽器、彫刻などに用いられる。
和名の由来は、材が桐(キリ)に似て加工しやすく枝に棘があることからきている。
別名を栓の木(センノキ)という。
属名の Kalopanax はギリシャ語の「kalos(美しい)+Panax(ウコギ科ニンジン属)」からきている。葉の切れ込みが整っていることから名づけられた。
種小名の septemlobus は「7つに裂けた」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Kalopanax septemlobus

★すっと立つ針桐の木は開拓の
 歩みをじっと見つめ続けて

ハリギリ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



狸藻(タヌキモ)

タヌキモ061118a-l.jpg

狸藻(タヌキモ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、池沼や水田に浮かぶ浮遊植物である。
海外では、サハリンや中国の東北部にも分布する。
和名の由来は、全体のふさふさした感じをタヌキの尻尾に見立てたものである。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
葉は羽状に分かれた細い糸状で、互い違いに生える(互生)。
捕虫嚢を持つ食虫植物で、ミジンコなどを捕らえて消化・吸収する。
開花時期は7月から9月である。
花茎の高さは10センチから20センチくらいである。
花茎の先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い花を疎らにつける。
大狸藻(オオタヌキモ:Utricularia macrorhiza)と犬狸藻(イヌタヌキモ:Utricularia australis)との雑種と考えられている。
属名の Utricularia は「utriculus(小気胞)」からきている。小さい捕虫嚢のあるという意味。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Utricularia japonica(syn. Utricularia vulgaris var. japonica)

★この藻にも花が咲くかと驚きつ
 花咲く様を遠目で確かめ

タヌキモ061118b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



グンネラ・ハミルトニー

グンネラ・ハミルトニー061008a-l.jpg

グンネラ・ハミルトニーはアリノトウグサ科グンネラ属の多年草である。
分類体系によってはグンネラ科とされる。
ニュージーランドの南島とスチュアート島に稀に生える。
ニュージーランドのレッドリストでは絶滅危惧IB類(EN)相当に登録されている。
草丈は10センチくらいである。
茎を這わせてマット状に広がる。
根際から生える葉は幅の広い卵形である。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は灰褐色を帯びる。
雌雄異株である。
自生地での開花時期は8月から12月である。
黄色い小さな目立たない花をつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、熟すと赤くなる。
自生地での結実時期は3月から7月である。
属名の Gunnera はノルウェーの植物学者「グンネルス(Johan Ernst Gunnerus, 1718-1773)さん」の名からきている。
種小名の hamiltonii はニュージーランドの植物学者「ハミルトン(W. S. Hamilton, 1800's)さんの」という意味である。
写真は10月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Gunnera hamiltonii

★その数をとても減らしているらしい
 ニュージーランドのめずらしい花

グンネラ・ハミルトニー061008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



茗荷(ミョウガ)

ミョウガ090823a-l.jpg

茗荷(ミョウガ)はショウガ科ショウガ属の多年草である。
原産地は中国である。
日本へは古い時代に渡来し、栽培されてきた。
史前帰化植物で、本州から九州にかけて逸出したものが野生化している。
草丈は40センチから100センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は8月から9月である。
紫褐色の苞の間から淡い黄色の3弁花を開く。
花は一日花である。
雄しべは1本、雌しべも1本である。
花言葉は「忍耐」である。
開花前の蕾を花茗荷といい、秋の季語である。
若い茎を暗い場所で軟白させたものを茗荷竹といい、春の季語である。
属名の Zingiber はサンスクリット語の「sringavera(角形の)」からきている。根茎の形ら名づけられた。
種小名の mioga は日本語の「ミョウガ」のことである。
写真は8月につくば植物園で撮った。
2枚目は12月に自宅で撮った。
学名:Zingiber mioga

★いつならば茗荷の花に出合えるか
 足運ぶたびそっとチェック

ミョウガ111213b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち黄色い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピンクの花です。

次のカテゴリは黄色い実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7