緑色の花の最近のブログ記事

黒慈姑(クログワイ)

クログワイ061008a-l.jpg

黒慈姑(クログワイ)はカヤツリグサ科ハリイ属の多年草である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、池や水田などの浅い水中に生える。
海外では、朝鮮半島の南部にも分布する。
泥の中に地下茎を長く這わせる。
草丈は40センチから80センチくらいである。
茎は円柱形の中空で、内部のところどころに隔膜がある。
葉は葉鞘だけで、茎の根元につく。
開花時期は7月から10月くらいである。
茎先に円柱形をした緑白色の小穂をつける。
小穂はたくさんの花からなり、外側は螺旋状に並んだ鱗片に包まれる。
秋の終わりに地下茎の先に黒っぽい塊茎(芋)をつける。
和名の由来は、この芋の形が慈姑(クワイ)に似ていることからきている。
なお、中華料理で「黒慈姑」と呼ばれるものは本種とは異なり、植物学上の名称は支那黒慈姑(シナクログワイ:Eleocharis dulcis var. tuberosa)という。
属名の Eleocharis はギリシャ語の「eleos(沼)+charis(飾る)」からきている。この属の植物の多くが沼地性であることから名づけられた。
種小名の kuroguwai は日本語の「クログワイ」からきている。
写真は10月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Eleocharis kuroguwai

★慈姑とは仲間が違っているけれど
 芋の形はとても似ている

クログワイ061008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



犬黒慈姑(イヌクログワイ)

イヌクログワイ061124a-l.jpg

犬黒慈姑(イヌクログワイ)はカヤツリグサ科ハリイ属の多年草である。
別名を白慈姑(シログワイ)という。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、湿地に生える。
海外では、台湾、中国南部、インドネシア、マレーシア、インド、オーストラリアなどにも分布する。
中華料理で「黒慈姑」と呼ばれるものは本種の栽培品で、植物学上の名称は支那黒慈姑(シナクログワイ:Eleocharis dulcis var. tuberosa)という。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎の断面は円形で、中空である。
中には隔壁(しきりの壁)がある。
葉は葉鞘だけで茎のつけ根につき、葉身はない。
開花時期は7月から10月である。
茎先に淡い緑色をした円柱形の小穂をつける。
小穂はたくさんの花からなり、外側は螺旋状の鱗片に包まれる。
中には雌しべ、雄しべと糸状の附属物が並ぶ。
花の後にできる実は小堅果である。
地下茎の先につく塊茎が食用になる。
属名の Eleocharis はギリシャ語の「eleos(沼)+charis(飾る)」からきている。この属の植物の多くが沼地性であることから名づけられた。
種小名の dulcis は「甘味のある」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Eleocharis dulcis

★さてどんな味がするのか白慈姑
 変哲のない姿だけれど

イヌクログワイ061124c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アメリカアリタソウ080803c-l.jpg

アメリカ有田草(アメリカアリタソウ)はアカザ科アカザ属の一年草である。
分類体系によってはヒユ科とされる。
原産地はメキシコである。
生薬名をヘノポジ草といい、回虫駆除用の薬草とされたこともある。
現在では野生化し、本州の関東地方から九州にかけて道端や荒れ地に帰化している。
草丈は30センチから90センチくらいである。
茎は直立し、上部で枝分かれをする。
茎には毛が生えている。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には深いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には黄色の腺点(蜜を出す孔)がある。
茎に下部につく葉には浅い切れ込みがある。
開花時期は7月から11月くらいである。
茎先に細長い穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花弁はない。
萼片が5枚である。
雄しべは5本で、萼片よりも長い。
雌しべの花柱は1本である。
全草に特有のにおいがある。
花の後にできる実は胞果(薄皮のような果皮の中に種子が1個入っているもの)である。
なお、「有田草」の名はかつて薬草として栽培された佐賀県の有田に因む。
属名の Chenopodium はギリシャ語の「chen(ガチョウ)+podion(小さい足)」からきている。葉の形から名づけられた。
種小名の ambrosioides は「キク科のブタグサ属(Ambrosia)に似た」という意味である。
変種名の anthelminticum は「駆虫の」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
下の写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Chenopodium ambrosioides var. anthelminticum

★紐解けば由来かれこれあろうとも
 今は雑草腕組み眺め

アメリカアリタソウ081012a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

笹葉藻(ササバモ)

ササバモ080831a-l.jpg

笹葉藻(ササバモ)はヒルムシロ科ヒルムシロ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、湖沼、河川などに生える沈水植物である。
ただし、葉の一部は浮き葉となる。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国、インドシナ半島、マレーシア、インドネシア、インド、ニューギニアなどにも分布する。
流水の中では草丈は2メートルから3メートルくらいになる。
茎は円柱形である。
葉は幅の広い線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月である。
花茎の先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、緑色の小さな花をつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Potamogeton はギリシャ語の「potamos(川)+geiton(近所の)」からきている。
種小名の wrightii はイギリスの植物学者「ライト(Charles Henry Wright, 1864-1941)さんの」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Potamogeton wrightii(syn. Potamogeton malaianus)

★さらさらと水の流れに沿って浮く
 笹葉藻の葉は自在の姿

ササバモ080831c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



糞人参(クソニンジン)

クソニンジン080921a-l.jpg

糞人参(クソニンジン)はキク科ヨモギ属の一年草である。
原産地は朝鮮半島、台湾、中国や東ヨーロッパである。
日本へは古い時代に薬用植物として中国から渡来した。
生薬名を黄花蒿(おうかこう)といい、健胃、解熱、止血などの薬効がある。
現在では各地で野生化し、北海道から九州にかけて道端や荒れ地に生える。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
和名の由来は、全草に独特の悪臭があることからきている。
英名はスイートアニー(sweet Annie)である。
「アニー」は女性の愛称なので、名づけ方の感覚が異なる。
別名を細葉人参(ホソバニンジン)という。
草丈は80センチから150センチくらいである。
葉は羽状に深く裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月から10月くらいである。
茎先に円錐状の花序を出し、花径1、2ミリの小さな緑色の花(頭花)をつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Artemisia はギリシャ神話の女神「アルテミス(Artemis)」からきている。この属の植物が婦人病に効くということから名づけられた。
種小名の annua は「一年生の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Artemisia annua

★名づけ方昔はかなり乱暴と
 驚くけれどそれも文化と
☆お薬になると知っても苦笑する
 イギリスならばアニーと呼ばれ

クソニンジン080921b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


蛭筵(ヒルムシロ)

ヒルムシロ101002a-l.jpg

蛭筵(ヒルムシロ)はヒルムシロ科ヒルムシロ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布する浮葉性の水草である。
湖沼、池、川、水田などの比較的浅いところに生育する。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
和名の由来は、ヒルのいる池や田んぼに繁殖するということからきている。
草丈は10センチら60センチくらいである。
浮葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の長さは5センチから10センチくらいである。
葉の色は濃い緑色や茶色つぽい緑色で、艶がある。
水中葉は茶色っぽくて細長く、波打っている。
開花時期は5月から10月である。
長さ4センチから8センチくらいの黄緑色をした棒状の穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を水面に出す。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Potamogeton はギリシャ語の「potamos(川)+geiton(近所の)」からきている。
種小名の distinctus は「著しい」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Potamogeton distinctus

★田んぼでは嫌われものの蛭筵
 こうして見ると渋い花だね

ヒルムシロ101002b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

東京葛(トンキンカズラ)

トンキンカズラ090928a-l.jpg

東京葛(トンキンカズラ)はガガイモ科ヤライコウ属(テロスマ属)の蔓性常緑低木である。
分類の仕方によってはキョウチクトウ科とされる。
原産地は中国南部からインドシナ半島、インドにかけてである。
「東京」は日本の地名ではなく、ベトナムの北部の地名である。
ベトナム戦争のきっかけとなったトンキン湾事件などで知られる。
英名はトンキンジャスミン(Tonkin jasmin)である。
標準和名は夜来香(ヤライコウ)という。
読み方は「イエライシャン」とするものもある。
中国南部での呼び名である。
蔓の長さは5メートルくらいまで伸びる。
葉は心形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は薄く、長い柄がある。
開花時期は8月から10月くらいである。
葉の脇に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い黄緑色をした星形の花をつける。
花にはよい香りがあり、特に夜になると強く香る。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
香水の原料とするほか料理にも用いられる。
属名の Telosma はギリシャ語の「tele(遠い)+osme(香り)」からきている。花の香りが遠くまで届くことから名づけられた。
種小名の cordata は「心臓形の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Telosma cordata

★名を聞いても一度葉の脇じっと見る
 イエライシャンは目立たない花

トンキンカズラ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ガシャモク

ガシャモク081005b-l.jpg

ガシャモクはヒルムシロ科ヒルムシロ属の多年草である。
本州の利根川水系、琵琶湖の内湖、九州北部に稀に生育する沈水植物で、水中葉しか出さない。
海外では、中国にも分布する。
透明度の高い水を好むため、水質汚濁の進行で数を減らしている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
根茎が泥の中を這い、節から細い根を出す。
葉は細長い楕円形である。
長さは5センチから10センチ、幅は15ミリから20ミリくらいである。
葉の縁は波打ち、先のほうに細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月くらいである。
黄緑色の小さな花が水面に出て咲く。
属名の Potamogeton はギリシャ語の「potamos(川)+geiton(近所の)」からきている。
種小名の dentatus は「鋭い鋸歯の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Potamogeton dentatus(Potamogeton lucens subsp. sinicus var. teganumensis)

★水草が数を減らしている中で
 きれいな水が好きならなおに

ガシャモク081005c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


藜(アカザ)

アカザ080622a-l.jpg

不器用に我を示すか藜の葉

藜(アカザ)はアカザ科アカザ属の一年草である。
分類体系によってはヒユ科とされる。
原産地は中国ないしインドで、野菜として栽培されていた。
日本へは有史以前に中国経由で渡来した。
現在は日本全土に分布し、道端や畑地に生える。
草丈は60?150センチくらいである。
葉は菱形状の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には波形の切れ込みがある。
若葉は紅紫色で美しく、食用となる。
ビタミン類が豊富だが、シュウ酸が含まれているので、大量に摂取するのは避けたほうがいい。
開花時期は9?10月である。
黄緑色をした粒状の花を穂状につける。
花の後にできる実は球形の胞果(薄皮のような果皮の中に種子が1個入っているもの)である。
民間療法で、虫刺されに生葉の汁を塗るなどの利用法がある。
俳句の季語は夏である。
属名の Chenopodium はギリシャ語の「chen(ガチョウ)+podion(小さい足)」からきている。葉の形から名づけられた。
種小名の album は「白い」という意味である。
変種名の centrorubrum は「中心が赤い」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
花の写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Chenopodium album var. centrorubrum

★不器用に我を示すか藜の葉
 色づく姿どこか妖しく
☆まっすぐに伸びて支える藜杖
 赤い若葉はおひたしにして

アカザ080622c-l.jpg

アカザ080921b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



陸鹿尾菜(オカヒジキ)

オカヒジキ080831a-l.jpg

陸鹿尾菜(オカヒジキ)はアカザ科オカヒジキ属の一年草である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂浜などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国、サハリン、ウスリー地方などにも分布する。
草丈は20センチから30センチくらいである。
茎は地を這って広がり、立ち上がる。
葉は線状の円柱形で、互い違いに生える(互生)。
葉は多肉質で、先は棘状となる。
開花時期は7月から10月である。
葉の脇に淡い緑色の花を1つずつつける。
花被片は5枚である。
若葉は食用になる。
和名の由来は、葉が海藻のヒジキに似ており、陸(おか)に生えることからきている。
属名の Salsola はラテン語の「salsus(塩辛い)」からきている。海岸近くに生えることから名づけられた。
種小名の komarovii はロシアの植物学者で極東の植物を研究した「コマロフ(V. L. Komarov)さんの」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Salsola komarovii

★海辺には海辺の似合う草ありと
 頷きながら葉っぱに触れて

オカヒジキ080831b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白い実です。

次のカテゴリは緑色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7