青い実の最近のブログ記事

サワフタギ100515a-l.jpg

沢蓋木(サワフタギ)はハイノキ科ハイノキ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の谷間などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
和名の由来は、沢をふさぐほどに繁るというところからきている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹の下のほうから細かく枝分かれし、横に広がる性質がある。
樹皮は灰白色で、成長したものは表面が薄く剥がれる。
葉は楕円形で短い柄があり、互い違いに生える(互生)。
艶はなく両面にざらざらした毛が密生する。
葉の周りには細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から6月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花をつける。
花径は1センチたらずで5つに裂ける。
花の中央部にたくさんの長い雄しべが見え、花びらよりも目立つ。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
緑色をした実は9月ころにきれいな藍色に熟す。
材を牛の鼻輪に使ったことと合わせて、瑠璃実の牛殺し(ルリミノウシコロシ)の別名がある。
属名の Symplocos はギリシャ語で「symplocos(結合した)」からきている。雄しべのつけ根の部分がくっついていることから名づけられた。
種小名の sawafutagi は日本語の「サワフタギ」からきている。
写真は5月につくば植物園で撮った。
実の写真は10月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Symplocos sawafutagi

★沢蓋木長い雄しべがチャーミング
 実りの秋は瑠璃に着飾り

サワフタギ100515b-l.jpg

サワフタギ071006a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/06/25改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち青い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは青い花です。

次のカテゴリは赤い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0