緑色の花の最近のブログ記事

巴豆(ハズ)

ハズ080727a-l.jpg

巴豆(ハズ)はトウダイグサ科ハズ属(クロトン属)の常緑低木である。
クロトン属は世界に1000種以上が分布する大きな属である。
本種が代表種で、属名の和名はハズ属という。
本種は台湾、中国の南部、フィリピン、ベトナム、インドネシア、インドなどに分布する。
日本へは江戸時代の中期に薬用として渡来した。
また、屋久島に帰化している。
和名の由来は中国名からきており、中国名は巴蜀(四川省)に産することからつけられた。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には長い柄があり、先は尾状に尖る。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄緑色の花をつける。
花は下から上へと咲き上がる。
花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
種子を生薬で巴豆(はず)といい強力な下剤となるが、含有するクロチン(crotin)が有毒なので日本では通常は使用しない。
なお、日本での流通名をクロトンというクロトンの木(クロトンノキ)とは異なる。
属名の Croton はギリシャ語の「croton(ダニ)」からきている。種子の形がダニに似ていることから名づけられた。
種小名の tiglium は「モルッカ諸島のチグリス(Tiglis)の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Croton tiglium

★咲く花もどこか不気味に見えてくる
 初めて目にする巴豆は毒草

ハズ080727c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

蟹釣り草(カニツリグサ)

カニツリグサ090614a-l.jpg

蟹釣り草(カニツリグサ)はイネ科カニツリグサ属(トリセツム属)の多年草である。
トリセツム属は世界に75種くらい分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をカニツリグサ属という。
本種は北海道から九州(沖縄を除く)にかけて分布し、道ばたなどに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国などにも分布する。
草丈は40センチから70センチくらいである。
葉は長さ10センチから20センチの線形で、茎の下部に多くつく。
開花時期は5月から6月である。
花穂は細い円錐状で先が垂れ、たくさんの小穂をつける。
小穂につく小さな花は緑紫色から黄褐色に熟する。
花穂には毛が多く、柔らかそうに見える。
和名の由来は、この花穂で沢蟹釣りをすることからきている。
属名の Trisetum はラテン語の「tri(3)+seta(剛毛)」からきている。外果穎の様子から名づけられた。
種小名の bifidum は「2つに中裂した」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Trisetum bifidum

★名の由来聞けば昔の光景が
 瞼に浮かぶきらめく流れ

カニツリグサ090614b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ニシノホンモンジスゲ070603a-l.jpg

西の本門寺菅(ニシノホンモンジスゲ)はカヤツリグサ科スゲ属(カレクス属)の多年草である。
カレクス属は世界におよそ2000種くらいが広く分布する。
日本にも寒萱(カンスゲ)など200を超える種や変種があり、属名の和名をスゲ属という。
本種は日本固有種で、西日本に多い。
本州の東北地方の西部から中国地方にかけてと四国に分布し、山地の林の中や道ばたに生える。
草丈は30センチから50センチくらいである。
茎は直立し、断面は三角形である。
匍匐はせず、大きな株をつくる。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は6月から7月である。
花穂の色は緑褐色である。
和名の由来は、本門寺菅(ホンモンジスゲ)に似ていて西日本に多く分布することからきている。
本門寺菅(ホンモンジスゲ)の名は、日本人の最初に採集した場所が池上本門寺だったことからきている。
属名の Carex はギリシャ語の「keirein(切る)」からきている。葉が鋭いことから名づけられた。
種小名と変種名の stenostachys は「幅の狭い翼の」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Carex stenostachys var. stenostachys

★名を聞いて由来いかにと紐解けど
 やっと漢字にたどり着くまで

ニシノホンモンジスゲ070603b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



大小真弓(オオコマユミ)

オオコマユミ070430a-l.jpg

大小真弓(オオコマユミ)はニシキギ科ニシシギ属(エウオニムス属)の落葉低木である。
エウオニムス属は世界の温帯地方や熱帯地方に220種くらい分布する。
日本にも錦木(ニシキギ)などが分布し、属名の和名をニシシギ属という。
本種は小真弓(コマユミ)の近縁種で、葉が大きく厚いのが特徴である。
北海道から本州にかけて分布し、低山や山地の林の中や林の縁に生える。
海外では、済州島にも分布する。
樹高は2メートルから3メートルである。
枝にはコルク質の翼(よく)がない。
翼があるものは錦木(ニシキギ)として区別する。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には鋭く細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い緑色の小さな花を数個ずつつける。
花径は7ミリ前後で、花弁は4枚である。
萼片は4枚、雄しべは4本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
熟すと縦に裂けて開き、朱色の仮種皮に包まれた種子をぶら下げる。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の alatus は「翼のある」という意味である。
変種名の rotundatus は「円形の」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Euonymus alatus var. rotundatus

★また一つ難しい樹が現れた
 存在だけは知っておこうか

オオコマユミ070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



弘法芝(コウボウシバ)

コウボウシバ070602b-l.jpg

弘法芝(コウボウシバ)はカヤツリグサ科スゲ属(カレクス属)の多年草である。
カレクス属は世界におよそ2000種くらいが広く分布する。
日本にも寒萱(カンスゲ)など200を超える種や変種があり、属名の和名をスゲ属という。
本種は北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地に生える。
海外では、サハリン、朝鮮半島、台湾、中国から東南アジア、オーストラリア、南アメリカにかけて広く分布する。
草丈は10センチから20センチくらいである。
地下茎は太くて長く、砂の中を這って広がる。
根際から生える葉は線形で硬く、白っぽい緑色である。
開花時期は4月から7月である。
茎先に茶褐色の雄小穂、葉の脇に緑色の雌小穂をつける。
和名の由来は、弘法麦(コウボウムギ)に似て小形であるところからきている。
弘法麦(コウボウムギ)は雌雄異株である。
「弘法」は弘法大師のことである。
土の中の根を筆にしたといわれ、それを達筆な弘法大師になぞらえたという。
「芝」の名はつくがイネ科シバ属の植物ではない。
属名の Carex はギリシャ語の「keirein(切る)」からきている。葉が鋭いことから名づけられた。
種小名の pumila は「小人のような」という意味である。
写真は6月に富山県の氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Carex pumila

★根は太く砂にもぐって這い進む
 弘法芝は砂浜の草

コウボウシバ070602a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



セイヨウハゴロモグサ140527a-l.jpg

西洋羽衣草(セイヨウハゴロモグサ)はバラ科ハゴロモグサ属(アルケミラ属)の多年草である。
アルケミラ属は北半球の寒地や高山などに250種くらい分布する。
日本にも羽衣草(ハゴロモグサ)が分布するので、属名の和名をハゴロモグサ属という。
本種はヨーロッパ北部やグリーンランドなど周極地方に分布する。
英名をレディースマントル(Lady's Mantle)という。
この名の起源は中世にまで遡り、葉の形を聖母マリアのマントに見立てて名づけられたという。
羽衣草(ハゴロモグサ)の名は牧野富太郎博士が英名を訳してつけたものである。
草丈は20センチから60センチくらいである。
根際から生える大きな葉は円形で、手のひら状に浅く裂ける。
葉には全体に軟らかい毛が生えていて、銀白色を帯びる。
開花時期は5月から7月である。
集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出して、小さな黄緑色の花をいっぱいに咲かせる。
花弁はなく、萼片と副萼片が4枚ずつある。
雄しべは4本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
生の葉はそのままサラダにし、乾燥した葉はハーブティーに使われる。
美容に役立ち、生理不順など女性特有の様々な症状に効果がある。
花言葉は「聖母の心」である。
属名の Alchemilla はアラビア語の「alkemelyeh(絹状の軟毛)」からきている。葉の様子を表したものである。
種小名の vulgaris は「普通の」という意味である。
写真は5月に宇治市植物公園で撮った。
学名:Alchemilla vulgaris

★ふくよかに広げた葉っぱに慈愛あり
 聖母マリアのマントのように

セイヨウハゴロモグサ140527b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

猫の乳(ネコノチチ)

ネコノチチ080607a-l.jpg

猫の乳(ネコノチチ)はクロウメモドキ科ネコノチチ属の落葉小高木である。
本州の神奈川県から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
庭木としても植えられる。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布している。
和名の由来は、実の形を猫の乳にたとえたものである。
樹高は5メートルから8メートルくらいである。
樹皮は暗い褐色で縦に波状の縞模様がある。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾のように尖り、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は緑色でやや艶があり、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に小さな黄緑色の花をいくつかつける。
花は一度には開かず、蕾や開いたものが混じる。
花の後にできる実は長い楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、夏から秋にかけて緑色から黄色、紅色と変化し、10月ころに黒紫色に熟する。
材は、床柱や器具材として使われる。
属名の Rhamnella は属名の「Rhamnus(クロウメモドキ属)」の縮小形である。
種小名の franguloides は「イソノキ属(Frangula)に似た」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhamnella franguloides

★目立たない花と言わずに待っていて
 面白い実を楽しみにして

ネコノチチ080607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

黄膚(キハダ)

キハダ130731a-l.jpg

黄膚(キハダ)はミカン科キハダ属の落葉高木である。
キハダ属は東アジアに10種くらいが分布する。
本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、アムール地方、サハリン、朝鮮半島、中国などにも分布する。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
樹皮はコルク質で、外樹皮は灰色、内樹皮は鮮やかな黄色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉は長い楕円形で先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は5月から7月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄緑色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は球形の柑果(多心皮性の液果)で、緑色から黒く熟する。
内皮を乾燥したものを生薬で黄檗(おうはく)といい、健胃整腸剤とされる。
また、染料の材料ともされる。
属名の Phellodendron はギリシャ語の「phellos(コルク)+dendron(樹木)」からきている。材に厚い樹皮がつくことから名づけられた。
種小名の amurense は「アムール地方の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Phellodendron amurense

★常日頃お世話になるはこの木かと
 樹皮の手触りそっと確かめ

キハダ130731b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


匂い半夏(ニオイハンゲ)

ニオイハンゲ060513c-l.jpg

匂い半夏(ニオイハンゲ)はサトイモ科ハンゲ属の多年草である。
ハンゲ属は東アジアに9種分布する。
日本には烏柄杓(カラスビシャク)大半夏(オオハンゲ)が分布する。
半夏(はんげ)の名は生薬名からきている。
本種の原産地は中国の南部である。
湿り気のある岩場を好んで生える。
日本へは戦後に園芸植物として渡来した。
一部で逸出して野生化しているものもある。
草丈は5センチから20センチくらいである。
葉には長い柄があって根元から立ち上がり、3枚の小葉が1組の葉を2、3枚つける。
小葉の形は長い楕円形で、先は尖っている。
葉には半夏生(ハンゲショウ)のような白い斑が入り、花にはバナナのような甘い香りがある。
葉の上にムカゴをつくって増える。
開花時期は6月から7月である。
茎先に筒状で上部が開いた緑色の苞(仏炎苞)をつける。
仏炎苞に包まれるようにして棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Pinellia はイタリアの人文主義者で植物学者でもある「ピネリ(Gian Vincenzo Pinelli, 1535-1601)さん」の名からきている。
種小名の cordata は「心臓形の」という意味である。
写真は5月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Pinellia cordata

★滑稽な姿だけれどどことなく
 魅力たっぷり匂い半夏は

ニオイハンゲ060513a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ホルト草(ホルトソウ)

ホルトソウ080607a-l.jpg

ホルト草(ホルトソウ)はトウダイグサ科トウダイグサ属の越年草である。
ユーフォルビア属は世界に2000種くらいが分布する。
属名の読み方はエウフォルビアとするものもある。
日本にも灯台草(トウダイグサ)などが分布するので、属名の和名をトウダイグサ属という。
本種の原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア、中央アジア、ベトナム、中国などである。
ホルトというのはポルトガルの意味で、ポルトガルから渡来したことから名づけられた。
日本には室町時代に薬用植物として渡来した。
現在では、逸出して野生化しているものもある。
草丈は50センチから70センチくらいである。
茎は直立し、上部で2つに枝分かれをする。
茎は円柱形である。
茎の下部につく葉は線形、上部につく葉は卵長形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
包葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
花の色は緑色である。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
種子は生薬で続随子(ぞくずいし)といい、胃腸炎や皮膚炎に効く。
種子からとれるホルト油(オリーブ油)のにせものが石油の代替エネルギーとして注目されている。
全草に有毒物質を含む。
花言葉は「見せかけ」である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブス(Euphorbus)さん」の名からきている。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の lathyris はホルトソウの古いギリシャ名からきている。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Euphorbia lathyris

★名の由来聞けば何やら面白く
 されど姿は不気味さ見せて

ホルトソウ080607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7