紫色の花の最近のブログ記事

舟腹草(フナバラソウ)

フナバラソウ170603a-l.jpg

舟腹草(フナバラソウ)はガガイモ科カモメヅル属(ビンケトクシクム属)の多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。
ビンケトクシクム属は世界に107種が分布する。(Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist より)
日本にも小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)などが分布し、属名の和名はカモメヅル属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、平地や山地の草地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類に登録されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
葉は卵形で柄があり、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面と茎の上部にはビロード状の軟らかい毛がたくさん生える。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に花径12ミリから14ミリくらいの濃い紫色をした花を数輪ずつたくさんつける。
花は数日咲き続ける。
花冠の先が深く5つに裂けて横に平に開く。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
和名の由来は、果実の形を舟腹(舟の胴体部分)にたとえたものである。
根を生薬で白薇(はくび)といい、解熱や利尿の薬効がある。
ただし、毒性もあるので注意が必要である。
属名の Vincetoxicum はラテン語の「vinco(克服)+toxicum(毒)」からきている。
種小名の atratum は「黒変した」という意味である。
なお、Vincetoxicum属をCynanchum属の一部と見なす見解もあり、かつては本種もCynanchum属とされてきたが、Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist の表示に従い、このサイトでは今後はVincetoxicum属として表記する。
写真は6月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Vincetoxicum atratum(syn. Cynanchum atratum)

★舟腹の名の面白く花見入る
 人惹きつける昔の名前

フナバラソウ170603b-l.jpg

COPYRIGHT © 2017 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル










ベロニカ・リバリス

へーべ・アクティフォリア090704a-l.jpg

ベロニカ・リバリスはゴマノハグサ科クワガタソウ属(ベロニカ属)の常緑小低木である。
分類体系によっては(APG第3版)オオバコ科とされる。
ベロニカ属は世界に500種くらいが分布する。
日本にも鍬形草(クワガタソウ)などが分布し、属名の和名をクワガタソウ属という。
本種の原産地はニュージーランドである。
異名をヘーベ・アクティフォリアといい、撮影地でもこの名称で表示されている。
ヘーベ属は南半球に90種くらいが分布する属であったが、クワガタソウ属に統合された。
ベロニカ・アクティフォリアの名称も用いられるが、Catalogue of Life では scientific name を表記の通りベロニカ・リバリスとしている。
樹高は40センチから80センチくらいである。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、十字に向かい合って生える(対生)。
開花時期は夏から秋にかけてである。
枝先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の花をたくさんつける。
花冠は先で4つに裂け、2本の雄しべが花から突き出る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Veronica は聖者ベロニカに捧げられた名である。
種小名の rivalis は「川に生える」という意味である。
写真は7月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Veronica rivalis(syn. Hebe acutifolia)

★親しんだヘーベの名前なくなるか
 仕方ないけどちょっと寂しい

へーべ・アクティフォリア090704b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スイートラベンダー

スウィート・ラベンダー090524b-l.jpg

スイートラベンダー(sweet lavender)はシソ科ラバンデュラ属の常緑小低木である。
ラバンデュラ属は地中海沿岸地方を中心に40種くらいが分布する。
また、新たにさまざまな栽培品種が作出されている。
本種は、いずれも地中海沿岸地方を原産地とするラバンデュラ・アングスティフォリア(Lavandula angustifolia)とラバンデュラ・デンタータ(Lavandula dentata)の交配種である。
フランスやイタリアで栽培されている。
ドライフラワーやポプリに利用されている。
また、精油には鎮静作用があり、薬用ともされる。
樹高は80センチから100センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、灰白色を帯びる。
開花時期は6月から7月である。
四季咲き性がある。
長い花穂を伸ばし、淡い紫色やピンクの唇形の花をたくさんつける。
花はよい香りがする。
属名の Lavandula はラテン語の「lavare(洗う)」からきている。ローマ時代に入浴時の香水として使われていたことから名づけられた。
種小名の heterophylla は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Lavandula x heterophylla

★香につられ近寄り見れば愛らしい
 花いっぱいの姿に触れて

スウィート・ラベンダー090524a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アリウム

アリウム・ギガンテウム140529a-l.jpg

アリウムはユリ科ネギ属(アリウム属)の多年草の総称である。
分類体系によっては(APG第3版)ヒガンバナ科とされる。
APG体系でも初期にはネギ科とされていたが、ネギ科は第3版でヒガンバナ科の亜科に移行した。
アリウム属は北半球を中心に800種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
代表種は葱(ネギ)で、属名の和名はネギ属とされる。
しかし、庭植えや切り花など園芸的に用いる場合にはアリウムのほうを使用することが多い。
アリウムと呼ばれるものの代表種はアリウム・ギガンテウム(Allium giganteum)である。
茎先にソフトボール状の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、紅紫色の花をつける。
韮(ニラ)に近い仲間のアリウム・モーリー(Allium moly)にも人気がある。
花序は球体にはならず、黄色い花をつける。
草丈は20センチから120センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は4月から7月である。
花被片が6枚の小さな花が集合して花序をなす。
花の色は紅紫色、黄色、白、ピンクなどのものがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「くじけない心」である。
6月18日の誕生花である。
属名の Allium はニンニクの古いラテン名で、「alere ないし halium(どちらも「臭う」)」からきている。
写真は5月に京都府立植物園で撮った。
品種名はアリウム・ギガンテウムである。
学名:Allium spp.

★揺ら揺らと坊主頭のアリウムが
 風に揺れれば夏はすぐそこ

アリウム・ギガンテウム140529b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トリテレイア・ブリゲシー

トリテレイア・ブリゲシー090607a-l.jpg

トリテレイア・ブリゲシーはユリ科トリテレイア属の多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)クサスギカズラ科とされる。
トリテレイア属は北アメリカに14種が分布する。
本種はアメリカ合衆国のオレゴン州からカリフォルニア州にかけて分布し、蛇紋岩地の低山の斜面などに生える。
学名はトリテレイア・ブリッジェシーとするものもあり、これは人名に近づけた読み方である。
英名はブリッジスブローディア(Bridges' brodiaea)である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は4月から6月である。
茎先に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、長さ4センチくらいのユリ形の筒状花を10数輪つける。
花被片は6枚で、雄しべも6本である。
花の色は淡い紫色で、青紫のものやピンクがかったものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
園芸的には旧属名を英語読みしたブローディア (Brodiaea) の名で流通している。
ただし、これは総称であり本種が多いが本種のみではない。
花言葉は「淡い恋」である。
属名の Triteleia はギリシャ語の「treis(3)+teleios(完全な)」からきている。各器官が完全に3の倍数で成り立つことから名づけられた。
種小名の bridgesii はアメリカ人の植物学者「ブリッジス(Thomas Bridges, 1807-1865)さんの」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Triteleia bridgesii

★花韮とよく似た花が咲くんだね
 北アメリカに独自の姿

トリテレイア・ブリゲシー090607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

七実の木(ナナミノキ)

ナナメノキ090928a-l.jpg

七実の木(ナナミノキ)はモチノキ科モチノキ属(イレクス属)の常緑高木である。
イレクス属は北半球の温帯を中心に400種くらいが分布する。
日本にも黐の木(モチノキ)などが分布するので、属名の和名をモチノキ属という。
本種は本州の静岡県から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、中国にも分布する。
和名の由来は、赤い美しい実がたくさんつくということからきている。
別名を斜めの木(ナナメノキ)ともいう。
これは、枝を折ると斜めに割れることからきている。
樹高は10メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は薄い革質で、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月である。
雌雄異株である。
葉の脇に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い紫色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、10月から11月に赤く熟する。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の chinensis は「中国の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Ilex chinensis

★紫の花の姿を見てみたい
 いつか来ようねまたこの場所に

ナナメノキ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



カリカルパ・カタヤナ

カリカルパ・カタヤナ080607a-l.jpg

カリカルパ・カタヤナはクマツヅラ科ムラサキシキブ属(カリカルパ属)の落葉低木である。
分類体系によっては(APGIII)シソ科とされる。
カリカルパ属は世界に130種以上が分布する。
日本にも紫式部(ムラサキシキブ)などが分布し、属名の和名はムラサキシキブ属という。
本種は中国の南部や南西部などに(安徽、福建、広東、広西、河南、湖北、江蘇、江西、雲南、浙江)分布し、標高1200メートルまでの林の中や山の斜面などに生える。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は淡い緑色で、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紫色の小さな花をたくさんつける。
花冠は筒状で先が4つに裂けて平らに開く。
雄しべは4本、雌しべは1本で、花冠から飛び出る。
結実期は8月から9月である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、きれいな紅紫色に熟する。
紫式部(ムラサキシキブ)と似ているがやや大形である。
属名の Callicarpa はギリシャ語の「callos(美しい)+carpos(果実)」からきている。実が美しく熟すからことから名づけられたものである。
種小名の cathayana は「支那(中国)の」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Callicarpa cathayana

★清らかに花を開けば愛らしく
 紫式部の姿そのまま

カリカルパ・カタヤナ080607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ベラドンナ

ベラドンナ050625a-l.jpg

ベラドンナはナス科ベラドンナ属(アトロパ属)の多年草である。
アトロパ属はヨーロッパからヒマラヤにかけて4種が分布する。
本種が代表種で和名をベラドンナと言い、属名の和名もベラドンナ属という。
狼茄子(オオカミナスビ)、大走野老(オオハシリドコロ)、西洋走野老(セイヨウハシリドコロ)などの和風の別名がある。
原産地は西ヨーロッパである。
現在では、北アフリカ、西ヨーロッパ、北アメリカなどに帰化している。
また、世界各地で医療用原料として栽培されている。
幻覚、記憶障害、身体障害などをもたらす有毒植物であるが、同時に薬用植物でもある。
根を生薬でベラドンナ根(ベラドンナコン)と言い、鎮痛、鎮痙などの薬効がある。
ベラドンナに含まれるアトロピンは、サリンの解毒薬として有名になった。
草丈は50センチくらいだが、放置すれば数メートルになる。
茎は紫色を帯び、上部には毛がたくさん生える。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇に紫褐色ないし緑色の釣鐘形をした花をつける。
花冠は先が5つに浅く裂ける。
花の後にできる実は直径1センチくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黒紫色に熟する。
猛毒なので口にすると危険である。
花言葉は「沈黙」である。
属名の Atropa はギリシャ神話に登場する女神「アトロポス(Atropos)」の名からきている。
種小名の belladonna は「美しい女性」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Atropa belladonna

★妖しげな紫の花美しく
 狼茄子手招くように

ベラドンナ050625b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



チシマルリオダマキ090927a-l.jpg

千島瑠璃苧環(チシマルリオダマキ)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草である。
千島列島産として山野草愛好家の間に出回っている。
しかし、それを裏づけるような根拠はなく、産地など詳細は不明である。
形状は深山苧環(ミヤマオダマキ:Aquilegia flavellata var. pumila)に似ている。
同種は朝鮮半島やサハリンにも分布しており、本種と近い仲間だと推測される。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は、手のひらのような形をした小葉3枚1組で1つの葉になっている。
平地での開花時期は5月から6月である。
下向きないし横向きに青紫色の花をつける。
花径は3センチくらいである。
深山苧環(ミヤマオダマキ)よりもやや小振りで、花の色は濃い。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Aquilegia はラテン語の「aquila(鷲)」からきている。曲がった距がワシの距に似ていることから名づけられた。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Aquilegia sp.

★いつ誰が連れてきたのかこの花を
 謎を秘め咲く瑠璃の苧環

チシマルリオダマキ090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

タウンセンディア・フォルモーサ070518a-l.jpg

タウンセンディア・フォルモサはキク科タウンセンディア属の多年草である。
タウンセンディア属は北アメリカに50種くらいが分布する。
本種も北アメリカ(アリゾナ州、ニューメキシコ州)に分布し、乾燥した草地や礫地に生える。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉はへら形ないし倒披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉は細かい毛に被われている。
開花時期は4月から6月くらいである。
茎先に1つずつ花径5センチくらいの大きな花(頭花)をつける。
舌状花の色は白ないし淡い紫色で、筒状花は黄色い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Townsendia は「タウンゼンド(Townsend)の」という意味だが、地名由来か人名由来か調べきれていない。
種小名の formosa は「美しい」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Townsendia formosa

★花びらはカサカサとしているけれど
 品よく咲くよ薄紫に

タウンセンディア・フォルモーサ070518b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは黒い花です。

次のカテゴリは青い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7