ピンクの花の最近のブログ記事

メラストマ・ノルマレ

メラストマ・ノルマレ070603a-l.jpg

メラストマ・ノルマレはノボタン科ノボタン属(メラストマ属)の常緑低木である。
メラストマ属は東南アジア、南アジア、オーストラリアなどに50種くらいが分布する。
日本にも奄美大島以南に野牡丹(ノボタン)が分布し、属名の和名はノボタン属という。
本種は分類上は紅頭野牡丹(コウトウノボタン)の亜種とされている。
「紅頭」は台湾にある旧地名で、異名をマラバル野牡丹(マラバルノボタン)という。
本種の原産地は台湾、中国の南部、インドシナ半島、フィリピン、マレーシア、インド、ヒマラヤなどである。
中国名は展毛野牡丹という。
樹高は1メートルから5メートルくらいである。
全体に粗毛が多く、枝は赤味を帯びる。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から6月である。
枝先に花径6センチから8センチくらいの淡い紅紫色をした5弁花をつける。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)が黄色で短い5本の雄しべと、葯が紫色で長い5本の雄しべがある。
雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Melastoma はギリシャ語の「melas(黒い)+ stoma(口)」からきている。果実を食べると口が黒く染まることから名づけられた。
種小名の malabathricum は「(インドの)マラバル地方(Malabar)の」という意味である。
亜種名の normale は「通常の」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Melastoma malabathricum subsp. normale(syn. Melastoma normale)

★雲南やヒマラヤに咲く野牡丹は
 花が大きく色も鮮やか

メラストマ・ノルマレ070603b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

薊(アザミ)

アザミ050528a-l.jpg

萌え出づる色香とげ刺す恋あざみ

薊(アザミ)はキク科アザミ属(キルシウム属)の植物の総称である。
キルシウム属は北半球に300種くらいが分布する。
日本にも野薊(ノアザミ)などが分布し、属名の和名はアザミ属という。
日本だけでも100種類以上が分布し、園芸品種も作出されている。
どれもよく似ていて見分けるのがむずかしい。
草丈は40センチから200センチくらいである。
葉は羽状に裂け、縁に棘がある。
春から秋にかけて咲くが、春咲きのものよりも夏から秋にかけて咲くものが多い。
花の色はピンクや淡い紫色などで、稀に白い花(頭花)もある。
よく知られているのは野薊(ノアザミ)である。
野薊(ノアザミ)の根はゆでて食用にされるほか、日干しして保存し、生薬として用いられる。
生薬名を薊(けい)といい、煎じて飲むと健胃、強壮、解毒、利尿、止血などの薬効がある。
花言葉は「独立」である。
俳句の季語は春である。
ただし、夏薊、秋薊などの季語もある。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
写真は5月に向島百花園で撮った。
学名:Cirsium spp.

★萌え出づる色香とげ刺す恋あざみ
 濡れて咲かさん紅蓮の思い
☆小花刺し春の野原を飾る花
 丸い毬栗野薊揺れて

アザミ050528b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スイートラベンダー

スウィート・ラベンダー090524b-l.jpg

スイートラベンダー(sweet lavender)はシソ科ラバンデュラ属の常緑小低木である。
ラバンデュラ属は地中海沿岸地方を中心に40種くらいが分布する。
また、新たにさまざまな栽培品種が作出されている。
本種は、いずれも地中海沿岸地方を原産地とするラバンデュラ・アングスティフォリア(Lavandula angustifolia)とラバンデュラ・デンタータ(Lavandula dentata)の交配種である。
フランスやイタリアで栽培されている。
ドライフラワーやポプリに利用されている。
また、精油には鎮静作用があり、薬用ともされる。
樹高は80センチから100センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、灰白色を帯びる。
開花時期は6月から7月である。
四季咲き性がある。
長い花穂を伸ばし、淡い紫色やピンクの唇形の花をたくさんつける。
花はよい香りがする。
属名の Lavandula はラテン語の「lavare(洗う)」からきている。ローマ時代に入浴時の香水として使われていたことから名づけられた。
種小名の heterophylla は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Lavandula x heterophylla

★香につられ近寄り見れば愛らしい
 花いっぱいの姿に触れて

スウィート・ラベンダー090524a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

麝香葵(ジャコウアオイ)

ジャコウアオイ140701a-l.jpg

麝香葵(ジャコウアオイ)はアオイ科ゼニアオイ属(マルバ属)の多年草である。
マルバ属はアジア、ヨーロッパ、アフリカなどに30種くらいが分布する。
代表種は銭葵(ゼニアオイ)で、属名の和名をゼニアオイ属という。
本種の原産地はヨーロッパである。
英名はムスクマロウ(musk mallow)という。
麝香の香りのするゼニアオイ属の植物という意味である。
和名も同様の意味からつけられている。
日本へは明治時代に観賞用として渡来した。
庭植えや鉢植えにされているが、逸出したものが稀ではあるが全国的に野生化している。
たとえば北海道のブルーリストではA3ランク(北海道に定着しており、生態系等への影響が報告または懸念されている外来種)に選定されている。
草丈は50センチから70センチくらいである。
茎は直立をする。
葉は円形で切れ込みがあり、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅色や白の5弁花をつける。
花径は4センチくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
全草に麝香の香りがする。
花言葉は「柔和」である。
属名の Malva はラテン古名でギリシャ語の「malache(軟らかくする)」からきている。この属の植物の1種が持つ粘液に緩和剤の働きがあることから名づけられた。
種小名の moschata は「麝香の香りのする」という意味である。
写真は7月に帯広市の紫竹ガーデンで撮った。
学名:Malva moschata

★似たような花の形は多いけど
 強い個性だ麝香の香り

ジャコウアオイ140701b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

薔薇(バラ)

モーデン・センテニアル130627a-l.jpg

少しだけ酔ったかしらと薔薇の言い

薔薇(バラ)はバラ科バラ属(ロサ属)の落葉低木の総称である。
ロサ属はヨーロッパ、日本、中国、ヨーロッパ、北アメリカなどに200種くらい分布している。
また、改良された数1000種の園芸品種がある。
「ばら」は「いばら」の転訛で同属の植物の総称として用いられている。
属名の和名もバラ属という。
漢字には中国語の「薔薇」が充てられており、「そうび」や「しょうび」とも読まれる。
英名はローズ(rose)である。
庭植え、鉢植え、切り花などに用いられている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹や枝に棘のあるものが多く、蔓性のものもある。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は春咲きのものと秋咲きのものがある。
春咲きのものは5月から6月に花を咲かせる。
秋咲きのものは9月から11月に花を咲かせる。
春と秋とに花を咲かせるものを四季咲きとよんでいる。
花の形も色も大きさも様々だが、基本形は萼片、花弁ともに5枚ずつである。
もちろん八重咲きのものもある。
花の後にできる実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)である。
イギリスやアメリカ合衆国などで国花とされている。
日本では茨城県や横浜市などで、県の花や市の花とされている。
古名を荊(うらま)といい、万葉集にも詠まれている。
俳句では「薔薇」が夏の季語、「薔薇の芽」が春の季語、「冬薔薇(ふゆそうび)」が冬の季語である。
花言葉はたくさんあるが、赤い花は「恋愛」、白い花は「純潔」、ピンクの花は「満足」などである。
6月9日の誕生花である。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
園芸品種のモーデン・センテニアル(Morden Centennial)である。(薔薇図鑑参照)
学名:Rosa spp.

★棘あらば刺して貫けわが胸を
 紅色の露溢れるまでに

モーデン・センテニアル130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ベゴニア・クベンシス

ベゴニア・クベンシス100617c-l.jpg

ベゴニア・クベンシスはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草である。
ベゴニア属は世界に2000種くらいが分布する。
日本にも中国原産だが野生化した秋海棠(シュウカイドウ:Begonia grandis)が生育するので、属名の和名をシュウカイドウ属という。
本種の原産地はキューバである。
木立性ベゴニアといわれるものの1つである。
茎が木質化して立ち上がる性質がある。
英名はキューバンホーリー(Cuban holly)という。
ホーリーはヒイラギモチの仲間のことで、葉の形が似ていることから名づけられた。
草丈は60センチから100センチくらいである。
葉は左右非対称の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉は青緑色で、先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎は赤味を帯びる。
開花時期は6月から8月である。
葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径1センチから2センチの小さなピンクの花をつける。
花被片は4枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でフランス領アンティル諸島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。ベゴニアの仲間数種をヨーロッパに紹介した。
種小名の cubensis は「キューバの」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Begonia cubensis

★ここへ来て見るベゴニアも楽しいね
 個性に富んだ北の楽園

ベゴニア・クベンシス100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スノーベリー

セッコウボク060615b-l.jpg

スノーベリー(snowberry)はスイカズラ科シンフォリカルポス属の落葉低木である。
原産地は北アメリカ大陸の太平洋岸である。
日本へは明治時代の末期に渡来した。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをする。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
長さが1センチに満たない淡い紅色をした小さな釣鐘形の花が群がるように咲くが、あまり目だたない。
結実期は9月から11月である。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
直径15ミリくらいの大粒の真珠のような白い実を房状につける。
属名の Symphoricarpos はギリシャ語で「symphorein(共に生ずる)+karpos(果実)」からきている。
種小名の albus は「白い」という意味である。
変種名の laevigatus は「無毛で滑らかな」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
実の写真は9月に北大植物園で撮った。
撮影地ではガーデン・コモン・スノーベリー(garden common snowberry)の名で表示している。
学名:Symphoricarpos albus var. laevigatus

★秋の日に訪ねて来るよもう一度
 大粒の実を見てみたいから

セッコウボク070917c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

苗代苺(ナワシロイチゴ)

ナワシロイチゴ090719a-l.jpg

苗代苺(ナワシロイチゴ)はバラ科キイチゴ属の落葉低木である。
キイチゴ属は北半球を中心に数百種が分布する。
本種は北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、道端や草地、河原の土手などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。
草丈は20センチから30センチである。
茎は木質化し、他の草に覆い被さるように這って伸びる。
その長さは1メートルから2メートルにもなる。
茎には棘がある。
葉は3枚ないし5枚の小葉からなる複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で先は丸く、縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には細い毛がたくさん生える。
開花時期は5月から6月である。
枝先や葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径1センチから2センチの桃色の花を上向きにつける。
5枚の花弁は雄しべを包んだまま開かない。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)からなる球形の集合果(キイチゴ状果)で、橙色から暗い紅色に熟し、食べられる。
和名の由来は、苗代を作る頃に熟すことからきている。
花言葉は「恩恵」である。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の parvifolius は「小さな葉の」という意味である。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
実の写真は8月に旭山動物園で撮った。
学名:Rubus parvifolius

★咲いている状態だとは気づかずに
 撮ってよかった苗代苺

ナワシロイチゴ090719b-l.jpgナワシロイチゴ110802a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

バシクルモン

バシクルモン070602a-l.jpg

バシクルモンはキョウチクトウ科バシクルモン属の多年草である。
日本固有種である。
面白い名前はアイヌ語に由来する。
「パスクル(カラス)」+「ムム(草)」の転訛したものである。
別名を忍路草(オショロソウ)ともいう。
これは小樽市の忍路海岸に生えることからきた名前である。
北海道と本州の青森県から新潟県にかけての日本海側に分布し、海岸の草地に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
根茎は太く、木質化して広がる。
茎は赤味を帯びていて直立し、上部でよく枝分かれをする。
葉は長さ2センチから5センチの長い楕円形で、短い柄がある。
枝分かれした部分では向かい合って生え(対生)、幹の部分では互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紅紫色の小さな花をつける。
花冠は狭い鐘形で、先は5つに裂ける。
なお、本種の基本種は中国などに分布する羅布麻(ラフマ)である。
薬草や健康茶として知られる。
属名の Apocynum はギリシャ語の「apo(去って)+cyno(犬)」からきている。「犬除け」の意味で、その毒性から名づけられた。
種小名の venetum はイタリアの「ベネト州(Veneto)の」という意味である。
変種名の basikurumon は日本語の「バシクルモン」からきている。
写真は6月に氷見市海浜植物園で撮った。
まだ蕾である。
学名:Apocynum venetum var. basikurumon(=Trachomitum venetum var. basikururmon)

★海岸の草地が好きなバシクルモン
 潮風好きと戯れ遊び

バシクルモン070602b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ウスアカノイバラ070602c-l.jpg

薄赤野茨(ウスアカノイバラ)はバラ科バラ属の落葉低木である。
野茨(ノイバラ)の品種の1つで、花弁が淡い紅色を帯びるのが特徴である。
基本種は北海道の南西部から九州にかけて分布し、山野に生える。
本種は、そうした中に稀に生える。
樹高は1メートルから2メートルくらいである。
半蔓性で、鋭い棘がある。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は5枚から9枚で1組になる。
小葉の形は楕円形ないし幅の広い卵形である。
先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
艶はなく、裏面に短い毛が生えている。
開花時期は5月から6月である。
枝先に花径2センチくらいの淡い紅色の花を総状につける。
花弁数は5枚で、ほのかな香りがする。
萼片は披針形(笹の葉のような形)で反り返り、毛が密生している。
花の真ん中には雄しべがたくさんある。
花の後にできる実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に赤く熟する。
Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の multiflora は「たくさん花が咲く」という意味である。
品種名の rosipetala は「バラ色の花弁の」という意味である。
写真は6月に富山市の神通川河原植物園で撮った。
学名:Rosa multiflora f. rosipetala

★ほんのりと頬染め咲いた野茨の
 香り楽しむ朝のひと時

ウスアカノイバラ070602d-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちピンクの花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオレンジ色の実です。

次のカテゴリは黄色い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7