オレンジ色の実の最近のブログ記事

枇杷(ビワ)

ビワ071202g-l.jpg

見上げれば枇杷の花揺れ弱陽射す

枇杷(ビワ)はバラ科ビワ属(エリオボトリア属)の常緑高木である。
エリオボトリア属はヒマラヤや東アジアに33種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
本種の原産地は中国の南西部である。
日本へは奈良時代には既に持ち込まれ栽培されていた。
また、西日本の石灰岩地域には野生化したものが生える。
以上の経緯から属名の和名もビワ属という。
和名の由来は、実の形が楽器の琵琶に似ていることからきている。
種小名には japonica が充てられているが、これは江戸時代に来日したツンベルクが、日本で採取したものに命名したことからきている。
樹高は6メートルから10メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚くて硬く、縁は波打つ。
開花時期は11月から12月くらいである。
枝先に地味な白い小さな5弁花をたくさんつける。
花径は1センチくらいである。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)には毛が生えている。
数少ない冬の花として、茶花に使われることもある。
濃い黄色の果実は3センチから4センチの卵球形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、6月ころ熟する。
果実は食用となり、葉は薬用となる。
生薬名は枇杷葉(びわよう)といい、消炎、排膿、鎮吐などの薬効がある。
俳句では「枇杷」が夏の季語、「枇杷の花」が冬の季語である。
花言葉は「温和」である。
1月25日の誕生花 である。
属名の Eriobotrya はギリシャ語の「erion(軟毛)+botrys(ブドウ)」からきている。表面が軟毛で覆われた果実がブドウのようになることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は12月に新宿御苑で撮った。
実の写真は6月に三郷市で撮った。
学名:Eriobotrya japonica

★見上げれば枇杷の花揺れ風走る
 師走の空は冷気みなぎり
★ほっこりと結ぶ枇杷の実眺めつつ
 早く熟せと声掛けてみる

ビワ080621a-l.jpg

COPYRIGHT © 2017 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2017/01/24 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





カジイチゴ100515a-l.jpg

梶苺(カジイチゴ)はバラ科キイチゴ属の落葉低木である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、海岸近くの山地に生える。
また、庭木とされる。
海外では、朝鮮半島にも分布する。
樹高は2メートルから3メートルくらいである。
枝には棘はなく、よく枝分かれをする。
葉は幅の広い卵形で手のひら状に浅く3つから7つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は心形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉は大形で、長さが6センチから12センチくらいある。
開花時期は3月から5月である。
枝先に花径3センチくらいの白い5弁花を咲かせる。
実は直径1、2センチのキイチゴ状果(集合核果) で、5月から6月に黄橙色に熟する。
甘酸っぱい味がして食用になる。
和名の由来は、葉がクワ科の梶の木(カジノキ)に似ることからきている。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の trifidus は「3つに分かれた」という意味である。
花の写真は5月につくば植物園で撮った。
実の写真は5月に向島百花園で撮った。
学名:Rubus trifidus

★小鳥さん待っててほしいもう少し
 実のなる前に花と生きるの

カジイチゴ050528a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/03/18改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオレンジ色の実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオレンジ色の花です。

次のカテゴリはピンクの花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7