白い花の最近のブログ記事

請百合(ウケユリ)

ウケユリ090704a-l.jpg

請百合(ウケユリ)はユリ科ユリ属(リリウム属)の多年草である。
リリウム属は北半球の温帯を中心に100種くらいが分布する。
また、膨大な数の園芸品種が作出されている。
日本では古くから「ゆり」の呼称が用いられており、属名の和名はユリ属という。
「ゆり」の由来には諸説があり、中国名からきた「百合」の字が後から充てられたようである。
本種は日本固有種である。
鹿児島県の奄美大島、請島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島に分布し、海岸の岩場や山地の崖などに生える。
和名の由来は、奄美群島の請島(うけじま)に特に多いことからきている。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は長さが10センチから20センチの披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は、自生地では5月から6月である。
白い大輪の花を茎先に数輪つける。
花は長さが10センチから20センチくらいある漏斗状で、花被片は6枚である。
雄しべは6本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は赤褐色である。
雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「荘厳」である。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
種小名の alexandrae はイギリスの「アレキサンドラ王妃(Alexandra of Denmark, 1844-1925)の」という意味である。
写真は7月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
交配種の表示があった。
学名:Lilium alexandrae

★幻の花の片鱗ここにあり
 遠い先まで生きて伝われ

ウケユリ090704b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



薊(アザミ)

アザミ050528a-l.jpg

萌え出づる色香とげ刺す恋あざみ

薊(アザミ)はキク科アザミ属(キルシウム属)の植物の総称である。
キルシウム属は北半球に300種くらいが分布する。
日本にも野薊(ノアザミ)などが分布し、属名の和名はアザミ属という。
日本だけでも100種類以上が分布し、園芸品種も作出されている。
どれもよく似ていて見分けるのがむずかしい。
草丈は40センチから200センチくらいである。
葉は羽状に裂け、縁に棘がある。
春から秋にかけて咲くが、春咲きのものよりも夏から秋にかけて咲くものが多い。
花の色はピンクや淡い紫色などで、稀に白い花(頭花)もある。
よく知られているのは野薊(ノアザミ)である。
野薊(ノアザミ)の根はゆでて食用にされるほか、日干しして保存し、生薬として用いられる。
生薬名を薊(けい)といい、煎じて飲むと健胃、強壮、解毒、利尿、止血などの薬効がある。
花言葉は「独立」である。
俳句の季語は春である。
ただし、夏薊、秋薊などの季語もある。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
写真は5月に向島百花園で撮った。
学名:Cirsium spp.

★萌え出づる色香とげ刺す恋あざみ
 濡れて咲かさん紅蓮の思い
☆小花刺し春の野原を飾る花
 丸い毬栗野薊揺れて

アザミ050528b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

クンゼア・エリコイデス

クンツェア・エリコイデス090607a-l.jpg

クンゼア・エリコイデスはフトモモ科クンゼア属の常緑小高木である。
クンゼア属はオーストラリアとニュージーランドに40種くらいが分布する。
属名の読み方はクンツェアとするものもある。
本種の原産地はオーストラリアとニュージーランドである。
オーストラリアでは南オーストラリア州、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州に分布する。
ニュージーランドでは南島の北部に分布する。
英名はホワイトティーツリー(white tea-tree)ないしカヌカ(kanuka)という。
1983年まではギョリュウバイ属に分類されていた。
樹高は5メートルから7メートルくらいである。
葉は長さ1センチくらいの披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
葉は柔らかい。
自生地での開花時期は夏である。
日本では5月から6月に花を咲かせる。
花の色は白く、突き出たたくさんの雄しべが目立つ。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Kunzea はドイツ人の植物学者「クンツェ(Gustav Kunze, 1793-1851)さん」の名からきている。
種小名の ericoides は「エリカ属(Erica)に似た」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Kunzea ericoides

★仲間とはどこが違っているのかな
 手で触れながら覚えてみよう

クンツェア・エリコイデス090607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

クンゼア・アンビグア

クンツェア・アムビグア090524a-l.jpg

クンゼア・アンビグアはフトモモ科クンゼア属の常緑低木である。
クンゼア属はオーストラリアとニュージーランドに40種くらいが分布する。
属名の読み方はクンツェアとするものもある。
本種の原産地はオーストラリアである。
南東部のニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア島に分布し、沿岸部に生える。
英名はホワイトクンゼア(white kunzea)という。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は長さ1センチくらいの披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
自生地での開花時期は9月から11月くらいである。
日本では5月から6月に花を咲かせる。
花の色は白く、突き出たたくさんの雄しべが目立つ。
花には甘い蜂蜜のような香りがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
葉と花はエッセンシャルオイルとされる。
属名の Kunzea はドイツ人の植物学者「クンツェ(Gustav Kunze, 1793-1851)さん」の名からきている。
種小名の ambigua は「疑わしい」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Kunzea ambigua

★また一つオーストラリアの樹に出合う
 雄しべが目立つ不思議な姿

クンツェア・アムビグア090524b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

チョウセンゴミシ100429a-l.jpg

朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)はマツブサ科マツブサ属(スキサンドラ属)の蔓性落葉木本である。
スキサンドラ属は東アジアや北アメリカに25種くらいが分布する。
日本には松房(マツブサ)などが分布し、属名の和名はマツブサ属という。
本種は北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地に生える。
海外では、中国、朝鮮半島、アムール川流域、サハリンなどにも分布する。
和名の由来は、朝鮮から渡来したことからきているが、貝原益権などの本草学者の調査研究で日本にも自生することがわかった。
中国名は五味子という。
葉は細長い倒卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉脈は少しへこむ。
雌雄異株である。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇に花径1センチくらいの白っぽい花をつける。
花はよい香りがする。
花被片は6枚から12枚である。
雄花には雄しべが6本、雌花にはたくさんの雌しべがある。
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)の集合果で、秋に赤く熟する。
実を乾燥させたものを生薬で五味子(ごみし)といい、滋養強壮、疲労回復などの薬効がある。
属名の Schisandra はギリシャ語の「schizo(裂ける)+andron(雄しべ)」からきている。
種小名の chinensis は「中国の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Schisandra chinensis

★渡来した名前はどこか癖があり
 覚えやすいがまたすぐ忘れ

チョウセンゴミシ100429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

羽衣菊(ハゴロモギク)

アルクトティス140529a-l.jpg

羽衣菊(ハゴロモギク)はキク科ハゴロモギク属(アルクトティス属)の多年草である。
アルクトティス属はアフリカの南部に40種から50種くらいが分布する。
本種が代表種で、属名の和名はハゴロモギク属という。
本種の原産地は南アフリカで、ケープ州の西海岸沿いの砂丘に生える。
和名は花の様子を天女の纏う羽衣に見立てたものである。
別名をアフリカ菊(アフリカギク)やアルクトティスという。
園芸的には英語風に読んだアークトチスの名でも流通していおり、交配種も多い。
日本へは大正時代の初期に渡来した。
路地植えや鉢植え、切り花として利用されている。
草丈は50センチから70センチくらいである。
根際から生える葉はへら形で、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎や葉には細くて軟らかい毛が生えている。
開花時期は4月から6月である。
茎先に花径8センチくらいの大きな花(頭花)をつける。
花の色は白や黄色、オレンジ色、淡い紅色などのものがある。
花は昼間は開き、夜には閉じる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
花言葉は「若き日の思い出」である。
なお、本種の学名には異名が多く、Arctotis grandis や Arctotis rosea などがこれに該当する。
ネット上では Arctotis venusta も本種の異名だとする記述が多く見られるが、これについてはYListもCatalogue of Lifeも別種として扱っている。
属名の Arctotis はギリシャ語の「arktos(熊)+otis(耳)」からきている。種子が綿毛に包まれている様子から名づけられた。
種小名の stoechadifolia は「stoechas(フレンチラベンダー)のような葉の」という意味である。
写真は5月に京都府立植物園で撮った。
園芸品種のブルーアイデージー(Blue Eyed Daisy)である。
学名:Arctotis stoechadifolia(syn. Arctotis grandis, Arctotis rosea)

★シンプルに見えるけれどもなかなかに
 羽衣菊は味のある花

アルクトティス140529b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ヨツマタモウセンゴケ100505a-l.jpg

四又毛氈苔(ヨツマタモウセンゴケ)はモウセンゴケ科モウセンゴケ属(ドロセラ属)の多年草である。
ドロセラ属は世界に200種近くが分布する。
日本にも毛氈苔(モウセンゴケ)などが分布し、属名の和名をモウセンゴケ属という。
なお、毛氈苔(モウセンゴケ)の名の由来は、毛氈(赤い毛織)を敷いたように低く生える様子を苔に見立てたものである。
本種の原産地はオーストラリア南東部とニュージーランドである。
食虫植物で、湿地などに生える。
草丈は10センチから100センチくらいである。
茎のつけ根の部分にはたくさんの毛が生える。
葉は線形である。
捕虫葉は4つに分かれる。
開花時期は夏である。
長い花茎の先に白い花をつける。
花弁数は普通は5枚である。
そこへ近寄った虫たちは、腺毛から出る粘液でとらえられる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Drosera はギリシャ語の「drosaros(露を帯びた)」からきている。葉に腺毛がたくさんあって露を帯びたように見えることから名づけられた。
種小名の pedata は「鳥足状の」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Drosera pedata(syn. Drosera binata)

★美しい花にびっくり毛氈苔
 仕組みいかにと興味の募り

ヨツマタモウセンゴケ100505b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



夏菩提樹(ナツボダイジュ)

ナツボダイジュ080607a-l.jpg

夏菩提樹(ナツボダイジュ)はシナノキ科シナノキ属(ティリア属)の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)アオイ科とされる。
ティリア属は北半球に30種くらいが分布する。
日本にも科の木(シナノキ)などが分布し、属名の和名をシナノキ属という。
本種の原産地はヨーロッパである。
英名はラージリーフ・リンデン(large-leaf linden)という。
ヨーロッパでは、街路樹や公園木としてよく植えられている。
近縁種にスモールリーフ・リンデン(small-leaf linden)があり、和名を冬菩提樹(フユボダイジュ)という。
また、両者の交雑種のコモン・リンデン(common linden)があり、和名を西洋科の木(セイヨウシナノキ)という。
樹高は15メートルから25メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、香りのよい黄白色の小さな花をたくさんつける。
花被片は5枚、萼片も5枚である。
雄しべはたくさんある。
花の柄には淡い緑色の苞(葉の変形したもの)が1枚つく。
花の後にできる実は直径1センチに満たない小さな球形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、色はクリーム色である。
秋には黄葉をする。
シューベルトの「菩提樹」で歌われるリンデンバウムは本種のことである。
花言葉は「夫婦愛」である。
属名の Tilia はラテン語の「ptilon(翼)」からきている。花の柄に苞が翼のようについていることから名づけられた。
種小名の platyphyllos は「広い葉の」という意味である。
花の写真は6月に小石川植物園で撮った。
実の写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Tilia platyphyllos

★かの調べ口ずさみ見るリンデンの
 花は仄かに香りを放ち

ナツボダイジュ080607b-l.jpgナツボダイジュ070603a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




科の木(シナノキ)

シナノキ080622b-l.jpg

科の木(シナノキ)はシナノキ科シナノキ属(ティリア属)の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)アオイ科とされる。
ティリア属は北半球に30種くらいが分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をシナノキ属という。
漢字では「級の木」とも書く。
和名の由来は、結ぶを意味するアイヌの言葉からきており、熊の彫り物などに利用されている。
また、信濃(科野)の語源ともなっている。
北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、中国にも分布する。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
葉は円心形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
近縁種の大葉菩提樹(オオバボダイジュ)と似るが、本種は葉の裏面に毛が生えない。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄白色の小さな花をたくさんつける。
花被片は5枚、萼片も5枚である。
花の柄についている苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)には柄がある。
花には強い香りがあり、ハチミツのもととなる。
花の後にできる実は球形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に灰褐色に熟する。
また、葉は秋には黄葉をする。
材は建築材、器具材、家具材などとされる。
花言葉は「夫婦愛」である。
属名の Tilia はギリシャ語の「ptilon(翼)」からきている。花の柄に苞が翼のようについていることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
花の写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
実の写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Tilia japonica

★一面に漂う香りに驚いて
 見上げてみればいま花盛り

シナノキ080727a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ミヤマニガイチゴ070616b-l.jpg

深山苦苺(ミヤマニガイチゴ)はバラ科キイチゴ属(ルブス属)の落葉低木である。
ルブス属は北半球を中心に数10種から数100種が分布する。
その数は研究者によって異なる。
また、多くの栽培品種がある。
木苺(キイチゴ)は総称で、属名の和名もそこからきている。
日本固有種である。
本州と四国に分布し、山地や亜高山の林の縁などに生える。
樹高は1メートルくらいである。
枝には毛は生えておらず、小さな棘が疎らにある。
葉は卵形で3つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
裂片の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)があり、先は尖る。
真ん中の裂片が大きい。
近縁種の苦苺(ニガイチゴ)は葉の裂け方が浅い。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から柄を伸ばし、花径20ミリから25ミリくらいの白い5弁花を1輪から3輪つける。
花の後にできる実はキイチゴ状果(集合核果)で、赤く熟して食べられる。
中にある核に苦味があり、深い山に生えるというのが名の由来である。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の subcrataegifolius は「ややサンザシ属(Crataegus)に似た葉の」という意味である。
写真は6月に信州の上高地で撮った。
学名:Rubus subcrataegifolius

★奥山の林の縁にそっと咲く
 素朴な姿味わい深く

ミヤマニガイチゴ070616a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは茶色の花です。

次のカテゴリは緑色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7