黄色い花の最近のブログ記事

ホソバテンジクメギ060409a-l.jpg

細葉天竺目木(ホソバテンジクメギ)はメギ科メギ属(ベルベリス属)の常緑低木である。
ベルベリス属は世界の温帯や熱帯に500種くらいが分布する。
日本にも目木(メギ)などが分布し、属名の和名はメギ属という。
「目木」の名の由来は、煎じたものが目の病気に効くことからきている。
本種の原産地は中国である。
四川省、湖北省に分布し、標高1100メートルから2700メートルの山の斜面や雑木林の中などに生える。
中国名は血紅小檗という。
日本へは第二次世界大戦後に渡来し、庭木とされる。
「天竺」はインドの古称だが、この場合は「遠方の」といった意味合いで使われている。
別名を細葉赤目木(ホソバアカメギ)という。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には棘状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
特徴は、赤い葉が時折混じることである。
開花時期は4月から5月である。
黄色い小さな花を10数輪ずつまとめてつける。
花弁は6枚である。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
実ははじめは赤く、秋に青黒く熟する。
属名の Berberis はこの属の1種の実につけられたアラビア名「berberys」からきている。
種小名の sanguinea は「血のように赤い」という意味である。
写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Berberis sanguinea

★調べてもなかなかわからぬその姿
 また見に行こう天竺目木を

ホソバテンジクメギ060409b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


パエオニア・ムロコセウィツキー070429a-l.jpg

パエオニア・ムロコセウィツキーはボタン科ボタン属(パエオニア属)の多年草である。
ボタン科は1属だけからなる。
パエオニア属は北半球に40種くらいが分布する。
日本には古い時代に牡丹(ボタン)が渡来しており、属名の和名をボタン属という。
また、自生種としては山芍薬(ヤマシャクヤク)などが分布する。
本種の原産地はコーカサス地方の南東部である。
アゼルバイジャン、ジョージア(グルジア)、ダゲスタンに分布し、山地の岩の斜面に生える。
日本に自生する山芍薬(ヤマシャクヤク)の近縁種である。
英名はゴールデンピアニー(golden peony)という。
ピアニーは芍薬(シャクヤク)の仲間を意味する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、わずかに白い粉を吹く。
開花時期は4月から5月である。
花の色は淡い黄色で、花径10センチ以上ある大輪である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Paeonia はギリシャ神話の医神「Paeon(ペオン)」の名からきている。シャクヤクの根でプルートーの傷を治した。
種小名の mlokosewitschii はポーランドの植物学者「ムオコシェウィッチ(Ludwik Mlokosiewicz, 1831-1909)さんの」という意味である。mlokosiewicziiとすべきものが誤記された。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Paeonia mlokosewitschii(syn. Paeonia daurica subsp. mlokosewitschii)

★大輪を煌き揺らし重たげに
 咲かる姿息呑むごとく

パエオニア・ムロコセウィツキー070429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ホザキノイカリソウ070331c-l.jpg

穂咲きの碇草(ホザキノイカリソウ)はメギ科イカリソウ属(エピメディウム属)の多年草である。
エピメディウム属は中国を中心に50種くらいが分布する。
日本にも碇草(イカリソウ)などが分布するので、属名の和名をイカリソウ属という。
原産地は中国で、湖北省、四川省などに分布する。
日本へは江戸時代の後期に薬用として渡来した。
茎や葉を乾燥したものを生薬の淫羊霍(いんようかく)といい、強壮、強精薬とする。
草丈は30センチから40センチくらいである。
地下茎は匍匐する。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉は卵形で質が硬く、縁には少数の鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇から穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径5ミリくらいの小さな花をつける。
萼片は白ないし淡い紫色で8枚あり、花弁は黄色で4枚である。
花弁は萼片よりも小さい。
碇草(イカリソウ)のような長い距はない。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Epimedium は地名に由来する言葉で、イカリソウに転用された。
種小名の sagittatum は「やじり形の」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Epimedium sagittatum

★目立たない花は曲者隠された
 効能知れば人は振り向き

ホザキノイカリソウ070331b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

天台烏薬(テンダイウヤク)

テンダイウヤク070321d-l.jpg

天台烏薬(テンダイウヤク)はクスノキ科クロモジ属(リンデラ属)の常緑低木である。
リンデラ属はアジアの温帯や亜熱帯を中心に100種くらいが分布する。
日本にも黒文字(クロモジ)などが分布し、属名の和名をクロモジ属という。
本種の原産地は中国で、揚子江以南の各地に分布している。
日本へは江戸時代に薬用として渡来した。
現在では、逸出したものが東海地方以西で野生化している。
樹高は2メートルから3メートルである。
枝は細い。
葉は長さ5センチから8センチくらいの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざがなく(全縁)、1センチくらいの柄がある。
葉の質は革質で薄く、表面には艶があって3本の主脈が目立つ。
葉の裏面は白みを帯びていて、白い毛が疎らに生える。
開花時期は3月から4月である。
雌雄異株である。
枝先の葉の脇に淡い黄色の花をたくさんつける。
花被片は6枚である。
花の後にできる実は直径1センチくらいの楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋に黒く熟する。
塊根を乾燥したものを生薬で烏薬(うやく)といい、リューマチ、神経性胃腸炎などに薬効がある。
「天台」の名は、天台山(中国浙江省天台県にある霊山)で産出されるものが一番効き目があるということからきている。
属名の Lindera はスウェーデンの医師で植物学者だった「ヨハン・リンデル(Johann Linder, 1676-1724)さん」の名からきている。
種小名の aggregata は「密集する」という意味である。
花の写真は3月に小石川植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Lindera aggregata(syn. Lindera strychnifolia)

★その名から推し量れるよ薬用と
 天台烏薬地味に花つけ

テンダイウヤク070321a-l.jpgテンダイウヤク081102a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ホソバヤマブキソウ060409b-l.jpg

細葉山吹草(ホソバヤマブキソウ)はケシ科ヤマブキソウ属(ヒロメコン属)の多年草である。
ヒロメコン属は1属1種で、いくつかの品種がある。
基本種は山吹草(ヤマブキソウ)で、属名の和名もヤマブキソウ属という。
細葉山吹草(ホソバヤマブキソウ)もその品種の1つで、稀に生える。
基本種は北海道から九州にかけて分布し、山野のやや湿った林の中に生える。
海外では、中国にも分布する。
草丈は30センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、小葉には切れ込みと細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎は枝分かれをせず、上部に2枚か3枚の茎葉をつける。
茎葉は3枚から5枚の小葉からなり、細葉山吹草(ホソバヤマブキソウ)の場合は小葉が深く羽状に裂ける。
ただし、遺伝的には安定していないようである。
開花時期は4月から6月である。
葉の脇に1輪か2輪の花をつける。
花びらは長さが20ミリから25ミリくらいで、色は黄色い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は山吹(ヤマブキ)に似た草本ということだが、山吹(ヤマブキ)の花びらが5枚なのに対し、山吹草(ヤマブキソウ)の花びらは4枚である。
有毒で、誤食をすると手足や呼吸などの麻痺を引き起こすので注意が必要である。
属名の Hylomecon はギリシャ語の「hyle(森)+mecon(ケシ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の lanceolata は「披針形の」という意味である。
写真は4月に練馬区の牧野記念庭園で撮った。
学名:Hylomecon japonica f. lanceolata

★どことなく違っているよ葉の様子
 調べてみれば細葉もあった

ホソバヤマブキソウ060409a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

匂い文目(ニオイアヤメ)

ニオイアヤメ100515a-l.jpg

匂い文目(ニオイアヤメ)はアヤメ科アヤメ属(イリス属)の多年草である。
イリス属は世界の温帯に150種くらい分布する。
日本にも文目(アヤメ)などが分布し、属名の和名をアヤメ属という。
本種の原産地はクロアチアのダルマチア地方で岩場に生える。
英名はダルマチアンアイリス(Dalmatian iris)という。
現在では広く帰化し、ジャーマンアイリスの交配親ともなっている。
草丈は50センチから80センチくらいである。
根際から生える葉は剣状で、青緑色である。
開花時期は4月から6月である。
花の色は淡い紫色や淡い黄色などのものがある。
内花被片と外花被片が3枚ずつある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ヨーロッパでは、根茎を薬用に用いる。
また、根茎から採れるイリス精油はフランス香水の原料となり、そのために栽培されている。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味し、転じて植物名となった。
種小名の pallida は「淡い色の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Iris pallida

★花だけを見ても違いはわからぬが
 香り生み出す秘密はどこに

ニオイアヤメ100515b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

西洋四手(セイヨウシデ)

セイヨウシデ080406c-l.jpg

西洋四手(セイヨウシデ)はカバノキ科クマシデ属(カルピヌス属)の落葉高木である。
カルピヌス属は北半球の温帯地域に30種くらいが分布する。
日本にも熊四手(クマシデ)などが分布し、属名の和名はクマシデ属という。
「四手」は実の垂れ下がる様子を神事で用いる四手にたとえたものである。
本種は南ヨーロッパから西アジア、シベリアにかけて分布し、標高600メートル以下の地域に生える。
英名はヨーロピアン・ホーンビーム(European hornbeam)である。
ホーンビームはクマシデの仲間のことである。
樹高は15メートルから25メートルくらいである。
樹皮は滑らかな銀色で、縦に縞が入る。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開と同時に花をつける。
雌雄同株である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、苞(葉の変形したもの)に包まれる。
材は硬く、木工細工に用いたり器具材とされる。
属名の Carpinus はケルト語の「car(木)+pin(頭)」からきている。
種小名の betulus は「カバノキの」という意味である。
花の写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Carpinus betulus

★カバノキの仲間だけども面白い
 果実の形で存在示し

セイヨウシデ080614b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

山桑(ヤマグワ)

ヤマグワ060429a-l.jpg

手探りで桑の実の味確かめて

山桑(ヤマグワ)はクワ科クワ属(モルス属)の落葉高木である。
モルス属は世界に10種から20種くらいが分布する。
また、栽培品種は100種を超える。
本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
また、近縁種の真桑(マグワ)とともに、カイコの餌として栽培されてきた。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、インジシナ半島、インド、ヒマラヤなどにも分布する。
樹高は3メートルから15メートルくらいである。
樹皮は褐色で、縦に短い割れ目が入る。
葉は卵形ないし卵円形で、互い違いに生える(互生)。
葉は全く切れ込まないものもあるし、3つから5つに裂けるものもある。
葉の先は尖り、つけ根は心形で、枝との間には柄がある。
縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
雌雄異株または同株である。
花の色は淡い黄色で、尾状花序(単性の花が穂状につき、垂れ下がる)である。
花の後にできる実は多肉質の集合果で赤ないし黒紫色に熟し、「桑の実」といって食用になる。
樹皮は和紙の原料となり、葉は養蚕用とされる。
材は建築材、器具材、楽器材などとして用いられる。
根の皮は生薬で桑白皮(そうはくひ)といい、消炎、利尿、鎮咳去痰などの薬効がある。
しかし、現在国内では生産されず中国産の真桑(マグワ)を使ったものが輸入されている。
俳句では「やまぐわの花」が春の季語、「桑の実」が夏の季語である。
属名の Morus はケルト語の「mor(黒)」からきているのではないかと推定されている。果実の色から名づけられた。
種小名の australis は「南半球の」という意味である。
花の写真は4月に南足柄市の足柄森林公園丸太の森で撮った。
実の写真は6月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Morus australis(syn. Morus bombycis)

★山桑の花はこれかと見つめれば
 高原の風さっと吹きぬけ

ヤマグワ060429b-l.jpgクワ080628a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


月桂樹(ゲッケイジュ)

ゲツケイジュ060422b-l.jpg

月桂樹(ゲッケイジュ)はクスノキ科ゲッケイジュ属(ラウルス属)の常緑高木である。
ラウルス属はヨーロッパに2種ないし3種が分布する。
本種が基本種で、属名の和名もゲッケイジュ属という。
本種の原産地は地中海沿岸地方である。
古代ギリシャやローマでは月桂樹(ゲッケイジュ)の枝や葉で編んだ「月桂冠」をマラソンの優勝者、凱旋将軍、大詩人などに捧げたとされる。
日本へは明治時代の後期にフランスから渡来した。
英名をローレル(laurel)といい、香辛料として用いられる。
ローレルの名は別名としても用いられる。
樹高は5メートルから10メートルくらいになる。
よく枝分かれをする。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
地中海沿岸の乾燥気候に適応するために葉の質は革質で丈夫である。
葉の長さは5センチから15センチくらい、幅は2センチから4センチくらいである。
表面は濃い緑色、裏面は緑色をしており、滑らかで艶がある。
周りにぎざぎざ(鋸歯)はなく、縁はやや波うっている。
ただし、浅く裂けるものもある。
雌雄異株だが、日本に雌株は少ないという。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に小さな黄白色の花を数輪つける。
花弁数は4枚で、雄しべがたくさんついている。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、10月ころに黒紫色に熟する。
花言葉は「名誉」である。
属名の Laurus はケルト語の「laur(緑色)」からきている。ゲッケイジュが常緑であることから名づけられた。
種小名の nobilis は「気品のある」という意味である。
花の写真は4月に小石川植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Laurus nobilis

★艶のある葉陰にそっと寄り添って
 月桂樹咲く春は爛漫

ゲツケイジュ060422c-l.jpgゲッケイジュ081102a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

白海桐(シロトベラ)

シロトベラ111214a-l.jpg

白海桐(シロトベラ)はトベラ科トベラ属(ピットスポルム属)の常緑低木である。
ピットスポルム属は東アジアからアフリカにかけて200種くらいが分布する。
日本には海桐(トベラ)などが分布し、属名の和名をトベラ属という。
本種は小笠原諸島固有種である。
「海桐(かいどう)」は中国名からきており、漢字では「扉木」とも書く。
和名の由来は、樹皮が白いことからきている。
樹高は2メートルから5メートルである。
葉は長い楕円形で、枝先付近に集まって輪生状に互い違いに生える(互生)。
葉の縁は波打っている。
葉の質は厚く、表面は艶があり、裏面は灰色を帯びる。
開花時期は4月から5月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄白色の5弁花をつける。
花の色は咲き進むと黄色が濃くなる。
花の後につく実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと黒褐色になって3つに裂ける。
属名の Pittosporum はギリシャ語の「pitta(黒いねばねばした)+spora(種子)」からきている。種子が真っ黒で艶があり粘着性のあることから名づけられた。
種小名の boninense は「無人島の(小笠原の)」という意味である。
写真は11月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Pittosporum boninense

★樹皮の色白っぽいのが特徴だ
 小笠原には不思議がたくさん

シロトベラ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち黄色い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピンクの花です。

次のカテゴリは黒い実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7