白い花の最近のブログ記事

ナポレオン080413a-l.jpg

ぷりぷりと頬っぺ弾ける桜ん坊

西洋実桜(セイヨウミザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
通称を桜ん坊(サクランボ)といい、広く栽培されている。
原産地はヨーロッパで、西アジアからヨーロッパ、北アフリカにかけて分布する。
樹高は15メートルから20メートルくらいになる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざがある(鋸歯)。
葉の裏側の葉脈上には軟毛が生える。
日本へ渡来したのは1868年(明治元年)である。
気候的な適性から山形県をはじめとする東北地方や北海道の日本海側で栽培されるようになった。
山形県では桜ん坊(サクランボ)が「県の木」に指定され、佐藤錦(サトウニシキ)などの品種が生まれている。
樹高は15メートルから20メートルくらいになる。
葉は卵状の長い楕円形で、先は尖り、縁にはぎざぎざがある(鋸歯)。
葉の裏側の葉脈上には軟毛が生える。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開した後に花を咲かせる。
桜(サクラ)に似た5弁の白い花が散状に集まって咲く。
萼は反り返っている。
花の後にできる実は直径2センチくらいの核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、6月から7月に熟する。
赤い実が多いが、黄みがかったものや紫黒色をしたものもある。
俳句では「さくらんぼ」や「桜桃の実」が夏の季語である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の avium は「鳥の」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
園芸品種のナポレオンである。
ヨーロッパ各国で栽培されている品種で、完熟した果実は鮮やかな紅色となり非常に美味しい。
学名:Prunus avium(syn. Cerasus avium)

★真っ白な花も可愛い桜ん坊
 紅い実つくまで待ってていてね

ナポレオン080413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ベンガルコーヒー060409a-l.jpg

ベンガルコーヒーの木(ベンガルコーヒーノキ)はアカネ科プシランツス属の常緑低木である。
プシランツス属はアジアやアフリカに20種くらいが分布する。
本種はかつてはコーヒーノキ属(Coffea)に含まれていたが、フランス人の植物学者ルロワ(Jean-Francois Leroy, 1915-1999)さんによって再分類された。
本種の原産地はインド、マレー半島で、栽培もされている。
世界のコーヒーの大半はアラビカ種(Coffea arabica)だが、それとは異なる少数派である。
自家受粉の可能なことが特徴である。
樹高は3メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉には艶がある。
開花時期は春から夏にかけてである。
花は葉の脇につき、花径2センチくらいの白い合弁花で、5つに深く裂ける。
花の後につける実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
実の中には種が2つ入っていて、それがコーヒーになる。
属名の Psilanthus はギリシャ語の「psilos(裸)+anthos(花)」からきている。
種小名の bengalensisは「(インドの)ベンガル地方の」という意味である。
写真は4月に東京都薬用植物園の温室で撮った。
学名:Psilanthus bengalensis(syn. Coffea bengalensis)

★星形の花は真白く照り映えて
 気品備えたベンガルコーヒー

ベンガルコーヒー060409b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヒマラヤ桷(ヒマラヤズミ)

ヒマラヤズミ070415a-l.jpg

ヒマラヤ桷(ヒマラヤズミ)はバラ科リンゴ属(マルス属)の落葉高木である。
マルス属は北半球の温帯を中心に30種から35種くらい分布する。
代表種は栽培品種の林檎(リンゴ)で、属名の和名もリンゴ属という。
本種は中国の北部からヒマラヤにかけて分布し、山地に生える。
基本種の学名(Malus baccata)は広義の蝦夷の小林檎(エゾノコリンゴ)を指し、近縁種である。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
花径3センチから4センチの白い5弁花で、林檎(リンゴ)に似ている。
花の後にできる実は直径1センチくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
10月ころに赤く熟し、食用になる。
属名の Malus はギリシャ語の「malon(リンゴ)」からきている。
種小名の baccata は「液果の」という意味である。
変種名の himalaica は「ヒマラヤ山脈の」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Malus baccata var. himalaica

★ヒマラヤの景色を胸に描きつつ
 こぼれる花びらしばし見つめて

ヒマラヤズミ070415b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ピンポンノキ070430a-l.jpg

ピンポンの木(ピンポンノキ)はアオギリ科ピンポンノキ属(ステルクリア属)の常緑高木である。
分類体系によっては(APGIII)アオイ科とされる。
ステルクリア属は200種以上ある大きな属である。
本種が代表種で、属名の和名もピンポンノキ属という。
本種の原産地は台湾や中国の南部(広東省、広西チワン族自治区、雲南省)である。
東南アジアで広く植栽され栽培されている。
和名は、漢名の中国音(ping po)に由来し、卓球とは無関係である。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を下垂させ、白い花をたくさんつける。
花に花弁はなく、花びらのように見えるのは萼片である。
萼片は5枚である。
雄しべは20本くらいある。
花の後にできる実は卵形の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、紅褐色に熟する。
中には黒い種が数個入っている。
種子は炒るか、煮て食べる。
属名の Sterculia はローマ神話の便所の神「ステルクリウス(Sterculius)」の名にからきている。同属の中に悪臭を放つ花を咲かせてハエに受粉させるものがあることから名づけられた。
種小名の monosperma は「種子が1つの」という意味である。
花の写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
実の写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Sterculia monosperma(syn. Sterculia nobilis)

★名前だけ有名だけどその由来
 聞けばがっかり便乗なのか

ピンポンノキ090927a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

セイヨウバクチノキ070415a-l.jpg

西洋博打の木(セイヨウバクチノキ)はバラ科バクチノキ属(ラウロケラスス属)の常緑小高木である。
ラウロケラスス属は世界に数種が分布する。
また、本種には数種の園芸品種がある。
日本にも博打の木(バクチノキ)などが分布し、属名の和名をバクチノキ属という。
ただし、大枠でサクラ属(Prunus)に括る考え方もある。
本種の原産地はヨーロッパの南東部から西アジアである。
英名はチェリーローレル(cherry laurel)という。
ローレルは月桂樹(ゲッケイジュ)のことである。
樹高は3メートルから6メートルである。
日本に自生する博打の木(バクチノキ)は樹皮が剥がれる。
それが博打で身ぐるみを剥がれたように見えるというのが名の由来である。
しかし、本種の樹皮は剥がれない。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質でやや分厚く、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇から長さ5センチから10センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、夏に紫黒色に熟する。
葉には青酸配糖体が含まれ、生薬名をバクチ葉(ばくちよう)といって鎮咳去痰薬とされる。
属名の Laurocerasus は属名の「Laurus(ゲッケイジュ属)+Cerasus(狭義のサクラ属)」 からきている。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Laurocerasus officinalis(syn. Prunus laurocerasus)

★面白い名前に惹かれて目をやれば
 上溝桜とどこか似ている

セイヨウバクチノキ070415b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

月桂樹(ゲッケイジュ)

ゲツケイジュ060422b-l.jpg

月桂樹(ゲッケイジュ)はクスノキ科ゲッケイジュ属(ラウルス属)の常緑高木である。
ラウルス属はヨーロッパに2種ないし3種が分布する。
本種が基本種で、属名の和名もゲッケイジュ属という。
本種の原産地は地中海沿岸地方である。
古代ギリシャやローマでは月桂樹(ゲッケイジュ)の枝や葉で編んだ「月桂冠」をマラソンの優勝者、凱旋将軍、大詩人などに捧げたとされる。
日本へは明治時代の後期にフランスから渡来した。
英名をローレル(laurel)といい、香辛料として用いられる。
ローレルの名は別名としても用いられる。
樹高は5メートルから10メートルくらいになる。
よく枝分かれをする。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
地中海沿岸の乾燥気候に適応するために葉の質は革質で丈夫である。
葉の長さは5センチから15センチくらい、幅は2センチから4センチくらいである。
表面は濃い緑色、裏面は緑色をしており、滑らかで艶がある。
周りにぎざぎざ(鋸歯)はなく、縁はやや波うっている。
ただし、浅く裂けるものもある。
雌雄異株だが、日本に雌株は少ないという。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に小さな黄白色の花を数輪つける。
花弁数は4枚で、雄しべがたくさんついている。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、10月ころに黒紫色に熟する。
花言葉は「名誉」である。
属名の Laurus はケルト語の「laur(緑色)」からきている。ゲッケイジュが常緑であることから名づけられた。
種小名の nobilis は「気品のある」という意味である。
花の写真は4月に小石川植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Laurus nobilis

★艶のある葉陰にそっと寄り添って
 月桂樹咲く春は爛漫

ゲツケイジュ060422c-l.jpgゲッケイジュ081102a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

西洋柊(セイヨウヒイラギ)

セイヨウヒイラギ130319a-l.jpg

西洋柊(セイヨウヒイラギ)はモチノキ科モチノキ属(イレクス属)の常緑小高木である。
イレクス属は北半球の温帯を中心に400種くらいが分布する。
日本にも黐の木(モチノキ)などが分布するので、属名の和名をモチノキ属という。
本種の原産地は西アジア、南ヨーロッパ、北アフリカなどである。
別名を西洋柊黐(セイヨウヒイラギモチ)という。
英名はホーリー(holly)やヨーロピアンホーリー(European holly)である。
美しい赤い実がクリスマスの装飾に使われる。
樹高は6メートルから8メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は4、5月である。
葉の脇に白い小さな花をたくさんつける。
花弁は4枚である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋から冬にかけて赤く熟する。
属名の Ilex はholly(セイヨウヒイラギ)の古代ラテン名からきている。
種小名の aquifolium は「セイヨウヒイラギの葉の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Ilex aquifolium

★ホーリーの名前は耳にするけれど
 やっと出合えたこれが本物

セイヨウヒイラギ130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



白花通草(シロバナアケビ)

シロバナアケビ・雌花080413b-l.jpg

とぐろ巻く思い隠してあけび咲く

通草(アケビ)アケビ科アケビ属の蔓性落葉低木である。
漢字では「木通」とも書く。これは生薬名からきた名である。
アケビ属は東アジアに数種が分布する。
通草(アケビ)は本州から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
白花通草(シロバナアケビ)はその品種(forma:f.)ないし園芸品種(cultivar:cv.)である。
通草(アケビ)の花は淡い紫色だが、本種は名前の通り白い花を咲かせる。
観賞用として庭木にされたり、盆栽や鉢植えに利用される。
蔓の長さは5メートルから10メートルになる。
葉は5枚の小葉からなる手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
小葉の先は丸く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4月である。
雌雄同株である。
葉の間から花序が垂れ下がる。
雌花は大きく雄花は小さい。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋に紫色に熟して裂開する。
中からは白い果肉と種子が現れ、果肉は食べられる。
茎の部分には利尿作用があり、木通(もくつう)の名で生薬として用いる。
俳句では、「あけび」が秋の季語、「あけびの花」が春の季語である。
属名の Akebia は日本語名の「アケビ」からきている。
種小名の quinata は「5枚の小葉の」という意味である。
品種名の leucantha は「白い花の」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
雌花、雄花の順である。
実の写真は10月に軽井沢町植物園で撮った。
ここでは白花白実通草(シロバナシロミアケビ)の名で表示している。
学名:Akebia quinata f. leucantha(syn. Akebia quinata 'Leucantha')

★すっきりと咲く白花に目を細め
 実りの秋の姿を思い

シロバナアケビ・雄花080413b-l.jpgシロバナアケビ071006a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




シロバナオオヤマツツジ070415a-l.jpg

大山躑躅(オオヤマツツジ)ツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
ツツジ属は世界に1000種以上が分布し、また多くの園芸品種がある。
大山躑躅(オオヤマツツジ)は日本固有種である。
本州の関東地方とその周辺部や岡山県、山口県に分布し、日当たりのよい山地斜面に生える。
和名の由来は、山躑躅(ヤマツツジ)に比べて花も葉も大きいことからきている。
花の色は紅紫色だが稀に白花のものもあり、これを白花大山躑躅(シロバナオオヤマツツジ)という。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉には春葉と夏葉がある。
春葉は長さが2センチから5センチくらいの幅の狭い楕円形で、先は鋭く尖る。
夏葉は長さが15ミリから30ミリくらいの卵形から披針形で、つけ根の部分はくさび形、先は短く尖る。
開花時期は4月から5月である。
枝先に、花径5、6センチの漏斗形の花を2、3輪ずつつける。
花の色は白い。
花冠は5つに裂けて横に開く。
上側の裂片の内側に黄緑色の斑点がある。
萼片は5枚、雄しべは通常は5本である。
雄しべの数は6本から10本の場合もある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
本種から多くの園芸品種が生まれている。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の transiens は「中間種の」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
品種名(forma)は大文字になっていた。
学名:Rhododendron transiens f. Shirobanaoyamatsutsuji

★少しだけ色を違えるつもりにて
 気づいてみれば我は白花

シロバナオオヤマツツジ070415b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ネモフィラ・スノーストーム

ネモフィラ・スノーストーム070429b-l.jpg

ネモフィラ・メンジーシー・アトマリアはハゼリソウ科ルリカラクサ属(ネモフィラ属)の一年草である。
分類体系によっては(APG第3版)ムラサキ科とされる。
ネモフィラ属は北アメリカからメキシコにかけて13種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
本種の基本種であるネモフィラ・メンジーシーに瑠璃唐草(ルリカラクサ)の和名があり、属名の和名もルリカラクサ属という。
本種の原産地はアメリカ合衆国のオレゴン州、カリフォルニア州である。
スノーストーム(Snow Storm)はその英名であり、園芸品種名である。
日本ではネモフィラ・スノーストームの名で流通している。
特徴は、白い花びらに細かい紫色の斑点がたくさん入ることである。
草丈は15センチから25センチくらいである。
葉は羽状に深く裂け、向かい合って生えたり(対生)、互い違いに生えたり(互生)する。
開花時期は3月から4月である。
花径は2、3センチくらいである。
花冠は鐘状で、先が5つに裂ける。
雄しべは5本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Nemophila はギリシャ語の「nemos(小さな森)+ phileo(愛する)」からきている。
種小名の menziesii はスコットランドの植物学者「メンジーズ(Archibald Menzies, 1754-1842)さんの」という意味である。
種小名の atomaria は「小さい斑点のある」という意味である。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Nemophila menziesii var. atomaria 'Snow Storm'

★そばかすをつけて乙女を思わせる
 花は優しく軽やかに咲き

ネモフィラ・スノーストーム070429a-l.jpg

COPYRIGHT © 2017 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2017/01/29 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは茶色の花です。

次のカテゴリは緑色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7