茶色の実の最近のブログ記事

桃玉名(モモタマナ)

モモタマナ070518b-l.jpg

桃玉名(モモタマナ)はシクンシ科モモタマナ属の落葉高木である。
沖縄本島から八重山諸島にかけてと小笠原諸島に分布し、海岸近くに生える。
海外では、台湾、中国、マレーシア、ニューギニア、南太平洋諸島、オーストラリアなどにも分布する。
実が海流に乗って散布される。
熱帯地方では街路樹や公園樹とされる。
和名の由来は、実の形が桃(モモ)に似たタマヌ(Tamanu:テリハボクのタヒチ名)からきている。
沖縄では枯葉手樹(コバテイシ)と呼ばれる。
樹高は15メートルから20メートルくらいである。
幹は直立し、上部で数段にわたって輪生状に枝分かれをする。
葉は倒卵形で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
日本では落葉し紅葉をするが、東南アジアなどでは常緑である。
開花時期は春と秋である。
葉の脇に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片である。
花の後にできる実は扁平な核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
種子はアーモンドに似た風味があって食用になる。
英名はシーアーモンド(sea almond)である。
健康茶としても利用されている。
材は建築材や家具材とされる。
属名の Terminalia はラテン語の「terminus(末端)」からきている。葉が枝先にまとまってつくことから名づけられた。
ラテン語の terminus (末端)に由来する。これはモモタマナの葉が枝の端にまとまって付くところから。(束生という)
種小名の catappa はマレー語での現地名からきている。
花の写真は5月に北大植物園で撮った。
実の写真は11月に那覇市の識名園で撮った。
学名:Terminalia catappa

★海洋のムードたっぷり桃玉名
 茂る姿は陽射しが似合い

コバテイシ061123b-l.jpg


COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



犬山毛欅(イヌブナ)

イヌブナ131008a-l.jpg

犬山毛欅(イヌブナ)はブナ科ブナ属の落葉高木である。
日本固有種である。
本州の岩手県から九州にかけて主に太平洋側に分布し、山地に生える。
和名の由来は、山毛欅(ブナ)よりも材質が劣ることからきている。
別名を黒山毛欅(クロブナ)という。
これは樹皮が黒褐色であることからつけられた名である。
樹高は10メートルから25メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面の葉脈上には白い毛がある。
開花時期は5月ころである。
雌雄同株である。
花の色は淡い黄色である。
雄花は枝の下部の葉の脇に短い尾状花序(単性の花が穂状につき、垂れ下がる)を出し、密につく。
雌花は枝の上部の葉の脇に総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)に包まれて上向きにつく。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で三角錐形をしており、秋に熟する。
材は器具材や家具材などにされる。
属名の Fagus はギリシャ語の「phagein(食べる)」からきている。堅果が食用になることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Fagus japonica

★犬の名がついても自然の立ち様は
 見劣りはせず王者のごとし

イヌブナ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



粗樫(アラカシ)

アラカシ131119a-l.jpg

粗樫(アラカシ)はブナ科コナラ属の常緑高木である。
本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布し、低山に生える。
海外では、台湾、済州島、中国、ヒマラヤなどにも分布する。
和名の由来は、枝葉が堅く鋸歯が粗いことからきている。
別名を黒樫(クロガシ)という。
樹高は10メートルから25メートルくらいである。
樹皮は緑がかった灰黒色で、浅い割れ目がある。
葉は楕円形で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で硬く、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色、裏面は灰白色である。
雌雄同株である。
開花時期は4月から5月である。
雄花序は垂れ下がり、雌花序は直立する。
花の後にできる実は卵形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、10月から12月ころに熟してドングリの1つになる。
材は硬く、農機具、天秤棒、薪炭などに利用されてきた。
花言葉は「勇気」である。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の glauca は「帯白色の」という意味である。
写真は11月に愛媛県の松山城で撮った。
3枚目は4月に大阪市の鶴見緑地で撮った。
学名:Quercus glauca

★粗樫のドングリやっと撮れたかな
 雨空だけどはじめの一歩

アラカシ131119b-l.jpg

アラカシ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



玄圃梨(ケンポナシ)

ケンポナシ081109a-l.jpg

玄圃梨(ケンポナシ)はクロウメモドキ科ケンポナシ属の落葉高木である。
北海道の一部(奥尻島)から九州にかけて分布し、山地の斜面や沢沿いなどに生える。
また、神社仏閣などに植えられる。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は15メートルから20メートルくらいになる。
枝が長く伸び、樹冠が広がる。
樹皮は暗灰褐色で、浅い縦の溝がある。
葉は幅広い卵形で柄があり、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、小さな淡い緑色をした5弁花をつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
11月ころに黒褐色に熟し、生食される。
また、秋には黄葉をする。
果柄を乾燥させたものを生薬で枳ぐ(きぐ)といい、アルコール濃度を低減させる効果がある。
材は楽器材、器具材、彫刻材などに用いられる。
属名の Hovenia は江戸時代に日本にも住んだオランダの宣教師「ホーフェン(David v. d. Hoven, 1724-1787)さん」の名からきている。
種小名の dulcis は「甘味のある」という意味である。
写真は11月に小石川植物園で撮った。
学名:Hovenia dulcis

★鬱蒼と茂るがごとく枝広げ
 玄圃梨咲く緑の季節

ケンポナシ081109b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち茶色の実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは茶色の花です。

次のカテゴリは白い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7