黄色い実の最近のブログ記事

夏蜜柑(ナツミカン)

ナツミカン060527c-l.jpg

雨に濡れ風に揺れして花蜜柑

夏蜜柑(ナツミカン)はミカン科ミカン属(キトルス属)の常緑小高木である。
キトルス属は分類法によるが160種くらいが東アジアからインドにかけて分布する。
本種の原産地は日本である。
江戸時代の中期に山口県の青海島に漂着した種を蒔いたことに始まり、暖地では現在まで果樹として栽培されている。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の柄には狭い翼がある。
開花時期は5月から6月である。
枝先の葉の脇に香りの良い白い5弁花をつける。
花の後にできる実は大形の柑果(多心皮性の液果)である。
晩秋に実がなるが、とらずにおくと翌年の初夏に黄色く熟して食べやすくなる。
夏橙(ナツダイダイ)や夏柑(ナツカン)の別名がある。
山口県の県の花に指定されている。
未熟な果実を乾燥したものを生薬で枳実(きじつ)といい、解熱、健胃などの作用がある。

俳句では「蜜柑の花」が夏の季語である。
花言葉は「清純」である。
属名の Citrus はギリシャ語の「kitron(箱)」に由来するラテン語で、レモンに対する古い呼び名である。
種小名の natsudaidai は日本語の「ナツダイダイ」のことである。
花の写真は5月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
実の写真は11月に小石川植物園で撮った。
学名:Citrus natsudaidai

★白花は甘く酸っぱい香り乗せ
 五月の空に笑顔を向けて

ナツミカン071124a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

仏手柑(ブシュカン)

ブシュカン091122a-l.jpg

仏手柑(ブシュカン)はミカン科ミカン属の常緑小高木である。
原産地はインド、ヒマラヤ地方である。
樹高は5メートルから8メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には柄があり、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から6月である。
葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い5弁花をつける。
萼片は5枚で、雄しべはたくさんある。
花弁の外側は淡い紅紫色を帯びる。
花の後にできる柑果(多心皮性の液果)の形が面白い。
形は釣鐘状で、下部が8つから12くらいに裂ける。
この形を仏像の垂れた手に見立てたのが和名の由来である。
果肉はほとんどなくて生食には向かない。
沖永良部島では味噌漬けにして食べるという。
また、中国では砂糖を加えて煮詰めたものを食べるという。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の medica は「(イランにあった地名)Mediaの」からきており、転じて「薬用の」という意味である。
品種名の Sarcodactylis は「肉質で指状の」という意味である。
写真は11月に川口市立グリーンセンターで撮った。
花の写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Citrus medica 'Sarcodactylis'

★花見てもとても区別はつかぬけど
 果実の形驚くばかり

ブシュカン070512a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




獅子柚子(シシユズ)

シシユズ081130a-l.jpg

獅子柚子(シシユズ)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
原産地は中国と考えられている。
日本へは奈良時代に渡来した。
別名を鬼柚子(オニユズ)という。
「柚子」の名はつくが、大形で文旦(ブンタン)に近い仲間である。
関東地方から九州にかけて植栽されているが、食用ではなく観賞用として栽培され、正月の飾り物などに用いられる。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚くて艶があり、先は尖る。
開花時期は5月である。
白い大形の5弁花をつける。
花はよい香りがする。
結実時期は10月から1月くらいである。
果実は直径が15センチから20センチくらいあり、重さも1キロくらいになる。
果皮が分厚く、でこぼこしている。
果肉は酸味が強く、生食には向かない。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の pseudogulgul は「グルグル(ヒマラヤ原産の大きいレモン)に似た」という意味である。
写真は11月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
学名:Citrus pseudogulgul(=Citrus junos 'Sisi')

★柚子の名はついているけどでこぼこし
 色こそ違え獅子舞の顔

シシユズ081130b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花柚(ハナユ)

ハナユ091219b-l.jpg花柚(ハナユ)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
原産地は中国の長江上流域である。
日本でも栽培をされ、また庭木とされている。
栽培適地は東北地方の南部から九州である。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
樹形は直立性で、枝には棘がある。
葉の柄に広い翼がついているのが特徴である。
開花時期は3月から5月である。
花の色は白く、よい香りがする。
収穫期は9月から12月である。
花の後にできる実は柑果(多心皮性の液果)である。
果皮はでこぼことし、熟すと黄色くなる。
実の香りは柚子(ユズ)よりも弱い。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の hanayu は「ハナユ」のことである。
写真は12月につくば植物園で撮った。
花の写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Citrus hanayu

★びっしりと枝しなるほどつけた実が
 黄に熟すころまた訪ねよう

ハナユ100605a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


柚子(ユズ)

ユズ081102a-l.jpg

照り映える柚子の実凛と庭の先

柚子(ユズ)はミカン科ミカン属(キトルス属)の常緑低木である。
キトルス属は分類法によるが160種くらいが東アジアからインドにかけて分布する。
本種の原産地は中国の長江上流である。
927年に完成した「延喜式」などに記載があり、日本へは奈良時代前後に渡来したものと考えられている。
現在では日本各地で栽培されており、九州の山地には自生するものもある。
樹高は1メートルから4メートルくらいである。
枝には棘がある。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)
葉の柄には幅の広い翼がある。
開花時期は5月から6月くらいである。
葉の脇に白い小さな5弁花をつける。
花の後にできる実は柑果(多心皮性の液果)である。
結実期は10月から11月である。
淡い黄色に熟した果実の表面には凸凹があり、強い香りがする。
果汁は酸味が強い。
鍋物や吸い物の香りづけに用いられたり、マーマレードや菓子の材料として利用される。
冬至の日には柚子湯に入るという慣習もある。
果実は生薬では橙子(とうし)といい、健胃薬や発汗薬とされる。
花言葉は「健康美」である。
俳句では、「柚子の花」が夏の季語、「柚子」が秋の季語、「柚子湯」が冬の季語である。
5月25日の誕生花である。
属名の Citrus はギリシャ語の「kitron(箱)」に由来するラテン語で、レモンに対する古い呼び名である。
種小名の junos はユズの古名である「ユノス(柚之酸)」からきている。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
花の写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Citrus junos

★遠目にも鮮やかなりし柚子の実に
 寒さもまして鍋を思えば

★遠目にも鮮やかなりし柚子の実に
 寒さもまして鍋を思えば

ユズ080518b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/24改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



カナリアナス091010a-l.jpgカナリア茄子(カナリアナス)はナス科ナス属の多年草である。
園芸上は一年草として取り扱われる。
原産地は南アメリカである。
和名の由来は、実の形がカナリアに似ていることからきている。
別名を角茄子(ツノナス)という。
和製英語だがフォックスフェース(fox face)とも呼ばれる。
これは、実の形を「狐の顔」に見立てたものである。
草丈は100センチから150センチくらいである。
葉は心形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月から10月くらいである。
青紫色をした「茄子」に似た星形の花をつける。
花の後にできる実は、真果(果実の大部分が成熟した果皮からなるもの)である。
長さ5センチから8センチくらいの黄色い卵形で、角状の突起がある。
その面白い形から、生け花などの観賞用として人気がある。
食用にはならない。
属名の Solanum はラテン語の「solamen(安静)」からきているという説がある。
種小名の mammosum は「乳房状の」という意味である。
写真は10月に神代植物公園で撮った。
実の写真は11月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名: Solanum mammosum

★えっこれは一体何と立ち尽くす
 楽しい実だよカナリア茄子は

カナリアナス081130b-l.jpg

カナリアナス081130a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


酢橘(スダチ)

| トラックバック(0)

スダチ080518e-l.jpg酢橘(スダチ)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
柑橘類の1つで、徳島県の特産物である。
江戸時代後半から栽培されており、徳島県の花にも指定されている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から6月である。
ミカン科特有の白い5弁花をつける。
花の後にできる実は柑果(多心皮性の液果)である。
収穫時期は秋である。
黄色く熟す前の青いうちに収穫する。
香りが豊かで、様々な日本料理で使用される。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の sudachi は「スダチ」のことである。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Citrus sudachi

★様々な柑橘類のあるものと
 驚き思う人の営み

スダチ081130a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ゴレンシ070602a-l.jpg

五斂子(ゴレンシ)はカタバミ科ゴレンシ属(アベロア属)の常緑高木である。
アベロア属は熱帯地域に数種が分布する。
本種が代表種で、属名の和名もゴレンシ属という。
本種の原産地はマレー半島、ジャワ島などの熱帯アジアである。
これらの地域で熱帯果樹として栽培されている。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)である。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)で、1つの葉に9枚から11枚がつく。
開花時期は7月から9月である。
枝先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、淡い紅紫色の5弁花をつける。
結実時期は9月から11月である。
花の後にできる実には5つの稜があり、断面が星形になる。
そこから英名をスターフルーツ(star fruit)という。
果肉にシュウ酸を含み、酸味がある。
和名は中国名からきている。「斂」は「稜」のことである。
花言葉は「偽りの魅力」である。
属名の Averrhoa はスペインの博物学者「アベロエス(Averroes, 1126-1198)さん」の名からきている。
種小名の carambola は同種のスペイン名からきている。
花の写真は6月に富山県の氷見市海浜植物園の温室で撮った。
実の写真は12月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターの温室で撮った。
学名:Averrhoa carambola

★五斂子の花と驚き調べれば
 よく似ているねカタバミ仲間

ゴレンシ071222c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/03/07改訂

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち黄色い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは黄色い花です。

次のカテゴリは黒い実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7