ピンクの花の最近のブログ記事

庭梅(ニワウメ)

ニワウメ090328c-l.jpg

庭梅のワイルドなさままた可笑し

庭梅(ニワウメ)はバラ科サクラ属(ニワウメ亜属)の落葉低木である。
原産地は中国の北部と朝鮮半島である。
日本へは古い時代に渡来し、庭木として植栽されてきた。
万葉集にも唐棣花(はねず)の名で詠まれている。
樹高は1メートルから2メートルである。
株立ち状になる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の表面は緑色で毛がなく、裏面には毛がある。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って淡い紅色の花をつける。
花弁数は5枚で、花の中央にたくさんの雄しべがあり、真ん中に緑色の子房(果実や種子ができるところ)が見え、そこから雌しべの花柱が伸びている。
花の後にできる実は直径1センチくらいの丸い核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
生で食べることができ、果実酒ともされる。
種子は生薬名を郁李仁(いくりにん)といい、便秘薬とされる。
根は郁李根(いくりこん)といい、歯ぐきが腫れたときに効く。
俳句では「庭梅の花」が春の季語である。
花言葉は「願望」である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は6月に向島百花園で撮った。
学名:Prunus japonica(syn. Microcerasus japonica)

★庭梅を愛でて安らぎ覚えつつ
 そっと噛み締む春の歓び

ニワウメ090328a-l.jpgニワウメ実060624a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




ヤマウグイスカグラ150321a-l.jpg

山鶯神楽(ヤマウグイスカグラ)はスイカズラ科スイカズラ属(ロニケラ属)の落葉低木である。
ロニケラ属は北半球に180種くらいが分布する。
属名の読み方は英語風にロニセラとするものもある。
日本にも吸葛(スイカズラ)など20種くらいが分布し、属名の和名をスイカズラ属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方から九州にかけて分布し、山地や丘陵地に生える。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
よく枝分かれをする。
葉は卵形ないし菱形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁や葉脈上には毛が生えている。
若い枝や葉の柄、花の柄にも毛が多い。
鶯神楽(ウグイスカグラ)には毛は生えていない。
深山鶯神楽(ミヤマウグイスカグラ)は毛の中に蜜腺も交じる。
開花時期は3月から5月である。
葉の脇に長さ2センチくらいの淡い紅色をした漏斗形の花を1輪から2輪つける。
花の先は5つに裂けており、ぶら下がって咲く。
雄しべは5本で短い。
柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)が雄しべよりも飛び出している。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟したものは食用にもなる。
和名の由来は、鶯が繁みの陰で岩戸神楽を舞っていると見立てたものだという。
花言葉は「未来を見つめる」である。
属名の Lonicera はドイツ人の植物学者「ロニツァー(Adam Lonitzer, 1528-1586)さん」の名からきている。
種小名と変種名の gracilipes は「gracilis(細い)+pes(足)」からきている。足は花茎を指している。
写真は3月に水戸市植物公園で撮った。
学名:Lonicera gracilipes var. gracilipes

★仲間との違いほんの少しだけ
 赤く熟した実が美味しそう

ヤマウグイスカグラ150321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



スリナムゴウカン141227a-l.jpg

スリナム合歓(スリナムゴウカン)はマメ科ベニゴウカン属(カリアンドラ属)の常緑低木である。
カリアンドラ属は南北アメリカ大陸の熱帯・亜熱帯地域に140種くらいが分布する。
カリアンドラ・エリオフィラ(Calliandra eriophylla)に紅合歓(ベニゴウカン)の和名があり、属名の和名もベニゴウカン属という。
本種の原産地は南アメリカのスリナムである。
学名のカリアンドラ・スリナメンシスで表示するところもある。
英名はピンクパウダーパフ(pink powderpuff)という。
樹高は2メートルから5メートルである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)である。
葉は夜になると閉じる。
開花時期は3月から6月である。
温室では不定期に咲く。
花のように見えるのは雄しべである。
たくさん伸び出す雄しべの色はピンクで、つけ根のほうは白い。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Calliandra はギリシャ語の「kallos (美しい) + andros ( 雄しべ)」からきている。
種小名の surinamensis は「(南アメリカの)スリナムの」という意味である。
写真は12月に新宿御苑で撮った。
学名:Calliandra surinamensis

★天然でピンクのものもあるんだね
 カリアンドラは面白い花

スリナムゴウカン141227b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ベゴニア・ヘラクレイフォリア140212a-l.jpg

ベゴニア・ヘラクレイフォリアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草である。
ベゴニア属は世界に2000種くらいの原種が分布する。
また多くの園芸品種がある。
日本にも中国原産だが野生化した秋海棠(シュウカイドウ:Begonia grandis)が生育するので、属名の和名をシュウカイドウ属という。
本種の原産地はメキシコである。
根茎性ベゴニアといわれるものの1つである。
地表面に肥大化した茎があり、そこから根を伸ばすグループである。
和名は八手ベゴニア(ヤツデベゴニア)という。
和名の由来は八手(ヤツデ)に似た葉を持つベゴニアということからきている。
英名はスターベゴニア(star begonia)やスターリーフベゴニア(star-leaf begonia)という。
草丈は40センチから90センチくらいである。
茎は匍匐して長く伸び、よく枝分かれをする。
茎の下部から伸びる葉は長さが30センチくらいあって大きく、手のひら状に5つから9つに裂ける。
葉の柄には白い長い毛がたくさん生えている。
開花時期は春である。
茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、小さな淡いピンクの花をつける。
花被片は4枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でフランス領アンティル諸島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。ベゴニアの仲間数種をヨーロッパに紹介した。
種小名の heracleifolia は「ハナウド属(Heracleum)に似た葉の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Begonia heracleifolia

★よく見れば葉っぱの様子が面白い
 確かにこれは八手のようだ

ベゴニア・ヘラクレイフォリア140212b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



コレオネマ・プルケルム

コレオネマ・プルケルム130319a-l.jpgコレオネマ・プルケルムはミカン科コレオネマ属の常緑低木である。
コレオネマ属は南アフリカに8種が分布する。
本種の原産地も南アフリカである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉は多肉質で、柑橘系のよい香りがする。
開花時期は2月から5月くらいである。
花径1センチくらいのピンクの5弁花をたくさんつける。
属名の Coleonema はギリシャ語の「koleos(鞘)+nema(糸)」からきている。
種小名の pulchrum は「美しい」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
園芸品種のピンク・ファウンテン(Pink Fountain)である。
学名:Coleonema pulchrum

★めずらしい花が多くて楽しいよ
 どこか違った南半球

コレオネマ・プルケルム130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

エリカ・カミッソニス

エリカ・カミッソニス130319a-l.jpgエリカ・カミッソニスはツツジ科エリカ属の常緑小低木である。
種小名の読み方は「シャミッソニス」とするものもある。
エリカ属はアフリカやヨーロッパに700種くらいが分布する。
本種の原産地は南アフリカのケープ地方東部である。
樹高は50センチくらいである。
葉は線形で輪のようになって生える(輪生)。
葉の長さは5ミリくらいで、細い毛が生えている。
開花時期は12月から4月くらいである。
枝先に花径1センチに満たない釣鐘形をしたピンクの花をたくさんつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Erica はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛が生える種類の多いことから名づけられた。
種小名の chamissonis はドイツの詩人で植物学者の「シャミッソ(Adelbert von Chamisso, 1781-1838)さんの」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Erica chamissonis

★鮮やかな花の姿に息を呑む
 背は低いけどびっしり咲いて

エリカ・カミッソニス130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ベゴニア・シレテンシス

ベゴニア・シレテンシス140212a-l.jpgベゴニア・シレテンシスはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草である。
ベゴニア属は世界に2000種くらいが分布する。
日本にも中国原産だが野生化した秋海棠(シュウカイドウ:Begonia grandis)が生育するので、属名の和名をシュウカイドウ属という。
本種の原産地は中国の雲南省やインドである。
中国名は「厚壁秋海棠」という。
根茎性ベゴニアといわれるものの1つである。
草丈は30センチくらいである。
根際から生える葉は卵円形で大きい。
開花時期は3月くらいである。
長さ10センチくらいの花茎を出し、ピンクの花をたくさんつける。
花被片は4枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でフランス領アンティル諸島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。ベゴニアの仲間数種をヨーロッパに紹介した。
種小名の silletensis は地名由来と思われるが解き明かせていない。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Begonia silletensis

★大きくてきれいな花にびっくりだ
 シレテンシスは謎に包まれ

ベゴニア・シレテンシス140212b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



赤八汐(アカヤシオ)

アカヤシオ080330c-l.jpg赤八汐(アカヤシオ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
漢字では「赤八染」とも書く。
本州の東北地方南部から中部地方にかけて太平洋側に分布し、山地に生える。
栃木県や群馬県に多く分布し、赤城躑躅(アカギツツジ)の別名がある。
分類上は、西日本に多い曙躑躅(アケボノツツジ)の変種とされる。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
葉は楕円形で互い違いに生える(互生)が、枝先に5枚が集まってつくので輪生しているように見える。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花径は4、5センチあり、花の色は淡い紅色である。
花冠は広い漏斗状で、先が5つに深く裂ける。
裂片には丸みがあり、柔らかな感じがする。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の pentaphyllum は「5葉の」という意味である。
変種名の nikoense は「日光の」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

★柔和なる色と形の赤八汐
 風に舞うさえ雅に映り

アカヤシオ080330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


千歳錦(チトセニシキ)

チトセニシキ120321A-L.jpg梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
千歳錦(チトセニシキ)はその栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・杏性の淡い桃色をした八重咲きの中輪(花径20ミリから25ミリ)である。
なお、上記は千歳菊(チトギク)の特徴である。
「錦」の名を冠するものは撮影地以外では見当たらない。
盆栽の用語で若枝に雲状の斑点が錦状に入るものを「錦性」といい、枝の形状と関連した命名と思われる。
なお、皐にも同名の園芸品種がある。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に墨田区文花の香取神社香梅園で撮った。
学名:Prunus mume 'Chitosenishiki'

★花の芯とても可愛い花姿
 重なり咲いて学園乙女

チトセニシキ120321B-L.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


千歳菊(チトセギク)

チトセギク120321b-l.jpg梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
千歳菊(チトセギク)はその栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・杏性の淡い桃色をした八重咲きの中輪(花径20ミリから25ミリ)である。
撮影地のものは花の色が淡いが、ネットで見ると濃い色のものが多いようである。
なお、椿にも同様の命名が見られる。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に墨田区文花の香取神社香梅園で撮った。
学名:Prunus mume 'Chitosegiku'

★花の芯とても可愛い千歳菊
 乙女のように花を開いて

チトセギク120321a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちピンクの花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオレンジ色の実です。

次のカテゴリは黄色い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7