白い花の最近のブログ記事

フィロテカ・ブクシフォリア

フィロテカ・ブクシフォリア130319a-l.jpg

フィロテカ・ブクシフォリアはミカン科フィロテカ属の常緑小低木である。
フィロテカ属はオーストラリアに45種くらいが分布する。
本種の原産地もオーストラリアで、南東部のニューサウスウェールズ州を中心に分布する。
異名をエリオステモン・ブクシフォリア(Eriostemon buxifolia)という。
樹高は30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は1月から3月である。
葉の脇に花径2センチくらいの白ないし淡いピンクの5弁花をつける。
属名の Philotheca はギリシャ語の「philos(好む)+theke(箱)」からきている。
種小名の buxifolia は「ツゲ属(Buxus)のような葉の」のという意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Philotheca buxifolia(syn. Eriostemon buxifolia)

★いくつもの種類があるねフィロテカ
 不思議がいっぱいオーストラリア

フィロテカ・ブクシフォリア130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



フィロテカ・ディフォルミス

フィロテカ・ディフォルミス130319a-l.jpg

フィロテカ・ディフォルミスはミカン科フィロテカ属の常緑低木である。
フィロテカ属はオーストラリアに45種くらいが分布する。
本種の原産地もオーストラリアで、東部に分布する。
異名をエリオステモン・ディフォルミス(Eriostemon difformis)という。
樹高は50センチから200センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は3月から4月である。
葉の脇に花径2センチくらいの白い5弁花をつける。
花の真ん中にある雄しべがオレンジ色で、白い花との対比が美しい。
属名の Philotheca はギリシャ語の「philos(好む)+theke(箱)」からきている。
種小名の difformis は「変わった形をした」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Philotheca difformis(syn. Eriostemon difformis)

★彼の地しか存在しないフィロテカ
 驚くばかり地球の不思議

フィロテカ・ディフォルミス130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



クラッスラ・ラディカンス

クラッスラ・ラディカンス130319a-l.jpgクラッスラ・ラディカンスはベンケイソウ科クラッスラ属の常緑多年草である。
クラッスラ属は南アフリカや東アフリカに300種以上が分布する。
本種は南アフリカ原産の多肉植物である。
流通名を紅稚児(ベニチゴ)という。
英名はレッドカーペット(red carpet)である。
草丈は15センチから30センチくらいである。
茎は赤く、肉厚でへら形をした葉が向かい合って生える(対生)。
過酷な自然の生育環境では葉の色が真っ赤になる。
開花時期は3月から5月である。
葉の脇から集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片で5枚ある。
雄しべは5本、雌しべも5本である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Crassula はラテン語の「crassula(厚い)」に由来する。この仲間の多くが水分を含む葉と茎を持つことからきている。
種小名の radicans は「根を出す」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Crassula radicans

★敷き詰めた葉っぱが赤く染まるのか
 小さいけれど花も可愛い

クラッスラ・ラディカンス130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

サルコカウロン・ヘレー

サルコカウロン・ヘレー130319a-l.jpgサルコカウロン・ヘレーはフウロソウ科サルコカウロン属の多年草(半低木)である。
サルコカウロン属は南アフリカに12種くらいが分布する。
本種の原産地は南アフリカのケープ地方やナミビアで、砂漠地帯に生える多肉植物である。
園芸名を竜骨城(リュウコツジョウ)という。
草丈は40センチから50センチくらいである。
葉は小さな楕円形で長い柄の先につき、多肉質である。
柄の部分は葉が落ちた後には刺となって残る。
開花時期は春である。
花径4センチくらいの白い5弁花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の sarcocaulon はギリシャ語の「sarkos(肉)+caulon(茎)」からきている。
種小名の herrei はドイツ人の植物学者「ヘレ(Hans Herre, 1900's)さんの」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:sarcocaulon herrei

★花だけを見れば可愛い風露草
 だけど体は砂漠に合わせて

サルコカウロン・ヘレー130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

深山樒(ミヤマシキミ)

ミヤマシキミ100313a-l.jpg深山樒(ミヤマシキミ)はミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、台湾にも分布する。
樹高は100センチから150センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で、艶がある。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
雌雄異株である。
開花時期は3月から5月くらいである。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、花径1センチくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花弁は4枚で、よい香りがする。
花の後にできる実は球状の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、冬に赤く熟する。
全体にアルカロイドを含み、有毒である。
和名の由来は、葉が樒(シキミ:Illicium anisatum)似て林の中に生えることからきている。
花言葉は「寛大」である。
属名の Skimmia は日本語の「シキミ」からきている。
種小名と変種名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Skimmia japonica var. japonica

★ぽつぽつと固い蕾の中に咲く
 白い花びら春を知らせて

ミヤマシキミ100313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

畑山葵(ハタケワサビ)

ハタケワサビ090320a-l.jpg山葵(ワサビ)アブラナ科ワサビ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布する。
海外では、サハリンにも分布する。
西洋わさびと区別するために「本わさび」とも呼ばれている。
北海道やサハリンに分布するものは変種の樺太山葵(カラフトワサビ:Eutrema japonicum var. sachalinense)として区別する考え方もある。
冷涼な気候を好み、全国各地の谷間に生える。
また、渓流につくられたわさび田で栽培され、香辛料や漬物として利用されている。
畑山葵(ハタケワサビ)は普通の畑や林の中、花壇などで栽培できるもののことである。
別名を陸山葵(オカワサビ)という。
栽培量は実はこちらのほうが多い。
畑で栽培するため根の色が白いが、味はほとんど変わらない。
ただし、遺伝的には山葵(ワサビ)と変わりがない。
清流でも畑でも、どちらでも育つのである。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は円形ないし心臓形である。
葉には長い柄がある。
葉は濃い緑色で艶があり、手のひら状に葉脈が走る。
開花時期は3月から5月くらいである。
茎先に白い4弁花をつける。
花の後にできる実は長角果(アブラナなどの果実で細長いもの)である。
属名の Eutrema はギリシャ語の「eu(良)+trema(穴)」からきている。種子の表面の様子から名づけられた。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名としては山葵(ワサビ)と変わりがない。
学名:Eutrema japonicum(syn. Wasabia japonica)

★畑にも育つわさびがあるという
 驚き見れば花愛らしく

ハタケワサビ090320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

山藍(ヤマアイ)

ヤマアイ080406b-l.jpg山藍(ヤマアイ)はトウダイグサ科ヤマアイ属の多年草である。
本州の中部地方から沖縄にかけて分布し、山地の林の中や渓流沿いなどに生える。
海外では、朝鮮半島や台湾、中国、インドシナ半島などにも分布する。
草丈は30センチから40センチくらいである。
茎の断面は四角形である。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉には長さ2、3センチの柄がある。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は濃い緑色で艶があり、質は柔らかく疎らに毛が生える。
開花時期は3月から4月である。
雌雄異株である。
雄花序は茎の上部の葉の脇から15センチくらいの柄に穂状につき、間隔をおいて3輪から5輪ずつの緑白色の花が固まってつく。
花弁はなく、萼片が3つに裂ける。
雌花序は直立する。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、2つのブロックからなる。
山藍(ヤマアイ)は最古の染料の一つとして知られ、万葉集などの歌集で多くの歌が詠まれている。
タデ科の藍(アイ)が渡来することでその役割を終えるが、今でも宮中の儀式である大嘗祭では山藍(ヤマアイ)で染めた小忌衣(おみごろも)を着用するという。
花言葉は「正しいこと」である。
属名の Mercurialis はローマ神話に登場する商業の神「メルクリウス(Mercurius)」の名からきている。
種小名の leiocarpa は「毛のない果実の」という意味である。
写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Mercurialis leiocarpa

★万葉の花の一つの山藍は
 目立たぬながら暮らしの中に

ヤマアイ080406c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

エリカ・ワルケリ

エリカ・ワルケリ100605a-l.jpgエリカ・ワルケリはツツジ科エリカ属の常緑小低木である。
エリカ属はアフリカやヨーロッパに700種くらいが分布する。
本種の原産地は南アフリカのケープ地方である。
樹高は50センチくらいである。
葉は線形で輪のようになって生える(輪生)。
葉の長さは5ミリくらいで立ち上がる。
開花時期は春である。
枝先に花径1センチくらいの筒状の白い花をたくさんつける。
咲き進むと花は横に開く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Erica はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛が生える種類の多いことから名づけられた。
種小名の walkeri はスコットランドの博物学者「ウォーカー(John Walker, 1731-1803)さんの」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Erica walkeri

★ワルケリの花の様子がめずらしく
 咲いた姿にしばし見入って

エリカ・ワルケリ100605b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ミチタネツケバナ130323a-l.jpg

道種漬花(ミチタネツケバナ)はアブラナ科タネツケバナ属の越年草である。
漢字では「路種漬花」とも書く。
原産地はヨーロッパである。
日本へは昭和時代の末期に渡来した。
現在では各地で野生化し、やや乾燥した道端や草地に生えている。
草丈は5センチから20センチくらいである。
茎は直立し、無毛である。
茎につく葉は疎らである。
根際から生える葉はロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉は羽状に裂け、花の咲く時期にも残る。
近縁種の種漬花(タネツケバナ)の場合は、開花時期には葉が少なくなる。
また、小葉の形も異なる。
本種の場合は幅の広い楕円形で丸い感じがするが、種漬花(タネツケバナ)のほうは細長い楕円形である。
開花時期は2月から5月くらいである。
咲き始めは草丈が5センチくらいしかないが、次第に伸びる。
花は総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)につき、花の色は白い。
花弁は4枚で、長さは2、3ミリのものが十字状に開く。
萼片は4枚で長い楕円形をしており、花弁よりも短い。
雄しべは4本で、6本の種漬花(タネツケバナ)との相違点である。
花の後にできる実は長さ2センチくらいの細長い円柱形の長角果(アブラナなどの果実で細長いもの)で、棒のようになって上向きにつく。
属名の Cardamine は同属の植物の1種のギリシャ名(kardamon)からきている。
種小名の hirsuta は「粗い毛のある」という意味である。
写真は3月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Cardamine hirsuta

★小さくてだけどしっかり咲いている
 命の鼓動伝えるように

ミチタネツケバナ130323b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ベリス・アンヌア

ベリス・アンヌア100307a-l.jpg

ベリス・アンヌアはキク科ヒナギク属(ベリス属)の一年草である。
和名を雛菊(ヒナギク)というデージーに近い仲間である。
英名はアニュアル・デージー(Annual daisy)という。
アニュアルは「一年生植物の」という意味である。
原産地は地中海沿岸地方である。
草丈は10センチから30センチくらいである。
茎には短い毛が生える。
葉はへら形で、根際から生える。
開花時期は12月から4月くらいである。
茎先に頭状花を1輪ずつつける。
花径は3センチくらいである。
花の真ん中には黄色い筒状花が集まり、その周りを舌状花が取り囲む。
舌状花の色は白やピンクである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Bellis はラテン語の「bellus(美しい)」からきている。
種小名の annua は「一年生の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Bellis annua

★日本ではまだまだ知られぬ花のよう
 可愛い名前つけてみたいね

ベリス・アンヌア100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは茶色の花です。

次のカテゴリは緑色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7