オレンジ色の実の最近のブログ記事

九年母(クネンボ)

クネンボ080323a-l.jpg

九年母(クネンボ)はミカン科ミカン属(キトルス属)の常緑低木である。
キトルス属は分類法によるが160種くらいが東アジアからインドにかけて分布する。
本種の来歴については諸説がありはっきりしていない。
原産地はインドシナ半島で、中国を経由して琉球に伝わったとされる。
日本への渡来は16世紀の室町時代で琉球を経由して伝わったとされる。
他説では万葉名を阿倍橘(アベタチバナ)といい、既に万葉集の時代に恋歌に詠まれていたとされる。
いずれにしても江戸時代まではミカンの主流品種であったが、紀州蜜柑(キシュウミカン)の登場でその座を譲ったという。
今日では日本各地で、少数の古木が確認されているに過ぎない。
樹高は2メートルから3メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁は全縁か、細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月くらいである。
葉の脇に花径2センチから4センチくらいの白い花をつける。
花弁と萼片は5枚ずつある。
雄しべはたくさんあり、雌しべは1本である。
結実時期は冬で、黄橙色の柑果(多心皮性の液果)をつける。
果皮は厚くてでこぼこがあり、特有の香りがする。
果肉は酸味が強いが、完熟すれば生食できる。
和名の由来は、「種を植えてから9年で実がなる」ということからきている。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の nobilis は「気品のある」という意味である。
写真は3月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Citrus nobilis

★でこぼこの姿がどこか床しくて
 歴史の重み味わうように

クネンボ080323b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



デコポン

| トラックバック(0)

デコポン081228a-l.jpg

デコポンはミカン科ミカン属(キトルス属)の常緑低木である。
キトルス属は分類法によるが160種くらいが東アジアからインドにかけて分布する。
また、多くの栽培品種が生まれている。
本種の品種名は不知火(シラヌイ)という。
デコポンは登録商標で、不知火のうち一定基準をクリアしたものだけにその名称が用いられる。
清見(キヨミ)という品種に椪柑(ポンカン)を交配して育成された栽培品種である。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月くらいである。
花の姿は他の柑橘類と区別しにくいが、白い5弁花である。
花の後にできる実は柑果(多心皮性の液果)である。
実の成熟期は3月くらいである。
へたの下にデコがあるのが特徴である。
糖度が高く食味にも優れるということで、甘夏蜜柑(アマナツミカン)や八朔(ハッサク)に代わって人気が出ている。
属名の Citrus はギリシャ語の「kitron(箱)」に由来するラテン語で、レモンに対する古い呼び名である。
学名の Citrus unshiu は温州蜜柑(ウンシュウミカン)、Citrus sinensis はオレンジ、Citrus reticulata は椪柑(ポンカン)を指している。
実の写真は11月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
花の写真は5月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:(Citrus unshiu x Citrus sinensis) x Citrus reticulata

★デコポンの名前はうまくつけたねと
 笑みを浮かべつ花の香をかぎ

デコポン080518c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/26改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオレンジ色の実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオレンジ色の花です。

次のカテゴリはピンクの花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7