観葉植物の最近のブログ記事

隈笹(クマザサ)

クマザサ060422a-l.jpg

隈笹(クマザサ)はイネ科ササ属の多年草である。
ササ属は世界に35種くらいが分布する。
本種は北方領土を含む日本各地に分布し、山地などに生える。
また、観葉植物として日本庭園などに植えられる。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリンなどにも分布する。
稈の高さは1メートルから2メートルである。
根茎は地中を横に這う。
稈は円筒形で中空である。
上部で疎らに枝分かれする。
葉は長い楕円形ないし長い卵形で、枝先に4枚から7枚がつく。
葉の柄は短く、つけ根は円形で、平行脈がある。
和名の由来は、冬を越した葉の縁に隈取りができることからきている。
隈取りができるのは縁が枯れるためである。
夏に稀に花を咲かせる。
花の色は紫色を帯びた緑色で、円錐状の花穂を直立させる。
花が咲くとその辺りの隈笹(クマザサ)は終わりを告げるが、こぼれ種からすぐに芽吹く。
葉は粽(ちまき)に使うなど料理用、菓子用などの装飾材となる。
乾燥した葉は健康茶にされ、エキスが健康食品とされるなど伝統医薬として利用されている。
花言葉は「忍耐」である。
属名の Sasa は日本名の「ササ(笹)」からきている。
種小名の veitchii はイギリス人の園芸家「ビーチ(James Veitch, 1792-1863)さんの」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Sasa veitchii

★少しだけ生えれば品よく見えるけど
 群生すれば熊も出そうで

クマザサ060422b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

金葉木(キンヨウボク)

キンヨウボク130210a-l.jpg

金葉木(キンヨウボク)はキツネノマゴ科キンヨウボク属(アフェランドラ属)の常緑低木である。
アフェランドラ属は中南アメリカに170種くらいが分布する。
本種が代表種で、属名の和名もキンヨウボク属という。
本種の原産地はブラジルである。
日本では温室で植栽され、観葉植物とされる。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は革質で分厚くて艶があり、葉脈に黄白色の筋が入る。
開花時期は6月から9月くらいである。
枝先に濃い黄色の花をつける。
花のように見えるのは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
本来の花も黄色だが、あまり目立たない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Aphelandra はギリシャ語の「apheles(シンプルな)+andra(雄の)」からきている。雄しべの葯が1室であることから名づけられた。
種小名の squarrosa は「開出した突起などで表面が平坦でない」という意味である。
変種名の leopoldii はベルギー王「レオポルド1世(King Leopold I)の」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターの温室で撮った。
学名:Aphelandra squarrosa var. leopoldii

★葉の姿とてもきれいな金葉木
 今度は花もとらえて見たい

キンヨウボク130210b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ビナンガヤシ130116a-l.jpg

ピナンガ椰子(ピナンガヤシ)はヤシ科ピナンガ属の常緑小高木である。
ピナンガ属は東南アジアや南アジアに100種以上が分布する。
本種の原産地はインドネシアのジャワ島やスマトラ島である。
別名をクーリー椰子(クーリーヤシ)ともいう。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
単幹で棘はなく、環状の葉痕が残る。
葉は羽状複葉である。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)である。
自生地では、葉は生活用品に利用され、果実は檳榔(ビンロウ)の代用品とされる。
日本では観葉植物とされる。
属名の Pinanga はマレーシアでの現地名(pinang)からきている。
種小名の kuhlii はドイツ人の博物学者「クール(Heinrich Kuhl, 1797-1821)さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑の温室で撮った。
学名:Pinanga kuhlii(syn. Pinanga coronata)

★また一つめずらしい椰子見つけたよ
 南どれだけあるのと目を丸くして

ビナンガヤシ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



窓葛(マドカズラ)

マドカズラ130226a-l.jpg

窓葛(マドカズラ)はサトイモ科ホウライショウ属(モンステラ属)の蔓性常緑多年草である。
モンステラ属は熱帯アメリカに60種くらいが分布する。
代表種は蓬莱蕉(ホウライショウ)で、属名の和名もホウライショウ属という。
本種の原産地はメキシコで、熱帯雨林に生える。
茎からでた気根(空気中に伸びる根)で他の樹木などをよじ登る。
草丈は2メートルくらいになる。
葉は長さ20センチくらいの卵形である。
革質で切れ込みはなく、窓のように穴があいている。
開花時期は8月から9月である。
黄白色の仏炎苞に包まれた肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出し、目立たない花をつける。
日本では観葉植物とされる。
属名の Monstera はラテン語の「monstrum(不思議な)」からきている。
種小名の friedrichsthalii はオーストリアの植物学者「フリードリッヒスタール(Emanuel von Friedrichsthal, 1809-1842)さんの」という意味である。
写真は2月に板橋区立熱帯環境植物館の温室で撮った。
学名:Monstera friedrichsthalii

★葉の中に穴があいてる窓葛
 気候に合わせた進化の不思議

マドカズラ130226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



シデラシス・フスカタ

シデラシス・フスカタ120226a-l.jpg

シデラシス・フスカタはツユクサ科シデラシス属の多年草である。
シデラシス属は1属1種である。
本種の原産地はブラジルの東部である。
現在はジャワ島に帰化している。
英名はベアーズイヤーズ(bear's ears)である。
茎や葉の両面には赤褐色の軟毛がたくさん生えていてふっくらしている。
草丈は10センチから40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)でロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)に生える。
開花時期は夏である。
葉の脇に花径1センチから2センチの紫色をした3弁花をつける。
雄しべは6本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
日本では開花期間も短いため、観葉植物として愛好される。
属名の Siderasis の由来は調査中だがまだ解明できていない。
種小名の fuscata は「褐色を帯びた」という意味である。
写真は2月に板橋区立熱帯環境植物館の温室で撮った。
学名:Siderasis fuscata

★日本ではほとんど知られぬ花だった
 出合いの喜びそっと噛み締め

シデラシス・フスカタ120226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



団扇椰子(ウチワヤシ)

ウチワヤシ130226a-l.jpg

団扇椰子(ウチワヤシ)はヤシ科ウチワヤシ属(リクアラ属)の常緑低木である。
リクアラ属は東南アジアからオーストラリアにかけて100種以上が分布する。
本種が代表種で、属名の和名もウチワヤシ属という。
本種の原産地は南太平洋で、ソロモン諸島やバヌアツ諸島に分布し、熱帯樹林に生える。
別名を丸葉団扇椰子(マルハウチワヤシ)という。
また、YListでは丸扇(マルオウギ)を標準和名としている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹は単幹で、大きな扇形の葉をつける。
葉は裂けず、葉の柄には棘がある。
淡い黄色の花をつけ、実は赤く熟する。
属名の Licuala はモルッカ諸島での現地名からきている。
種小名の grandis は「大きな」という意味である。
写真は2月に板橋区立熱帯環境植物館の温室で撮った。
学名:Licuala grandis

★真ん丸な葉っぱがどこか面白い
 南の島の不思議な椰子の木

ウチワヤシ130226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



キルトスペルマ

キルトスペルマ111214a-l.jpg

キルトスペルマはサトイモ科キルトスペルマ属の常緑多年草である。
キルトスペルマ属は東南アジアやニューギニア、そして南太平洋の島々に12種が分布する。
また、根茎をタロイモとして食用にするために湿地で栽培されている。
英名はジャイアントスワンプタロ(giant swamp taro)である。
「巨大な沼のタロイモ」という意味である。
本種は栽培品種である。
草丈は6メートルに達するものもあり、巨大である。
茎には鉤爪状の棘が上向きに生える。
花は黒褐色の太い棍棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)に密集してつく。
花序は茶色の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)に包まれる。
葉は大きなやじり形である。
属名の Cyrtosperma はギリシャ語の「kyrtos(曲がった)+sperma(種)」からきている。
種小名の edule は「食用の」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Cyrtosperma edule

★温室の池はそうとう大きいが
 狭く見えるよ巨大な葉っぱ

キルトスペルマ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リュウビンタイモドキ111214a-l.jpg

竜髭帯擬き(リュウビンタイモドキ)はリュウビンタイ科リュウビンタイモドキ属(プティサナ属)の常緑多年草である。
プティサナ属は熱帯アジア、南太平洋、オセアニア、アフリカなどに20種くらいが分布する。
日本では小笠原諸島に本種が分布し、属名の和名もリュウビンタイモドキ属という。
和名の由来は、根茎ないし葉脈の形状をたとえたものと推測されている。
環境省のレッドリスト(2012)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は150センチから200センチくらいである。
葉は羽状複葉で、向かい合って生える(対生)。
胞子嚢群は隣り合う2つの胞子嚢が合着してできており、単体胞子嚢群と呼ばれる。
属名の Ptisana はギリシャ語の「ptisana(はと麦)」からきている。単体胞子嚢群の形が似ていることから名づけられた。
種小名の boninensis は「無人島の(小笠原の)」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Ptisana boninensis (syn. Marattia boninensis)

★恐竜の時代伝える姿見て
 タイムマシンで旅する心地

リュウビンタイモドキ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



板屋楓(イタヤカエデ)

イタヤカエデ070430b-l.jpg

板屋楓(イタヤカエデ)はカエデ科カエデ属(アーケル属)の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)ムクロジ科とされる。
アーケル属は北半球の温帯を中心に150種くらいが分布する。
日本にもいろは楓(イロハカエデ)などが分布し、属名の和名をカエデ属という。
楓(カエデ)の名は蛙手(カエルデ)から変化したとする説が有力である。
本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、サハリンにも分布する。
和名の由来は、葉が重なって茂る様子が板葺き屋根のようだからなどの説がある。
樹高は15メートルから20メートルくらいになる。
樹皮は暗い灰色である。
葉は大きめで、7センチから15センチくらいあり、5つから9つに裂ける。
開花時期は4月から5月である。
花の色は黄緑色である。
翼果は直角から鋭角に開き、茶色に熟する。
秋には黄葉をする。
材は建築材や器具材とされる。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の pictum は「彩色された」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Acer pictum

★楓にもいろんな種類あるんだね
 秋には見たい黄葉するのを

イタヤカエデ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



大水蘚(オオミズゴケ)

オオミズゴケ050903c-l.jpg

大水蘚(オオミズゴケ)はミズゴケ科ミズゴケ属(スファグヌム属)のコケ植物である。
スファグヌム属は世界に150種くらいが分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をミズゴケ属という。
本種は北海道から沖縄にかけて分布し、湿原の周辺部を中心に、湿った林の中から湿原の中心部にかけて生える。
海外では、温暖な地域から寒冷な地域にかけて広く分布する。
日本では、園芸用の採取や開発の影響で個体数を減らしている。
環境省のレッドリスト(2012)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
茎の長さは10センチから30センチくらいである。
茎は直立をする。
枝は、茎に沿って下垂するものと放射状に広がるものの2種類がある。
茎につく葉は舌形、枝につく葉は舟形である。
色は白緑色で、時に紅紫色を帯びる。
属名の Sphagnum はラテン語の「sphagnos(コケの1種)」からきている。
種小名の palustre は「沼地に生える」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Sphagnum palustre

★森林を潤し生える豊かさは
 かけがいのない地球の宝

オオミズゴケ050903a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観葉植物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは9月の花です。

次のカテゴリは紅葉です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7