果実の最近のブログ記事

ムサ・パラディシアカ111214a-l.jpg

料理バナナ(リョウリバナナ)はバショウ科バショウ属(ムサ属)の多年草である。
ムサ属は熱帯・亜熱帯地域に35種から60種くらいが分布する。
日本でも沖縄で芭蕉(バショウ:Musa basjoo)が栽培されており、属名の和名をバショウ属という。
本種はその栽培品種で、世界の熱帯地域で広く栽培されている。
日本で日常食べているバナナ(Musa acuminata)とは遺伝子の型が異なる。
果実が硬いので蒸したり焼いたりして食べる。
料理バナナ(リョウリバナナ)の名は撮影地での表示に基づいている。
YListでは本種(Musa x paradisiaca)の和名をバナナとしている。
料理バナナ(リョウリバナナ)はバナナ(Musa acuminata)と琉球糸芭蕉(リュウキュウイトバショウ:Musa balbisiana)との間の三倍体の交配種である。
草丈は4メートルから5メートルである。
茎のように見えるのは葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)が巻き重なったもので、偽茎という。
葉は長めの楕円形である。
偽茎の先に数枚の葉をつける。
開花時期は温室では周年である。
葉の間から、大きな苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)をつけた花穂を垂らす。
実は花穂に10数段につく。
属名の Musa はこの属のアラビア名からきている。
種小名の paradisiaca は「楽園のような」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物園の温室で撮った。
学名:Musa x paradisiaca

★なるほどね上手い名前をつけたもの
 出会いは楽しい大きな温室

ムサ・パラディシアカ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



オオバノマンゴスチン141225a-l.jpg

大葉のマンゴスチン(オオバノマンゴスチン)はオトギリソウ科フクギ属の常緑高木である。
分類体系によっては(APGIII)フクギ科とされる。
原産地はフィリピン、インドネシアなどである。
東南アジアなどで果樹として広く栽培されている。
「果物の女王」と称されるマンゴスチンの近縁種である。
樹高は10メートルくらいである。
樹皮は暗い褐色で縦筋が入る。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は革質で分厚く、艶がある。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4月から5月くらいである。
枝先や葉の脇から集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、黄白色の花をたくさんつける。
花径は10ミリから15ミリくらいの壺形をした4弁花である。
花の後にできる実は直径6センチくらいの球形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、緑色から黄色に熟する。
果期は5月から6月である。
樹皮は黄色染料とされ、各部位が薬用とされる。
属名の Garcinia はインドで活動したスイス人の植物学者「ガルサン(Lanrent Garcin, 1683-1752)さん」の名からきている。
種小名の dulcis は「甘味のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Garcinia dulcis

★珍しい果樹に出合った夢の島
 どんな味かと想像をして

オオバノマンゴスチン141225b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



房酸塊(フサスグリ)

フサスグリ100617a-l.jpg

房酸塊(フサスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(クロンキスト・APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種の原産地は西ヨーロッパである。
樹高は50センチから150センチくらいである。
葉は円形で手のひら状に裂け、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
花の後にできる実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
酸味のある甘い実は食用になり、ジャムやゼリー、果実酒などに加工される。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の rubrum は「赤色の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes rubrum

★どこがどう違っているかわからない
 並んで植えたいろんなスグリ

フサスグリ100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


赤酸塊(アカスグリ)

アカスグリ140629a-l.jpg

赤酸塊(アカスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(クロンキスト・APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種の原産地は西ヨーロッパである。
樹高は100センチから150センチくらいである。
葉は円形で手のひら状に裂け、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月である。
葉の脇に小さな緑白色の花をつける。
花の後にできる実は直径1、2センチの球形の半透明な液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から赤茶色に熟する。
甘い実は食用になり、ジャムやゼリー、果実酒などに加工される。
なお、YListでは Ribes rubrum の学名で本種は房酸塊(フサスグリ)の別名としているが、撮影地では区別して表示している。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の sativum は「栽培された」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes sativum

★このスグリ酸っぱい味がするのかな
 試してみたいねいつかどこかで

アカスグリ140629b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

フイリバナナ140304a-l.jpgバナナ(Musa x paradisiaca)はバショウ科バショウ属の多年草である。
この学名はバナナの栽培品種につけられたもので、古くはリンネの命名にさかのぼる。
斑入りバナナ(フイリバナナ)はそうした栽培品種の1つである。
特徴は、葉にも実にも白い斑が入ることである。
草丈は4メートルから5メートルである。
茎のように見えるのは葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)が巻き重なったもので、偽茎という。
葉は長めの楕円形である。
偽茎の先に数枚の葉をつける。
開花時期は温室では周年である。
葉の間から、大きな苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)をつけた花穂を垂らす。
雌花は花穂のつけ根の部分に、雄花は先につき、その間に中性花がつく。
実は花穂に10数段につく。
実に入る斑は熟すると目立たなくなる。
かつてハワイでは、王族しか食べることを許されなかったという。
ハワイでもめずらしく、日本には数株しか存在しない。
属名の Musa はこの属のアラビア名からきている。
種小名の paradisiaca は「楽園のような」という意味である。
品種名の Koae はハワイの言葉で「熱帯鳥」の総称である。
写真は3月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターで撮った。
学名:Musa x paradisiaca 'Koae'

★実がなれば新聞ネタになるようだ
 出会いは楽しい大きな温室

フイリバナナ140304b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


タマリンド

タマリンド061124a-l.jpg

タマリンド(tamarind)はマメ科タマリンド属の常緑高木である。
1属1種である。
分類体系によっては(クロンキスト体系)ジャケツイバラ科とされることもある。
原産地は東アフリカのスーダンである。
インド、東南アジア、アメリカ合衆国など世界の熱帯・亜熱帯地域で果樹として栽培されている。
また、街路樹、緑陰樹ともされる。
別名を朝鮮藻玉(チョウセンモダマ)という。
果肉は柔らかくて酸味があり食用とされるほか、酸味料などに利用される。
樹高は5メートルから20メートルくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で、先は尖らない。
開花時期は雨季の初めである。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3センチくらいの黄色に赤い筋が入る5弁花をつける。
花の後にできる実は肉厚な円筒形の豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
種子と種子の隙間が黒褐色をしたペースト状の果肉で満たされる。
樹皮は染色の定着材とされる。
材は建築材、家具材、薪炭材などに利用される。
花言葉は「熱愛」である。
属名の Tamarindus はアラビア語の「タマル・ヒンディー(Tamar-Hindi:インドのナツメヤシ)」からきている。
種小名の indica は「インドの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Tamarindus indica

★名前さえ初めて聞いたタマリンド
 どんな味かと思いめぐらし

タマリンド061124b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



角苦瓜(ツノニガウリ)

ツノニガウリ070430a-l.jpg

角苦瓜(ツノニガウリ)はウリ科キュウリ属の蔓性一年草である。
原産地はアフリカと考えられている。
1980年代にニュージーランドで栽培がはじまり、現在では合衆国のカリフォルニア州でも栽培されている。
英名はホーンドメロン(horned melon)である。
日本では商品名のキワノ(Kiwano)で流通している。
野菜とも言えるし、フルーツとも言える。
茎は蔓性で数メートルになり、剛毛が生える。
葉は心形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月くらいである。
花は黄色く、胡瓜(キュウリ)に似ている。
収穫時期は9月から10月くらいである。
花の後にできる実は長さが10センチくらいの楕円形のウリ状果である。
果皮には全体に突起があり、緑色から黄橙色に熟する。
果肉はゼリー状で酸味が強く、さっぱりしている。
属名の Cucumis はラテン語の「cucuma(壷形の容器)」からきている。実の形から連想したものと思われる。
種小名の metuliferus は「突起のある」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Cucumis metuliferus

★つるりんとゼリーのような食感を
 想像しつつキワノ眺めて

ツノニガウリ070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ランブータン

ランブータン070430b-l.jpg

ランブータン(lambutan)はムクロジ科ランブータン属の常緑高木である。
ランブータン属は東南アジアに25種くらいが分布する。
本種の原産地はマレーシア、インドネシアだと考えられている。
現在では、東南アジアをはじめ熱帯地域の各地で果樹として栽培されている。
和名は英名を踏襲したもので、マレーシアの現地語からきており、「毛の生えたもの」を意味する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は12メートルから20メートルくらいになる。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期はマレーシアでは春と秋の年2回である。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、小さな花弁のない花をたくさんつける。
花には仄かな甘い香りがある。
花の後にできる実は長さ3センチから8センチくらいの円形ないし楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、果皮には赤い毛が生える。
果肉(仮種皮)は乳白色をしており、半透明で生食ができる。
流通時期は6月と12月である。
また、ジャムやゼリーとしても利用される。
種子は油を含んでおり、炒って食べるほか食用油や石鹸の材料として利用される。
属名の Nephelium はギリシャ語の「nephelion(小さい雲)」からきている。
種小名の lappaceum は「鉤状の軟毛がある」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Nephelium lappaceum

★なるほどねこんな形かランブータン
 ライチのような味がするんだ

ランブータン070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



牛心梨(ギュウシンリ)

ギュウシンリ070430b-l.jpg

牛心梨(ギュウシンリ)はバンレイシ科バンレイシ属の落葉高木である。
原産地は中央アメリカ、西インド諸島である。
現在では世界の熱帯・亜熱帯地域で広く栽培されている。
和名の由来は、実の形が牛の心臓に見えることからきている。
英名はカスタードアップル(custard apple)という。
樹高は6メートルから10メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月くらいである。
花径は3センチくらいで、花の色は黄緑色である。
花被片は6枚である。
花の後にできる実はハート形の集合果で、淡い暗赤色に熟する。
実は生食するほか果実酒や飲料などに利用される。
属名の Annona はハイチの地名「Annon(アノン)」からきている。
種小名の reticulata は「網状の」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Annona reticulata

★面白い名前もらった牛心梨
 変わった果物いろいろあるね

ギュウシンリ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


チェリモヤ

チェリモヤ070430b-l.jpg

チェリモヤ(cherimoya)はバンレイシ科バンレイシ属の落葉小高木である。
原産地はペルーやエクアドル、コロンビアで、標高1500メートルから2000メートルの高地に生える。
果実が食用になり、マンゴスチン、パイナップルとともに「世界の三大美味果」と呼ばれる。
現在では世界各地で栽培が行われて、日本でも和歌山県などで栽培されている。
和名は英名をそのまま踏襲している。
樹高は5メートルから9メートルくらいである。
葉は卵形で大きく、互い違いに生える(互生)。
雌雄異株である。
開花時期は4月から6月くらいである。
緑色で目立たない花をつける。
花被片は6枚で、大きな外側の3枚が目立つ。
花の後にできる実は集合果で、ハート形や円錐形をしており、黄緑色に熟する。
果皮は亀甲状となる。
果肉は白いリーム状で甘い。
さまざまな栽培品種が生まれている。
花言葉は「真の友情」である。
属名の Annona はハイチの地名「Annon(アノン)」からきている。
種小名の cherimola はペルーでの現地語からきており「冷たい種子」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Annona cherimola

★アンデスに育つ果実はどんな味
 いつか食べようチャンスがあれば

チェリモヤ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち果実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは樹木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7