紫色の花の最近のブログ記事

ピングイクラ・プリムリフォリア130226a-l.jpg

ピングイクラ・プリムリフローラはタヌキモ科ムシトリスミレ属(ピングイクラ属)の常緑多年草である。
ピングイクラ属は世界に80種くらいが分布する。
属名の読み方はピンギキュラとするものもある。
日本にも虫取り菫(ムシトリスミレ)などが分布し、属名の和名をムシトリスミレ属という。
葉から粘液を出して虫を捕らえる食虫植物の仲間である。
本種の原産地はアメリカ合衆国である。
南東部のミシシッピ州、ジョージア州、フロリダ州に分布し、メキシコ湾岸の低湿地に生える。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、根際から生えてロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉は多肉質で、葉の縁は内側に湾曲する。
葉の表面の細かな腺毛から粘液を出して虫を捕まえる。
開花時期は春から夏である。
茎先に花径10ミリから15ミリくらいの紅紫色をした小さな花をつける。
花冠は唇形に5つに裂け、それぞれの先がさらに2つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Pinguicula はラテン語の「pinguis(やや脂肪性の)」からきている。葉の面の脂肪光沢が強いためと思われる。
種小名の primuliflora は「サクラソウ属(Primula)のような花の」という意味である。
写真は3月に板橋区立熱帯環境植物館で撮った。
学名:Pinguicula primuliflora

★プリムラにとてもよく似た花姿
 花も大変虫は尚更

ピングイクラ・プリムリフォリア130226b-l.jpgピングイクラ・プリムリフォリア130226c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



オオシロショウジョウバカマ120313a-l.jpg大白猩々袴(オオシロショウジョウバカマ)はユリ科ショウジョウバカマ属の常緑多年草である。
分類体系によってはシュロソウ科とされる。
日本固有種である。
鹿児島県の徳之島から琉球列島にかけて分布し、沢沿いの岩場に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根際から生える葉はへら形で、ロゼット状に地面に広がる。
開花時期は1月から3月である。
花茎を出し、その先に10輪から20輪くらいの花を横向きにつける。
花被片は6枚である。
花の色は白く、紫色が交じる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、「猩々」というのは中国の伝説上の動物で、花の姿をたとえたものである。
属名の Heloniopsis はギリシャ語の「Helonias(ショウジヨウバカマ属)+opsis(似た)」からきている。ただし、どちらもショウジョウバカマ属とされている。
種小名の leucantha は「白い花の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Heloniopsis leucantha

★遠目には変哲もない姿だが
 近づき見ればまるで宝石

オオシロショウジョウバカマ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヘレボルス・オリエンタリス・レッドパワー080301e-l.jpgヘレボルス・オリエンタリスはキンポウゲ科ヘレボルス属の常緑多年草である。
原産地はヨーロッパから西アジアにかけてである。
英名はレンテンローズ(Lenten rose)である。
レンテンはキリスト教でいう「四旬節の」という意味で、開花時期がそのころになる。
レッドパワー(Red Power)はその園芸品種である。
無茎種である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
根際から生える葉は鳥足状に5から11くらいに裂ける。
開花時期は2月から4月くである。
茎先に暗い紅紫色の花を3、4輪下向きにつける。
花びらのように見えるのは萼片で5枚である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の orientalis は「東方の(中近東の)」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Helleborus orientalis 'Red Power'

★見た目にはとても渋いが味のある
 色を愛でつつ春を感じて

ヘレボルス・オリエンタリス・レッドパワー080301d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ギッバエウム・ディスパル

ギッバエウム・ディスパー100111b-l.jpgギッバエウム・ディスパルはメセン科ギッバエウム属の多年草である。
南アフリカのケープ地方に分布する多肉植物である。
流通名は無比玉(ムヒギョク)という。
草丈は5センチから10センチである。
根際からロゼット状に広がる葉は多肉質の卵形である。
葉は微毛に覆われ、灰色がかる。
開花時期は冬から春である。
花径3センチくらいの藤色の花をつける。
属名の Gibbaeum はラテン語の「gibbosus(猫背)」からきている。
種小名の dispar は「不同で対になった」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Gibbaeum dispar

★またとない葉っぱの姿に頬緩む
 水に浮かべば水兵さんか

ギッバエウム・ディスパー100111a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


モラエア・ポリスタキア

モラエア・ポリスタキア100111c-l.jpgモラエア・ポリスタキアはアヤメ科モラエア属の多年草である。
属名の読み方は「モレア」とするものもある。
原産地は南アフリカである。
草丈は50センチから60センチである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は11月から3月くらいである。
花被片は6枚で、花の色は藤紫色である。
内花被片は立ち上がり、外花被片のつけ根の部分に黄色い模様が入る。
属名の Moraea はイギリス人の植物学者「ムーア(R. Moore)さん」の名からきている。
種小名の polystachya は「穂をたくさんつける」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Moraea polystachya

★花色は文目にとてもよく似てる
 違いはここかな黄色い模様

モラエア・ポリスタキア100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


サンダーソニーミミカキグサ080209d-l.jpgサンダーソニー耳掻草(サンダーソニーミミカキグサ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
南アフリカのナタール地方、ケープ地方に分布し、山地の湿った岩場などに生える食虫植物である。
草丈は10センチから15センチくらいである。
葉は小さな卵形である。
開花時期は冬から春である。
温度が合えば周年開花をする。
花径は5ミリくらいで、淡い藤色をしている。
花茎のつけ根にある補虫嚢で小動物を捕まえる。
流通名は兎苔(ウサギゴケ)という。
学名のウトリクラリア・サンデルソニーで表示するものもある。
属名の Utricularia は「utriculus(小気胞)」からきている。小さい捕虫嚢のあるという意味。
種小名の sandersonii はイギリス人の園芸家「サンダーソン(F. Sanderson)さんの」という意味である。
写真は2月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Utricularia sandersonii

★なるほどね兎の顔によく似てる
 うまい名前をつけてあげたい

サンダーソニーミミカキグサ080209b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


センカクカンアオイ111102a-l.jpg尖閣寒葵(センカクカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
尖閣諸島の魚釣島固有種で、山地の林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵心形で、先がやや丸みを帯びる。
葉の両面に毛は生えず、表面には艶がある。
開花時期は2月から4月である。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる淡い紫色の花をつける。
萼筒は円柱形である。
花弁はない。
雌しべは6本、雄しべは12本である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の senkakuinsulare は「尖閣諸島に生える」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum senkakuinsulare

★訪問もなかなか叶わぬ島に咲く
 花の姿は神々しくて

センカクカンアオイ111102b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


コシノカンアオイ070203a-l.jpg越の寒葵(コシノカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
日本海要素と呼ばれる植物である。
本州の山形県から福井県にかけて分布し、山地の林の中や林の縁に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は5センチから10センチくらいである。
地表近くに生える葉は心形で、艶があり黒味を帯びている。
開花時期は2月から5月くらいである。
花は肉厚で花径が30ミリから40ミリもあり大形である。
近縁種の寒葵(カンアオイ)の倍くらいある。
萼は横に平らに開く。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の megacalyx は「大きな萼の」という意味である。
写真は2月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Asarum megacalyx

★雪深い山の斜面に咲くという
 花はおどろな越の寒葵

コシノカンアオイ070203b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


シネラリア

| トラックバック(0)

シネラリア・メロディーミックス100307a-l.jpgファッション競うがごとくシネラリア

シネラリア (Cineraria) はキク科ペリカリス属の多年草である。
園芸的には一年草として扱う。
原産地は北アフリカのカナリア諸島である。
日本へは明治時代に渡来した。
別名をサイネリアという。
富貴菊(フウキギク)の別名もある。
草丈は40センチから60センチくらいである。
根際から生える葉は心臓形に近い卵形で、フキに似ている。
開花時期は1月から4月である。
花の色は紫色、白、ピンク、赤などのものがある。
蛇の目柄の複色のものもある。
大輪、小輪があり、花径は2センチから7センチくらいである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
俳句の季語は春である。
属名の Pericallis はギリシャ語の「peri(まわりの)+kallos(美しい)」からきている。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
品種名はメロディーミックスである。
学名:Pericallis x hybrida

★ファッション競うがごとく咲き乱る
 サイネリアの花春は近しと

シネラリア・メロディーミックス100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ヘレボルス・クロアチクス

ヘレボルス・クロアチクス100220a-l.jpg

ヘレボルス・クロアチクスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草である。
原産地はクロアチアである。
無茎種である。
草丈は10センチから25センチである。
根際から生える葉は手のひら状の複葉である。
開花時期は1月から3月である。
花の色は暗い紅紫色である。
花びらのように見えるのは萼片で5枚である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の croaticus は「クロアチアの」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Helleborus croaticus

★しっとりと開いた花に魅せられる
 不思議の色の小人の世界

ヘレボルス・クロアチクス100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/07/25改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは観葉植物です。

次のカテゴリは青い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7