緑色の花の最近のブログ記事

大葉木(オオバギ)

オオバギ150204a-l.jpg

大葉木(オオバギ)はトウダイグサ科オオバギ属(マカランガ属)の常緑高木である。
マカランガ属はアジア、アフリカ、南太平洋諸島、オーストラリアなどに300種以上が分布する。
日本にも大葉木(オオバギ)が分布し、属名の和名をオオバギ属という。
本種は日本では奄美大島以南に分布し、石灰岩地帯の林の縁などに生える。
また、公園樹や街路樹とされる。
海外では、台湾、中国の南部、マレーシア、ニューギニア、オーストラリアなどに分布する。
樹高は4メートルから10メートルくらいである。
雌雄異株である。
葉は大形の盾形で、互い違いに生える(互生)。
葉の裏の真ん中から葉の柄が出ていて、ハスの葉のようである。
葉の先は尾状に尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は2月から4月くらいである。
円錐状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄緑色の花が樹を被う。
花径は1センチくらいで小さい。
花の後にできる実は球形のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で、黒く熟する。
和名の由来は葉が大きな樹木ということからきている。
別名を大葉木(オオバキ)ともいう。
学名の Macaranga はこの属の1種のマダガスカルでの呼び方からきている。
種小名の tanarius の意味はまだ調べられていない。
変種名の tomentosa は「密に細かな綿毛のある」という意味である。
写真は2月に沖縄の世界遺産・斎場御嶽(せーふぁうたき)で撮った。
学名:Macaranga tanarius var. tomentosa

★静けさの中に開いた花房は
 異国情緒を高めるように

オオバギ150204b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



赤木(アカギ)

アカギ071222a-l.jpg

赤木(アカギ)はトウダイグサ科アカギ属の常緑高木である。
分類体系によってはコミカンソウ科とされる。
日本では沖縄に自生する。
海外では、中国、東南アジア、南アジア、ポリネシア、オーストラリアなどに分布する。
樹高は30メートルから50メートルくらいである。
樹皮は赤褐色である。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
葉にも小葉にも柄がある。
小葉は卵形で、先が尾状に尖る。
葉の質はやや分厚く、表面には艶がある。
開花時期は2月から3月である。
雌雄異株である。
上部の葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄緑色をした小さな花弁のない花をつける。
結実期は11月から12月で、実は褐色に熟する。
材は白くて木目が美しく、家具材、建築材、器具材とされる。
樹皮は染料となる。
和名の由来は、樹皮が赤味を帯びることからきている。
属名の Bischofia はドイツ人の植物学者「ビショフ(G. W. Bischoff, 1797-1854)さん」の名からきている。
種小名の javanica は「ジャワ島の」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
3枚目、4枚目は11月に那覇市の首里城公園で撮った。
学名:Bischofia javanica

★寄生する赤榕に幹を締められつ
 命永らう赤木の姿

アカギ071222b-l.jpg

アカギ0611123a-l.jpg

アカギ0611123c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




パフィオペディルム・ビロスム120313a-l.jpgパフィオペディルム・ビロスムはラン科トキワラン属(パフィオペディルム属)の多年草である。
原産地は中国の南西部、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、インドのアッサム地方などで、標高1100メートルから2100メートルの地域に生える地生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋から冬である。
茎先に1輪の花をつける。
花径は12センチから15センチくらいである。
背萼片は白くて立ち上がり、黄褐色と緑色のぼかしが入る。
側花弁や唇弁は黄褐色で、緑色や黄色が交じる。
属名の Paphiopedilum はギリシャ語の「Paphos(ビーナスの異名)+pedilon(サンダル)」からきている。
種小名の villosum は「軟毛のある」という意味である。
写真は3月につくば植物園の蘭展で撮った。
学名:Paphiopedilum villosum

★渋いけどカラフルなんだビロスムは
 大きく咲いてとても目立つよ

パフィオペディルム・ビロスム120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ハオルチア・ロンギアナ・アルビノータ100111b-l.jpgハオルチア・ロンギアナ・アルビノータはユリ科ハオルチア属の常緑多年草である。
分類体系によってはアロエ科とされる。
属名の読み方には「ハワーシア」、「ハオルシア」などがある。
南アフリカのケープ地方に分布する多肉植物である。
葉は剣状で先が尖る。
葉の裏には白い疣状の斑点がある。
開花時期は秋から春である。
20センチから30センチの花茎を伸ばし、小さな筒状の花をつける。
花の色は白く、淡い緑色のストライブが入る。
英名はロングリーブド・ハオルチア(long leaved haworthia)という。
属名の Haworthia は18世紀から19世紀のイギリス人の植物学者「ハース(A. H. Haworth)さん」の名からきている。
種小名の longiana は「ロング(F. R. Long)さんの」という意味である。
変種名の albinota は「白い斑点のある」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Haworthia longiana var. albinota

★花茎を伸ばし花咲くハオルチア
 違っているのは葉っぱの形

ハオルチア・ロンギアナ・アルビノータ100111a-l.jpg

ハオルチア・ロンギアナ・アルビノータ100111c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ハオルチア・レツーサ

ハオルチア・レツーサ100111a-l.jpgハオルチア・レツーサはユリ科ハオルチア属の常緑多年草である。
分類体系によってはアロエ科とされる。
属名の読み方には「ハワーシア」、「ハオルシア」などがある。
南アフリカのケープ地方に分布する多肉植物である。
葉は三角形で淡い緑色をしており、ロゼット状となる。
開花時期は冬から春である。
20センチから30センチの花茎を伸ばし、小さな筒状の花をつける。
花の色は白く、淡い緑色のストライブが入る。
園芸名は寿(コトブキ)という。
属名の Haworthia は18世紀から19世紀のイギリス人の植物学者「ハース(A. H. Haworth)さん」の名からきている。
種小名の retusa は「(花弁の先が)ややくぼみのある形の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Haworthia retusa

★花茎を伸ばし花咲くハオルチア
 似ているけれど葉の面白く

ハオルチア・レツーサ100111b-l.jpg

ハオルチア・レツーサ100111c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヘレボルス・フォエチドゥス

ヘレボルス・フォエチドゥス100320a-l.jpgヘレボルス・フォエチドゥスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
ポルトガルからイギリス、イタリア、ドイツ、ハンガリーにかけて分布し、標高2000メートルの山地の林の中に生える。
有茎種で、茎は直立をする。
草丈は30から50センチくらいである。
根際から生える葉は手のひら状の複葉である。
小葉の形は幅の狭い披針形(笹の葉のような形)で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は1月から3月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、釣鐘形をした淡い黄緑色の花を数輪つける。
花弁のように見えるのは萼片で、5枚ある。
花弁は退化して蜜腺となっている。
花は下向きに咲く。
花には悪臭がある。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の foetidus は「悪臭のある」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Helleborus foetidus

★少しだけ強い香りがするけれど
 嫌わないでねすぐ馴れるから

ヘレボルス・フォエチドゥス100320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


パフィオペディルム・リーアヌム100111a-l.jpgパフィオペディルム・リーアヌムはラン科トキワラン属(パフィオペディルム属)の多年草である。
東南アジアなどに分布するインシグネ種(Paphiopedilum insigne)とスピケリアヌム種(Paphiopedilum spicerianum)との一代交配種である。
一代交配というのは、F1(first filial generation)やプライマリー・ハイブリッド(primary hybrid)とも呼ばれ、原種同士の異種間一代目の交配をさし、パフィオペディルム属で使われることの多い用語である。
1884年に登録された非常に古い品種である。
原種の趣が残された上に丈夫で花つきがよく、多くの園芸品種の交配親として知られている。
草丈は10?20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
背萼片は上部が白く、黄緑色に紅紫色の斑点が入る。
側花弁は縁が波打ち、赤褐色で濃い色の筋が入る。
唇弁は赤褐色である。
属名の Paphiopedilum はギリシャ語の「Paphos(ビーナスの異名)+pedilon(サンダル)」からきている。
品種名の Leeanum はイギリス人のラン愛好家「リー(Lee)さんの」という意味である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Paphiopedilum Leeanum(=Paphiopedilum insigne x Paphiopedilum spicerianum)

★趣はまるで原種のリーアヌム
 これはこれはと驚きのまま

パフィオペディルム・リーアヌム100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヘレボルス・アグチフォリウス100220a-l.jpg

ヘレボルス・アグティフォリウスはキンポウゲ科ヘレボルス属の常緑多年草である。
ヘレボルス・コルシクス(Helleborus lividus subsp. corsicus)とする場合もある。
ヘレボルス属の原種は20種くらいある。
本種もその1つである。
原産地はイタリアのコルシカ島やサルディニア島である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
有茎種である。
根際から生える葉は3つに裂け、縁には棘状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉は灰白色を帯びる。
開花時期は1月から4月くらいである。
茎先に淡い緑色の花を15から30輪くらい下向きにつける。
花びらのように見えるのは萼片で5枚である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の argutifolius は「尖った葉をもつ」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Helleborus argutifolius

★コルシカの山一面に咲き競う
 姿思いつ花を見詰めて

ヘレボルス・アグチフォリウス100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/07/26改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヘレボルス・ムルチフィドゥス100220a-l.jpg

ヘレボルス・ムルチフィドゥスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草である。
種小名の読み方は「マルチフィダス」や「ムルティフィドゥス」とするものもある。
原産地はアドリア海沿岸で、クロアチア、アルバニア、イタリアなどに分布する。
無茎種である。
草丈は10センチから30センチである。
根際から生える葉は手のひら状の複葉で、やや細かく裂ける。
開花時期は1月から3月である。
花の色は黄緑色で、赤紫色を帯びるものもある。
花びらのように見えるのは萼片で5枚である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の multifidus は「多数に中裂した」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Helleborus multifidus

★どこがどう違っているのヘレボルス
 育った土地でわずかな違い

ヘレボルス・ムルチフィドゥス100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/07/26改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヘレボルス・デュメトルム

ヘレボルス・デュメトルム100220a-l.jpg

ヘレボルス・デュメトルムはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草である。
原産地はオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、チェコなどである。
無茎種である。
草丈は20から30センチである。
根際から生える葉は手のひら状の複葉である。
開花時期は1月から3月である。
花の色は緑色である。
花びらのように見えるのは萼片で5枚である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Helleborus はギリシャ語の「helein(殺す)+ bore(食べ物)」からきている。毒草であることから名づけられた。
種小名の dumetorum は「小低木状の」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Helleborus dumetorum

★柔らかな緑の色にほっとする
 静かに咲けば大人の味わい

ヘレボルス・デュメトルム100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/07/24改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7