青い花の最近のブログ記事

ブルークローバー

ブルークローバー060506b-l.jpgブルークローバーはマメ科パロケツス属の多年草である。
原産地は中国の南西部、ヒマラヤ、東アフリカの高地などである。
草丈は10センチから15センチくらいである。
匍匐性があり、高地の岩場を這って伸びる。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
この姿と花の色から連想して名づけられた流通名である。
英名はシャムロックピー(shamrock pea)という。
小葉はつけ根が細くなるくさび形である。
葉の色は緑色だが、茶褐色の斑紋がある。
開花時期は11月から5月である。
集合花ではなく、スイートピーなどに似た蝶形をした単一の花をつける。
花の色はコバルトブルーである。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Parochetus はギリシャ語の「para(傍)+ochetus(せせらぎ)」からきている。
種小名の communis は「普通の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Parochetus communis

★葉の姿イメージ強く引き摺られ
 誰名づけたかブルークローバー

ブルークローバー060506a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


コクリオステマ・オドラティッシムム070310b-l.jpgコクリオステマ・オドラティッシムムはツユクサ科コクリオステマ属の常緑多年草である。
原産地は中央アメリカで、コスタリカ、パナマ、エクアドルなどに分布し、樹上に着生する。
草丈は1メートルから2メートルくらいである。
根際から生える葉はロゼット状で、長さが50センチから100センチ、幅が10センチから15センチくらいある。
開花時期は1月から3月である。
花は葉のつけ根から咲き上がる。
1つの花には3枚の花弁と3枚の萼片がある。
花弁の色は濃い青紫色である。
萼片の色は淡い青である。
花はよい香りがする。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Cochliostema はギリシャ語の「cochl(螺旋)+stema(雄しべ)」からきている。
種小名の odoratissimum は「非常によい香りのする」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Cochliostema odoratissimum

★ツユクサの仲間にこんな大形の
 ものもあるかと首をひねって

コクリオステマ・オドラティッシムム070310c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


シネラリア・メロディーミックス100307a-l.jpgファッション競うがごとくシネラリア

シネラリア (Cineraria) はキク科ペリカリス属の多年草である。
園芸的には一年草として扱う。
原産地は北アフリカのカナリア諸島である。
日本へは明治時代に渡来した。
別名をサイネリアという。
富貴菊(フウキギク)の別名もある。
草丈は40センチから60センチくらいである。
根際から生える葉は心臓形に近い卵形で、フキに似ている。
開花時期は1月から4月である。
花の色は紫色、白、ピンク、赤などのものがある。
蛇の目柄の複色のものもある。
大輪、小輪があり、花径は2センチから7センチくらいである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
俳句の季語は春である。
属名の Pericallis はギリシャ語の「peri(まわりの)+kallos(美しい)」からきている。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
品種名はメロディーミックスである。
学名:Pericallis x hybrida

★ファッション競うがごとく咲き乱る
 サイネリアの花春は近しと

シネラリア・メロディーミックス100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち青い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫色の花です。

次のカテゴリは赤い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0