白い花の最近のブログ記事

ハオルチア・マウガニー

ハオルチア・マウガニー131008a-l.jpg

ハオルチア・マウガニーはユリ科ハオルチア属の常緑多年草である。
分類体系によってはススキノキ科とされる。
属名の読み方には「ハワーシア」、「ハオルシア」などがある。
種小名の読み方は「モーガニー」とするものもある(種苗法施行規則など)。
南アフリカの西ケープ州に分布する多肉植物である。
園芸名を万象(マンゾウ)という。
草丈は20センチくらいである。
多肉質の葉が棍棒を切ったような形に生える。
開花時期は4月から6月くらいだが、温室では不定期に花を咲かせる。
20センチくらいの花茎を伸ばし、小さな筒状の花をつける。
花の色は白く、淡い緑色のストライブが入る。
属名の Haworthia はイギリス人の植物学者「ハワース(Adrian Hardy Haworth, 1768-1833)さん」の名からきている。
種小名の maughanii は「モーガン・ブラウン(H. Maughan Brown)さんの」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Haworthia maughanii

★花茎を伸ばし花咲く万象に
どう撮ろうかと首を傾げて

ハオルチア・マウガニー131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アスパラガス・マダガスカリゲンシス131008a-l.jpg

アスパラガス・マダガスカリエンシスはユリ科クサスギカズラ属の蔓性多年草である。
分類体系によってはクサスギカズラ科とされる。
原産地はマダガスカルである。
読み方はアスパラグス・マダガスカリエンシスとするほうが原語には近い。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は不定期である。
花径1センチに満たない緑白色をした釣鐘形の小さな花をつける。
花の後にできる実は直径7ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黄橙色になる。
属名の Asparagus はギリシャ語の「a(強勢語)+sparasso(引き裂く)」からきている。はなはだしく裂けるという意味で、葉の状態を表している。
種小名の madagascariensis は「マダガスカルの」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Asparagus madagascariensis

★存在をほとんど知られぬこの花を
 発信するもまた楽しくて

アスパラガス・マダガスカリゲンシス131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アスパラガス・アフリカヌス

アスパラガス・アフリカヌス131008a-l.jpg

アスパラガス・アフリカヌスはユリ科クサスギカズラ属の蔓性常緑低木である。
分類体系によってはクサスギカズラ科とされる。
原産地は南アフリカ、ナミビアである。
読み方はアスパラグス・アフリカヌスとするほうが原語には近い。
英名はブッシュ・アスパラガス(Bush asparagus)という。

蔓の長さは最長12メートルに及ぶ。
葉は退化した糸状の葉状枝(偽葉)である。
自生地での開花時期は春である。
温室では不定期に咲くようである。
花径1センチに満たない緑白色をした釣鐘形の小さな花をつける。
黄色い葯(雄しべの花粉を入れる袋) が目立つ。
花の後にできる実は直径5ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すとオレンジ色になる。
種子は鳥によって散布される。
属名の Asparagus はギリシャ語の「a(強勢語)+sparasso(引き裂く)」からきている。はなはだしく裂けるという意味で、葉の状態を表している。
種小名と変種名の africanus は「アフリカの」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Asparagus africanus var. africanus

★仲間とはどこが違っているのかな
 南ア育ちのアスパラガスは

アスパラガス・アフリカヌス131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



薄の木(ススキノキ)

ススキノキ130116a-l.jpg

薄の木(ススキノキ)はユリ科ススキノキ属の常緑低木である。
分類体系によってはススキノキ科に分類される。
ススキノキ科はAPG IIIの分類体系でツルボラン科やキスゲ科も含められるようになって注目されている。
本種の原産地はオーストラリアの南西部である。
樹高は1メートルから2メートルである。
成長は非常に遅い。
葉は銀白色で細長く、長さは1メートルにもなる。
開花するのは数年に一度である。
茎先に長い穂状の花序を出し、黄白色の花を咲かせる。
属名の Xanthorrhoea はギリシャ語の「xanthos(黄色い)+rheo (流れ)」からきている。
種小名の preissii はオーストラリアに住んだドイツ人の博物学者「プレイス(Ludwig Preiss, 1811-1883)さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Xanthorrhoea preissii

★滅多には花を咲かせぬ木だという
 いろいろあるね不思議の世界

ススキノキ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



角薮柑子(ツノヤブコウジ)

ツノヤブコウジ090823b-l.jpg

角薮柑子(ツノヤブコウジ)はヤブコウジ科ツノヤブコウジ属の常緑低木である。
分類体系によってはサクラソウ科とされる。
原産地は、中国南部、東南アジア、インド、ニューギニア、オーストラリアなどである。
マングローブ林の縁や水路に面して生える。
日本には分布していない。
樹高は2メートルから3メートルである。
葉は倒卵形で、輪生状に互い違いに生える(互生)。
開花時期は不定期で、白い花を総状につける。
実(偽胎生種子)は彎曲した角状で、中に胎生種子ができる。
「胎性種子」というのは、枝についた実から太い根が伸び、根の先に新芽ができた状態で実から抜け落ちるもののことで、海流に乗って散布される。
「偽胎生種子」というのは、実の中に胎生種子ができているもののことである。
実は熟すと赤くなる。
属名の Aegiceras はギリシャ語の「aigis(ヤギ)+keras(角)」からきている。
種小名の corniculatum は「つののある」という意味である。
花の写真は8月につくば植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Aegiceras corniculatum

★熱帯のマングローブの森にある
 神秘の樹木角薮柑子

ツノヤブコウジ090823a-l.jpg

ツノヤブコウジ081102a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは緑色の花です。

次のカテゴリは黄色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7