食虫植物の最近のブログ記事

フクロユキノシタ130319a-l.jpg

袋雪の下(フクロユキノシタ)はフクロユキノシタ科フクロユキノシタ属(ケファロツス属)の多年草である。
ケファロツス属は1属1種で本種のみからなる。
和名を袋雪の下(フクロユキノシタ)といい、属名の和名もフクロユキノシタ属という。
和名の由来は、花の構造が雪の下(ユキノシタ)に似ていて捕虫袋をつけることからきている。
原産地はオーストラリアで、西オーストラリア州の南西部に分布し、海岸に近い湿地に生える。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
食虫植物の1種である。
茎は地下で枝分かれして広がる。
葉は円形ないし楕円形で、ロゼツト状に広がる。
夏(1月から2月)につける捕虫袋は高さが3センチか4センチの壺状である。
捕虫袋にはひれ状の翼があり、翼の外側には柔らかな毛がたくさん生える。
捕虫袋の中では消化液が分泌される。
また、花茎を立ち上げて白い花をつける。
属名の Cephalotus はギリシャ語の「kephalotes(頭状の)」からきている。
種小名の follicularis は「袋果をつけた」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Cephalotus follicularis

★虫をとる姿もいつか見てみたい
 いろいろあるねオーストラリア

フクロユキノシタ130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ヨツマタモウセンゴケ100505a-l.jpg

四又毛氈苔(ヨツマタモウセンゴケ)はモウセンゴケ科モウセンゴケ属(ドロセラ属)の多年草である。
ドロセラ属は世界に200種近くが分布する。
日本にも毛氈苔(モウセンゴケ)などが分布し、属名の和名をモウセンゴケ属という。
なお、毛氈苔(モウセンゴケ)の名の由来は、毛氈(赤い毛織)を敷いたように低く生える様子を苔に見立てたものである。
本種の原産地はオーストラリア南東部とニュージーランドである。
食虫植物で、湿地などに生える。
草丈は10センチから100センチくらいである。
茎のつけ根の部分にはたくさんの毛が生える。
葉は線形である。
捕虫葉は4つに分かれる。
開花時期は夏である。
長い花茎の先に白い花をつける。
花弁数は普通は5枚である。
そこへ近寄った虫たちは、腺毛から出る粘液でとらえられる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Drosera はギリシャ語の「drosaros(露を帯びた)」からきている。葉に腺毛がたくさんあって露を帯びたように見えることから名づけられた。
種小名の pedata は「鳥足状の」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Drosera pedata(syn. Drosera binata)

★美しい花にびっくり毛氈苔
 仕組みいかにと興味の募り

ヨツマタモウセンゴケ100505b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アフリカナガバモウセンゴケ141030a-l.jpg

アフリカ長葉毛氈苔(アフリカナガバモウセンゴケ)はモウセンゴケ科モウセンゴケ属(ドロセラ属)の多年草である。
ドロセラ属は世界に200種近くが分布する食虫植物である。
日本にも毛氈苔(モウセンゴケ)などが分布し、属名の和名をモウセンゴケ属という。
本種の原産地は南アフリカのケープ地方である。
学名のドラセラ・カペンシスで表示するものもある。
葉に触毛があり、粘液を分泌して小昆虫を捕らえる。
草丈は20センチから30センチである。
葉は線形ないし細いさじ形で密に生える。
年に何回か花を咲かせる。
赤い花が数珠状につき、下から上へ咲き上る。
花弁数は普通は5枚である。
変種には花の色が白い白花アフリカ長葉毛氈苔(シロバナアフリカナガバモウセンゴケ)もある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Drosera はギリシャ語の「drosaros(露を帯びた)」からきている。葉に腺毛がたくさんあって露を帯びたように見えることから名づけられた。
種小名の capensis は「喜望峰地方の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Drosera capensis

★白花を先に写していたけれど
 これが基本種今度は花を

アフリカナガバモウセンゴケ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ピングイクラ・エマルギナタ

ピングイクラ・エマルギナタ090927a-l.jpg

ピングイクラ・エマルギナタはタヌキモ科ムシトリスミレ属(ピングイクラ属)の常緑多年草である。
ピングイクラ属は世界に80種くらいが分布する。
属名の読み方はピンギキュラとするものもある。
日本にも虫取り菫(ムシトリスミレ)などが分布するので、属名の和名をムシトリスミレ属という。
葉から粘液を出して虫を捕らえる食虫植物の仲間である。
本種の原産地はメキシコである。
南東部のプエブラ州に分布し、標高1500メートルくらいの雲霧林や川岸に生える。
草丈は10センチくらいである。
葉はへら形で、根際から生えてロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉は多肉質で、表面の細かな腺毛から粘液を出して虫を捕まえる。
開花時期はほぼ周年である。
茎先に花径2センチくらいの小さな花をつける。
花の色は白く、紫色の縞模様が入る。
花冠は唇形に5つに裂け、それぞれの先がさらに細かく裂ける。
花の色はもっと濃いものもある。
冬にも休眠はしない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
交配により多くの園芸品種が生まれている。
属名の Pinguicula はラテン語の「pinguis(やや脂肪性の)」からきている。葉の面の脂肪光沢が強いためと思われる。
種小名の emarginata は「先に浅い割れ目のある」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Pinguicula emarginata

★メキシコの高地に育つピングイクラ
 静かにしてと言っているかな

ピングイクラ・エマルギナタ090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ネペンテス・アルボマルギナタ140725a-l.jpg

ネペンテス・アルボマルギナタはウツボカズラ科ウツボカズラ属(ネペンテス属)の蔓性常緑低木である。
ネペンテス属は東南アジアを中心に70種くらいが分布する。
また、たくさんの園芸品種がある。
ネペンテス・ラフレシアナ(Nepenthes rafflesiana)の和名を靫葛(ウツボカズラ)というが、この種に対して限定的に和名が使われることはほとんどない。
ネペンテス属の総称としてウツボカズラ属という和名が使用されることが多い。
代表的な食虫植物の1つで、壷状の袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
生育している場所が十分な栄養のとれない環境なので、足りない養分を虫を食べて補っているのである。
本種の原産地はカリマンタン島、スマトラ島、マレー半島で、標高1100メートルまでの林の縁などに生える。
1848年に最初に発見された。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.2.3, 1994)では保全対策依存(CD)に指定されている。
蔓の長さは4?6メートルになる。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、根際に集まって互い違いに生える(互生)。
葉は薄い革質で硬い。
捕虫袋は細い円筒形である。
変異が多い種で、捕虫袋の色は緑色や赤、紫色、黒に近いものなどがある。
補虫袋は全体的に細かい毛で覆われ、襟の下に白い帯が入る。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
種小名の albo-marginata は「白い縁取りのある」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Nepenthes albo-marginata

★この個体はっきり見えぬ白い帯
 探してみよう他の個体も

ネペンテス・アルボマルギナタ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ネペンテス・アラタ

ネペンテス・アラタ140725a-l.jpg

ネペンテス・アラタはウツボカズラ科ウツボカズラ属(ネペンテス属)の蔓性常緑低木である。
ネペンテス属は東南アジアを中心に70種くらいが分布する。
また、たくさんの園芸品種がある。
ネペンテス・ラフレシアナ(Nepenthes rafflesiana)の和名を靫葛(ウツボカズラ)というが、この種に対して限定的に和名が使われることはほとんどない。
ネペンテス属の総称としてウツボカズラ属という和名が使用されることが多い。
本種はフィリピン、スマトラ島、マレー半島に分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
代表的な食虫植物の1つで、壷状の袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
生育している場所が十分な栄養のとれない環境なので、足りない養分を虫を食べて補っているのである。
蔓の長さは5メートルから6メートルになる。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉は薄い革質で硬い。
捕虫袋は細い円筒形で先が少しふくらみ、長さは10センチから15センチくらいである。
変異が多い種で、捕虫袋の色は緑色や赤のものがある。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
種小名の alata は「翼のある」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Nepenthes alata

★面白い姿に惚れる人多い
 マニアが支える靫葛は

ネペンテス・アラタ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

クリオネミミカキグサ100501c-l.jpg

クリオネ耳掻き草(クリオネミミカキグサ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
中国の南西部(浙江省や江西省)に分布し、湿地に生える食虫植物である。
表記の名は流通名である。
花の様子がクリオネに似ることから名づけられた。
学名のウトリクラリア・ワルブルギーで表示するものもある。
草丈は5センチから20センチくらいである。
開花時期は春である。
温度が合えば周年開花をする。
花径は8ミリくらいで青く、下唇のつけ根に触角のような突起がある。
花茎のつけ根にある補虫嚢で小動物を捕まえる。
属名の Utricularia は「utriculus(小気胞)」からきている。小さい捕虫嚢のあるという意味。
種小名の warburgii はドイツの植物学者「ワールブルク(Otto Warburg, 1859-1938)さんの」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Utricularia warburgii

★クリオネの名前もらった耳掻き草
 時の流れに漂うように

クリオネミミカキグサ100501b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ヒョウタンウツボカズラ080921a-l.jpg瓢箪靫葛(ヒョウタンウツボカズラ)はウツボカズラ科ウツボカズラ属の蔓性多年草である。
原産地はフィリッピン諸島、スマトラ島、マレー半島などである。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
靫葛(ウツボカズラ)は代表的な食虫植物である。
ぶら下がった補虫袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
本種はカーシアナ種(Nepenthes khasiana)とグラキリス種(Nepenthes gracilis)の交雑種である。
蔓性で、他の植物に絡みついて高くまで登る。
補虫袋の形状が途中でくびれて「瓢箪」のような形になっているというのが和名の由来である。
補虫袋は長さが10センチから15センチくらいある。
上部は円筒状で、下部が卵形に膨らむ。
変異があり、袋の色は緑色や赤褐色、まだら模様のものなどがある。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Nepenthes x hybrida

★どことなく姿かたちはユーモラス
 なのに食えない性質(たち)を隠して

ヒョウタンウツボカズラ080921b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ネペンテス・トルンカータ

ネペンテス・トルンカータ081005a-l.jpgネペンテス・トルンカータはウツボカズラ科ウツボカズラ属(ネペンテス属)の蔓性常緑低木である。
原産地はフィリピンである。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
また、ワシントン条約附属書では?類(国同士の取り引きを制限)として保護されている。
代表的な食虫植物の1つで、壷状の袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
生育している場所が十分な栄養のとれない環境なので、足りない養分を虫を食べて補っているのである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は大きなハート形で、互い違いに生える(互生)。
葉は薄い革質で硬い。
捕虫袋は長さが20センチから40センチくらいあり大きい。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
種小名の truncata は「先端を断ち切った」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Nepenthes truncata

★ぶらりんと垂らした袋野生的
 すごい姿だトルンカータは

ネペンテス・トルンカータ081005b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


壺靫葛(ツボウツボカズラ)

ツボウツボカズラ070518a-l.jpg壺靫葛(ツボウツボカズラ)はウツボカズラ科ウツボカズラ属(ネペンテス属)の蔓性常緑低木である。
原産地はマレー半島、ニューギニア島、カリマンタン島などである。
学名のネペンテス・アンプラリアで表示される場合もある。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは軽度懸念(LC)に指定されている。
また、ワシントン条約附属書では?類(国同士の取り引きを制限)として保護されている。
代表的な食虫植物の1つで、壷状の袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
生育している場所が十分な栄養のとれない環境なので、足りない養分を虫を食べて補っているのである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉は薄い革質である。
葉の先が細長く伸び、その先端に壷状の捕虫器をつける。
捕虫袋が赤くなるものや斑模様になるものもある。
和名の由来は、壷状の袋を靫(矢を入れる筒状の容器)に見立てたものである。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
種小名の ampullaria は「瓶の形をした」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Nepenthes ampullaria

★おびき寄せ虫を捕らえる不思議花
 実験室を見るがごとくに

ツボウツボカズラ070518b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち食虫植物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは商品作物です。

次のカテゴリは多肉植物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7