紅葉の最近のブログ記事

鈴蘭の木(スズランノキ)

スズランノキ080601a-l.jpg

鈴蘭の木(スズランノキ)はツツジ科ゼノビア属の落葉低木である。
ゼノビア属は1属1種である。
表記の名は流通名である。
ただし、この名称はつくば植物園でも使用しているので、和名と言っていいのかもしれない。
属名のゼノビアの名でも流通している。
原産地は北アメリカの東南部で、バージニア州からサウスカロライナ州にかけて分布する。
英名はハニーカップ (honeycup) という。
日本では庭植えや鉢植えにして栽培されている。
樹高は100センチから150センチくらいである。
若い枝は灰白色を帯びる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から6月である。
花径1センチくらいの小さな白い花を枝先にまとまってつける。
花冠は鐘形で、先が浅く5つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋の紅葉が美しいことでも知られ、錦木(ニシキギ)いろは楓(イロハカエデ)とともに世界3大紅葉樹の1つとされている。
花言葉は「恋わずらい」である。
属名の Zenobia は古代都市国家パルミラの女王ゼノビア (Zenobia Septimia, 240-274) の名からきている。
種小名の pulverulenta は「粉っぽい」という意味である。
写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
紅葉は11月につくば植物園で撮った。
学名:Zenobia pulverulenta

★ぶら下がる花の姿が鈴蘭を
 髣髴とさせ人気を呼んで

スズランノキ080601b-l.jpgスズランノキ081102b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




毛三角蔓(ケサンカクヅル)

ケサンカクヅル141030a-l.jpg

毛三角蔓(ケサンカクヅル)はブドウ科ブドウ属の蔓性落葉木本である。
ブドウ属は原種が60種くらいあり、また多くの栽培品種がある。
本種は分類上は三角蔓(サンカクヅル)の変種とされ、蝦蔓(エビヅル)との雑種説もある。
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外での分布についてははっきりしない。
特徴は葉の表面にも裏面にも毛が生えていることである。
蔓は他の木に絡んで伸び、10メートル以上にもなる
葉は卵状の三角形から五角形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
表面の毛は蜘蛛毛(蜘蛛の巣のような細くからまっている毛)からやや縮れた短毛へと変化する。
裏面の毛はずっと褐色の蜘蛛毛のままである。
開花時期は5月から6月である。
花穂を伸ばして薄い黄緑色の小さな花を円錐状につける。
花びらは5枚である。
花の後にできる実は直径7ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋に黒く熟し食べられる。
秋には紅葉をする。
属名の Vitis はラテン語の「vitis(つる植物)」からきている。
種小名の flexuosa は「曲がりくねった」という意味である。
変種名の rufotomentosa は「赤く一面に綿毛がある」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Vitis flexuosa var. rufotomentosa

★毛の生えた三角蔓もあるのかと
 しみじみ思う自然の不思議

ケサンカクヅル141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


砂糖楓(サトウカエデ)

サトウカエデ140922a-l.jpg

砂糖楓(サトウカエデ)はカエデ科カエデ属の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)ムクロジ科とされる。
カエデ属は北半球の温帯を中心に150種くらいが分布する。
本種の原産地は北アメリカの東部である。
カナダのケベック州からアメリカ合衆国のテキサス州、ルイジアナ州にかけて分布している。
英名はシュガーメイプル(sugar maple)という。
樹液を煮詰めたものをメイプルシロップやメイプルシュガーとして利用する。
カナダでは国旗や硬貨のデザインに本種の葉が取り入れられている。
日本へは明治時代の渡来し、街路樹として利用されている。
樹高は30メートルから40メートルくらいになる。
樹皮は灰色である。
葉は手のひら状に3つから5つに裂け、向かい合って生える(対生)。
葉の直径は8センチから14センチくらいあり大きい。
開花時期は4月である。
雌雄異株である。
淡い黄緑色をした花弁のない花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、2つのブロックからなる。
秋には黄や赤に紅葉する。
樹木は家具などに利用される。
花言葉は「自制」である。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の saccharum は「砂糖の」という意味である。
写真は9月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Acer saccharum

★大きくて迫力のある紅葉に
びっくりするよさすがアメリカ

サトウカエデ140922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



沼杉(ヌマスギ)

ラクウショウ080721a-l.jpg

沼杉(ヌマスギ)はヒノキ科ヌマスギ属の落葉高木である。
分類体系によってはスギ科とされる。
原産地はアメリカ合衆国の南東部で、湿地に生える。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
メタセコイアに似るが、膝根(しっこん)という呼吸根を地上に出すのが特徴である。
和名の由来は、沼などの湿地に生える杉に似た樹木ということから名づけられた。
別名を落羽松(ラクウショウ)という。
この名は、鳥のような羽根を持ち、落葉する松に似た樹木ということでつけられた。
樹高は10メートルから40メートルくらいである。
枝から出る側枝に、扁平な線形の葉が互い違いに生える(互生)。
メタセコイアの場合は向かい合って生える(対生)。
秋には側枝ごと落葉する。
雌雄同株である。
開花時期は4月である。
雄花序は尾状になり、雌花序は小さく目立たない。
花の後にできる実は球形の球果(マツカサ)である。
若い緑色の実はメタセコイアよりも大きく目立つ。
10月から11月ころに緑白色から褐色に熟す。
材は器具材、船舶材、建築材などに利用される。
属名の Taxodium はギリシャ語の「Taxus(イチイ属)+eidos(似る)」からきている。
種小名の distichum は「2列になった」という意味である。
写真は7月に水戸市植物公園で撮った。
3枚目は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Taxodium distichum

★めずらしい姿かたちの落羽松
 つまずきそうな膝根伸ばし

ラクウショウ080721b-l.jpg

ラクウショウ081130a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



メタセコイア

メタセコイア091206c-l.jpg

メタセコイアはヒノキ科メタセコイア属の落葉高木である。
分類の仕方によってはスギ科とされる。
1属1種で、「生きた化石」と呼ばれる。
1939年に日本で化石が発見された。
その後、1945年に中国の四川省で現存することが確認された。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では絶滅危惧IA類(CR)に指定されている。
日本では贈られた挿し木と種子を用いて公園樹や街路樹としている。
別名を曙杉(アケボノスギ)という。

針葉樹だが落葉をする。
樹高は20メートルから30メートルになる。
樹形は円錐形である。
樹皮は茶色で、縦に裂ける。
葉は線形で、向かい合って生える(対生)。
複葉のように見える枝も向かい合って生える(対生)。
秋には赤茶色に紅葉した後、落葉する。
開花時期は2月から3月である。
雌雄同株である。
葉の展開する前に雄花が枝から垂れ下がる。
雌花は緑色の鱗片葉が球形に集まったものである。
花の後にできる実は球果(マツカサ)である。
秋から冬にかけて結実し、たくさんの種子が地表に落ちる。
属名の Metasequoia はギリシャ語の「meta(後に)+Sequoia(ヒノキ科セコイア属)」からきている。後にセコイア属と区別したことから名づけられた。
種小名の glyptostroboides は「Glyptostrobus(ヒノキ科スイショウ属)に似た」という意味である。
写真は12月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Metasequoia glyptostroboides

★太古より命永らえ今にある
 メタセコイアの姿伸び伸び

メタセコイア091206a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



三手楓(ミツデカエデ)

ミツデカエデ071202a-l.jpg

三手楓(ミツデカエデ)はカエデ科カエデ属の落葉高木である。
分類の仕方によってはムクロジ科とされる。
日本固有種である。
北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
樹高は10メートルくらいである。
樹皮は黄色っぽい灰色である。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、向かい合って生える(対生)。
小葉の形は小葉は卵状の楕円形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は赤い。
葉の裏には葉脈に沿って毛が生える。
開花時期は4月から5月である。
穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
雌雄異株である。
花弁と萼片は4枚である。
花の後にできる実は翼果(翼のある実)である。
秋には赤や黄色に紅葉する。
材は器具材や薪炭材とされる。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の cissifolium は「(ブドウ科)セイシカズラ属(Cissus)のような葉の」という意味である。
写真は12月に向島百花園で撮った。
学名:Acer cissifolium

★楓とは思えぬような姿だが
 色づく姿変わることなく

ミツデカエデ071202b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小真弓(コマユミ)

コマユミ131008a-l.jpg

小真弓(コマユミ)はニシシギ科ニシシギ属の落葉低木である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、丘陵地や山地の林の中や林の縁に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、サハリン、ウスリーなどにも分布する。
樹高は1メートルから3メートルである。
分類上は、錦木(ニシキギ)の品種の1つとされている。
違いは、本種には枝にコルク質の翼がないことである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い緑色の小さな花をいくつかつける。
花径は6ミリから8ミリくらいである。
花弁は4枚、雄しべは4本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
熟すと縦に裂けて開き、朱色の仮種皮に包まれた種子をぶら下げる。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の alatus は「翼のある」という意味である。
品種名の striatus は「溝のある」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
紅葉の写真は11月につくば植物園で撮った。
花の写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Euonymus alatus f. striatus

★錦木と違いは別にないという
 小真弓の花じろりと睨み

コマユミ091115a-l.jpg

コマユミ070422a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




千鳥の木(チドリノキ)

チドリノキ081221a-l.jpg

千鳥の木(チドリノキ)はカエデ科カエデ属の落葉高木である。
日本固有種である。
本州の岩手県から九州にかけて分布し、山地の谷間などに生える。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
樹皮は灰色ないし暗い灰色である。
カエデ属だが、葉は手のひら状にはならない。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の真ん中を主脈が通り、左右にたくさんの側脈が通る。
葉の先は鋭く尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は緑色で、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5月である。
雌雄異株である。
長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄色の花をたくさんつける。
結実期は8月から10月である。
花の後にできる実は翼果(翼のある実)である。
和名の由来は、実の姿を千鳥に見立てたものである。
葉は晩秋には鮮やかな黄色に色づく。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の carpinifolium は「シデ属(Carpinus)のような葉の」という意味である。
写真は12月に小石川植物園で撮った。
学名:Acer carpinifolium

★一面が土の色したその中に
 色鮮やかな葉が目をひいて

チドリノキ081221b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



オタフクナンテン090307b-l.jpg南天(ナンテン)はメギ科ナンテン属の常緑低木である。
お多福南天(オタフクナンテン)はその園芸品種で矮性種である。
樹高は30センチから60センチくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)である。
南天(ナンテン)と違って実はつかない。
見所は鮮やかに紅葉する葉である。
常緑樹なので、秋から翌年の春まで紅葉を楽しめる。
「難を転ずる」縁起木でもあり、人気がある。
属名の Nandina は南天(ナンテン)の和名に基づいてつけられ、
種名の domestica は「国産の」や「家庭の」を意味する。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Nandina domestica 'Otafukunanten'

★葉の色は燃え立つように美しく
 温もり招くお多福南天

オタフクナンテン090307a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


唐楓(トウカエデ)

トウカエデ061216a-l.jpg唐楓(トウカエデ)はカエデ科カエデ属の落葉高木である。
原産地は中国である。
中国大陸の東南部や台湾に分布する。
日本へは江戸時代に長崎から入ってきた。
紅葉が美しいので、公園や街路樹などに植えられている。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
樹皮は黒っぽい灰色で、縦に割れて剥がれる。
葉は長さが4センチから8センチで、浅く3つに裂ける。
ただし、5つに裂けるものもあれば、ほとんど裂けないものもあり、変異が多い。
葉の表面には艶があり、裏面は白みを帯びる。
開花時期は4月から5月である。
枝先に小さな淡い黄色の花をつける。
花の後にできる実は翼果(翼のある実)である。
秋の紅葉は美しい。
三角楓(サンカクカエデ)の別名がある。
これは英名のトライデントメープル(trident maple)からきたものである。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の buergerianum は日本植物の採集家でドイツ人の「ブュルゲルさんの」という意味である。
写真は12月に東武動物公園で撮った。
学名:Acer buergerianum

★真っ直ぐに幹を伸ばして唐楓
 遥か頭上に花を咲かすや

トウカエデ061216b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紅葉カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは観葉植物です。

次のカテゴリは四季咲きの花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7