赤い実の最近のブログ記事

蝦夷接骨木(エゾニワトコ)

エゾニワトコ140725b-l.jpg

蝦夷接骨木(エゾニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木である。
ニワトコ属は北半球を中心に世界に25種が分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種は北方領土を含む北海道から本州の関東地方北部にかけて分布し、山地の林の中や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国東北部、サハリン、カムチャツカにも分布する。
本州以南には、近縁種の接骨木(ニワトコ)が分布する。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
根元から生える枝はよく枝分かれする。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉は2組から3組あり、形は長い楕円形で先が尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
接骨木(ニワトコ)に比べると葉が大きく、ぎざぎざ(鋸歯)が粗い。
開花時期は5月から6月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白っぽい小さな花をたくさんつける。
花径は5ミリから7ミリで、先が5つに裂けて反り返る。
5本の雄しべと1本の雌しべが前に突き出る。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、夏から秋にかけて赤く熟する。
枝や幹を薄く切って乾燥させたものは生薬で接骨木(せっこつぼく)といい、骨折や打撲の湿布薬などに使われる。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の racemosa は「総状花序の」という意味である。
亜種名の kamtschatica は「カムチャツカの」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Sambucus racemosa subsp. kamtschatica

★蝦夷の名を戴く接骨木民族の
 歩みに寄り添い北に根づいて

エゾニワトコ140725c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

蝦夷酸塊(エゾスグリ)

エゾスグリ100617a-l.jpg

蝦夷酸塊(エゾスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(クロンキスト・APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種は北方領土を含む北海道と本州(岩手,山形,山梨)に分布し、山地の沢沿いなどの林の中に生える。
海外では、サハリンにも分布する。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は手のひら状に5つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は5月から6月である。
長さ5ミリから6ミリの短い鐘形をした目立たない紅紫色の花をたくさんつける。
花の後にできる実は球形の半透明な液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、秋に赤く熟する。
実は甘酸っぱく、食用になる。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(赤い色のスグリ)」からきている。
種小名の latifolium は「広葉の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes latifolium

★酸っぱさを思い出しつつ懐かしき
 姿再びこの目で確かめ

エゾスグリ100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

オオマルバノホロシ080813a-l.jpg

大丸葉の保呂之(オオマルバノホロシ)はナス科ナス属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の広島県にかけて分布し、低山の湿原などに生える。
海外では、サハリンにも分布する。
「保呂之」というのは同じナス科の鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)の古名である。
大きい丸葉の鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)ということでこの名がついた。
草丈は30センチから70センチくらいである。
茎は柔らかく蔓状である。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざはない(全縁)。
開花時期は7月から9月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紫色の花を数個つける。
花径は10ミリから15ミリくらいである。
花冠は5つに深く切れ込み、先は反り返る。
花の真ん中は淡い緑色をしている。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟してきれいだが有毒である。
属名の Solanum はラテン語の「solamen(安静)」からきているという説がある。
種小名の megacarpus は「大きな実の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Solanum megacarpus

★紫の茄子そっくりの花咲かせ
 蔓を伝って居場所広げて

オオマルバノホロシ080813b-l.jpg

オオマルバノホロシ080813e-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マイヅルソウ070728c-l.jpg舞鶴草(マイヅルソウ)はユリ科マイヅルソウ属の多年草である。
分類体系によってはスズラン科とされる。
北海道から九州にかけて分布し、山地から高山の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、シベリア、アリューシャン列島、北アメリカなどにも分布する。
草丈は5センチから25センチくらいである。
葉は2枚が互い違いに生える(互生)。
葉の形はハート形で、長さは5センチから10センチくらいである。
両面ともに毛はなく、先は鋭く尖る。
開花時期は5月から8月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花を10輪くらいつける。
花びら(花被片)は4枚、雄しべも4本である。
花びらは反り返り、雄しべが突き出す。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟する。
和名は、花の姿を鶴が舞う様子にたとえたものである。
属名の Maianthemum はギリシャ語の「majos(5月)+anthemon(花)」からきている。
種小名の dilatatum は「拡大した」という意味である。
写真は7月に中央アルプスの千畳敷カールで撮った。
実の写真は8月に志賀高原で撮った。
学名:Maianthemum dilatatum

★背は低く花の姿は小さくも
 舞鶴草は羽ばたくごとく

マイヅルソウ070728a-l.jpg

マイヅルソウ080809a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ウラジロナナカマド070720b-l.jpg裏白七竈(ウラジロナナカマド)はバラ科ナナカマド属の落葉低木である。
日本固有種である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、亜高山や高山の林の縁や谷筋などに生える。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをして横に広がる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は4対から6対くらいつく。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)で、上部の縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
頂小葉より側小葉のほうが大きい。
葉の裏面は白っぽく、それが名の由来にもなっている。
開花時期は6月から8月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を上向きに出し、花径1センチくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花弁は5枚で、花弁の形は倒卵形である。
萼片は5枚で、茶褐色の軟毛が生える。
雄しべは20本である。
花の後にできる実は楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で上向きにつき、赤く熟する。
属名の Sorbus はこの属の植物の古いラテン名からきている。
種小名の matsumurana は植物分類学者「松村任三さんの」という意味である。
写真は7月に八幡平で撮った
実の写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Sorbus matsumurana

★どれどれと葉っぱの裏を覗き込む
 花の様子も少し違うぞ

ウラジロナナカマド070720d-l.jpg

ウラジロナナカマド110710al.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アカモノ070720h-l.jpg赤物(アカモノ)はツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木である。
日本固有種である。
北海道から四国にかけて分布し、山地から高山の礫地や草地に生える。
別名を岩櫨(イワハゼ)ともいう。
樹高は10センチから30センチくらいである。
葉は広卵形で、互い違いに生える(互生)。
革質で先はやや尖り、縁には小さなぎざぎざ(鋸歯)があって先は長い毛となる。
開花時期は5月から7月である。
花の脇から短い花柄を出し、先端に白い鐘形の花を下向きにつける。
花冠は先が5つに裂ける。
萼は赤く、毛が密生する。
花柄には小さな苞葉があり、赤褐色の長い毛がたくさん生える。
秋には赤い楕円形の実を上向きにつける。
実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、食用になる。
和名の由来は、「赤桃」の転訛したものといわれる。
属名の Gaultheria はカナダの自然科学者「ゴーティエ(J. F. Gaulthier)さん」の名からきている。
種小名の ovatifolia は「卵円形の葉の」という意味である。
亜種名の adenothrix は「腺毛のある」という意味である。
写真は7月に八幡平で撮った。
実の写真は8月に信州大学の自然教育園で撮った。
学名:Gaultheria ovatifolia subsp. adenothrix

★岩櫨の花に初めて出合ったよ
 八幡平はいま花盛り
☆釣鐘の小さき音も愛らしく
 秋の実りは紅に染まりて

アカモノ070720g-l.jpg

アカモノ080808d-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち赤い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤い花です。

次のカテゴリは茶色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7