茶色い実の最近のブログ記事

ハナヒョウタンボク080504a-l.jpg

花瓢箪木(ハナヒョウタンボク)はスイカズラ科スイカズラ属(ロニケラ属)の落葉低木である。
ロニケラ属は北半球に180種くらいが分布する。
属名の読み方は英語風にロニセラとするものもある。
日本にも吸葛(スイカズラ)など20種くらいが分布し、属名の和名をスイカズラ属という。
本種は本州の岩手県、長野県に分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部、ロシアの極東部、モンゴルなどにも分布している。
氷河期の遺存植物である。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は3メートルから4メートルくらいである。
葉は長い楕円形で先が尖り、互い違いに生える。
開花時期は5月から6月である。
枝先の葉の脇に白い花を2つずつつける。
花の色はやがて黄色に変わる。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、8月から9月にかけて赤く熟する。
実も2つずつ並んでつく。
柄が短いので、枝に直接ついているように見える。
「瓢箪木」の名の由来は、花も実も瓢箪のように2つずつ並ぶということからきている。
「花」がつくのは葉や枝が近縁種の金銀木(キンギンボク)よりも毛深くないことからきている。
有毒植物で、誤食をすると嘔吐、下痢、麻痺などの症状が現れる危険がある。
属名の Lonicera はドイツ人の植物学者「ロニツァー(Adam Lonitzer, 1528-1586)さん」の名からきている。
種小名の maackii はロシア人の植物学者「マーック(Richard Karlovich Maack, 1825-1886)さんの」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
実の写真は10月に軽井沢町植物園で撮った。
軽井沢町では準町花に指定している。
学名:Lonicera maackii

★二つずつくっつくように花も実も
 とても仲良し花瓢箪木は

ハナヒョウタンボク080504b-l.jpgハナヒョウタンボク071006a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




谷地だも(ヤチダモ)

ヤチダモ131008a-l.jpg

谷地だも(ヤチダモ)はモクセイ科トネリコ属の落葉高木である。
谷地は湿地のことである。
「たも」は漢字では木編に「佛」と書き、霊(たま)ないし撓む木の転訛したものと言われる。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地の湿地に生える。
また、植林もされる。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、サハリン、ロシア沿海地方などにも分布する。
樹高は20メートルから30メートルである。
樹皮は灰白色で、縦に浅く裂ける。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉の形は細長い楕円形である。
小葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は4月から5月である。
花弁のない紫色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は翼果(翼のある実)で、10月ころ緑褐色に熟する。
材は重硬で弾力性に富み、建築材や家具材などに広く利用される。
属名の Fraxinus はラテン語の「phraxis(分離する)」からきたセイヨウトネリコのラテン古名である。
種小名の mandshurica は「満州(中国東北部)の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Fraxinus mandshurica

★霊宿る巨木の前に佇めば
 できるみたいだ君との対話

ヤチダモ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


エアーポテト

エアーポテト090922a-l.jpg

エアーポテト(air potato)はヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草である。
原産地はアフリカ、アジアである。
日本にも分布する苦何首烏(ニガカシュウ)と学名上は同一である。
直径10センチもある巨大なムカゴが空中にぶら下がるのが特徴である。
その形態から宇宙芋(ウチュウイモ)という流通名もつけられている。
ムカゴは食用になる。
蔓は長さが20メートルにもなり、エアーカーテンとしても利用されている。
葉は円心形である。
地植えにし、支柱にからませて栽培する。
開花時期は8月から9月である。
雌雄異株で、花は目立たない。
ムカゴの収穫時期は10月から11月である。
属名の Dioscorea はギリシャの医師で植物学者だった「ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides, 40-90AD)」の名からきている。
種小名の bulbifera は「鱗茎のある」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Dioscorea bulbifera

★ぷっくりと膨らんだ芋ぶら下げて
 エアーポテトは目を奪うよう

エアーポテト090922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


櫟(クヌギ)

クヌギ090929a-l.jpg

櫟(クヌギ)はブナ科コナラ属の落葉高木である。
漢字では「椚」「橡」「櫪」などの文字も充てる。
本州の岩手県・山形県から沖縄にかけて分布し、平地や低山に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、ヒマラヤにも分布する。

樹高は15メートルから20メートルくらいである。
樹皮は暗い灰褐色で、縦に割れ目が入る。
葉は細長い楕円形で長さが10センチから15センチくらいあり、互い違いに生える(互生)。
葉の先は芒状(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)に尖り、縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は若葉は黄褐色、生長したものは緑色である。
開花時期は4月から5月である。
雌雄同株である。
雄花は黄色くて房状に垂れ下がり、雌花は赤っぽく葉の脇につく。
結実期は9月から10月である。
実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、ドングリの1つである。
ほぼ球形で直径は2センチくらいあり、下半分くらいはお椀のような殻に包まれる。
葉は秋には黄葉をする。
材は椎茸(シイタケ)栽培の原木とされたり薪炭材とされる。
万葉集にも出てくる古くからの樹木である。
樹皮を乾燥させたものを生薬で樸そく(ぼくそく)といい、解毒、抗炎作用がある。
花言葉は「穏やかさ」である。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の acutissima は「最も鋭い」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
花の写真は4月につくば植物園で撮った。
実の写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Quercus acutissima

★団栗のできる木だとは知ってても
 初めての花ふーんなるほど

クヌギ090929b-l.jpg

クヌギ080420c-l.jpg

クヌギ090904a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


楢柏(ナラガシワ)

ナラガシワ090928a-l.jpg

楢柏(ナラガシワ)はブナ科コナラ属の落葉高木である。
本州の岩手県・秋田県から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、ヒマラヤなどにも分布する。
和名の由来は、ナラの仲間だがカシワに似た葉をつけることからきている。
樹高は10メートルから25メートルくらいである。
樹皮は厚く、不規則な裂け目がある。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
長さが10センチから25センチくらいあり、ブナ科では最大である。
長さ2、3センチの葉柄があるのも特徴である。
葉の質は革質で先は短く尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
裏面には灰白色の星状毛が生える。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開と同時に花をつける。
雄花序は枝の下部から垂れ下がる。
雌花序は枝の上部の葉の脇から出て、小さな雌花を数個つける。
実は楕円形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に熟する。
材は建築、家具、木炭などに利用される。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の aliena は「変わった」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
花の写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Quercus aliena

★区別するポイントどこと楢柏
 葉っぱを見たり団栗見たり

ナラガシワ090928b-l.jpg

ナラガシワ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



サクラバハンノキ080831a-l.jpg

桜葉榛の木(サクラバハンノキ)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木である。
本州の岩手県以南と九州の主に太平洋側に分布し、湿地や沢地に生える。
海外では、中国にも分布する。
和名の由来は葉の形が「桜」に似ていることからきている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には長い柄がある。
葉の先は短く尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には艶があり、葉脈に沿って表面が窪む。
開花時期は2月から3月である。
雌雄同株である。
葉の展開に先立って赤褐色の花をつける。
雌花序は枝先につき、雄花序は下垂する。
花の後にできる実は卵形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に熟する。
属名の Alnus はケルト語の「al(近く)+lan(海岸)」からきているとの説もあるラテン語の古名である。
種小名の trabeculosa は「横木状の」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Alnus trabeculosa

★どこでどう違いができてしまうのか
 桜のような葉っぱに見とれ

サクラバハンノキ080831b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


カワラハンノキ081102a-l.jpg

河原榛の木(カワラハンノキ)はカバノキ科ハンノキ属の落葉小高木である。
日本固有種である。
本州の中部地方から九州にかけて分布し、河原に生える。
樹高は5メートルから7メートルくらいである。
樹皮は暗い褐色で皮目(樹皮にあって気孔にかわり呼吸を行う組織)がある。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は丸く、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は2月から4月である。
葉の展開に先立って赤褐色の花をつける。
雌雄同株である。
雄花序は棒状で、尾状に垂れる。
雌花序は雄花序の下方に数個ずつ、上向きにつく。
果実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、暗い褐色をした楕円形である。
属名の Alnus はケルト語の「al(近く)+lan(海岸)」からきているとの説もあるラテン語の古名である。
種小名の serrulatoides は「セルラタ種(アメリカテリハハンノキ:Alnus serrulata)に似た」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Alnus serrulatoides

★榛の木の仲間もいろいろあるんだね
 葉っぱの違い目で確かめて

カワラハンノキ081102b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


唐胡麻(トウゴマ)

トウゴマ060806c-l.jpg

唐胡麻(トウゴマ)はトウダイグサ科トウゴマ属の多年草である。
ただし、温帯では一年草として扱われる。
原産地は東アフリカである。
日本へは古い時代に中国を経由して渡来した。
油用植物として利用され、種からとれる蓖麻子油(ひましあぶら)は下剤や印刷インキなどに使われる。
ただし種は猛毒でもあるので注意が必要である。
草丈は2メートルから3メートルにもなる。
茎は中空である。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月から10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花序の上部に雌花、下部に雄花がつく。
花の色は黄緑色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
熟すと緑色から褐色になる。
実の色は赤いものもある。
別名を蓖麻(ヒマ)という。
属名の Ricinus はラテン語の「Ricinus(船ジラミ)」からきている。種子の形が似ているということから名づけられた。
種小名の communis は「普通の」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Ricinus communis

★どう見てもグロテスクだがそれなりに
 役に立つのだ唐胡麻の実は

トウゴマ060806d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



陸奥梨(ミチノクナシ)

イワテヤマナシ080406a-l.jpg陸奥梨(ミチノクナシ)はバラ科ナシ属の落葉高木である。
本州と九州北部に点在し、低山に生える。
早池峰山以北に多く分布するといい、天然記念物に指定されているものもある。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
別名を岩手山梨(イワテヤマナシ)という。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には柄があり、側脈は曲線となる。
開花時期は4月から5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、小さな白い5弁花を5輪から10輪くらいつける。
花径は3センチくらいである。
萼片は5枚、花柱(雌しべの一部で柱頭と子房とをつなぐ部分)は5本である。
花の後にできる実はナシ状果で、黄褐色に熟する。
実のお尻の部分に残存蕚があるのが特徴である。
属名の Pyrus はラテン語でナシの木の古典名である。
種小名の ussuriensis は「ウスリー地方産の」という意味である。
変種名の aromatica は「芳香のある」という意味である。
花の写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
実の写真は10月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Pyrus ussuriensis var. aromatica

★この花を賢治はいつも見ていたか
 遠い景色を朧に見詰め

イワテヤマナシ080406d-l.jpg

イワテヤマナシ081019c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ジュズダマ081019a-l.jpg数珠玉をつなげなむなむ寺遊び

数珠玉(ジュズダマ)はイネ科ジュズダマ属の多年草である。
本州から沖縄にかけて分布し、原野や道端などに生える。
原産地は熱帯アジアである。
日本へは古い時代に渡来し栽培されていたものが野生化した。
草丈は1メートルから2メートルである。
葉は玉蜀黍(トウモロコシ)に似た線状の披針形で、互い違いに生える(互生)。
長さは30センチから60センチ、幅は2センチから4センチで先が尖り、縁はざらつく。
中央脈は白く、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は7月から10月である。
雌雄同株である。
上部の葉の脇からたくさんの花穂を立てる。
硬くて艶のある壷(苞鞘)の中に雌花穂があり、その先に雄花穂が垂れ下がる。
果期になると、苞鞘は白、灰色、灰褐色、黒などに色づく。
これに糸を通して数珠のようにつなげて遊んだのが名の由来である。
根は生薬で川穀根(せんこくこん)といい、煎じて飲むとリューマチ、神経痛、肩こりなどに効く。
種子は川穀(せんこく)といい、煎じて飲むと美肌保全、健胃、解熱、利尿などの薬効がある。
俳句の季語は秋である。
属名の Coix はギリシャ語の「coix(シュロ)」からきている。
種小名の lacryma-jobi は「ヨブの涙(花序の印象をたとえた)」という意味である。
写真は10月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Coix lacryma-jobi

★数珠玉を連ねなむなむ経読めば
 身じろぎもせず聴く友の顔

ジュズダマ081019b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち茶色い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤い実です。

次のカテゴリは茶色の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7