白い花の最近のブログ記事

ブラキコメ・ムルティフィダ

ブラキスコメ・ムルティフィダ070430b-l.jpg

ブラキコメ・ムルティフィダはキク科ヒメコスモス属(ブラキコメ属)の多年草である。
ブラキコメ属はオーストラリアを中心に70種くらいが分布する。
属名の読み方は、園芸的には英語風にブラキカムとされることが多い。
ブラキコメ・イベリディフォリア(Brachycome iberidifolia)に姫コスモス(ヒメコスモス)の和名があり、属名の和名はヒメコスモス属という。
本種の原産地はオーストラリアである。
東南部のクイーンズランド州の南部、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州に分布し、林の中や草地に生える。
流通名を宿根姫コスモス(シュッコンヒメコスモス)とするものもある。
英名はカットリーフド・デージー(cut-leafed daisy)という。
草丈は20センチから30センチくらいである。
茎は地を這ってマット状に広がる。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は糸状である。
開花時期は3月から11月にかけてと長い。
舌状花の色は青紫色、筒状花の色は黄色である。
園芸品種が多く、舌状花の色が黄色やピンク、白のものもある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Brachycome は「brachys(短い)+come(毛)」からきている。実の冠毛が短いことから名づけられた。
種小名の multifida は「多数に中裂した」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Brachycome multifida

★葉の形かなり変わっているみたい
 花の様子は変わらぬけれど

ブラキスコメ・ムルティフィダ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



山白菊(ヤマシロギク)

ヤマシロギク141030a-l.jpg

山白菊(ヤマシロギク)はキク科シオン属(アスター属)の多年草である。
アスター属はユーラシア大陸に180種くらいが分布する(北アメリカに分布する種を除いた場合)。
日本にも紫苑(シオン)などが分布するので、属名の和名をシオン属という。
本種は日本固有種である。
本州の東海地方から九州にかけて分布し、山地の日当りよい草地に生える。
別名を田舎菊(イナカギク)という。
草丈は40センチから100センチくらいである。
茎や葉には白い軟毛がたくさん生えていてざらつく。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、縁毛があ。
葉のつけ根から3分の1くらいのところで急に狭くなり、つけ根の部分はやや茎を抱く。
開花時期は8月から11月くらいである。
茎先で少し枝分かれをし、散房状(柄のある花がいくつかつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)に花(頭花)をつける。
花径は2センチくらいで小さ目である。
白い花びら(舌状花)は11枚から15枚くらいである。
筒状花は鮮やかな黄色だが、時間が経つと色あせて白色っぽくなる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の semiamplexicaulis は「やや茎を抱く」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Aster semiamplexicaulis

★仲間との区別はなかなかむずかしい
 違いはどこと目を皿にして

ヤマシロギク141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小赤麻(コアカソ)

コアカソ141030a-l.jpg

小赤麻(コアカソ)はイラクサ科カラムシ属の落葉低木である。
カラムシ属はアジアと北アメリカに100種くらい分布する多年草ないし落葉低木である。
本種は本州から九州にかけて分布し、山地のやや湿った草地などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、モンゴルにも分布する。
「赤麻」の名は「麻」のように繊維がとれて茎や葉の柄が赤褐色を帯びることからきている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先が尾状に長く尖るのが特徴である。
葉には赤味を帯びる柄があり、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月である。
雌雄同株である。
雌花は茎の上部の葉の脇に穂状となってつく。
雄花は黄白色で、茎の下部の葉の脇につく。
雄花序がつくことは少ない。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Boehmeria はドイツの植物学者「ボーマー(Georg Rudolf Boehmer, 1723-1803)さん」の名からきている。
種小名の spicata は「穂状の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Boehmeria spicata

★おやそうか木だったんだね小赤麻は
 地味な花だが存在示し

コアカソ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リビナ・ティンクトリア

リビナ・ティンクトリア090929a-l.jpg

リビナ・ティンクトリアはヤマゴボウ科ジュズサンゴ属の常緑多年草である。
北アメリカの南部から中南アメリカにかけて分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
枝は広がって育ち、茎のつけ根が木質化するものもある。
葉は卵形ないし幅の広い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
数珠珊瑚(ジュズサンゴ:Rivina humilis)と似ているが、葉の表面に毛が生えている点が異なる。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3ミリくらいの白ないし淡い桃色の花をつける。
花には花弁はなく、4枚の萼片が花弁のように見える。
花の後にできる実は直径5ミリくらいの液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤色に熟する。
属名の Rivina はドイツ人の植物学者「リビヌス(Augustus Quirinus Rivinus, 1652-1723)さん」の名からきている。
種小名の tinctoria は「着色した」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Rivina tinctoria

★葉の様子たしかに違っているようだ
 とっても近い仲間だけれど

リビナ・ティンクトリア090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

リビナ・フミリス・アウランティアカ090929a-l.jpg

数珠珊瑚(ジュズサンゴ:Rivina humilis)ヤマゴボウ科ジュズサンゴ属の常緑多年草である。
北アメリカの南部から中南アメリカにかけて分布する。
日本でも小笠原諸島、岡山県、宮崎県などで野生化している。
リビナ・フミリス・アウランティアカはその変種である。
特徴は果実の色が黄色ないしオレンジ色になることである。
草丈は50センチから100センチくらいである。
枝は広がって育ち、茎のつけ根が木質化するものもある。
葉は卵形ないし幅の広い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
基本種とは異なり、葉の表面には毛が生えている。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3ミリくらいの白ないし淡い桃色の花をつける。
花には花弁はなく、4枚の萼片が花弁のように見える。
花の後にできる実は直径5ミリくらいの液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黄色ないしオレンジ色に熟する。
非公式だが名前をつければ黄実の数珠珊瑚(キミノジュズサンゴ)といったあたりだろうか。
属名の Rivina はドイツ人の植物学者「リビヌス(Augustus Quirinus Rivinus, 1652-1723)さん」の名からきている。
種小名の humilis は「背が低い」という意味である。
変種名の aurantiaca は「黄色を帯びた橙色の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Rivina humilis var. aurantiaca

★実の色が変われば様子も異なって
 見えてくるから不思議なものだ

リビナ・フミリス・アウランティアカ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



バッカリス・ハリミフォリア

バッカリス・ハリミフォリア090929a-l.jpg

バッカリス・ハリミフォリアはキク科バッカリス属の落葉低木である。
バッカリス属は南アメリカを中心に500種くらいが分布する大きな属である。
本種の原産地はアメリカ合衆国の東南部から西インド諸島にかけてで、海岸沿いの平野や塩湿地に生える。
YListでは和名を浜辺の木(ハマベノキ)としている。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があるが、鋸歯の形状には幅がある。
雌雄異株である。
開花時期は10月から11月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、小さく白い筒状の花をたくさんつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Baccharis はローマ神話に登場する神「バッカス(Bacchus)」の名からきている。この属の1種の根がよい香りのすることから名づけられた。
種小名の halimifolia は「halimi(不明)のような葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Baccharis halimifolia

★めずらしいキク科の木を見てほくそ笑む
 たくさんあるのか南米ならば

バッカリス・ハリミフォリア090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

浜辺葡萄(ハマベブドウ)

ハマベブドウ061125a-l.jpg

浜辺葡萄(ハマベブドウ)はタデ科ハマベブドウ属の常緑小高木である。
原産地はアメリカ合衆国の南部、メキシコ、西インド諸島、ブラジルなどで、海辺や川辺に生える。
日本へは明治時代に渡来した。
英名はシーグレイプ(sea grape)、ショアグレイプ(shore grape)などである。
樹高は5メートルから8メートルくらいである。
葉は丸い心臓形で、向かい合って生える(対生)。
葉は革質で艶があり、縁は波状になる。
雌雄異株である。
開花時期は秋である。
葉の脇から長さ15センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花をたくさんつける。
花には蜜が多く、甘い香りがする。
花の後にできる実は葡萄状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤紫色に熟する。
実は生食にしたり、ジャムやゼリーなどに加工される。
樹皮はインクの材料となり、材は細工用とされる。
属名の Coccoloba はギリシャ語の「kokkos(液果の)+lobos(莢)」からきている。
種小名の uvifera は「葡萄状の」という意味である。
写真は11月に沖縄市の東南植物楽園で撮った。
学名:Coccoloba uvifera

★実や花の姿もいつか見てみたい
 丸い葉っぱだ浜辺葡萄は

ハマベブドウ061125b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


白胡蝶(シロゴチョウ)

シロゴチョウ061124b-l.jpg

白胡蝶(シロゴチョウ)はマメ科ツノクサネム属の常緑低木である。
原産地はフィリピン、マレーシア、インドネシア、北オーストラリア、インドなどである。
若葉や花は湯通ししてサラダや炒め物にする野菜の木である。
庭園樹や街路樹としても利用される。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
葉は太陽のほうを向いており、夜になるとお辞儀草(オジギソウ)のように閉じる。
開花時期は4月から5月と9月から10月である。
葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い蝶形の花をつける。
花径は5センチから10センチくらいあり大きい。
花の後にできる実は細長い豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
長さは30センチから60センチくらいあり大きい。
樹皮や葉は薬用としても使われる。
属名の Sesbania の由来ははっきりしていない。
種小名の grandiflora は「大きな花の」という意味である。
品種名の Alba は「白い」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Sesbania grandiflora 'Alba'

★ゆうゆうと翼広げて南国の
 空に羽ばたく白胡蝶は

シロゴチョウ061124c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



クラッスラ・セツロサ

クラッスラ・セツロサ131008a-l.jpg

クラッスラ・セツロサはベンケイソウ科クラッスラ属の常緑多年草である。
クラッスラ属は南アフリカや東アフリカに300種以上が分布する。
本種は南アフリカの標高600メートル以上の山地の岸壁などに生える多肉植物である。
流通名は夢巴(ユメトモエ)という。
草丈は25センチくらいである。
葉は肉厚で小さな棘状の毛があり、マット状に広がる。
葉の色は明るい緑色のものから灰色を帯びるものまであり多様である。
開花時期は夏から秋である。
葉の脇から花茎を伸ばして集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片で5枚あり、星形になる。
雄しべは5本、雌しべも5本である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Crassula はラテン語の「crassula(厚い)」に由来する。この仲間の多くが水分を含む葉と茎を持つことからきている。
種小名の setulosaは「小さな棘状の毛の多い」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Crassula setulosa

★日本ではあまり見られぬセツロサの
 花を目にするこれはラッキー

クラッスラ・セツロサ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アリオカルプス・レツスス

アリオカルプス・レツスス131008a-l.jpg

アリオカルプス・レツススはサボテン科アリオカルプス属の多年草である。
アメリカのテキサス州からメキシコにかけて分布する。
牡丹サボテンといわれるものの1つである。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では軽度懸念(LC)に指定されている。
また、ワシントン条約附属書ではI類(商業目的の国際取引の全面禁止)として保護されている。
園芸名を岩牡丹(イワボタン)という。
草丈は3センチから12センチくらいである。
直径は10センチから25センチくらいである。
地中に大きな塊根があり、地面より上は半球状に盛り上がる。
葉は多肉質の三角形で、灰色ないし青緑色をしていて重なる。
葉の間には繊維状のものがある。
開花時期は10月くらいである。
花径4センチくらいの白ないしピンクの花を頂部につける。
属名の Ariocarpus はギリシャ語の「aria(Sorbus aria:ホワイトビーム)+karpos(果実)」からきている。
種小名の retusus は「(花弁の先が)ややくぼみのある形の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Ariocarpus retusus

★大きくて迫力のある白い花
 頭につければ妃のごとく

アリオカルプス・レツスス131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは茶色の花です。

次のカテゴリは白い実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7