紫色の花の最近のブログ記事

姫薊(ヒメアザミ)

ヒメアザミ141030a-l.jpg

姫薊(ヒメアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
アザミ属は北半球に250種くらいが分布し、日本にも100種以上が分布する。
本種は日本固有種である。
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地の草原に生える。
和名の由来は、花が小さくて葉も細長く、全体に華奢な感じがすることからきている。
別名を姫山薊(ヒメヤマアザミ)という。
草丈は1メートルから2メートルである。
茎は細くて真っ直ぐに伸び、上部で枝分かれをする。
茎には短い毛が密に生える。
茎につく葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉は羽状に浅裂または中裂し、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は8月から10月である。
頭花は長さが15ミリから20ミリくらいの筒状で小さく、紅紫色をしており、茎先にたくさんつく。
頭花は小さな筒状花の集合体である。
頭花の下には苞葉があり、総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は筒状である。
総苞片には蜘蛛毛(蜘蛛の巣のような細くからまっている毛)があり、反り返らない。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の buergeri はドイツ人で日本植物の採集家であった「ブュルゲル(Heinrich Buerger, 1806-1858)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Cirsium buergeri

★名と違い背が高いけど姫薊
 ひょろりと伸びて花は小さく

ヒメアザミ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

島沙参(シマシャジン)

シマシャジン141030a-l.jpg

島沙参(シマシャジン)はキキョウ科ツリガネニンジン属(アデノフォラ属)の多年草である。
アデノフォラ属はユーラシア大陸に50種くらいが分布する。
日本にも釣鐘人参(ツリガネニンジン)などが分布し、属名の和名もツリガネニンジン属という。
なお、沙参(シャジン)というのは釣鐘人参(ツリガネニンジン)の中国名である。
本種は長崎県の平戸島と福江島に分布し、海岸の斜面に生える。
海外では、韓国の済州島にも分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は10センチから30センチくらいである。
葉は長さ3センチくらいの卵形ないし長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月である。
茎先に紫色をした鐘形の花を数輪つける。
花冠は長さ15ミリから20ミリの釣鐘形で、先が5つに裂ける。
花柱は突き出ない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Adenophora はギリシャ語の「adenos(腺)+phoreo(有する)」からきている。植物体全体に乳液を出す腺細胞があることから名づけられた。
種小名の tashiroi は採集家「田代善太郎(たしろ・ぜんたろう, 1872-1947)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Adenophora tashiroi

★普通では出合えぬ花がここにある
 まさかままさかで島沙参咲く

シマシャジン141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小町菊(コマチギク)

コマチギク141030a-l.jpg

野紺菊(ノコンギク)キク科シオン属(アスター属)の多年草である。
アスター属はユーラシア大陸に180種くらいが分布する(北アメリカに分布する種を除いた場合)。
日本にも紫苑(シオン)などが分布するので、属名の和名をシオン属という。
野紺菊(ノコンギク)は日本固有種である。
本州から九州にかけて分布し、山野に生える。
小町菊(コマチギク)はその栽培品種である。
特徴は背丈が低く、葉の質が分厚いことである。
花の色は白や淡い紫色である。
草丈は15センチから20センチくらいである。
葉は長めの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には疎らなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から11月くらいである。
茎先に白ないし淡い紫色の花(頭花)をつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の microcephalus は「小さい頭の」という意味である。
変種名の ovatus は「卵円形の」という意味である。
品種名の humilis は「背が低い」という意味である
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Aster microcephalus var. ovatus f. humilis

★名前さえ知らなかったよ小町菊
 ひっそり咲いて文化を伝え

コマチギク141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アメリカオオナス090929a-l.jpg

アメリカ大茄子(アメリカオオナス)はナス科ナス属(ソラヌム属)の一年草である。
ソラヌム属は世界に1500種以上が分布する。
代表種は茄子(ナス)で、属名の和名もナス属という。
茄子(ナス)の原産地はインドである。
アメリカ大茄子(アメリカオオナス)はその変種で、アメリカから導入されたことから名づけられた。
英名はエッグプラント(egg plant)である。
別名を米茄子(ベイナス)や白茄子(シロナス)という。
草丈は50センチから100センチくらいである。
茎の色は緑色である。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇に紫色をした浅い皿形の花をつける。
花冠は5つに深く裂ける。
雄しべは5本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は黄色である。
花の後にできる実は長さ15センチくらいの長形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、白から黄色に熟する。
萼片が大きく、緑色をしているのが特徴である。
品種によっては紫色に熟すものもあるが、これも萼片は緑色である。
いずれも作物として栽培され、食用とされる。
属名の Solanum はラテン語の「solamen(安静)」からきているという説がある。
種小名の melongena は「ウリのなる」という意味である。
変種名の esculentum は「食用になる」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Solanum melongena var. esculentum

★実の色が白から黄色へ変わるという
 食べてみたいな味はどうかな

アメリカオオナス090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

黒よな(クロヨナ)

クロヨナ061123b-l.jpg

黒よな(クロヨナ)はマメ科ナツフジ属(クロヨナ属)の常緑高木である。
屋久島から沖縄にかけて分布し、海岸近くや石灰岩地に生える。
海外では、台湾、中国、マレーシア、インド、南太平洋諸島などにも分布する。
和名は沖縄の方言からきている。
ユナ(海岸近くの植物が生える所)に生える幹の黒い木を意味する「クロユナ」の転訛したものである。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
樹皮は暗い灰白色で、タンニンを含む。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は卵形で、先が尖る。
開花時期は年に2回あり、3月から4月ころと8月から9月ころである。
枝先に15センチから30センチの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、長さ2センチくらいの淡い紫色をした蝶形の花をたくさんつける。
花の後にできる実は長さ5センチくらいの豆果(莢の中に種子が入るもの)で、莢の中には黄色くて平べったい楕円形の豆が入っている。
種子から油が採れ、ロウソク、石鹸の材料や薬用に用いられる。
樹皮からはタンニンや繊維が採れる。
材は緻密で、器具材、細工物、車軸材などに用いられる。
属名の Millettia はスコットランド生まれの植物収集家で東インド会社に勤めた「ミレット(Charles Millett, Charles Millett, 1792-1873)さん」の名からきている。
種小名の pinnata は「羽状の」という意味である。
写真は11月に那覇市の識名園で撮った。
学名:Millettia pinnata(syn. Pongamia pinnata)

★黒よなは幹もすっきり大きな木
 葉も大きくて羽ばたくように

クロヨナ061123a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プレクトランツス・ヌンムラリウス060115c-l.jpg

プレクトランツス・ヌンムラリウスはシソ科ヤマハッカ属の多年草である。
属名の読み方は「プレクトランサス」としている場合もある。
原産地は南アフリカである。
日本では観葉植物として普及している。
草丈は20センチくらいである。
匍匐性があり、茎を横に伸ばす。
葉は円形で、向かい合って生える(対生)
葉の質は分厚く、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は10月から11月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの紫色の小さな花を穂状につける。
花はよい香りがする。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
別名をスウェーデンアイビー(Sweden ivy)という。
属名の Plectranthus はギリシャ語の「plectron(距)+anthos(花)」からきている。距のある花の形から名づけられた。
種小名の nummularia は「硬貨形の」を意味する。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Plectranthus nummularius

★ほんのりと香りさわやか紫の
 小花咲かせてヌンムラリウス

プレクトランツス・ヌンムラリウス060115b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



細葉紺菊(ホソバコンギク)

ホソバコンギク061006a-l.jpg

細葉紺菊(ホソバコンギク)はキク科シオン属の多年草である。
日本固有種である。
本州の神奈川県から九州にかけて分布し、川岸などに生える。
分類上は、野紺菊(ノコンギク)の変種とされている。
草丈は30センチから100センチくらいである。
茎は直立し、上部で枝分かれをする。
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、縁には疎らにぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面に短い毛が生えている。
開花時期は8月から11月くらいである。
枝分かれをした先に1つずつ、淡い紫色の花(頭花)をつける。
花径は20ミリから25ミリくらいである。
舌状花は1列に並び、真ん中に黄色い筒状花がある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の microcephalus は「小さい頭の」という意味である。
変種名の angustifolius は「細葉の」という意味である。
写真は10月に六甲高山植物園で撮った。
学名:Aster microcephalus var. angustifolius

★河原には河原に向いた花育つ
 流れのままに細葉紺菊

ホソバコンギク061006c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ジャカランダ・ミモシフォリア090927a-l.jpg

ジャカランダ・ミモシフォリアはノウゼンカズラ科キリモドキ属の常緑高木である。
原産地は南アメリカで、ボリビア、ブラジル、アルゼンチンなどに分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
和名は桐擬き(キリモドキ)という。
移民した人々がつけた名だという。
別名を紫雲木(シウンボク)ともいう。
自生地では街路樹ともされる。
樹高は5メートルから15メートルくらいである。
葉は2回羽状複葉で、向かい合って生える(対生)。
自生地での開花時期は5月から6月である。
乾期の終わりに開花する。
温帯では明確なサインがないため花つきが悪いそうだ。
撮影地では9月から10月くらいに開花するという。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Jacaranda はブラジルでの呼び名からきている。
種小名の mimosifolia は「オジキソウ属(Mimosa)のような葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Jacaranda mimosifolia

★花房がぽつんと一つ桐擬き
 寒くはないか熱帯の花

ジャカランダ・ミモシフォリア090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

タカクマヒキオコシ050918b-l.jpg

高隈引起し(タカクマヒキオコシ)はシソ科ヤマハッカ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて太平洋岸に分布し、山地の木陰などに生える。
草丈は40センチから80センチくらいである。
茎の断面は四角形で、下向きの毛が生えている。
葉は幅の広い披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖っており、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9月から10月である。
疎らな総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、長さ1センチくらいの青紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、鹿児島県の高隈山で発見されたことからきている。
分類上は、深山引起し(ミヤマヒキオコシ)の変種とされている。
属名の Plectranthus はギリシャ語の「plectron(距)+anthos(花)」からきている。距のある花の形から名づけられた。
種小名の shikokianus は「四国の」という意味である。
変種名の intemedius は「中くらいの大きさの」という意味である。
写真は9月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Plectranthus shikokianus var. intemedius

★山陰に紫の筒ふさふさと
 風に揺らした可憐な姿

タカクマヒキオコシ050918a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



スミレイワギリソウ081011a-l.jpg

菫岩桐草(スミレイワギリソウ)はイワタバコ科ペトロコスメア属の多年草である。
原産地は中国である。
雲南省西北部から四川省西南部にかけて分布し、3000メートル級の高山に生える。
菫(スミレ)に似た花とセントポーリアに似た葉を持ち、栽培も容易で人気が高まっている。
学名のペトロコスメア・フラッキダの名でも流通している。
草丈は5センチから15センチくらいである。
葉は広い卵形である。
茎や葉の裏表に粗毛が目立つ。
開花時期は9月から10月である。
花の色は青紫色である。
花冠は唇形に裂け、上唇は2つに、下唇は3つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Petrocosmea はギリシャ語の「petro(岩)+kosmein(飾る)」からきている。
種小名の flaccida は「ふにゃふにゃした」という意味である。
写真は10月に川口市立グリーンセンターの山野草展で撮った。
学名:Petrocosmea flaccida

★遥々と高い山からやって来て
 涼を伝えるフラッキダの花

スミレイワギリソウ081011b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは黒い実です。

次のカテゴリは紫色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7