赤い実の最近のブログ記事

ナンキンナナカマド070504a-l.jpg

南京七竈(ナンキンナナカマド)はバラ科ナナカマド属(ソルブス属)の落葉低木である。
ソルブス属は北半球の温帯から亜寒帯を中心に100種から200種が分布する。
日本にも七竈(ナナカマド)などが分布し、属名の和名をナナカマド属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、山地の林の縁などに生える。
「南京」の名がつくが外来種ではない。
植物の命名法で「南京」には小さいとか愛らしいという意味がこめられている。
別名を小葉の七竈(コバノナナカマド)ともいう。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹は細く、樹皮の色は暗い灰色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で、7枚から9枚で1枚の葉が構成される。
小葉の先は丸く、縁にはぎざぎざ(鋸歯)のあるものとないものがある。
開花時期は5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡い黄緑色を帯びた白い花をたくさんつける。
花径は1センチくらいで、花弁は5枚である。
花序のつけ根の部分に扇形の大きな托葉がある。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に赤く熟する。
花言葉は「秘めた情熱」である。
属名の Sorbus はこの属の植物の古いラテン名からきている。
種小名の gracilis は「細長い」という意味である。
花の写真は5月に小石川植物園で撮った。
実の写真は10月に小石川植物園で撮った。
学名:Sorbus gracilis

★少しだけ違っているね花の色
 暖地にも咲く七竈のあり

ナンキンナナカマド070504b-l.jpgナンキンナナカマド081004a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



平茄子(ヒラナス)

ヒラナス090929a-l.jpg

平茄子(ヒラナス)はナス科ナス属の一年草である。
原産地はアフリカないしブラジルである。
日本へは明治時代に渡来し、小石川植物園で栽培された。
現在は茄子(ナス)の接木用台木として用いられ、逸出したものが本州で野生化している。
環境省の移入種(外来種)リストにも掲載されている。
別名を飾り茄子(カザリナス)という。
草丈は50センチから100センチくらいである。
全体に棘や毛が多い。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇に花径15ミリくらいの淡い紫色や白の花をつける。
花冠は浅い皿形で5つに深く裂ける。
雄しべは5本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は黄色である。
花の後にできる実は扁球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと赤くなる。
実は直径3センチから5センチくらいで、形は茄子(ナス)よりもトマトに似ている。
弱い毒を含んでいて食用にはならない。
観賞用として植えられるほか、生け花の花材として栽培もされる。
属名の Solanum はラテン語の「solamen(安静)」からきているという説がある。
種小名の integrifolium は「全縁葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Solanum integrifolium

★艶やかな赤い実きらきら平茄子の
 色づきどこか毒々しくて

ヒラナス090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

リビナ・ティンクトリア

リビナ・ティンクトリア090929a-l.jpg

リビナ・ティンクトリアはヤマゴボウ科ジュズサンゴ属の常緑多年草である。
北アメリカの南部から中南アメリカにかけて分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
枝は広がって育ち、茎のつけ根が木質化するものもある。
葉は卵形ないし幅の広い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
数珠珊瑚(ジュズサンゴ:Rivina humilis)と似ているが、葉の表面に毛が生えている点が異なる。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3ミリくらいの白ないし淡い桃色の花をつける。
花には花弁はなく、4枚の萼片が花弁のように見える。
花の後にできる実は直径5ミリくらいの液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤色に熟する。
属名の Rivina はドイツ人の植物学者「リビヌス(Augustus Quirinus Rivinus, 1652-1723)さん」の名からきている。
種小名の tinctoria は「着色した」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Rivina tinctoria

★葉の様子たしかに違っているようだ
 とっても近い仲間だけれど

リビナ・ティンクトリア090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

イレクス・ベルティキラタ

イレクス・ベルティキラタ090904a-l.jpg

イレクス・ベルティキラタはモチノキ科モチノキ属(イレクス属)の落葉低木である。
イレクス属は北半球の温帯を中心に400種くらいが分布する。
日本にも黐の木(モチノキ)などが分布するので、属名の和名をモチノキ属という。
本種の原産地は北アメリカである。
カナダからアメリカ合衆国にかけて東部に分布する。
英名はウインターベリー(winterberry)という。
樹高は1メートルから5メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には棘状の低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は直径6ミリから8ミリくらいの球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋から冬にかけて赤く熟する。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の verticillata は「輪生の」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Ilex verticillata

★黐の木の仲間はいろんな葉があるね
 この葉は皺皺照り葉だけれど

イレクス・ベルティキラタ090904b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



灰汁柴(アクシバ)

アクシバ131008a-l.jpg

灰汁柴(アクシバ)はツツジ科スノキ属の落葉小低木である。
北海道から九州にかけて分布し、丘陵地や山地の林の中や林の縁に生える。
海外では、サハリンや済州島にも分布する。
樹高は50センチから100センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は紙質である。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇から花柄を伸ばし、淡い紅紫色をした花を下向きにつける。
筒状の花冠は先で4つに深く裂けて反り返る。
雄しべは8本で花冠の外に突き出る。
花の後にできる実は直径5?7ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
9月から10月に赤く熟する。
食用になり、甘酸っぱい味がする。
和名の由来については、燃やした灰で灰汁を作ったからなどの説がある。
属名の Vaccinium はラテン語の「vaccinus(牝牛の)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Vaccinium japonicum

★日本には妙な名前の木が多い
 暮らしと深くつながるゆえに

アクシバ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



オニツルウメモドキ090830a-l.jpg

鬼蔓梅擬き(オニツルウメモドキ)はニシキギ科ツルウメモドキ属の蔓性落葉低木である。
北海道から本州の近畿地方にかけて分布し、山地の林の縁などに生える。
海外では朝鮮半島、サハリンにも分布している。
蔓梅擬き(ツルウメモドキ)の変種で、別名を岩蔓梅擬き(イワツルウメモドキ)という。
蔓の丈は3メートルから5メートルくらいになる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉脈上には不規則な畝状の隆起がある。
開花時期は6月くらいである。
雌雄異株である。
葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、淡い黄緑色をした小さな花をつける。
花径は8ミリくらいで、花弁は5枚である。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
10月から12月くらいに黄色に熟する。
実は3つに裂けて、中から赤橙色をした仮種皮に包まれた種子が出る。
属名の Celastrus はギリシャ語の「Celastros(セイヨウキヅタ)」からきている。
種小名の orbiculatus は「円形の」という意味である。
変種名の strigillosus は「先がやや尖り密着した剛毛で覆われた」という意味である。
写真は8月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Celastrus orbiculatus var. strigillosus

★まだ青い実とは言えどもうれしいな
 君に出会うが幸運だから

オニツルウメモドキ090830b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヒロハヘビノボラズ131008a-l.jpg

広葉蛇上らず(ヒロハヘビノボラズ)はメギ科メギ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中や高山の岩場などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、アムール地方などにも分布する。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
よく枝分かれをし、枝には鋭い棘がある。
葉は長い楕円形で、束のように集まって生える(束生)。
葉の先は丸く、縁には細かい棘が密生する。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの黄色い小さな6弁花をつける。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの楕円形の液果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋には赤く熟する。
属名の Berberis はこの属の1種の実につけられたアラビア名「berberys」からきている。
種小名の amurensis は「アムール地方の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Berberis amurensis

★蛇さえも上れぬほどの棘がある
 背は低いけど不思議な樹木

ヒロハヘビノボラズ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アーノルドサンザシ131008a-l.jpg

アーノルド山査子(アーノルドサンザシ)はバラ科サンザシ属の落葉小高木である。
北アメリカに分布する交雑種である。
交配親はいずれも北アメリカの東部に分布するモリス種(Crataegus mollis)とイントリカタ種(Crataegus intricata)である。
hawthorn(ホートン:セイヨウサンザシ)と呼ばれるものの1つである。
樹高は4メートルから7メートルくらいになる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い5弁花をつける。
果期は9月から10月である。
花の後にできる実は直径2センチくらいの球形のナシ状果で、赤く熟する。
属名の Crataegus はギリシャ語の「kratos(力)+agein(持つ)」からきている。材が堅いことから名づけられた。
種小名の arnoldiana はハーバード大学の「アーノルド植物園(Arnoled arboretum)に関連した」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Crataegus arnoldiana

★赤い実がかなり大きく迫力が
 感じられるねアーノルド山査子

アーノルドサンザシ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


大吊花(オオツリバナ)

オオツリバナ131008a-l.jpg

大吊花(オオツリバナ)はニシシギ科ニシシギ属の落葉低木である。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部などにも分布する。
和名の由来は、花や実が近縁種の吊花(ツリバナ)よりも長い柄に垂れ下がっていることからきている。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
樹皮は灰色で滑らかであり、新しい枝は緑色で丸い。
葉は卵形や長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、先は尾状に尖っている。
葉の両面ともに毛はない。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から長い柄を垂れ下げ、花径8ミリくらいの淡い緑白色の花を開く。
花びらは5枚で、稀に4枚のものもある。
実のなる時期は9月から10月である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
赤い殻が4つか5つに割れると、中から朱赤色の実が釣り下がる。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の planipes は「平たい足(柄)の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Euonymus planipes

★なかなかに大きく育った大吊花
 揺れる赤い実必死で捕らえ

オオツリバナ131008b-l.jpg

オオツリバナ131008c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


梅擬き(ウメモドキ)

ウメモドキ071020a-l.jpg

これならば目立つだろうと梅擬き

梅擬き(ウメモドキ)はモチノキ科モチノキ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州から九州にかけて分布し、山地の湿地に生える。
また、庭木とされたり、生け花の花材として利用される。
樹高は2メートルから3メートルである。
枝は細く、よく枝分かれをする。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には小さな尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
雌雄異株である。
葉の脇に淡い紫色の小さな花をつける。
花弁数は4枚である。
雄花には4本の雄しべがある。
雌花には雌しべと一緒に小さな雄しべが4本ある。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋には真っ赤に熟する。
実の色が白いものもあり、白梅擬き(シロウメモドキ)という。
実の鑑賞時期は9月から12月である。
和名の由来は梅に似ているということなのだが、どが似ているかには諸説があるという。
花言葉は「知恵」である。
俳句の季語は秋である。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
写真は10月に箱根湿生花園で撮った。
花の写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Ilex serrata

★ふと見れば金平糖を見るような
 小花可愛く梅擬咲く

ウメモドキ080607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち赤い実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤い花です。

次のカテゴリは茶色い実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7