10月の花の最近のブログ記事

雌菜揉み(メナモミ)

メナモミ150922a-l.jpg

雌菜揉みに足を速める峠道

雌菜揉み(メナモミ)はキク科メナモミ属(シゲスベキア属)の一年草である。
シゲスベキア属は世界の温帯や亜熱帯に10数種が分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名はメナモミ属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、道端や空き地などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
和名の由来は雄菜揉み(オナモミ)よりも小さく外見が優しいことからきている。
「菜揉み」については、葉を揉んで傷口に塗ったからなどの説がある。
雄菜揉み(オナモミ)と同様に古い時代に大陸から渡来した「史前帰化植物」と考えられている。
草丈は60センチから120センチくらいである。
茎は中空で直立し、毛がたくさん生える。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉にも毛が生えており、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9月から10月くらいである。
茎の上部に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄色い花(頭花)をつける。
花の後にできる実は長さ3ミリくらいのそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
ひっつき虫の1種で、動物などに付着して運ばれる。
俳句の季語は秋である。
属名の Sigesbeckia はロシア人の植物学者「シーゲスベック(John Georg Siegebeck, 1686-1755)さん」の名からきている。
種小名の pubescens は「細い軟毛のある」という意味である。
写真は9月に会津若松市の御薬園で撮った。
学名:Sigesbeckia pubescens

★きれいとはとても言えない毛むくじゃら
 だけどここにも命輝き

メナモミ150922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ブラキコメ・ムルティフィダ

ブラキスコメ・ムルティフィダ070430b-l.jpg

ブラキコメ・ムルティフィダはキク科ヒメコスモス属(ブラキコメ属)の多年草である。
ブラキコメ属はオーストラリアを中心に70種くらいが分布する。
属名の読み方は、園芸的には英語風にブラキカムとされることが多い。
ブラキコメ・イベリディフォリア(Brachycome iberidifolia)に姫コスモス(ヒメコスモス)の和名があり、属名の和名はヒメコスモス属という。
本種の原産地はオーストラリアである。
東南部のクイーンズランド州の南部、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州に分布し、林の中や草地に生える。
流通名を宿根姫コスモス(シュッコンヒメコスモス)とするものもある。
英名はカットリーフド・デージー(cut-leafed daisy)という。
草丈は20センチから30センチくらいである。
茎は地を這ってマット状に広がる。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は糸状である。
開花時期は3月から11月にかけてと長い。
舌状花の色は青紫色、筒状花の色は黄色である。
園芸品種が多く、舌状花の色が黄色やピンク、白のものもある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Brachycome は「brachys(短い)+come(毛)」からきている。実の冠毛が短いことから名づけられた。
種小名の multifida は「多数に中裂した」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Brachycome multifida

★葉の形かなり変わっているみたい
 花の様子は変わらぬけれど

ブラキスコメ・ムルティフィダ070430a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ハナヒョウタンボク080504a-l.jpg

花瓢箪木(ハナヒョウタンボク)はスイカズラ科スイカズラ属(ロニケラ属)の落葉低木である。
ロニケラ属は北半球に180種くらいが分布する。
属名の読み方は英語風にロニセラとするものもある。
日本にも吸葛(スイカズラ)など20種くらいが分布し、属名の和名をスイカズラ属という。
本種は本州の岩手県、長野県に分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部、ロシアの極東部、モンゴルなどにも分布している。
氷河期の遺存植物である。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は3メートルから4メートルくらいである。
葉は長い楕円形で先が尖り、互い違いに生える。
開花時期は5月から6月である。
枝先の葉の脇に白い花を2つずつつける。
花の色はやがて黄色に変わる。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、8月から9月にかけて赤く熟する。
実も2つずつ並んでつく。
柄が短いので、枝に直接ついているように見える。
「瓢箪木」の名の由来は、花も実も瓢箪のように2つずつ並ぶということからきている。
「花」がつくのは葉や枝が近縁種の金銀木(キンギンボク)よりも毛深くないことからきている。
有毒植物で、誤食をすると嘔吐、下痢、麻痺などの症状が現れる危険がある。
属名の Lonicera はドイツ人の植物学者「ロニツァー(Adam Lonitzer, 1528-1586)さん」の名からきている。
種小名の maackii はロシア人の植物学者「マーック(Richard Karlovich Maack, 1825-1886)さんの」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
実の写真は10月に軽井沢町植物園で撮った。
軽井沢町では準町花に指定している。
学名:Lonicera maackii

★二つずつくっつくように花も実も
 とても仲良し花瓢箪木は

ハナヒョウタンボク080504b-l.jpgハナヒョウタンボク071006a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




ナンキンナナカマド070504a-l.jpg

南京七竈(ナンキンナナカマド)はバラ科ナナカマド属(ソルブス属)の落葉低木である。
ソルブス属は北半球の温帯から亜寒帯を中心に100種から200種が分布する。
日本にも七竈(ナナカマド)などが分布し、属名の和名をナナカマド属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、山地の林の縁などに生える。
「南京」の名がつくが外来種ではない。
植物の命名法で「南京」には小さいとか愛らしいという意味がこめられている。
別名を小葉の七竈(コバノナナカマド)ともいう。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹は細く、樹皮の色は暗い灰色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で、7枚から9枚で1枚の葉が構成される。
小葉の先は丸く、縁にはぎざぎざ(鋸歯)のあるものとないものがある。
開花時期は5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡い黄緑色を帯びた白い花をたくさんつける。
花径は1センチくらいで、花弁は5枚である。
花序のつけ根の部分に扇形の大きな托葉がある。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に赤く熟する。
花言葉は「秘めた情熱」である。
属名の Sorbus はこの属の植物の古いラテン名からきている。
種小名の gracilis は「細長い」という意味である。
花の写真は5月に小石川植物園で撮った。
実の写真は10月に小石川植物園で撮った。
学名:Sorbus gracilis

★少しだけ違っているね花の色
 暖地にも咲く七竈のあり

ナンキンナナカマド070504b-l.jpgナンキンナナカマド081004a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



山白菊(ヤマシロギク)

ヤマシロギク141030a-l.jpg

山白菊(ヤマシロギク)はキク科シオン属(アスター属)の多年草である。
アスター属はユーラシア大陸に180種くらいが分布する(北アメリカに分布する種を除いた場合)。
日本にも紫苑(シオン)などが分布するので、属名の和名をシオン属という。
本種は日本固有種である。
本州の東海地方から九州にかけて分布し、山地の日当りよい草地に生える。
別名を田舎菊(イナカギク)という。
草丈は40センチから100センチくらいである。
茎や葉には白い軟毛がたくさん生えていてざらつく。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、縁毛があ。
葉のつけ根から3分の1くらいのところで急に狭くなり、つけ根の部分はやや茎を抱く。
開花時期は8月から11月くらいである。
茎先で少し枝分かれをし、散房状(柄のある花がいくつかつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)に花(頭花)をつける。
花径は2センチくらいで小さ目である。
白い花びら(舌状花)は11枚から15枚くらいである。
筒状花は鮮やかな黄色だが、時間が経つと色あせて白色っぽくなる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の semiamplexicaulis は「やや茎を抱く」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Aster semiamplexicaulis

★仲間との区別はなかなかむずかしい
 違いはどこと目を皿にして

ヤマシロギク141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小赤麻(コアカソ)

コアカソ141030a-l.jpg

小赤麻(コアカソ)はイラクサ科カラムシ属の落葉低木である。
カラムシ属はアジアと北アメリカに100種くらい分布する多年草ないし落葉低木である。
本種は本州から九州にかけて分布し、山地のやや湿った草地などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、モンゴルにも分布する。
「赤麻」の名は「麻」のように繊維がとれて茎や葉の柄が赤褐色を帯びることからきている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先が尾状に長く尖るのが特徴である。
葉には赤味を帯びる柄があり、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月である。
雌雄同株である。
雌花は茎の上部の葉の脇に穂状となってつく。
雄花は黄白色で、茎の下部の葉の脇につく。
雄花序がつくことは少ない。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Boehmeria はドイツの植物学者「ボーマー(Georg Rudolf Boehmer, 1723-1803)さん」の名からきている。
種小名の spicata は「穂状の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Boehmeria spicata

★おやそうか木だったんだね小赤麻は
 地味な花だが存在示し

コアカソ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



姫薊(ヒメアザミ)

ヒメアザミ141030a-l.jpg

姫薊(ヒメアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
アザミ属は北半球に250種くらいが分布し、日本にも100種以上が分布する。
本種は日本固有種である。
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地の草原に生える。
和名の由来は、花が小さくて葉も細長く、全体に華奢な感じがすることからきている。
別名を姫山薊(ヒメヤマアザミ)という。
草丈は1メートルから2メートルである。
茎は細くて真っ直ぐに伸び、上部で枝分かれをする。
茎には短い毛が密に生える。
茎につく葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉は羽状に浅裂または中裂し、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は8月から10月である。
頭花は長さが15ミリから20ミリくらいの筒状で小さく、紅紫色をしており、茎先にたくさんつく。
頭花は小さな筒状花の集合体である。
頭花の下には苞葉があり、総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は筒状である。
総苞片には蜘蛛毛(蜘蛛の巣のような細くからまっている毛)があり、反り返らない。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の buergeri はドイツ人で日本植物の採集家であった「ブュルゲル(Heinrich Buerger, 1806-1858)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Cirsium buergeri

★名と違い背が高いけど姫薊
 ひょろりと伸びて花は小さく

ヒメアザミ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

島沙参(シマシャジン)

シマシャジン141030a-l.jpg

島沙参(シマシャジン)はキキョウ科ツリガネニンジン属(アデノフォラ属)の多年草である。
アデノフォラ属はユーラシア大陸に50種くらいが分布する。
日本にも釣鐘人参(ツリガネニンジン)などが分布し、属名の和名もツリガネニンジン属という。
なお、沙参(シャジン)というのは釣鐘人参(ツリガネニンジン)の中国名である。
本種は長崎県の平戸島と福江島に分布し、海岸の斜面に生える。
海外では、韓国の済州島にも分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は10センチから30センチくらいである。
葉は長さ3センチくらいの卵形ないし長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月である。
茎先に紫色をした鐘形の花を数輪つける。
花冠は長さ15ミリから20ミリの釣鐘形で、先が5つに裂ける。
花柱は突き出ない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Adenophora はギリシャ語の「adenos(腺)+phoreo(有する)」からきている。植物体全体に乳液を出す腺細胞があることから名づけられた。
種小名の tashiroi は採集家「田代善太郎(たしろ・ぜんたろう, 1872-1947)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Adenophora tashiroi

★普通では出合えぬ花がここにある
 まさかままさかで島沙参咲く

シマシャジン141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小町菊(コマチギク)

コマチギク141030a-l.jpg

野紺菊(ノコンギク)キク科シオン属(アスター属)の多年草である。
アスター属はユーラシア大陸に180種くらいが分布する(北アメリカに分布する種を除いた場合)。
日本にも紫苑(シオン)などが分布するので、属名の和名をシオン属という。
野紺菊(ノコンギク)は日本固有種である。
本州から九州にかけて分布し、山野に生える。
小町菊(コマチギク)はその栽培品種である。
特徴は背丈が低く、葉の質が分厚いことである。
花の色は白や淡い紫色である。
草丈は15センチから20センチくらいである。
葉は長めの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には疎らなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から11月くらいである。
茎先に白ないし淡い紫色の花(頭花)をつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Aster はギリシャ語の「aster(星)」からきている。頭花が放射状をなすことから名づけられた。
種小名の microcephalus は「小さい頭の」という意味である。
変種名の ovatus は「卵円形の」という意味である。
品種名の humilis は「背が低い」という意味である
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Aster microcephalus var. ovatus f. humilis

★名前さえ知らなかったよ小町菊
 ひっそり咲いて文化を伝え

コマチギク141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プロスペロ・アウツムナレ

プロスペロ・アウツムナレ101002a-l.jpg

プロスペロ・アウツムナレはユリ科プロスペロ属の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)クサスギカズラ科とされる。
馴染みのある異名にスキラ・アウツムナリス(シラー・オータムナリス)がある。
しかし、スキラ属は再編成されているので、この名称は次第に使われなくなるだろう。
本種の原産地は地中海沿岸地方などである。
ポルトガル、イギリス、モロッコ、トルコ、イラク、コーカサスなどに分布する。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は糸状の線形である。
開花時期には葉はなく、開花後に葉が出る。
開花時期は9月から10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6ミリから10ミリくらいの花を密につける。
花の色は淡い紅紫色や白色である。
花被片は6枚、雄しべも6本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Prospero はラテン語の「prosperus(運のよい)」からきている。
種小名の autumnale は「秋咲きの」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Prospero autumnale(syn. Scilla autumnalis) 

★日本ではまだ認知度は低いけど
 花の姿はとても可愛い

プロスペロ・アウツムナレ101002b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち10月の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは12月の花です。

次のカテゴリは11月の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7