黄色い花の最近のブログ記事

デンドロキルム・クーテシー

デンドロキルム・クーテシー130116a-l.jpg

デンドロキルム・クーテシーはラン科デンドロキルム属の多年草である。
デンドロキルム属は熱帯アジアを中心に150種ほどが分布する着生種である。
本種の原産地はフィリピンである。
標高1200メートルから2000メートルの湿った森に生える着生種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
垂れ下がった穂状の茎に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、クリーム色の花をたくさんつける。
花径は1センチくらいである。
花はよい香りがする。
属名の Dendrochilum はギリシャ語の「dendron(樹)+ cheilos(唇弁)」からきている。
種小名の cootesii はオーストラリアのラン愛好家「クーテス(Jim Cootes, 1950- )さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Dendrochilum cootesii

★垂れ下がる花茎とても重そうだ
 小さいけれどずっしり咲いて

デンドロキルム・クーテシー130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


クレイソストマ・スブラツム

クレイソストマ・スブラツム100111a-l.jpgクレイソストマ・スブラツムはラン科クレイソストマ属の常緑多年草である。
ヒマラヤ東部、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンなどに分布する着生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は肉厚で平らな線形で2列につく。
開花時期は夏から冬である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を垂れ下げて、花径6ミリくらいの黄橙色の小さな花をたくさんつける。
属名の Cleisostoma はギリシャ語の「kleitos(閉じた)+stoma(口)」からきている。
種小名の subulatum は「針先状の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Cleisostoma subulatum

★垂れ下がる一つ一つは小さいが
 カメラでわかる精緻な姿

クレイソストマ・スブラツム100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ブルボフィルム・オルトグロッスム100111a-l.jpgブルボフィルム・オルトグロッスムはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の常緑多年草である。
ニューギニア島、マルク諸島、スラウェシ島、フィリピンに分布する着生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花は長さが7センチくらいあり、花の色は黄色である。
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の orthoglossum は「直立した唇弁の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum orthoglossum

★真っ直ぐに伸びた唇弁面白い
 南の島のオルトグロッスム

ブルボフィルム・オルトグロッスム100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プラティステレ・ステノスタチア081207a-l.jpgプラティステレ・ステノスタチアはラン科プラティステレ属の多年草である。
メキシコからボリビアにかけて標高800メートルから1000メートルの山地に生える着生種である。
草丈は5センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花径1、2ミリの黄色い小さな花をつける。
属名の Platystele はギリシャ語の「platys(広い)+steleos(小嘴体)」からきている。
種小名の stenostachya は「幅の狭い穂の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Platystele stenostachya

★鉢の脇ルーペが置いてあるんだよ
 覗いてみてと札もついてる

プラティステレ・ステノスタチア081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


リカステ・ブレビスパタ

リカステ・ブレビスパタ081207a-l.jpgリカステ・ブレビスパタはラン科リカステ属の多年草である。
コスタリカ、ニカラグア、パナマなどに分布し、標高600メートルから1500メートルの山地に生える着生種である。
草丈は5センチから10センチくらいである。
葉は楕円形で襞が入る。
ただし、開花時期には落葉する。
開花時期は冬である。
花径5センチくらいあり、花の色は淡いピンクである。
リカステ属は大きな萼片が3方向に開くのが特徴である。
属名の Lycaste はギリシャ神話に登場するトロイ王の娘「リカステ( Lycaste)」の名からきている。
種小名の brevispatha は「短い苞の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Lycaste brevispatha

★花だけが咲いているからびっくりだ
 とても目立つよブレビスパタは

リカステ・ブレビスパタ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


テータテート

テタテ?ト090125a-l.jpgテータテートはヒガンバナ科スイセン属の多年草である。
分類体系によってはユリ科とされることもある。
水仙(スイセン)の中にキクラミネウス系(Narcissus cyclamineus)という品種がある。
種小名の読み方は「シクラミネウス」とするものもある。
原産地はスペインやポルトガルである。
本種はその園芸品種である。
日本水仙(ニホンズイセン:Narcissus tazetta ver.chinensis)は房咲き水仙(Narcissus tazetta)の仲間で、1本の茎にいくつもの花をつける。
これに対してキクラミネウス系は1つの茎に1つの花をつける。
テータテート(Tete a tete)はフランス語で内緒話を意味する。
群生する花の姿をたとえたものであろう。
片仮名での読み方はまちまちで、「ティタテイト」や「ティタティタ」などがある。
なお、teteの文字の中の初めの「e」の上にはアクサンシルコンフレックス (accent circonflexe) というヤマカギ形の符号がつくのだが省略する。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は、やや幅の広い線形である。
開花時期は11月から3月である。
花径は3センチくらいで、花被片も副冠も黄色い。
花被片が後ろに反るのが特徴である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Narcissus はギリシャ神話の青年の名からきている。泉に映った自分の姿に恋して死に、その後にこの花が咲き出した。
種小名の cyclamineus は「シクラメン咲きの」という意味である。
写真は1月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:Narcissus cyclamineus 'Tete a tete'

★小振りでも色鮮やかな花の色
 テータテートはひそひそ話

テタテ?ト090125b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


マレオラ・ウィッテアナ

マレオラ・ヴィテアナ081207a-l.jpgマレオラ・ウィテアナはラン科マレオラ属の常緑多年草である。
マレー半島、スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島などに分布する着生種である。
草丈は25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、2列に互い違いに生える(互生)。
開花時期は秋から冬である。
垂れた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6ミリくらいの小さな花をたくさんつける。
花の色は黄橙色に赤が交じり、距が目立つ。
属名の Malleola はラテン語の「malleolus(くるぶし)」からきている。
種小名の witteana はオランダ人でライデン植物園の管理者だった「ウィッテ(E. T. Witte)さんの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Malleola witteana

★侵略の時代背景漂わす
 花の名前に思いは曇り

マレオラ・ヴィテアナ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


マホニア・ウインターサン

マホニア・ウインターサン070107b-l.jpgマホニア・ウインターサンはメギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)の常緑低木である。
中国原産のロマリフォリア種(Mahonia lomariifolia)と日本にも分布する柊南天(ヒイラギナンテン:Mahonia japonica)を交雑させたものがマホニア・メディアとして出回り、いくつかの園芸品種を産み出している。
マホニア・ウインターサンもその1つである。
特徴としては、柊南天(ヒイラギナンテン)よりも開花時期が早く、花穂が立って豪華である。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は柊(ヒイラギ)に似て硬く、縁は棘状のぎざぎざ(鋸歯)となる。
開花時期は1月から2月である。
鮮やかな黄色の花をぎっしりつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Mahonia は19世紀のアメリカ人の植物学者「マクマホン(B. Mc. Mahon)さん」の名からきている。
種小名の media は「中間の」という意味である。
写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
実の写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Mahonia x media 'Winter Sun'

★冬の日にイエローの色和むよう
 ウインターサンは春待つ心

マホニア・ウインターサン070107c-l.jpg

マホニア・ウインターサン080427a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


カレンデュラ・アルベンシス

カレンデュラ・アルベンシス090419b-l.jpgカレンデュラ・アルベンシスはキク科キンセンカ属の一年草である。
原産地は地中海沿岸地方である。
金盞花(キンセンカ)の近縁種で、本金盞花(ホンキンセンカ)とも呼ばれる。
金盞花(キンセンカ)よりもずっと小さい直径 1センチから2 センチくらいの花をつける。
冬知らず(フユシラズ)の名で流通しており、真冬でも次々と花をつける。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は長いへら形である。
茎につく葉は互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月である。
花の色は鮮やかな黄色や橙色である。
日がさすと花を開き、日が落ちると花を閉じてしまう。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Calendula はラテン語の「Calendae(毎月の第1日)」からきている。どの月の初めにも咲いているほど花期が長いということから名づけられた。
種小名の arvensis は「原野に生える」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Calendula arvensis

★嫉妬され告げ口されど冬知らず
 悲しい過去は水に流して

カレンデュラ・アルベンシス090419c-l.jpg

フユシラズ090201c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ポリスタキア・ペリエリ

ポリスタキア・ペリエリ081207a-l.jpgポリスタキア・ペリエリはラン科ポリスタキア属の多年草である。
マダガスカル島に分布する着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花の色は黄緑色である。
属名の Polystachya はギリシャ語の「polys(多)+tachya(穂)」からきている。
種小名の perrieri はフランス人の植物学者「ペリエ(H. Perrier)さんの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Polystachya perrieri

★小さくてあまり目立たぬ風情だが
 マダガスカルの凄さ伝えて

ポリスタキア・ペリエリ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち黄色い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピンクの花です。

次のカテゴリは観葉植物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7