青い花の最近のブログ記事

プリムラ・ポリアンタ

プリムラ・ポリアンタ・セブンティーゴールデン100307a-l.jpgプリムラ・ポリアンタはサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
読み方はプリムラ・ポリアンサとする場合もある。
原産地はヨーロッパである。
原種ではなく、プリムラ・ベリス(Primula veris)とプリムラ・ブルガリス(Primula vulgaris)との交配種といわれている。
和名を九輪桜(クリンザクラ)という。
夏に弱いので園芸的には一年草扱いをされる。
草丈は5センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は卵円形である。
開花時期は11月から5月である。
花径6センチから8センチくらいあり、太い花茎に輪生して咲く。
花の色も赤、桃色、黄色、橙色、白、青、赤紫などと多彩で、花径10センチを超える大輪花も生まれている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他の花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の polyantha は「たくさん花の咲く」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
品種名は上からセブンティーゴールデン、セブンティースカーレット、セブンティーブルーの順である。
学名:Primula x polyantha

★賑やかに春の花壇を彩って
 咲くポリアンタ乙女のごとく

プリムラ・ポリアンタ・セブンティースカーレット100307a-l.jpg

プリムラ・ポリアンタ・セブンティーブルー100307a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


カンザキアヤメ090307b-l.jpg寒咲き文目(カンザキアヤメ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地域である。
名の通り、冬に咲く文目(アヤメ)である。
草丈は15センチくらいである。
根際から生える葉は剣状である。
文目(アヤメ)と異なり葉は枯れない。
開花時期は11から3月くらいである。
花の色は青紫色で、花被片は6枚である。
花茎はほとんどなく、花筒が長いのが特徴である。
そのため、花が葉の陰に隠れてしまうのが残念なところである。
しかし、花期が長く常緑なので長い間楽しめる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の unguicularis は「爪のある」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Iris unguicularis

★葉陰から青紫の色見せて
 寒咲文目は恥ずかしそうに

カンザキアヤメ090307a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


バンダ・コエルレア

バンダ・コエルレア10011a-l.jpg

バンダ・コエルレアはラン科ヒスイラン属(バンダ属)の多年草である。
中国の南部からスリランカにかけて分布する着生種である。
日本へは明治30年に渡来した。
和名は翡翠蘭(ヒスイラン)という。
種小名の読み方は「セルレア」や「ケルレア」とするものもある。
草丈は50センチくらいである。
葉は肉厚な帯状で、左右に互い違いに生える(互生)。
開花時期は12月から3月くらいである。
花の色は青く、花弁には網目模様が入る。
属名の Vanda はサンスクリット語の「vandaka(まとわりつく)」からきている。
種小名の coerulea は「青色の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Vanda coerulea

★青色の花弁まぶしき翡翠蘭
 透かし見る先いずこに続く

バンダ・コエルレア10011b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/02/14改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち青い花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫色の花です。

次のカテゴリは赤い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0