オレンジ色の花の最近のブログ記事

マレオラ・ウィッテアナ

マレオラ・ヴィテアナ081207a-l.jpgマレオラ・ウィテアナはラン科マレオラ属の常緑多年草である。
マレー半島、スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島などに分布する着生種である。
草丈は25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、2列に互い違いに生える(互生)。
開花時期は秋から冬である。
垂れた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6ミリくらいの小さな花をたくさんつける。
花の色は黄橙色に赤が交じり、距が目立つ。
属名の Malleola はラテン語の「malleolus(くるぶし)」からきている。
種小名の witteana はオランダ人でライデン植物園の管理者だった「ウィッテ(E. T. Witte)さんの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Malleola witteana

★侵略の時代背景漂わす
 花の名前に思いは曇り

マレオラ・ヴィテアナ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ブルボフィルム・ブルフォルディエンセ081207a-l.jpgブルボフィルム・ブルフォルディエンセはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の常緑多年草である。
ニューギニア島に分布する着生種である。
草丈は20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径が10センチくらいある暗い橙色の花をつける。
唇弁は前に飛び出し、花弁は後ろに反り返る。
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の burfordiense は「バーフォード・ロッジ(Burford Lodge:トレヴァー・ローレンス卿の植物栽培園)の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum burfordiense

★ずっしりと頭を垂れて花つける
 ニューギニアには不思議の世界

ブルボフィルム・ブルフォルディエンセ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


カレンデュラ・アルベンシス

カレンデュラ・アルベンシス090419b-l.jpgカレンデュラ・アルベンシスはキク科キンセンカ属の一年草である。
原産地は地中海沿岸地方である。
金盞花(キンセンカ)の近縁種で、本金盞花(ホンキンセンカ)とも呼ばれる。
金盞花(キンセンカ)よりもずっと小さい直径 1センチから2 センチくらいの花をつける。
冬知らず(フユシラズ)の名で流通しており、真冬でも次々と花をつける。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は長いへら形である。
茎につく葉は互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月である。
花の色は鮮やかな黄色や橙色である。
日がさすと花を開き、日が落ちると花を閉じてしまう。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Calendula はラテン語の「Calendae(毎月の第1日)」からきている。どの月の初めにも咲いているほど花期が長いということから名づけられた。
種小名の arvensis は「原野に生える」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Calendula arvensis

★嫉妬され告げ口されど冬知らず
 悲しい過去は水に流して

カレンデュラ・アルベンシス090419c-l.jpg

フユシラズ090201c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アダ・アウランティアカ

アダ・アウランティアカ081207a-l.jpgアダ・アウランティアカはラン科アダ属の多年草である。
コロンビア、エクアドル、ベネズエラの高地に生える着生種である。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は線形である。
開花時期は冬から春である。
花径2、3センチの濃いオレンジ色の花を下向きにつける。
属名の Ada は小アジアの古代国家カリアの女王「アダ(Ada)」の名からきている。
種小名の aurantiaca は「黄色を帯びた橙色の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Ada aurantiaca

★鮮やかなオレンジの色目に染みる
 恥ずかしそうに俯くけれど

アダ・アウランティアカ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


コリアンテス・スペキオサ

コリアンテス・スペキオサ100111a-l.jpgコリアンテス・スペキオサはラン科コリアンテス属の多年草である。
原産地はグアテマラからブラジルである。
コリアンテスの仲間はバケツ蘭(バケツラン)と呼ばれている。
花の形(唇弁)がバケツのような形になっているのが特徴である。
特定のハチが受粉に関与しており、ダーウィンがこの仕組みを研究したことで知られる。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は1月から3月くらいである。
垂れ下がった茎先に濁ったオレンジ色の花をつける。
花径は12センチくらいある。
開花期間は数日と短い。
花には刺激臭がある。
属名の Coryanthes はギリシャ語の「corys(兜)+anthos(花)」からきている。
種小名の speciosa は「華やかな」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Coryanthes speciosa

★めずらしい花に出会って笑み洩れる
 今年も咲いたバケツランだよ

コリアンテス・スペキオサ100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


君子蘭(クンシラン)

クンシラン060115b-l.jpg君子蘭(クンシラン)はヒガンバナ科クンシラン属(クリビア属)の常緑多年草である。
原産地は南アフリカのナタール地方で、林の中に生える。
いま君子蘭(クンシラン)の名で流通しているものは、植物学上は受け咲き君子蘭(ウケザキクンシラン:Clivia miniata)である。
「受け咲き」というのは花が上向きに咲くという意味である。
君子蘭(クンシラン)は花が下向きに咲き、先端もわずかしか開かないため人気がなく、市場からは姿を消してしまったそうである。
なお、蘭の名がつくがランの仲間ではなく、高貴な花のイメージからつけられた名前である。
草丈は40センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は1月から4月である。
筒状の花を15輪から20輪くらいつける。
花の色はオレンジやクリームなどがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Clivia は19世紀のイギリスの「クライブ家(Clive)」出身の公爵夫人にちなんで名づけられた。
種小名の nobilis は「気品のある」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Clivia nobilis

★うな垂れた肌透き通る君子蘭
 高貴の姿色に溢れて

クンシラン060115a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ニオイアラセイトウ070107b-l.jpg匂い紫羅欄花 (ニオイアラセイトウ) はアブラナ科エゾスズシロ属の多年草である。
暑さに弱いので園芸上は秋播き一年草として扱われる。
原産地は南ヨーロッパである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
属名のエリシマム(エリシムム)の名でも流通している。
また、古い文献ではチェイランサス属(Cheiranthus)に分類されていたので、チェイランサス(ケイランツス)の名でも流通している。
草丈は10センチから50センチくらいである。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は1月から5月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチから2センチくらいの香りのよい小さな4弁花をつける。
花の色は黄色、赤、オレンジ色などがある。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
「紫羅欄花」というのは妙な名だが、葉が厚くて毛に覆われており、ラセイタという布(ポルトガル語で羅紗に似た地の厚い毛織物)に似ていることから転訛したものである。
ストック(stock)にこの名が充てられている。
和名の由来は、花の形が紫羅欄花(アラセイトウ)に似てよい香りがするというところからきている。
属名の Erysimum はギリシャ語の「eryomai(救う)」からきている。この属の植物の1種に薬効があると考えられたことからきている。
種小名の cheiri はアラビア語で「よく匂う植物」という意味である。
写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
チェイランサス・ベガと呼ばれる園芸品種である。
学名:Erysimum cheiri

★冬を越しきっと綺麗に咲くからと
 チェイランサスは雨に濡れつつ

ニオイアラセイトウ070107d-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ツルタコノキ100111a-l.jpg蔓蛸の木(ツルタコノキ)はタコノキ科ツルアダン属の常緑多年草である。
学名からフレイキネティア・ムルティフロラの名で表示するところもある。
原産地はフィリピンである。
英名はフラワーリング・パンダナス(flowering pandanus)である。
パンダナスは「蛸の木」のことである。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎を他の植物体に絡ませて伸びる。
葉は長さ30センチ、幅2センチくらいの披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の色は濃い緑色で艶があり、縁には棘がある。
開花時期は冬から春である。
雌雄異株である。
茎先に緑色の肉穂花序花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)をつける。
花を包んでいるオレンジ色のものは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
花の後にできる実は円筒形の集合果である。
葉、茎、根などはマットやサンダルに加工される。
属名の Freycinetia はフランスの海洋探検家「フレシネ(Freycinet)」の名からきている。
種小名の multiflora は「多数花の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Freycinetia multiflora

★鮮やかな色がいかにも南国の
 ムード伝える蔓蛸の木は

ツルタコノキ100111b-l.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオレンジ色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはオレンジ色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7