緑色の花の最近のブログ記事

パフィオペディルム・インシグネ・モンタヌム100105a-l.jpgパフィオペディルム・インシグネ・モンタヌムはラン科トキワラン属(パフィオペディルム属)の多年草である。
基本種のパフィオペディルム・インシグネは中国の南部からインドのアッサム地方にかけて分布する地生種である。
本種はラベルではインドとされているが、それ以外のことはよくわからない。
草丈は20センチくらいである。
葉は線形である。
開花時期は11月から2月くらいである。
花の色は黄緑色で、赤褐色の斑が入る。
唇弁も赤褐色である。
属名の Paphiopedilum はギリシャ語の「Paphos(ビーナスの異名)+pedilon(サンダル)」からきている。
種小名の insigne は「素晴らしい」という意味である。
変種名の montanum は「山地に生える」という意味である。
写真は1月に小石川植物園で撮った。
学名:Paphiopedilum insigne var. montanum

★調べても名前だけしか出てこない
 モンタヌムにはどんな素性が

パフィオペディルム・インシグネ・モンタヌム100105b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プレクトレミンツス・カウダツス081207a-l.jpgプレクトレルミンツス・カウダツスはラン科プレクトレルミンツス属の多年草である。
西アフリカに分布する着生種である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花の色は緑色で、唇弁は白い。
花径は7、8センチである。
属名の Plectrelminthus はギリシャ語の「plectron(距)+helminthion(くねくねした)」からきている。
種小名の caudatus は「尾のある」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Plectrelminthus caudatus

★この花の形はだいぶ慣れてきた
 アングレクムとどこが違うの

プレクトレミンツス・カウダツス081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ポリスタキア・ペリエリ

ポリスタキア・ペリエリ081207a-l.jpgポリスタキア・ペリエリはラン科ポリスタキア属の多年草である。
マダガスカル島に分布する着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花の色は黄緑色である。
属名の Polystachya はギリシャ語の「polys(多)+tachya(穂)」からきている。
種小名の perrieri はフランス人の植物学者「ペリエ(H. Perrier)さんの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Polystachya perrieri

★小さくてあまり目立たぬ風情だが
 マダガスカルの凄さ伝えて

ポリスタキア・ペリエリ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


中原蘭(ナカハララン)

ナカハララン091010a-l.jpg中原蘭(ナカハララン)はラン科クモキリソウ属の多年草である。
台湾、中国の雲南省、インドシナ半島、フィリピンに分布し、樹幹や岩壁に生える着生種である。
異名をリパリス・ディスタンスという。
草丈は20センチから30センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期11月から2月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径15ミリくらいの緑色の花をたくさんつける。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の nakaharai は「中原さんの」という意味である。
写真は10月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Liparis nakaharai(=Liparis distans)

★繋がりが見えてきたんだ中原蘭
 歴史を秘めて台湾に咲く

ナカハララン091010b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


リンコステレ・ステラタ

リンコステレ・ステラタ081207a-l.jpgリンコステレ・ステラタはラン科リンコステレ属の多年草である。
メキシコからベネズエラにかけて分布し、標高1700メートルから3000メートルの高地に生える着生種である。
草丈は15センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径4、5センチの花を1、2輪つける。
花の色は淡い緑色で、唇弁は白い。
属名の Rhynchostele はギリシャ語の「rhynchos(くちばし)+steleos(小嘴体)」からきている。
種小名の stellata は「星形の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Rhynchostele stellata

★星形の花はなかなかチャーミング
 見つけられたらきっと幸せ

リンコステレ・ステラタ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ジゴペタルム・トリステ

ジゴペタルム・トリステ100111a-l.jpgジゴペタルム・トリステはラン科ジゴペタルム属の常緑多年草である。
原産地はブラジルで、標高1000メートルから1800メートルの地域に生える地生種である。
草丈は40センチくらいである。
葉は帯状の線形である。
開花時期は冬から春である。
花径5、6センチの花を数輪つける。
花の色は緑色で赤い斑点が入る。
唇弁の色は白く紅紫色の斑が入る。
花はよい香りがする。
属名の Zygopetalum はギリシャ語の「zygon(くびき)+petalon(花弁)」からきている。
種小名の triste は「暗い色の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Zygopetalum triste

★華やかに咲いた姿が目を奪う
 ジゴペタルムは蘭らしい花

ジゴペタルム・トリステ100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アングレクム・ビーチ

アングレカム・ビーチ090307a-l.jpgアングレクム・ビーチはラン科アングレクム属の多年草である。
種小名の読み方は「ベイチイ」や「ヴィーチー」とするものもある。
ダーウィンの進化論で有名なマダガスカル原産のセスキペダレ種(Angraecum sesquipedale)と草丈の高いエブルネウム種(Angraecum eburneum)との交配で生まれた園芸品種である。
草丈は60センチ以上ある。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
緑白色をした大きな花がたくさんついて迫力がある。
花は唇弁が大きく長い距があり、芳香を放つ。
属名の Angraecum はマレー語の「angurek(着生植物)」からきている。
種小名の veitchii はイギリス人の園芸家「ビーチ(J. Veitch)さんの」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Angraecum veitchii

★大形のアングレクムの仲間だよ
 香りくらくらすごい迫力
☆静かなる祈りささげて佇めば
 アングレクムの香り包まれ

アングレカム・ビーチ090307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


キクロポゴン・コンゲスツス

キクロポゴン・コンゲスツス100130b-l.jpgキクロポゴン・コンゲスツスはラン科キクロポゴン属の多年草である。
ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、ペルーなどに分布する着生種である。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑色と白の花をつける。
花径は2センチくらいである。
属名の Cyclopogon はギリシャ語の「cyklos(円)+pogon(あごひげ)」からきている。
種小名の congestus は「いっぱいになった」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Cyclopogon congestus

★びっしりと溢れんほどに垂れ下がる
 キクロポゴンは青々として

キクロポゴン・コンゲスツス100130a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


デンドロビウム・ガウルデイ100111a-l.jpgデンドロビウム・ゴウルディはラン科セッコク属(デンドロビウム属)の多年草である。
種小名の読み方は「ガウルディ」とするものもある。
ニューギニア島、ソロモン諸島に分布する着生種である。
草丈は80センチくらいである。
葉は卵形である。
開花時期は冬から春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6センチくらいの黄緑色の花をつける。
萼片は白く、ねじれている。
属名の Dendrobium はギリシャ語の「dendron(樹)+ bios(着生)」からきている。
種小名の gouldii はイギリス人のラン収集家「グールド(John Gould Veitch)さんの」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Dendrobium gouldii

★面白い名づけ方かなこの学名
 花はとってもシンプルだけど

デンドロビウム・ガウルデイ100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ツルタコノキ100111a-l.jpg蔓蛸の木(ツルタコノキ)はタコノキ科ツルアダン属の常緑多年草である。
学名からフレイキネティア・ムルティフロラの名で表示するところもある。
原産地はフィリピンである。
英名はフラワーリング・パンダナス(flowering pandanus)である。
パンダナスは「蛸の木」のことである。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎を他の植物体に絡ませて伸びる。
葉は長さ30センチ、幅2センチくらいの披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の色は濃い緑色で艶があり、縁には棘がある。
開花時期は冬から春である。
雌雄異株である。
茎先に緑色の肉穂花序花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)をつける。
花を包んでいるオレンジ色のものは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
花の後にできる実は円筒形の集合果である。
葉、茎、根などはマットやサンダルに加工される。
属名の Freycinetia はフランスの海洋探検家「フレシネ(Freycinet)」の名からきている。
種小名の multiflora は「多数花の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Freycinetia multiflora

★鮮やかな色がいかにも南国の
 ムード伝える蔓蛸の木は

ツルタコノキ100111b-l.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち緑色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白い花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7