1月の花の最近のブログ記事

フクロユキノシタ130319a-l.jpg

袋雪の下(フクロユキノシタ)はフクロユキノシタ科フクロユキノシタ属(ケファロツス属)の多年草である。
ケファロツス属は1属1種で本種のみからなる。
和名を袋雪の下(フクロユキノシタ)といい、属名の和名もフクロユキノシタ属という。
和名の由来は、花の構造が雪の下(ユキノシタ)に似ていて捕虫袋をつけることからきている。
原産地はオーストラリアで、西オーストラリア州の南西部に分布し、海岸に近い湿地に生える。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
食虫植物の1種である。
茎は地下で枝分かれして広がる。
葉は円形ないし楕円形で、ロゼツト状に広がる。
夏(1月から2月)につける捕虫袋は高さが3センチか4センチの壺状である。
捕虫袋にはひれ状の翼があり、翼の外側には柔らかな毛がたくさん生える。
捕虫袋の中では消化液が分泌される。
また、花茎を立ち上げて白い花をつける。
属名の Cephalotus はギリシャ語の「kephalotes(頭状の)」からきている。
種小名の follicularis は「袋果をつけた」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Cephalotus follicularis

★虫をとる姿もいつか見てみたい
 いろいろあるねオーストラリア

フクロユキノシタ130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



デンドロキルム・クーテシー

デンドロキルム・クーテシー130116a-l.jpg

デンドロキルム・クーテシーはラン科デンドロキルム属の多年草である。
デンドロキルム属は熱帯アジアを中心に150種ほどが分布する着生種である。
本種の原産地はフィリピンである。
標高1200メートルから2000メートルの湿った森に生える着生種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
垂れ下がった穂状の茎に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、クリーム色の花をたくさんつける。
花径は1センチくらいである。
花はよい香りがする。
属名の Dendrochilum はギリシャ語の「dendron(樹)+ cheilos(唇弁)」からきている。
種小名の cootesii はオーストラリアのラン愛好家「クーテス(Jim Cootes, 1950- )さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Dendrochilum cootesii

★垂れ下がる花茎とても重そうだ
 小さいけれどずっしり咲いて

デンドロキルム・クーテシー130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


赤規那の木(アカキナノキ)

アカキナノキ131008a-l.jpg

赤規那の木(アカキナノキ)はアカネ科キナノキ属の常緑高木である。
中南アメリカのコスタリカ、ベネズエラ、ボリビア、ペルーに分布し山地に生える。
繁殖力が強く、太平洋諸島などで野生化している。
そのため、国際自然保護連合(IUCN)によって世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている。
規那というのはキナノキの樹皮を乾燥させたもののことで、解熱薬、健胃薬、抗マラリア薬に用いられるキニーネの原料とされる。
ただし、アルカイドを含むので有毒でもある。
語源はペルーの現地語のキナ(kinkina:熱を防ぐ皮)からきている。
赤規那の名は樹皮が赤味を帯びることからつけられた。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
樹皮は赤味を帯びる。
葉は幅の広い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は冬である。
葉の脇から円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白ないし淡い紅紫色をした筒状の花をたくさんつける。
花冠は先で5つに裂け、白い軟毛が密生している。
属名の Cinchona はスペインのペルー提督の妻「チンチョン伯爵夫人(Cinchon, 1600's)」の名からきている。
種小名の pubescens は「細い軟毛のある」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Cinchona pubescens(syn. Cinchona succirubra)

★キニーネの名前は聞いたことがある
 南の島では必需品だと

アカキナノキ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



キダチキツネノマゴ111214a-l.jpg

木立狐の孫(キダチキツネノマゴ)はキツネノマゴ科キツネノマゴ属の多年草である。
中国の南部、フィリピン、インドネシア、ニューギニア、インドシナ半島、マレー半島、インド、パキスタンなどに分布する。
現地名からきたガンダルサの名で表示するところもある。
草丈は80センチから150センチくらいである。
茎は木質化し低木状となる。
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面には銀緑色や乳白色の線状の紋様が入る。
開花時期は12月から5月である。
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色ないし白色の唇形をした花をつける。
花には紫色の斑点が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、花穂の形を孫狐のしっぽに見立てたもので、木質化することからつけられた。
葉は薬用とされ、気管支炎や喉の感染症、リュウマチなどに薬効がある。
ただし、アルカロイドなどを含むので有毒植物でもある。
属名の Justicia はスコットランドの植物学者「ジャスティス(James Justice, 1730-1763)さん」の名からきている。
種小名の gendarussa はニューギニアでの現地語(gandarusa)からきている。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Justicia gendarussa(syn. Gendarussa vulgaris)

★注目を集めているよガンダルサ
 病に効くし葉もきれいだね

キダチキツネノマゴ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ユーフォルビア・レウコケファラ130116a-l.jpg

ユーフォルビア・レウコケファラはトウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)の常緑低木である。
属名の読み方は「エウフォルビア」とするものもある。
流通名を白雪姫(シラユキヒメ)という。
原産地はメキシコの南部からエルサルバドルである。
樹高は150センチから300センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から1月である。
枝先に杯状花序(花が杯状の総苞に包まれるて茎先につく)を出し、白い小さな花をつける。
花序の下につく白い苞葉のほうが目立つ。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブスさん(Euphorbus)」の名からきている。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の leucocephala は「頭が白い」という意味である。
写真は3月に新宿御苑で撮った。
学名:Euphorbia leucocephala

★いろいろな姿があるねユーフォルビア
 白雪姫も変わっているよ

ユーフォルビア・レウコケファラ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



インドワタノキ100130a-l.jpg

インド綿の木(インドワタノキ)はパンヤ科キワタノキ属(ボンバクス属)の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)アオイ科とされる。
ボンバクス属は西アフリカ、東南アジア、オセアニアの熱帯地域に8種くらいが分布する。
本種が代表種で、属名の和名をキワタノキ属という。
本種の原産地は台湾、フィリピン、インドなどである。
別名を木綿の木(キワタノキ)や木綿(キワタ)という。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
幹は直立をする。
樹皮は灰褐色で、幹には円錐形の棘がたくさんある。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
乾季(日本での秋から冬)には落葉をし、朱赤色の5弁花をつける。
花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、種子には長い綿毛が生えている。
この綿毛が枕やクッションなどの詰め物に利用される
属名の Bombax はギリシャ語の「bombaks(綿ないし絹)」からきている。
種小名の ceiba はカリブ海域の現地語で「カヌー」を意味する。
写真は1月につくば植物園で撮った。
花の写真は2月に板橋区立熱帯環境植物館の温室で撮った。
学名:Bombax ceiba

★見解がいろいろ割れているようだ
 とうとう見つけた熱帯の花

インドワタノキ100130b-l.jpg

キワタノキ130226a-l.jpgキワタノキ130226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/02/03改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ディレニア・フィリピネンシス090927a-l.jpg

ディレニア・フィリピネンシスはビワモドキ科ビワモドキ属の常緑高木である。
原産地はフィリピンである。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
英名・和名はカトモン(Katomon)という。
樹高は8メートルから10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は乾期(12月から5月)である。
花径15センチから20センチくらいある白い大きな花をつける。
花弁は5枚、萼片も5枚である。
たくさんある赤い雄しべは、つけ根の部分で合着する。
球形の果実は直径7センチくらいあるが、食用にはならない。
属名の Dillenia はドイツの植物学者「ディレニウス(J. J. Dillenius, 1684-1747)さん」の名からきている。
種小名の philippinensis は「フィリピンの」という意味である。
写真は9月に咲くやこの花館で撮った。
学名:Dillenia philippinensis

★大きくて迫力のある花が咲く
 これがカトモン南の樹木

ディレニア・フィリピネンシス090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



グッダレアラ・ランババ

グッダレアラ・ランババ080209a-l.jpgグッダレアラ・ランババはラン科グッダレアラ属の多年草である。
グッダレアラ属はオンシジウム属に近い人工属である。
本種は香りのよいオルニトリンクム種(Oncidium ornithorhyncum)の系統にコクリオダ属(Cochlioda)の血を引く人工属ビーララ属(Beallara)の赤い色が加わっている。
草丈は40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は10月から2月である。
花径は2センチくらいで、花の色は赤い。
写真は2月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:x Goodaleara Tahitian Dancer 'Lambaba cutie'(=x Beallara Vashon x Oncidium ornithorhyncum)

★造られた花と言えども花は花
 色美しく香り豊かに

グッダレアラ・ランババ080209b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


クレイソストマ・スブラツム

クレイソストマ・スブラツム100111a-l.jpgクレイソストマ・スブラツムはラン科クレイソストマ属の常緑多年草である。
ヒマラヤ東部、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンなどに分布する着生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は肉厚で平らな線形で2列につく。
開花時期は夏から冬である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を垂れ下げて、花径6ミリくらいの黄橙色の小さな花をたくさんつける。
属名の Cleisostoma はギリシャ語の「kleitos(閉じた)+stoma(口)」からきている。
種小名の subulatum は「針先状の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Cleisostoma subulatum

★垂れ下がる一つ一つは小さいが
 カメラでわかる精緻な姿

クレイソストマ・スブラツム100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ブルボフィルム・オルトグロッスム100111a-l.jpgブルボフィルム・オルトグロッスムはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の常緑多年草である。
ニューギニア島、マルク諸島、スラウェシ島、フィリピンに分布する着生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花は長さが7センチくらいあり、花の色は黄色である。
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の orthoglossum は「直立した唇弁の」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum orthoglossum

★真っ直ぐに伸びた唇弁面白い
 南の島のオルトグロッスム

ブルボフィルム・オルトグロッスム100111b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち1月の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは12月の花です。

次のカテゴリは2月の花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7