2017年6月アーカイブ

舟腹草(フナバラソウ)

フナバラソウ170603a-l.jpg

舟腹草(フナバラソウ)はガガイモ科カモメヅル属(ビンケトクシクム属)の多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。
ビンケトクシクム属は世界に107種が分布する。(Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist より)
日本にも小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)などが分布し、属名の和名はカモメヅル属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、平地や山地の草地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類に登録されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
葉は卵形で柄があり、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面と茎の上部にはビロード状の軟らかい毛がたくさん生える。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に花径12ミリから14ミリくらいの濃い紫色をした花を数輪ずつたくさんつける。
花は数日咲き続ける。
花冠の先が深く5つに裂けて横に平に開く。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
和名の由来は、果実の形を舟腹(舟の胴体部分)にたとえたものである。
根を生薬で白薇(はくび)といい、解熱や利尿の薬効がある。
ただし、毒性もあるので注意が必要である。
属名の Vincetoxicum はラテン語の「vinco(克服)+toxicum(毒)」からきている。
種小名の atratum は「黒変した」という意味である。
なお、Vincetoxicum属をCynanchum属の一部と見なす見解もあり、かつては本種もCynanchum属とされてきたが、Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist の表示に従い、このサイトでは今後はVincetoxicum属として表記する。
写真は6月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Vincetoxicum atratum(syn. Cynanchum atratum)

★舟腹の名の面白く花見入る
 人惹きつける昔の名前

フナバラソウ170603b-l.jpg

COPYRIGHT © 2017 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル










このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7