鶏尾蘭(ケイビラン)

ケイビラン120709a-l.jpg

鶏尾蘭(ケイビラン)はユリ科ケイビラン属(コモスペルムム属)の多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)クサスギカズラ科とされる。
コモスペルムム属は1属1種である。
本種のみからなり、属名の和名もケイビラン属という。
日本固有種である。
本州の紀伊半島、四国、九州に分布し、太平洋側の山地の岩場や崖に生える。
和名の由来は葉の曲がった様子を雄鶏の尾にたとえ、美しさを蘭にたとえたものである。
草丈は20センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は剣状の線形で、やや鎌状に曲がる。
開花時期は7月から8月である。
雌雄異株である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径4ミリくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花冠は鐘形で、花被片は6枚である。
花被片の外側は淡い紫色を帯び、下向きに咲く。
雄花からは雄しべが突き出す。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Comospermum はギリシャ語の「come(毛)+spermum(種子)」からきている。種子に白くて長い毛が生えることから名づけられた。
種小名の yedoense は「江戸の」という意味である。
写真は7月に京都府立植物園で撮った。
変種の屋久島鶏尾蘭(ヤクシマケイビラン)の表示があったが、現在では基本種とシノニムと見なされている。
学名:Comospermum yedoense

★雪片の散るがごとくに鶏尾蘭
 花を開けば夏の訪れ

ケイビラン120709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2016年7月 7日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄花海芋(キバナカイウ)」です。

次のブログ記事は「ロスコエア・プルプレア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7