ロスコエア・カウトレオイデス

ロスコエア・カウトレオイデス070430a-l.jpg

ロスコエア・カウトレオイデスはショウガ科ロスコエア属の多年草である。
ロスコエア属は中国南西部からヒマラヤにかけて15種くらいが分布する。
この属の植物はまるでランの仲間のように見えることで知られる。
本種は中国の雲南省、四川省に分布し、標高2100メートルから3500メートルの草地や林の中に生える。
中国名は早花象牙参という。
草丈は15センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は6月から8月である。
茎先に淡い黄色の花を数輪つける。
花の色は紫色や白のものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Roscoea はリバプール植物園の創設者で収集家だった「ロスコー(William Roscoe, 1753-1831)さん」の名からきている。
種小名の cautleoides は「cautle(?)+oides(のような)」という組合せなので調査中である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Roscoea cautleoides

★雲南の夏の草地に咲くという
 きれいな姿に思わず見とれ

ロスコエア・カウトレオイデス070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2016年5月21日 12:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロスコエア・アルピナ」です。

次のブログ記事は「大葉子父子草(オオバコチチコグサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7