白海桐(シロトベラ)

シロトベラ111214a-l.jpg

白海桐(シロトベラ)はトベラ科トベラ属(ピットスポルム属)の常緑低木である。
ピットスポルム属は東アジアからアフリカにかけて200種くらいが分布する。
日本には海桐(トベラ)などが分布し、属名の和名をトベラ属という。
本種は小笠原諸島固有種である。
「海桐(かいどう)」は中国名からきており、漢字では「扉木」とも書く。
和名の由来は、樹皮が白いことからきている。
樹高は2メートルから5メートルである。
葉は長い楕円形で、枝先付近に集まって輪生状に互い違いに生える(互生)。
葉の縁は波打っている。
葉の質は厚く、表面は艶があり、裏面は灰色を帯びる。
開花時期は4月から5月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄白色の5弁花をつける。
花の色は咲き進むと黄色が濃くなる。
花の後につく実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと黒褐色になって3つに裂ける。
属名の Pittosporum はギリシャ語の「pitta(黒いねばねばした)+spora(種子)」からきている。種子が真っ黒で艶があり粘着性のあることから名づけられた。
種小名の boninense は「無人島の(小笠原の)」という意味である。
写真は11月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Pittosporum boninense

★樹皮の色白っぽいのが特徴だ
 小笠原には不思議がたくさん

シロトベラ111214b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年11月30日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竜髭帯擬き(リュウビンタイモドキ)」です。

次のブログ記事は「キャベツの木(キャベツノキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7