七実の木(ナナミノキ)

ナナメノキ090928a-l.jpg

七実の木(ナナミノキ)はモチノキ科モチノキ属(イレクス属)の常緑高木である。
イレクス属は北半球の温帯を中心に400種くらいが分布する。
日本にも黐の木(モチノキ)などが分布するので、属名の和名をモチノキ属という。
本種は本州の静岡県から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、中国にも分布する。
和名の由来は、赤い美しい実がたくさんつくということからきている。
別名を斜めの木(ナナメノキ)ともいう。
これは、枝を折ると斜めに割れることからきている。
樹高は10メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は薄い革質で、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月である。
雌雄異株である。
葉の脇に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い紫色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、10月から11月に赤く熟する。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の chinensis は「中国の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Ilex chinensis

★紫の花の姿を見てみたい
 いつか来ようねまたこの場所に

ナナメノキ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年11月23日 09:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薩摩芋(サツマイモ)」です。

次のブログ記事は「棈(アベマキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7