屋久島山躑躅(ヤクシマヤマツツジ)

ヤクシマヤマツツジ090502a-l.jpg

屋久島山躑躅(ヤクシマヤマツツジ)はツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
ツツジ属は世界に1000種以上が分布し、また多くの園芸品種がある。
本種は屋久島の固有種である。
低山に分布し、急傾斜地に生える。
形状は慶良間躑躅(ケラマツツジ)に近い。
いずれも山躑躅(ヤマツツジ)に比べて葉が大きく長く、雄しべの数が7本から10本という違いがある。
慶良間躑躅(ケラマツツジ)との区別点は、葉に艶がなく花がより小さいことだという。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月である。
花の色は紅紫色である。
花冠は漏斗状で、先が5つに裂ける。
上部の裂片の内側には色の濃い斑が入る。
雄しべは7本から10本で、淡い紅紫色をしている。
萼片や雄しべの花糸には短い軟毛が生える。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の yakuinsulare は「屋久島に生える」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron yakuinsulare

★見つけられ忘れ去られた時もある
 数を減らしてまた目に留まり

ヤクシマヤマツツジ090502b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年5月24日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝦夷五加木(エゾウコギ)」です。

次のブログ記事は「南京七竈(ナンキンナナカマド)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7