白満天星 (シロドウダン)

シロドウダン150521a-l.jpg

白満天星 (シロドウダン)はツツジ科ドウダンツツジ属(エンキアンツス属)の落葉低木である。
エンキアンツス属はアジアに10数種が分布する。
日本にも満天星躑躅 (ドウダンツツジ)などが分布し、属名の和名をドウダンツツジ属という。
本種は日本固有種である。
本州の関東地方から四国、九州にかけて分布し、山地の岩の上などに生える。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
樹皮は淡い褐色で滑らかである。
葉は楕円形で、枝先に輪生状に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の先は鈍く尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
枝先に壷形の花を数輪下垂して咲かせる。
花の色は白いが、緑白色のものや紅色が交じるものもある。
花の長さは7、8ミリで、花冠の先は浅く5つに裂け、更に不揃いに細かく裂ける。
雄しべは10本である。
雌しべは花冠から少し突き出る。
花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋には紅葉をする。
近縁種に紅満天星 (ベニドウダン)がある。
属名の Enkianthus はギリシャ語の「enkyos(妊娠する)+anthos(花)」からきている。膨らんだ花の形からつけられた名である。
種小名と品種名の cernuus は「前屈みの」という意味である。
写真は5月に長崎県の雲仙地獄で撮った。
撮影地のものは国の天然記念物に指定されている。
学名:Enkianthus cernuus f. cernuus

★不規則に裂けた花びら繊細で
 一味違う味わい見せて

シロドウダン150521b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年5月24日 09:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「屋久島三葉躑躅(ヤクシマミツバツツジ)」です。

次のブログ記事は「蝦夷五加木(エゾウコギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7